カーボのフラッシュカード

この食物にカーボ(炭水化物)がどれだけ入っているか?
表(おもて)に食物の写真が載ってあり
見た人が何カーボか予想する。
(1カーボはその食品に占める炭水化物量が10g前後ということ)

たとえば牛丼の写真、むむむ。
(いわゆる並牛だと思われ)
ヒントは「ごはん250g」ということば。むむむ、よ、よし。
10カーボ!

おそるおそる裏をめくると
10.5カーボという数字と細かい解説。

カーボカウントをする目安になるようにと
先生方の手作りでキャンプで子ども達が勉強していたフラッシュカードが
本になって発売されてました。

「作ってますんで」
「そのうち出ますんで」
と聞いていたんだけど
もう出ていたとは。

e0053528_130927.jpg
糖尿病患者のためのカーボフラッシュカード
医薬ジャーナル社
2625円(税込)

ちょっと、いやこないだのIDDMネットワークの「お役立ちマニュアルパート3」も購入することを考えるとお財布に響く買い物ではあるが、本気でカーボカウントをする人にはずいぶん具体的にわかりやすいカードだと思う。カードっつっても売ってる状態は本なので自分で切取線でばらしてカードにしなくちゃなんないんだけどね。

カーボカウントに関しては、私の考えなんだけれど
まず基本的なお料理のバランスとカロリーの勉強が
頭に入っていないと大人はとりかかりにくいかな、と思う。

自分には1日にどれだけの栄養と摂取カロリーが必要か
大まかでいいから理解している人が望ましい。

でもって次のことは大前提の条件。
1.自分がインスリン1単位打ったらどれだけ血糖値が下がるかを
知っている

2.基礎インスリンがしっかり効いている状態を保っている

3.補正インスリンとこれから食べるものに対して
どれだけのインスリン量が必要かを理解して、
ちゃんと合わせて打つことを常にしている

4.上記のことを毎日やりながら
「カロリー通り打ったのにこの料理だと下がる(または上がる)のは
なんで~?」という疑問に思い、次回はそれを予想してインスリン量を加減している


IDDM数年やってれば、なんとなく上記のことを意識的か無意識かは別にして
結構の方がやっておられると思う。
そういう人がカーボカウントを試してみると
「おー。なるほど」
ってことになるのでは。うちはそうだった。

もちろん、カーボカウント通り打って「あかんかった」という日もある。
そんな時はなんか知らないけど血糖値の乱高下が激しかったり
日常の落ち着いた生活ではなかったりする。
そんな時はインスリンの効き方も変わってくるので調整する項目が増える。

結局、カーボカウントもコントロールをよくするための目安にすぎない。
自分の体のために、子どもの体のために
わかりやすくインスリンをどれだけ打つかという指標にするもの。

我が家は申し訳ないけれど、そんなにカーボカウントしてないです。
(しょぼん)
それでも、カーボと他の栄養素を分けて考えるクセはつきました。
「カーボは少ないから今は少なめに打つ。でもって後で上がりそうだから
寝る前に調整しよう」という風に。
めいこはめいこなりに考えて注射量を考えています。
どんぴしゃだといい気分みたいです。

このフラッシュカードは子どもにインスリンをどれだけ打てばよいのか
面白く勉強させるという意味で、使えると思います。
そう、子どもにはカーボの考え方、大人よりすんなり入ると思います。
[PR]
Commented by ウィリー at 2007-10-29 19:35 x
このカード発症してあまりたってないころ
カーボカウント勉強会で、川村先生が見せてくれました
その時は「カーボカウントって何?」で
ちんぷんかんぷん状態だったんだけど
今なら少しはわかるようになってるかなぁ
我が家は、かなり大雑把なやり方になっています

来月25日のヤング公開スクールでも
川村先生のカーボカウントのお話が聞けるとか。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5491/young07.html
ヒロと二人で申し込んでみました。
みぃさんは聞きに行かれますか?
Commented by 沙織(父) at 2007-10-29 20:35 x
パパさんのお土産はフラッシュカード?
会場で税サービスで販売したいたんだけどな~。

因みにパパさん、懇親会では
沙織(母)と同じテーブルでグイグイやっていたような。
おやぢは?・・・熟女テーブルに拉致されていました(爆)

Commented by エリ at 2007-10-29 22:55 x
沙織(父)さん、お世話様でした
そちらへ書き込みに行こうとしていて
こちらの書き込みを見つけてしまいました

沙織(母)さんもお強いですね
補食の会のみなさんとも親睦を深めることができました

恥ずかしながら、川村先生のカーボカウントの話を
最初から最後まで襟を正して聞けたのは初めてで
頭の中を整理できた有意義な時間でした

フラッシュカードは面白いですね
子供達はキャンプでおなじみでした
Commented by okaeri110 at 2007-10-30 11:30
>ウィリーさん
ヤング公開セミナー申し込んでますよ♪
最初はニコール・ジョンソンさん目当てだったのですが(笑)
カーボカウントのお話もあるんですね。
体験談の小坂さんもとってもいいお話とお聞きしたので
楽しみにしていたのですが、ウィリーさん&ヒロちゃんにまで
お会いできるなんて、ますます楽しみになってきました(^^)

>沙織(父)さん
セミナーお疲れさまでした!大盛況だったようで何よりです。
捕食の会は会員エリアが広いようで、いろいろと大変だと思います。
(発送料一つとってもねぇ  ←セコイけど切実)
でも、パパは楽しかったようで。
沙織(母)さん、ちらりとしかご挨拶できてないので
是非どこかでご一緒したいものです~。
Commented by ミオ at 2007-10-30 21:45 x
 カ―ボカウントは、本を買っただけで、全然実行していない我が家です。(反省)

25日、私も申し込んでいます。

みいさんとも、会えるのですね。
楽しみにしてま~~す。

 目印、何にしましょうか?(笑)
Commented by okaeri110 at 2007-10-31 11:51
おーミオさんも来られるんですか♪
それは嬉しい限りです。

そうですね~恥ずかしくない目印考えましょうか(笑)
リオちゃんも来られますか??

講演会なのに大騒ぎしちゃいそうで自粛しないと(汗)
Commented by ミオ at 2007-10-31 22:27 x
 >リオちゃんも来られますか??
 残念ながらリオは次の日からテストなので参加できません。

 みんなに会える25日を、指折り数えてまってま~~す!

by okaeri110 | 2007-10-29 13:21 | IDDM | Comments(7)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧