山中先生おめでとうございます

山中先生のノーベル賞受賞に際しての記者会見コメント、TV出演でのコメントを聞きながら
目頭が熱くなってきた。

先生の研究の目的は、病気で苦しんでいる患者を助けること、これに尽きるということが
口から出るひとつひとつの言葉ではっきりと感じとれた。
「責任を重く感じています」
「早くしたい」
「苦しんでおられる患者さんから逆に身体を気遣っていただいて…」
研究に携わる医師は実際の患者さんと接する機会がほとんど無いので、
患者の思いと現状から乖離してしまうという話を聞いたことがあるが
山中先生は患者への思いを貫き通しておられる。

もうひとつ、先生が普通の研究者と違うのは「日本での研究の流れを変える」ということ。
研究者というのは「研究できればどこでもいいや」という人が多いのかどうかは知らないが
日本にこだわることなくアメリカを筆頭に外国で研究される方はたくさんおられる。
また、国内で研究されていても特許取得などについては無頓着であることが多いということを
以前、山中先生を特集したTV(たぶんNHK)で見たことがある。
先生は「国内で先進医療につながる開発をしても、先に外国で特許を取られてしまうと
臨床から認可という流れが、先に特許をとった国や企業経由となり、結果的に
患者に利益を与えることがずいぶんと遅くなってしまう。
だから自分は日本で研究開発し、大学が特許を取るようなシステムを作りたい」という意味のことを
(数年前に見たTVを思い出し書きしているのでニュアンスが間違っているかもしれません)
話しておられた。
そこにも「患者優先」が見て取れる。
特許というと“金儲け”みたいなイメージが多少なりともあるけれど動機は違う。

「日本が支えてくれた」
そう記者会見で語っていたことも勇気づけられた。
まだ50歳。
先生の生きておられるうちに、これまで治療方法が確立されていなかった多くの難病が
“治癒”されていくようにと願う。
そのなかに1型糖尿病があることも願って。
[PR]
by okaeri110 | 2012-10-09 01:23 | IDDM | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧