今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

自分の書いた物語

引っ越し準備をしている。
といっても、ご想像通りチンタラやっている。

いろんな物を整理していると懐かしい物と再会する。
思い出と向き合う瞬間。
それは中学・高校時代に書きためた
ルーズリーフびっしりの文章。

あまりに稚拙であまりに恥ずかしいので
目に触れようとしなかったそれら。

昨夜、ちょっと恥ずかしいのを我慢して見ていたら
思わずふむふむと引き込まれてしまった。
なんちゅーか、その、変わってない。
今の趣味とあんまり変わってない自分を発見(笑)

好みの文章というか、好みのタイプというか
好みのクサさというか。
あの時、自分が読みたかったものを稚拙なりに
文章に起こそうとした、その情熱だけは今でもすごいと思う。

大体、小説を書くなんて面倒くさい。
今考えると、あんなに寸暇を惜しんで
ひたすら書き続けた数ヶ月間は奇跡のようだった。

小説家という人々は、あの衝動を
常に持ち続けていられる人種なのだろうか。

それにしても本当に恥ずかしい。
よく人に見せたよなあ(爆)

今、書き直したらもう少し読める物語になるのかも知れないけど
あの時の衝動がないので、きっとダメなんだろうな。
あまりにつまらない十代の頃の思い出で
わずかに誇れる私の宝物。
[PR]
Commented by ノア at 2005-11-15 16:53 x
読んでみたいよう
Commented by amami at 2005-11-16 15:47 x
わたしも読みたい。

わたしにも思い出の(隠してる)いくつかあります。
今読むと顔から火が出そうなシリアスな(以下略
でもやっぱり自分好みかも・・・・・・フフフ。
わたしも衝動なくしてますねぇ。
突き動かされる何かが日常に埋もれて、
掘り起こす作業をやるほどの情熱は今はなく、
とりあえず日記を書く、と。
Commented by okaeri110 at 2005-11-17 10:13
お二人とも恐縮です(^-^;)
でも本当にひどい三文小説ですから。
そう言いつつ、amamiさんの火の出るシリアス物、ふふふ、読みたい(笑)
>突き動かされる何かが日常に埋もれて、
>掘り起こす作業をやるほどの情熱は今はなく、
>とりあえず日記を書く、と。
その「愛の残り火」のようなもので、amamiさん日記を
私たちは楽しませていただいておるわけですな、こほん。

実は、あれからずーっと頭の中に彼らの話がぐるぐるしてまして。
結構、心理描写できてるやんって感心したりもしてます。
ただ私はストーリーテラーじゃないので、そこが酷くダメでした(笑)

芸術の秋ですのう。
Commented by (・。・) at 2005-11-18 23:57 x
ぴよも読みたい。ぴよが小学校の時書いた、物語と絵も
見せたげるから。
Commented by okaeri110 at 2005-11-20 21:38
だめ。

その代わり、6年生の時に学校の課題で書いた詩を
うろ覚えながらここで発表するね。

もしも

もし、ソ連とアメリカが戦争をしたら
世界は終わりになるだろう

世界をリードするソ連とアメリカ
その二つが戦ったら
私たちなどひとたまりもないではないか
そうなってしまったら私たちは生きていけない

こんな事を書いて学校に提出したことを後悔していたのに
担任の先生は、卒業文集に載せてしまったので
クラスのみんなに大笑いされた。
なんであんな事書いたんだろう?
書こうとした時は、ちょっと違うことを書きたかったと記憶してるんだけど。
後に高校生になって文集を読んだとき、
友人と大笑いしたので、
あの時、笑ったクラスメート達の気持ちがよくわかった。
ペシミストな6年生だったんだね(てゆーか)
Commented by amami at 2005-11-23 00:04 x
夏休みの出校日には平和教育があっていて、
第2次世界大戦を語れる人がたくさんいました。
そして1999年に世界は崩壊すると(ノストラダムスの大予言が流行ってた)。
30過ぎに世界の終わりがやってくる、
隕石だか、戦争だかわからないけれど、それは来るんだと。
そういう小学生時代でした。

布団を被って、震える夜もあったなぁ。
『ペシミストな6年生』でちょっと思い出しました。
Commented by (・。・) at 2005-11-24 00:38 x
ぴよも何故か、ものすごく笑ってしまった・・・。
味があるっていうか、すごいものを
かもしだしてる傑作だね。他の作品も読んでみたいものです。
Commented by みい at 2005-11-24 09:46 x
>amamiさん
ノストラダムスの大予言!ありましたねえ。
私はまだ20年以上も先だから、ま、そのくらいならいっかぁと
思っていたフシがあります。←これは想像力貧困なせい

amamiさんの感受性の鋭さ。
小さい頃は、敏感でいちいち心にぐさぐさ突き刺さるものですよね。
でも、成長の段階で、こんなんやってたら身が持たないので
幾重にも脂肪のかたまりみたいなもので心を覆って、
痛みに耐えられるようしていった様な気がします。
おかげで痛みを感じない、厚かましい鈍い人間になっていったような。
でも、シニカルに捉えられる部分もできたので
amamiさんのように、それを上手く文章(&画像で)表現してくれると
読者は、ふふ~♪と脂肪の奥にいる自分の感受性がくすぐられて
反応してしまうんですよね。

ジョーが、ジョーが。
敵として、ほっとした反面、正直とてもさみしいです。
敵は憎たらしく、強い方がいいのです。
一番びびってるのは的場…?(^^;)
Commented by みい at 2005-11-24 09:46 x
>ぴよ
なんか、第三次世界大戦とか考えると、怖いなあって
そのくらいは当時だれでも思ったと思うんだけど
なんでわざわざ学校の課題でそんな詩を書いて
提出したんだってゆー。
しかも詩になってないし。
字余りやし。
リズム無視やし。

ぴよの絵と文も見たいわ。
エリさんの小一の絵と文も出てきたぞ。
こっちも笑いすぎて腹痛かった。
by okaeri110 | 2005-11-15 12:40 | 日々の暮らし | Comments(9)