今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
↓の続きでござい。

フリーサイズのつば広麦わら帽子を買った。
e0053528_17252263.jpg
リサコのパチもんみたいなヤツ。withとらやの羊羹(意味なし)

こちら結構ぶかぶか。
なのにどうして買ったのか?
前回あんなに帽子が大きくてつらい思いをしたのにバカなの?

いえいえ、実は帽子を購入する前に、こんな救世主なるブログを発見したのです。


http://www.peachbloom.jp/?mode=f61
PeachBloomピーチブルーム帽子店

東京世田谷の手作り帽子店ピーチブルームさんのブログの中に、簡単に自分でサイズダウンできる方法が書かれてあった。
【お客様係より】(自分でできるサイズ調整法)帽子のサイズが大きいのですが、小さくなりませんか?

帽子めっちゃ素敵!是非ごらんになってください。
うらやま全開だけど、私は↑のリサコもどきを被るのが目下の目的。
上記の非常にわかりやすいブログに従ってサイズを小さくするとしよう。

さて、必要な物は百均にある、と。
ダイソーに自転車かっとばして(帽子なし)購入したのはこれ。
e0053528_17260828.jpg
ピーチブルームさんのブログでは「隙間テープ」というものだったが、
私が見つけたのは「クッションテープ」という名前で、家具雑貨的なコーナーに置いてあった。

あとはブログの通り、帽子の裏の黒いところをひっくり返してぺたぺた。
半周して確かめ、ぐるり一周して確かめ。
一周でちょうどいいフィット感に。
ふかふか気持ちいい~。

翌日、近所を自転車で走る。
だいぶ落ち着く!頭の中で帽子がくるくる回る感じがない!
(今までそういう環境だったことに、やっと気づく)
でも、まだ時々頭を押さえないといけない。

本当はこれでぴったりサイズだが、自転車で飛ばされない帽子が私の命題。
帰宅後、もう一周ぺたぺた。

きっつー。
フィット感はんぱない。暑い(笑)

ちょっとやり過ぎと思ったけれど、これで自転車乗ってみ。
最高。
今まで感じたことない自由さ。
もう後ろに飛ばされてよたよた戻ることもない。
あごひもぐぃーんもない。
交差点などの突風時にひょいと頭を押さえて気をつけるくらい。

ああ。
今までの日々はなんだったんだろう。

テープは簡単に外せるし、一周だけの時のふわふわ感は気持ちいいので
気になる方はお試しあれです。
ピーチブルームさん、ありがとう!
ダイソー、ありがとう!
この夏から帽子大好きになるよ。



[PR]
# by okaeri110 | 2017-07-11 17:48 | 日々の暮らし | Comments(0)
夏になってしまった。

帽子は好きではない。閉塞感があるし似合わない。
似合う帽子に出会ったことがない。
それでも夏になってしまったからには帽子を被らないわけにいかない。

問題は、帽子が飛んでしまうこと。
私の被り方が悪いのか、はたまた頭の形が悪いのか、面白いほどに飛んでゆく。
自転車に乗っていて帽子が飛ばされない日はない。

しかたがないので紐付きを買う。幼稚園児みたいなやつ。
格好なんて二の次、三の次。
ちょっと(だいぶ)恥ずかしいと思いながら紐をあごの下でぎゅっと結んで自転車出陣。
飛ぶ。

いや飛ぶのは飛ぶ。
でも紐付きだからね、後ろに飛ぶ帽子本体をあご下の紐がぐぃーんってなって
ちょっとした拷問されてるみたいになって、帽子が飛び去ってしまうことを防いでくれるのよ。
ほらね、紐付き買ってよかったでしょ、おほほ。
。。。。。。。。。。。

なんだろ、敗北感。
もちろん遠方に飛び去る帽子を追いかける必要はないのだけれど、
結局は自転車は急停止、帽子を被り直す時の恥ずかしさよ。
これって超恥ずかしいのよ。まじで。
周囲でこんなことしてる人誰もいないし。
みんな自転車で颯爽と帽子被って走り抜けていくし。
もちろん大人で紐付きの人なんてだあれもいないし。

どうして私はうまく帽子を被れないのだろう。
長年この悩みをひっそりと抱えてた。
そして、そしてやっと気がついたのである。

もしかして、帽子のサイズが合っていないのか?
だから他の人が大丈夫な風でも、私だけ拷問ぐぃーんなことになっているのでは。

なるほど!大発見。(遅いんだよ)
ってことは、サイズぴったりの小さめ帽子を被れば
あごひもぐぃーんから解放されることになるか?
というか、あごひも付けなくてすむのか?

ここで第二の命題に突入。
私の頭は小さいようだ。
これまで購入した普通のサイズがことごとく大きいようである。
そして、どうやら小さめサイズの帽子はプチプラな店では置いていないようだ。

しかし、気づいてしまったからには紐付き帽子は被りたくない。
絶対に絶対に被りたくない。
そう決心した私は、バーゲン中のお店に入ってあご紐のない帽子を購入した。
まあ紐付きの帽子なんて売ってないけど。

さて、この帽子。
フリーサイズでえげつなく大きい。
このままではこれまでの人生の繰り返しになるのでは?
長いので次回に続きます。(しょーもない話をすんません)

[PR]
# by okaeri110 | 2017-07-11 17:11 | 日々の暮らし | Comments(0)

CD収納の味方

CD収納を考えている。
ひとまず、プラスチックのケースは不要。
ということで、これを買った。


コクヨ CD/DVDケース メディアパス

ケースを取り除き、CDとブックレット、裏表紙、背表紙をこちらに収納する。
e0053528_01490811.jpg





























こちらのCDを
e0053528_01500330.jpg





























このように分解して入れてみると
e0053528_01501451.jpg

















こんな感じ。
背表紙と表との間には隙間ができてしまう。
e0053528_01502588.jpg






























実は帯を入れる場所も付いていて、帯を入れるとこの隙間がいい感じに埋まる。
帯は買ったときにちゃっちゃと捨てちゃってるのが裏目に出たよ。

全体としてはかなりスリムになった。
そもそもCDの量をもっと減らせばよいのだが、家族のものでもあるし今は一気に減らせない。
CD枚数がある程度ある人は、コクヨのメディアプラスは選択肢の一つになるね。

ちなみに、不要になったCDのプラケースは、自治体のプラスチックゴミの日に出したところ
「プラスチック以外のものが混入している」と回収不可になってしまった。
んん?
プラスチック以外のものなんてなーんもないように見えるけど?
ゴミ回収は謎だらけ。
翌日の普通ゴミではきっちり回収してくれました。ありがとー。







[PR]
# by okaeri110 | 2017-06-25 02:00 | 日々の暮らし | Comments(0)

梅の季節

e0053528_19105084.jpg
梅仕事っていうほどの仕事量ではないんですが。

右側のは先々週。梅シロップ。
左側のは先週。梅酒(ブランデー)。

もともと梅酒用の梅を生協に頼んでいたところ、知り合いから急に頂いたのが右の梅。
近くの学校の校庭ボランティアをされている方で、校内の梅の木から取れたものだそう。
ご自分も梅シロップを作るけれど、お裾分けということでうちに声をかけてくださった。
瓶の余分がないのでどうしようかと思案していたら、親切にも瓶まで貸して下さった。

この梅は試しに漬ける前日に冷凍してみた。
なので、写真ではまだ一週間くらいなのに結構熟成が進んでいるように見える。

左の梅は生協のを普通に洗って乾かしたもの。
まだ氷砂糖が溶けてない。

昨年はもういいか、と何もしなかったけれど、梅はお腹が痛いときに効くし(私だけのプラシーボ効果かも)
梅シロップ余ったら誰かにあげよう。
(梅酒はまず余りません 笑)


[PR]
# by okaeri110 | 2017-06-21 19:20 | 日々の暮らし | Comments(0)




家を建てる時、収納がたくさんある家を念頭に置いて設計していただいた。
当時はそれが正しいことだと思っていた。
「収納があるだけ物も増える」という声も頭に響いていたのだが、ある程度の収納はないとね、と軽くいなしていた自分。
今思うと、わが家はそんなに物をたくさん持っていないと固く信じていた節がある。
5人家族に加え、布団などおばあちゃんの荷物を預かっているのでちょっと多いかな、という程度。

あれから10年、はい、物は確実に増えました。
詰め込むスペースを十分に作ってもらったので、上記の「収納があるだけ物も増え」る法則が見事に証明されている。

いけない。
このまま何の手立てもせず生活していると確実に飽和状態になる。
おまけにインテリアセンスがないものだから、なんともしっくりこない。
自分以外の家族の物が気になるということも大きい。

何年間もどうしたらすっきりするのだろうと首をかしげつつ、小手先の片づけ(のふり)をしていたのだが
昨年夏、石阪京子さんの「奇跡の3日片づけ」を読んで、いても立ってもいられなくなった。
主人にも読んでもらい、今年の夏期休暇は片づけ!と夫婦で目標を共有することができた。

石阪さんの片づけの順番は、最初に押入。
大きなものをやっつける。これはもう主人が一緒に片づけてくれて本当にありがたかった。
私一人では途中で挫折して、結局中途半端になっていただろう。
あと、使えるからと置いていたものも本を読んでくれたおかげで「もういらないね」と処分することができたのも
これまでの片づけから一歩前進できたと思う。

とはいえ、完璧に本の通りできたわけではなく、ストック物などもう捨ててしまおうと私が思っていても
「置いておけるから」と主人はバンバン三階に持っていってしまうものだから
あまりすっきりした感はない。
まあ置いておける場所があるなら今はこれでいいか。。
うちにはうちなりの住まい方ってものがある。
なんてね。

あれから9ヶ月。
まだ完了していません。とほほ。
でも少しずつすっきりしてはいるんだけどね。
ダレてくるとネットでいろんな綺麗なお宅を見て回って士気を高めてみる。

きっと他にも私のような人、おられるのでは。
でなければ片づけやシンプルライフなどのブログがこんなに沢山あるはずがない。
でも、片付くと掃除が楽で、それが何より嬉しい。

[PR]
# by okaeri110 | 2017-05-19 21:34 | 日々の暮らし | Comments(0)