デカフェ流行ってる?

子どもの頃からインスタントコーヒーを飲んでいた。

高校生くらいになると、寝る前に熱いコーヒーを必ず飲んでいた。
真夏でも汗かきながらふーふー。これが至福。
そんな私はカフェインのせいで眠れない、という状況はいまだかつて無い。

結婚してから家にいる時は一日に何度も、それこそ3杯、4杯…
それに加えて日本茶も紅茶もココアも、もちろんチョコレートも摂取していたので
カフェイン量は相当なものになる。

今年の始め、ふとそのことに気づいて(遅いんだよな相変わらず)さすがにまずいと思ったので、意識して減らそうと決意した。
普通のコーヒー飲むなら1杯だけ。
紅茶、緑茶、ココア等もコーヒー一杯に相当する程度に抑えるようにしている。

そうは言っても長年の習慣、どうしても飲みたい時もあるだろうとデカフェを探すことにした。
店で見つけたこれ




マウントハーゲンのノンカフェインコーヒー。
アマゾンの評価を読むと人によって賛否が真っ二つ。
私はインスタントでは、昔のネスカフェ・エクセラが美味しいと思っているクチ。
(安い女です)
最初飲んだ時は「あ、これ合わない」と思った。
しかし2杯、3杯と飲むうち、段々いい感じに舌が調整されてきた。
ちょっと値段が高いのがつらいけど、カフェインの抜き方が最も安全な製法だということだ。
フェアトレードだし。

調子よく飲んで、無くなったので再び店に買いに行くと残念ながら在庫切れ。
店員さんが代わりにとお勧めしてくれたのがこれ。




穀物コーヒー インカ。
インカ帝国のコーヒーかすげー、と思ったがポーランド原産で名前の由来は不明とのこと。
なにやら怪しげでちょっと不安だったが、店員さんの熱い推しメン語りにほだされて購入してみた。
穀物コーヒー(大麦とライ麦)というので、いわゆる代替コーヒー。
代替コーヒーというのはくせ者だ。
たとえばコーヒーを想像しながらタンポポコーヒー飲むと
「…ええと」ということになりがち。
タンポポの根っこを焙煎した飲み物、と思って飲むのが吉。
コーヒーじゃなくてタンポポの根っこだよって言い聞かせるのが、タンポポコーヒーにも本物のコーヒーにも失礼にならない態度ってもんだ。
なので初めて飲むインカにも、コーヒーじゃなくて、何かコーヒーと言えなくも無いかもしれない味のする未知なもの、と思いながらちびちび。

飲んだ感想は「強い子のミロ♪」
そうだった、ミロは麦芽がどうのこうのっていう飲み物だった。
小学校時代の淡い思い出が、喉ごしによみがえるよ。
ミロだと思って牛乳(店員さんは更にヘルシーな豆乳を勧めてくれた)を入れて飲むと、これはこれで味わい深い。
コーヒーの口で飲むと全然違うやん、とちゃぶ台返しになる人も、まずはミロだと思ってくださいな。
私はインカ、美味しく飲んでおります。
コーヒーは体を冷やす飲み物だが、これは冷やさないのでそこも安心なところ。

他にも探すとデカフェ関係はあちこちで目に付く。
今まで気にしてなかったのもあるだろうが、ここ数年増えてもいるのだろう。
タリーズコーヒーで「デカフェありますか?」と聞いてみると
「別に抽出しますのでお時間少々かかります」と言われたけれど、ちゃんと出してくれて安心した。
スタバでも頼むと出してくれるそうだから、マタニティの方やカフェイン気にされる方にもありがたいトレンドだ。

そうそう、カフェインを摂り過ぎる弊害は幸い私にはなかったのだけれど、
今回あまりに過剰摂取だと気づいて意識的に減らしてみた結果、片頭痛が和らいだ気がする。
さすがに完治にはならないが、これは朗報。
この年になると、口に入れるものも意識して摂らないと、とやっと感じ始めた52歳。
もっと早くに気づけばよかったな。


[PR]
by okaeri110 | 2017-05-01 02:36 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧