ごはん屋さん

先日、PTAのお仕事で阿倍野に行った際
一緒に行った役員の方がランチをごちそうして下さった。
(私はお金を払うつもりが結局はおごっていただいた)

sangmiというお店。
最近よく話題にのぼる有名どころ。

一緒にいった方はベテランママなので
出てきたヘルシーメニューを見て
「…普通のご飯やねえ」

うーん。
確かに普通のご飯です。
そりゃ玄米or雑穀ご飯は普段、家で食べないとはいえ
一つ一つの食事は、家で作って食べるのと変わりないもの。
見栄えは綺麗にしてるけどね。
味付けだって決して薄くはない、つーかヒジキは濃かったぞよ。

最近、和食を中心としたご飯屋さんが流行っている。
上本町のキャロットみたいに
昔からそれをやってるお店もあるけれど
スローフードを求める(特に)若い子達にとっては
家で作るには時間のかかる和食を
外ごはんで食べられるのが魅力的なのだろう。

加えて無垢、無添加、素朴が合い言葉なインテリア。
それはそれで魅力的ではある。
私たちが行った時は結構混んでいて、
食後に飲み物をいただいてゆっくりするつもりが
目線で追い払われたっつーか、
みんなさっさと食べて出て行くようだったので
ゆっくりくつろいでお店を観察できなくて残念だった。

まあ悪くないですよ。
おばさんにとっては
「せっかく外で食べるのに家で食べてるもんと一緒やん」
で終わりそうな感じでしたが。
みんなもたぶん、こういうお店で味を知って
自分で作るようになればいいんだよね。
がんばれ若い子!

で、昨日は豊中に行ったんだけど
時間がなくて飛びこんだお店が
やっぱりそーゆーロハスなお店だった。
店に入ったとたん、しまったと思った。
なんか油っこいもん食べたいと思ってたのに。
しかしすでに店内に入り込んでいたので
きびすを返す勇気もなく
おひとりさまでランチをいただいた。

で、両方のお店ともに
「お荷物をお入れ下さい」と大きなかごを出された。
おお手が空いてありがたい。
これも流行りなんだろうか。

一つのアイデアが受けると、こうしていろんなお店で広がって
いくのだなあ、と妙に面白かった。
最近はかごブームなので
かごのお値段も安くなりました。
ちょっと嬉しい。

玄米も売れてるのかなあ。
子どもがいやがるので
家ではなかなか炊けないんだけど。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-01 14:23 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧