今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

やっぱハードに

コンタクトレンズ遍歴の話。

今年に入り、ハード生活28年(教師生活28年みたい)から
初めてのソフトコンタクトレンズにチャレンジしたものの
私には、どうも合わなかったようで諦めました。
しょぼん。

老眼が進んだゆえのコンタクト調整だったのだが
せっかくなら娘が勧めるソフトに挑戦してみたかった。
しかし、ソフトのソフト~っな視界に慣れていないのと
乱視であること、老眼矯正、ドライアイのせいなどで
結局よく見えないことが多く、疲れてきた。

折しも、仕事の話が舞い込み、ありがたいのだけれど
パソコン入力が主な業務と聞いて、不安でたまらなくなった。

結局、選択したのは元のハードコンタクトレンズに戻す、だった。
度数をゆるめてもらい、パソコンのモニターの距離、手元の書類の距離、
両方OKな度数で作ってもらうと、ばっちり。

やっぱりハードの視界はクリアです。
裸眼でそのまま視力が良くなった感じ。

ただ、ハードの場合、私はしょっちゅうレンズが曇って見えなくなったり
装着中に汚れてきて何度も洗い直したりすることがあるので
やっぱり全然見えないことも多かった。
今はレンズが綺麗なせいか、クリアだけど。。

最近は老眼用のレーシック手術もあると聞いている。
やしきたかじんが、60万円で遠近両用の手術をしたと言っていた。
いいな、と思ったけど私の年でレーシックすると後で度が進むしな。
60歳過ぎてから考えましょ。

ああ、軟派野郎は私にはダメでした。
ちょっと残念。
[PR]
by okaeri110 | 2011-12-27 22:00 | 日々の暮らし | Comments(0)