別れの悲しみは心に雪のように積もる

また訃報を聞く。

友達の親が亡くなるという話を
昨年から何度聞いたことだろう。
悲しみが増すのは、いろんな行事が落ち着いてから。

私も父が亡くなった時、
子ども(中学生)だったので、葬儀やその後の手続きで
忙しく手伝った訳ではないのだが
いろいろ落ち着いて数ヶ月経った頃、
寝床に入って、急にほろほろと泣けてきた。
自分でもびっくりしたけれど
寂しいなあと思った。

別れと出会い。
乗り越え方は人それぞれ。
私たちは見守っていくしかない。

彼女の分も今日の幼稚園のお別れ会を
きっちり終わらせなければ。
ささ、準備しますだ。
[PR]
by okaeri110 | 2006-03-07 10:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧