今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

ファイト!

NHK朝の連続ドラマ小説。
毎回、始まった頃はぜ~んぜん見る気はない。
今回の「ファイト」もそうだった。

我が家は、朝のTVはNHKニュースを見ている。
うちの時計達は誰一人まともな針を指していないので
(合わせろよ)
TVの時刻が頼りなのである。

民放だとCMに入ると一気に(今、「一輝」と変換されて照れた自分 笑)←サーパスネタ
音量が大きくなるのが鬱陶しいのだ。

で、そのままくるりるが「12ch(ETV)見ていいですか?」と尋ねてくるまでは
NHK総合を付けっぱなしなので、
8時15分には自動的に朝ドラが始まってしまう。

見る気はないけど、何となく映っているので目と耳に入ってくる。
そうすると、あらら、と思う瞬間があって
朝ドラ後半あたりでは、よほどつまらないものでない限り
積極的にTVの前に座るようになってくる。

「ファイト」は結構早くから釘付けだった。
主人公の優ちゃんの、まなざしがとっても素敵で。
健気な主人公を、瞳で演技している。
クラスメートに、父に、気を遣って無理やり見せる笑顔。
信頼する琴子さんが、実は恋のライバルと知った時の表情。
大好きな太郎を見守る姿。

学校に行けなくなった優に、畳みかける家族の反応。
東京で荒れてボロボロになってる父の緒方直人くん。
ちゃんとさえないオヤジを演じてるなあ。

あんなに学校に行けなくてつらかった優が
太郎への愛で、再び行く勇気が与えられた。
ええ、あれだけ悩んでいたのに
好きな人のそばにいたい、という理由くらいで
学校へ行こうという決心がつくもの?

一瞬、そういう疑問が頭をよぎったが、
すぐ、うん、そういうものだと思い直した。
片思いではあるけれど、好きだという思いを支えにして
一歩踏みだそうと決心した描写は、とてもリアルだ。

だからこのドラマが好きになった。
優のまなざしを見ていると、懐かしい「ときめき」を思いだす。
それと、
今時、高校生でもごっつい化粧してるもんだから
優ちゃんのナチュラルメイクに和まされる。

それから、このドラマを支えているのが西原理恵子。
改めて天才だと今さらながら。

私生活では全然ファイトしてない私で
このドラマを見ても「よーし!」とは思わないのですが
とりあえず、PTAのお仕事に励みます。ふう。
[PR]
Commented by 卯月 at 2005-09-06 17:45 x
いつか「ファイト」のことを記事に書こう書こう・・と思いながら日が過ぎてしまいました。みいさんがすっかり代弁してくれて、うれしかったです。玉子焼きを踏みつけられた場面の凍りついた表情・・あのあたりの「学校での違和感」みたいなのリアルでしたね。だんなさんに「太郎さんってどんな人?」って聞かれて、話しながら泣いちゃうとこ・・もらい泣き。最近の朝ドラの中では会心のデキだと思います(^^) みいさんもお仕事やいろいろファイト!です。
Commented by okaeri110 at 2005-09-07 15:08
卯月さんも「ファイト」見られているんですね。
「ファイト」のお話できて嬉しいです。
是非、記事にしてくださいな。すごく楽しみにしてます。

>玉子焼きを踏みつけられるシーン

この辺り、まだ見ていなかったんです。
私がちゃんと見出した頃は、既に部活を辞めて
りかちゃんとも話をしなくなっていたので、
黒木さんとの一件以外にも、何かあったんだーと
詮索していたのでした。最初から見ればよかった、と口惜しいです。

いろんなところ、丁寧に描かれていますよね。
のりピーの(母さんと呼べ 笑)複雑な揺れる女心とか
ねじ職人として生きる、ものすごくお人好しな工場の人たちとか
なんか、ほんと、うまいし、言葉遣いも現代風なのに
丁寧で、お行儀良くて、鉄板焼きが美味しそうで(それは関係ない 笑)

エールありがとうございます。
うおっしゃ!やるぞー(……ううう)
by okaeri110 | 2005-09-06 11:52 | 日々の暮らし | Comments(2)