カテゴリ:スポーツウォッチング( 44 )

ブレイブ・ブロッサムと西口引退

なんという快挙。
2回見ました。また見ると思う。
何度見ても驚く。

この4年でこうも変わるのか。
スポーツを見て、ただ単にエンターテインメントとして楽しむだけでなく
やる気と力を久しぶりにもらった。
ほんとにすごいよね。



西口が引退するそうだ。
もう何も言うことはない。
彼は唯一無二のプロ野球投手だ。
異論はないだろう。

にっしー。
オツ。
ぐっぴ。

引退試合があるのなら西武ドームまで行きたいのだけれど。
娘が関東にいるので、昔よりは馴染みができたとはいえ、遠いなあ、遠征。
[PR]
by okaeri110 | 2015-09-21 00:40 | スポーツウォッチング | Comments(0)

男子体操をみて 北京。

種目別見てて不満続出。

B得点が甘い、というのは日本選手団から聞こえてきていたが
それは昨年の世界選手権でも同様だったので
日本にとっては厳しい戦いは予想していた。

しかし、あん馬なんてさ。
A得点の高いもの勝ちだって素人でもわかったね。
最後まできっちりやり通せたのって冨田だけじゃん。
あとの人、途中がどんなに美しくても完璧じゃなかった。
あれでいいの?
(と、もう一度録画を見直すと銀メダルのウーデ選手はいけてました!
彼が金メダルだと思う)

今日の鉄棒も、うーん。
ハンビュヘン、とりあえず銅メダル。
北京での悔しさをバネにしてね。君まだ若い。

わざわざオリンピックが始まってからグランディ会長が
「美しい体操を」と釘を刺したけれど
(あんたがルール改正したんやんけ)
彼の意思が尊重された大会にはならなかった。(と私は思う)

中国の選手はみんな素晴らしかったよ。ほんとに。
でも、昔の体操って、女子の平均台以外は
こんなにポロポロ落下するような演技じゃなかったよね。
それだけ、一つの演技に時間をかけてじっくり取り組んで
それをオリンピックと世界選手権で披露していたんだと思う。
(後記:そうはいっても中国選手、今回の落下は少なかった。
ほんとに素晴らしい6人です。4年間の忍耐が酬われてよかった。
B得点を伸ばす努力もしたんだと思う。)

技を競うスピードがどんどんきつくなっていって
今の状況にあるような気がする。
見ている側にすればE難度、F難度、さらにG難度…
興奮してしまうけれど。

今のルールが悪いわけじゃない。
少なくとも私は以前の10点満点より賛成だ。
今みたいなルールにしないと、点の付けようがない場合が
しばしば出てくるし、次の選手との兼ね合いや
審判個人の思い入れが強く出過ぎてしまう。

ただ、B得点をどうするかについては
もう少しきっちり話し合いを持ってもらいたいところ。

コマネチ以来、高難度を目指すスピードが加速して
美しさだけの選手が点を取れなくなってきたというけれど
そのコマネチは、当時アクロバティックと言われつつ
美しかったからこそ10点満点だった。
この兼ね合いを出せる選手が表彰台にのぼれるような
採点をお願いしたい。
[PR]
by okaeri110 | 2008-08-20 01:40 | スポーツウォッチング | Comments(0)

とうとうオリンピック・ブログになってもうた

というよりも、体操ブログやね。
ええねん。私のブログや。

内村、個人総合で銀メダルおめでとう!
あん馬で2回も落下したにもかかわらず銀メダルとは。
まだ録画見てないのよ。見たいのよ。

ヤン・ウェイが金をとるのは確実だったけれど
ファンビュヒェンが来なかったのは、やっぱりミス?
今回ドイツの演技がちっとも見られなかったので気になっていたんだけど。

最後の方見られたんだけど
冨田の平行棒、鉄棒は完璧。
10点満点評定だったら、特に鉄棒はいい得点だったろうな。
メダルを取れなかったのはミスをしたからだそう。
また録画見て夜中に「あっ!」と驚くことになるのか。
表彰台に冨田がいないなんて。

ミスをしたら誰でも最下位になってしまう、それが体操の恐いところ。
なので、どうしようもないのだけれど
表彰式終わりのインタビューで
かなり悔しそうな表情だった彼。
もうそんなこと聞くなよ、と言いたくなるほど見ていてつらかった。

一方のうっちーは嬉しさとともに
なんというか…絶対ロンドンでは金を、と思っているのがありあり。
団体の時のインタビューでもそう言っていたけれど
この恐いもの知らずの若者がこの先4年間
いい方向に進化していってくれることを願う。
少なくとも彼は日本の体操のいいところを知っているから。
つり輪も短期間でここまで強化できたんだから
4年もあればいい成績出せるんじゃないかな。

冨田だって4年前はあん馬がイマイチだったのだし。
床だって6-3-3で選抜されるほどの演技ではなかった。
でも、ちゃんとここまで持ってきている彼の強さを見習って。

その6-5-4、6-3-3、来年またルールが改正されるみたいね。
代表が1人減るみたい。
つまり5-4-3、5-3-3
全員で6人だったのが5人になり、団体予選では各種目4人が演技し
そのうちよかった3人が得点に。(5-4-3)
団体決勝では5人のうち3人が演技し3人の得点が反映される。(5-3-3)
国内での選考が熾烈になるとともに
オールラウンダーをどんどん育成していかなくちゃいけないですね。

ところで名前表記、中国人の読み方をどうしたものか。
どうやら今回のオリンピックでは漢字をそのまま読むことに
決めたのか。

NHKは体操中継の際、以前から「ヨウ・イ」と言っていたのだけれど
体操連盟の方は英語表記を訳している関係からか
「ヤン・ウェイ」と書く報道も多かった。
私はどちらで書いたらいいのか迷った時は
面倒だけど漢字で日記を書いていた。
書くときはそれでいいんだけど実際に口に出すとき
「ヤン・ウェイ」と言うか「ヨウ・イ」と言うか迷うんですよ。
もう、どっちかに決めてほしいんですけど。

カレーを煮込みながら、つらつらと書いてみました。
今日のカレーはなかなかイケルぞ♪
[PR]
by okaeri110 | 2008-08-14 18:52 | スポーツウォッチング | Comments(1)

うっちーのインタビュー

緊張はなかった
って…あんたどれだけ大物やねん(爆)
[PR]
by okaeri110 | 2008-08-12 19:11 | スポーツウォッチング | Comments(2)

この銀はすばらしい

日本男子体操、銀メダルおめでとう。
銀をとることは素晴らしいことなのです。
ネットのニュースでは「日本、連覇ならず」という残念な結果というような
ニュアンスで流れていったけれど、それは違う。

跳馬でのミス(あぁ鹿島くん…)は残念だったけれど
そこは残りの種目できっちり結果を出した選手達の精神力に拍手。
沖田くんが怪我のため跳馬でエントリーできず
そこをフォローし合えたのは感動もん。

代表選考会から考えると
集中して行った合宿で、選手達がどんどん強くなっていったのがわかる。
具志堅監督、大成功でしたね。
特に坂本、内村はみちがえるようだ。
なんて私が言うのもおこがましいんだけど、ほんとに。ええ。
セギノールがオリックスから退団し、2年後に日本ハムに入団したとき
「絶対、別人じゃん」と思ったに近い変わり様。
(だから、あんまりわからんたとえをするなっつーの)

うっちー、ビッグマウスだなあと思っていたけれど
生意気っていうんじゃなくて天真爛漫。
オリンピックでもそのままの勢いだけでやっていけるのか
ちょっぴり心配だったけれど
坂本くんと彼の勢いは、すっごくプラスに作用した。

中瀬も自由では安心して見られる演技をしてくれて
ほんとに中瀬がいてくれてよかったと思う。

選考会で水鳥はじめ、選ばれなかった選手達のことを思うと
どのメンバーも「自分こそが選ばれるにふさわしい」と
自信を持って臨んで欲しいと思っていたので
この結果は関係のない私でも誇りに感じるよ。

鹿島くんはどこまで重いものを背負ってしまったのだろう。
表彰台でにこ、としたその笑顔を見て少しほっとしたけれど
予選の落下が影響して種目別にすすめなかったあん馬。
決勝で美しくまとめただけに返す返すも口惜しい。
あん馬のポイント1位で代表になった自分の役割を
誰よりも痛感していただろうし
これまで不運にもすぎる怪我の数々は
彼をとことんまで追いつめたことだろう。

なんと言葉をかけたらよいかわからない。
けれど、このままで終わらないから
我々ファンはじっと待っています。
オリンピックといわず、世界選手権で世界中の人々を
メリーゴーラウンドに乗せて魅させてください。


ひとまずこれまで。ハンバーグ作ってまっさかい(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2008-08-12 19:01 | スポーツウォッチング | Comments(2)

北京オリンピック 体操 男子団体予選

いつの間にか始まってしまいました、オリンピック。
直前までこんなごたごたしてて大丈夫なん?と思いながらも
始まってしまうと競技に注目せざるを得ない。
これにかけてきた選手達だもの。

我が家では内村君 うっちー
沖口君 おっきー
そう呼んでいます。

今回、フタを開けてみるとフレッシュなメンバーの日本に対して
前回シドニーの代表から1名以外は同じ顔ぶれという中国。
ちょっと驚いたのでした。
中国のことだからすごい秘密兵器な若者がわんさかいるんじゃ、と。

しかしこれも4年前からこの日に照準を合わせていたのだと考えれば
うむむ中国、恐ろしや。

ヤン・ウェイの強さはもちろん知った上で
やっぱり美しさだけをとれば日本選手みんな格上。
特に「10点満点の採点だったら最高のスター」と言われた冨田は
ますます美しい。

それに次ぐのが内村だ。
インカレから名前だけは聞いていてどんな選手だろうと思っていたら
NHK杯で見た彼はとっても今どきの男の子。
ちょっと生意気っぽくて恐いもの知らず。
具志堅監督も目を細めて彼のことを話す。

坂本くんも淡々とぐっとくる演技を続けてくれる。
冨田・鹿島の後輩でずっとすごい、すごいと言われ続けていた選手。
こういう噂だけ耳にするとインカレって絶対行きたいよなあって思う。
大学野球とか、そこまで見に行きたいと思わないんだけど
(高校野球もTVでやってるから見る、という程度)
体操は行きたいなあと思う。
行けないんだけどね。

おっきー。
首が痛かったというし、今日の小西さん情報では
足首も痛めているとのこと。
よく床ふんばったね。
めいこは君のファンになっちゃったよ。
あん馬は無難に決めたようだね。無理しないでね。
でも、できれば種目別行きたいもんね。

中瀬くん。
アテネではほんとに僅差で涙を飲んだ代表の座。
でも、すでに世界代表で君の姿がいない方が不思議なくらい
私たちはあなたの姿を見慣れている。
あなたの力が絶対必要。床も素晴らしかったね。

鉄棒が思ったより点数が伸びなかったなあ。
米田くんの鉄棒を、オリンピックで世界の人に見てもらいたかったな。
そのくらい、あの最後の鉄棒は完璧でした。

鹿島くんのあん馬落下で私も夕方から
ガーンという効果音が頭から離れないのですが
ちょっとがんばって書いてみました。
[PR]
by okaeri110 | 2008-08-10 01:34 | スポーツウォッチング | Comments(0)

体操・NHK杯(兼北京オリンピック最終選考会)

なんて胃の痛い大会…
みんなまとめて北京に行って欲しい、という思いを承知で
誰が行けるのか、、、ああ、たった6人だけだなんて。
たったの6人を選ぶだなんて。

また後ほど、しっかり思いの丈を書こうと思います。
水鳥くん、、、、、、君がいないオリンピック?
米田くん、、、、、、最後の、最後の鉄棒演技は完璧だったね。
塚原くん、、、、、、君もここまでよく持ってきた。なのに。
椋本さん、山岸さん、、、、、、うう。

関口くんも田中くんも星くんも、ああ。

夜中にビデオみて、ああ、ばっかり言ってました。
[PR]
by okaeri110 | 2008-05-07 14:34 | スポーツウォッチング | Comments(0)

惜しいっ!


「第45回 日本ラグビーフットボール選手権大会」組合せ/結果


近鉄ライナーズ、トヨタにあと2トライ及ばず。
勝っていれば来週、花園で準決勝を見られたのにと残念なり。

侍バツベイが昨春ライナーズに移籍したことを知らなかった私は
昨年のW杯でキムがいい仕事をしていたのが気になり
ライナーズのサイトをちらちら見に行ってバツベイを見つけて驚いた。
四宮もいるし。近鉄のテコ入れ、本気モード。

彼ら代表経験者の緊張感ある風を受けたことで
あと少しでトップリーグ、でもその少しが追いつかないという
この数年間のもやもやを見事にはらして返り咲き。
入れ替え戦も必要なかった。

そんな近鉄を一度も見れずに終わってしまったわたしは
本日のトヨタ戦で勝つことができれば
来週の準決勝、花園で観戦することができたのだ。
残念。

でも、来季はトップリーグで開幕!
おめでとうございます。
四宮のブログ見てるとちょい感動。
ライナーズを呪縛から解き放つ!という彼の言葉通り
選手、スタッフ、ファンが古豪復活をなしとげてくれました。
こっそり見のわたしのようなファンも
来季楽しみにしております。
行け!三冠!(夢はでっかく)


本日は京セラドームに行くつもりだった。
それなのに体がいうことをきかなくて
気がつくとこんこんと眠ってしまったわたし。

仕方がないのでTVで録画放映していたのをぼーっと見る。
あーーーー岩田くん投げてんじゃん。ショック。
いい球でしたね。
イガーからツーシームを習ったというけれど
それがうまく活きているという話でした。

オリックス。
本柳と菊地原も出てきて
ほんでもってなんかすごい打順になってた。

カブレラのユニ…へん。
やっぱり見慣れるまで時間がかかる。
北川の顔がなかった。
ラロッカ相変わらずすてきー。

そうそう、グッチがラインバックになってた。
[PR]
by okaeri110 | 2008-03-01 20:15 | スポーツウォッチング | Comments(0)

高校ラグビー決勝 伏見工業-東福岡戦 

057.gif雨の日のメモ書き

見にも行かないで後ろだけTV観戦。
東福岡守りきった。
伏見工業も、ロスタイムになってから切れないよう、切れないようにと
かなりのプレッシャーがあったと思うのだが粘り続けた。

反則を出してはいけないという、あの状況下で
伏見工業だけでなく東福岡も目に見えない緊迫感を醸し出していた。

やっぱり高校ラグビー独特のすがすがしさを感じちゃいましたね。
おばちゃんまいったわ。

さて明日からいよいよ子ども達の学校が始まります。
私のPTAもやること実はてんこもりです。
やれやれ。
[PR]
by okaeri110 | 2008-01-07 18:05 | スポーツウォッチング | Comments(0)

ラグビー ワールドカップ 日本-カナダ戦

オーストラリア戦は前半をかろうじて見た。
がんばってたよジャパン。
でも、後半戦は耐えきれず上書きしてしまった。

ウェールズ戦もよく耐えてたと思う。
フィジー戦は…やっぱり悔しい。

大西がダメだっていう状況で強行出場した最後のカナダ戦。
カナダだから勝てる見込みは五分五分。
やっぱり他のチームよりアラが目立つしミスも多い。

冷静に考えれば勝っても不思議でない試合だった。
それでも、やっぱりこれだけ感動できたのは
残り1分を切った状況でトライを決め、
大西が難しい角度のコンバージョンを決めて同点にしたから。

ほんとに感動した。
これぞ泣け!という感じの作りだった。
(いや作ってないけどさ)
日本中の男どもが大西に抱きつきに行きたかったんじゃないだろうか。

キムが冷静に球出しをやってて、ツボに入ってしまった。
誰?追加招集した選手だというのは知ってたけれど
所属チームは?近鉄ライナーズ?

箕内がインタビューを受けていたけれど(もちろん英語で)
だんだんチームとしてできあがってきて、
もう試合がないというのが残念、というような事を言っていた。
ほんとにそうだね。

あんまり代表チームを強くする、というビジョンがないように思うジャパンだけれど
今から4年後に向けて代表の試合を増やしていけば
かなりいいチームになっていくような気がするんだけど。
素人考えだけれど、やっぱり場数を踏まないと、と思う。

ジャパンは世界からは格下チーム。
でも格下ということは、戦力がぐんぐんUPする可能性があるということ。
フィジー戦を見ていたら、もう少しなんとかなりそうな気がした。
ああ素人なのにスミマセン。

フランスってラグビー好きなんだね。
なんか不思議だ。
あんなにイギリス人嫌いなのに。
そういえばテニスも大好きな国民だな。
そんなフランスがやけに日本の応援してくれていた。
弱いから応援したれ、というような国民性でもないはずだし
ジャパンの戦いのどこかに惹かれてくれたのだったら嬉しい。

さて、我が家にはオールブラックスのパチもんとイングランドのシャツがあります。
今年のイングランドは弱いんだ、とトムが春先から言ってたのだけれど
とりあえず応援しようと思ってます。
地上波なので見られませんがー。


テレビ中継といえば、ネットニュースでも流れていたけれど
日テレのおぞましい中継はまさにこのカナダ戦でした。
私は録画して翌朝NHKニュースで平のトライを先に見たので
困惑しなかったのだけれど、
よりによって平のトライを中継しなかったのでした。
放映時間がなくなっちゃって苦肉の策だったらしいんだけど

どうやら日テレスタッフは
ラグビーにもロスタイムがあるってことを知らなかったようです

んなアホな。


下のYou TubeはJスカイの方の放送なり。
やっぱりTV番組も無料のものは粗悪品の時代になってきたのかも。
しくしく。
(でも「お・ばんざい」はいい昼ドラの予感)

※ラグビーのロスタイム
負傷者の手当をしたロスタイムのことをインジュアリータイムというそうです

[PR]
by okaeri110 | 2007-09-29 00:05 | スポーツウォッチング | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧