今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

芋たこなんきん

「芋たこなんきん」は華やかではないけれど絶対に外れない。
それは製作発表段階からわかっていた。
田辺聖子原作(原案)で、藤山直美・國村隼の黄金ペアとくれば。

しかし私は、前回の作品のことがあったので(純情きらり)
当分、連ドラを見るのは懲りたと思っていた。
8時15分になるとTVを消す。
そんな生活がしばらく続いていたのだが
冬休みや土曜日にTVを消し忘れていると
子ども達がじいいっと見るようになった。
いつの間にか私もくいいるようにTVの前に吸い寄せられた。

あかんわ、こんなうますぎるドラマ。
毎日、藤山直美にこてんぱんにやられている私。
少女時代(戦前戦中)のお話も(きらりと同時代やん)とてもよかった。
脚本に無駄がないことといったら。
できるやん。
やっぱりきちんと本を書くことができるやんか。

心の中でまた「純情きらり」を思い出して苦々しくなってしまう。
そんなネガティブな思いを超えてドラマの面白さが突出しているので
また今日も見てしまいましたとさ。

そないツチノコで大騒ぎせんでも。
「チー」でも「チュー」でもええがな。
どこまでマジなんかわからん。

このノリって関西以外の人が見ても面白いんやろか?
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-22 10:04 | 日々の暮らし | Comments(0)