ハード→ソフト→ハード(時々眼鏡)→ソフト

明日の仕事がいやでジタバタしております。
進歩ねえなあ。
一歩も前進してねえや。


タイトルの通りでございます。
一度、ソフトコンタクトレンズに挑戦したものの、淡くしか見えな~いのでハードに戻した経緯は
こちらで書いたと思います(たしか)
今回は再びのソフト。
理由は、遠近両用コンタクトを作ったためです。

眼科の先生は「遠近両用は合わない人が多いので使い捨てのソフトをおすすめする」と言うので
乱視矯正のできるハードではなく、2週間使い捨てのソフトを試すことになりました。

ここに至るまでの結論は「結局はクリアに見えることはもう二度と無い」ことがはっきりしたので
せめて仕事ができる視界を確保することが最優先、ということになりました。
遠くは見られなくていい。パソコンの画面さえ見られれば。
そして近くも眼鏡なしで見ることができれば。

ソフトの遠近両用は、乱視矯正はないそうです。
いや、もしかしたら高価なものはあるのかもしれない。
でも、私は視力については諦めた口なので、とにかく仕事できればいい、その一心で試してみました。
快適、というにはちょっと気持ちが悪いですが、それよりも手元がそこそこ見えるのがうれしいです。
携帯もなんだか見えてるような見えてないようなイライラした気分で長文を眺めることもなく、
3年くらい前のすいすいと苦も無く読んで返信していた頃がよみがえりました。
目が乾くし、時々何もかも見えなくなるけど、それさえもどうでもいいくらい。

ただ一つ問題は、パソコンの画面がちょっと見えづらいこと。
お試しなのでざっくりとした程度のものを渡してくれたからでしょう。
仕事中、前屈みになってパソコン画面を凝視しております。
それでも、眼鏡をつけ外すために手を離すことなく手元が見られて、すぐ入力できるのはほんにありがたや。

上記に書いたように、目が乾くせいなのか、乱視のせいなのか
本当に何もかも見えなくなって、うきーっとなることがあるのですが、もうあきらめました。
眼科の先生は「しょうがないです」と言って取り合わないのは知ってるし。
ここの眼科が近くてちゃんとした医師が診てくれて安価だから、ぶっきらぼうなのはがまんするさ。

ということで、あらためて購入の電話をしてみました。
だあれも出ません。

世間はお盆休暇だったのでした。

ぬーん。
てことで現在眼鏡おばさんの真っ最中でござい。
汗が流れる時、ほんっと眼鏡邪魔を実感しております。
暑いことよりも汗拭くのが仕事の邪魔なんだよねえ。
[PR]
by okaeri110 | 2013-08-15 00:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧