会って話すのが一番だと思うけど

我が家はほとんど電話をしない家だった。
もう何年も基本料金プラス200円とか、そんなしょーもない金額で
NTTに電話代を支払ってきていた。

それが、PTAに顔を出すことになってから
急に電話を使うようになり
今では患者会でもよく使用するようになった。
ファックスも使用する。

もちろん、携帯電話やEメール(PC、携帯)の方も活発だ。
こと携帯に関してはずいぶんな時間とお金の出費となった。
これはこれで経験値だと思っているので。

PCメール、携帯メールが普及していないときは
いろんな申し送りは電話で済ませることが多かったので
それはそれで大変だった。
電話連絡網を使っても、最後まで行き渡らなかったり
どうしてもつかまらない人がいたりで心もとない。
とはいえメールだって本当に見てくれているかレスポンスがないと不安だ。
そう、メールで発信しっぱなしだとレスポンスが異常に少ない。
「○○の参加をお願いします」とメールするだけでは、参加者は現れない。

便利さでは携帯メール、しかし本当に一番効果的なのは
電話で直接話すことだとつくづく思う。

電話連絡網で人任せにするのではなく、自分で一人一人電話する。
20人くらいだったら何とかがんばれる。
そうすると書面だけの人物だったその人が
リアルに血の通った一人として相対することが出来る。

PTAでお願い事をするときでも効果が出る。
たとえ断られる場合でも、相手もこちらも礼を尽くすことができて
無駄に神経を使わなくて良い。
実際にお会いするときは「ああ、この方か」とお互いに親しさがこもる。

患者会でも、その方とお子さんが今どんな状況なのか
少しのご挨拶のなかで「いかがですか」とお訊ねするだけで
不安や疑問をこちらに話してくださる場合が多い。
もちろん、それらに上手に答えられない自分なのだけれど
それらを心にとめて、何らかのものへと生かしていきたいと思う。

そういう自分は実は電話が好きじゃないです。
昨日からパパと交代でかけまくっていて、あごが疲れてます。
それでも、いいお返事がいただけると元気百倍。
単細胞でいいやね。

最近は携帯メールも好きじゃないです。
簡単に送れるだけに神経を使います。

でも好きじゃないからって、やらないわけにいかない。
やった後は、それなりに満足も得られるのだわ。

タイトルの通り、これらを越えて「会って話すのが一番」かと思います。
そこに行き着くためにがんばって電話やメールするのだ。おー。
電話したみなさん、支離滅裂でいつもごめんなさい。ぺこり。
[PR]
by okaeri110 | 2008-01-15 14:31 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧