今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

エライ人と謙虚な人

クローイはママさんたちと一緒に日曜日の午後、バレーボールをしています。
イギリスではマイナーなバレーボール。
ネットボールが大好きなクローイも、バレーボールは初めての体験。
でも、とっても面白くて毎週楽しみにしています。

バレーボールのコーチという方に、今日初めてお会いしました。
年齢ははっきりとは知りませんが
会社勤めをされていたとしたら定年されているであろう年代です。
でも、何に対してもアクティブで、とてもステキな女性でした。

今日は教会でゴスペルのライブがあったのですが
バイオリンを弾くクローイが、彼女をお誘いしたのです。
いつもお世話になっているし、ご挨拶しなくちゃと思っていたのですが
英語もばりばり話されるし、地域にも貢献されている人です。

私はPTAをやっていたので、こういう地域の要(かなめ)的な人に会います。
そういう人はおおよそ2種類あって
一つは、ものすごーく“えらそう”(笑)
もう一つは、“謙遜”な人です。
前者の人の場合は、粗相のないように、いそいでお出迎えして
「誰よりもエライ人」のように扱わないとへそを曲げられるタイプです。
もちろん、一緒にいても楽しくも何ともありません。

後者の人の場合は、「みんなで一緒に楽しみましょう!」という感じで
その人が会合などに来られると、場がぱあっと明るくなります。
もちろん、子どもも大人も、その人と一緒にいたくて仕方ありません。

バレーボールのコーチの方は、当然ながら後者の方でした。
少しの間だけお話させていただいたのですが
大変興味深く、素敵なひとときを過ごさせていただきました。

彼女のような方が、こんな形で教会に来てくれたのは恵みだなぁと思います。
そして、クローイは本当に素敵な方達に恵まれているなぁと思います。
ホストファミリーとして嬉しい限りです。
Oさんにも感謝!

で、私は謙虚な人になりたいけれど、なれてないなあと思います。
でも目指したいです。
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-18 21:50 | 日々の暮らし | Comments(0)