カテゴリ:家をたててから( 18 )

ミーレ食洗機

家を建てる時にビルトインのミーレ食洗機を入れました。

これが当時のキッチンの画像。
かわいらしい写メだのう。
リンクして飛んでいただいても画像はこれ以上大きく見えません(汗)

この画像で確認しづらく申し訳ないが、キッチンの真ん中あたりが食洗機部分。
シルバーの取っ手引き出しと黄色シンクの間。
ヤマハのキッチンと同じ面材にしてもらったので統一感がある。

ほぼ毎日、ぐうたらかーさんに代わって食器を洗い続けてくれたビッグママ。
12年目の今年に入って突如、水が流れなくなった。
トリセツ様のおっしゃることを何度か試し、そのたびに水を掻き出してみたものの
もはや素人の手におえる故障ではない。

ミーレといえば、家が建って7年ほど経過した頃、先にラジエントヒーターが故障した。
その時もなかなかの出費だったが無事直って、今日も一日大活躍してくれている。
食洗機は12年ももってくれたのだから、ありがとうと言わねばなるまい。

ミーレさんに来てもらったところ、モーター部分の取換えが必要となり
うちの型はずいぶん旧いので部品をドイツから取り寄せしてもらうとのこと。
問題は修理代。なかなかである。

とはいえ、買い替えとなると、こちらはなかなかのなかなかである。(目がおかしくなる)
うーん。

いっそのこと、食洗機いらないんじゃない?
子ども達も大きくなり、洗う食器の数も確実に減っているし、私は別にいいんだけどな。
そう言ったら、子ども達の大反対にあった。
食洗機が壊れてからは、自分で使った食器は自分で洗っていた子ども達。
「修理なおるまでの辛抱と思ってるのに、ずっと続くのはいや!」だそう。
大人になるよい習慣づけになるのにねえ。
パパが、まだこの先使うものだから家の修理補填代ということで購入しようと決めた。

いろいろ検討した結果、購入を決めた食洗機は、旧い食洗機についていた面材を再利用することはできず
ステンレス仕様となった。
e0053528_20033859.jpg





急にシャキーン!となったキッチン。
ステンレスが入ると、ちょっと緊張する。
これが人生最後の食洗機だと思うので、大事に使っていきたい。
高~いミーレの庫内洗浄剤も、時々使うことにします。たぶん。
どこかに二か月に一回と書いているところがあったけど、それは無理ー。



(1620円、一回で使い切りって…) 


[PR]
by okaeri110 | 2017-09-05 20:30 | 家をたててから | Comments(0)

ピアノさん

ピアノの調律師さんが来て、1時間半くらい調律をしてくれた。
その後、お手入れの仕方などを聞いたのだが
ピアノってつくづくアコースティック!と感じた。

複雑そうに見える構造も、ポコポコと上物を外して弦をむき出しにすると
思ったより単純な仕組みに見える。
「ピアノは木製ですから、湿気を含んだり乾燥すると音も鍵盤の軽さも変わります」
「弦は近くの物に反響するので、何か気になるなら周囲にあるものを動かしてみてください」
「ピアノは最初に家に来たときが、いちばんコンディションが悪い状態です。その後、その家、その環境にピアノ自身が合わせるようになってきます。」

なるほど、なるほど。
木造の我が家と同じやん。
家を作るときに、設計士さんと奈良の製材所の親父さんが何度も言っていた言葉。
「家は建ててから、住んでいる人と一緒にどんどん変化する」
「木がよくなるのは年数が経ってから。乾燥して割れたり湿気のある時は目がつまったり。それを繰り返してしっくりしてきます」

なんだ~。
我が家にしっくりくる楽器は、エレクトーンではなくてピアノだったんだ。
ピアノは子どものために買ったのであって、自分は何一つときめかない買い物だったんだけど
調律師さんのお話を聞いて、ああピアノが来てよかったなぁと思えるようになった。


数日後。
みっふぃのピアノ発表会があった。
エレクトーンでするアンサンブルではなく、今回はピアノの個人の発表会。
みっふぃは今までずっとエレクトーンでピアノの練習をしていた。
「もう限界やねん」という言葉を聞きながらも
「エレクトーンでええやん」
「エレクトーンやったら鍵盤足りへんやん」
「エア鍵盤でええやん」←むちゃくちゃ
「鍵盤の硬さが全然違うから、どうしてもピアノ曲は指が弱いって言われんねん」
「強く叩けばいいやん」
ほんとにもーむちゃくちゃでした015.gif
でもまあ、発表会もそこそこ弾けてたし、いいやんと思っていたのだけれど
会が終わって先生にご挨拶に伺った時、
「ほんまにやっとピアノ買ってもらって遅すぎ!」と言われてしまった。
「他の先生達に、エレクトーンだけで練習してここまできてるって言ったら信じられへんってみなさん言ってますよ」


うーん。
「かーさん、ムチャぶりやったかなあ」と言ったら
「今さら気づいたか!」とあきれ顔のみっふぃ。

みっふぃが弾けてしまうので、そんなに必要性感じてなかったんやよね。
このピアノの発表会に参加している何十人ものお子さん達は
全員、家にピアノがあるってことやんね。
そんなん考えたことなかったわ(笑)

ごめん、ごめん。
今さらやけど、そこそこがんばって弾いてください。

ちなみに今回弾いた曲はグリーグの「小人の行進」でした。
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-13 21:15 | 家をたててから | Comments(0)

ぶたこのいる場所は

e0053528_14282923.jpg

吹き抜けの大掃除のために、パパが実家から持ってきた梯子です。

ゆうに30年、いや下手すると50年経ってるかもという手づくりの梯子。
e0053528_15284571.jpg


きれいな飴色やね。
わが家の木たちも、いつかはこんな色になるのでしょうo(^-^)o
ただいま築3年ぽっちです。
少しずつ色焼けしてきてはいます。
[PR]
by okaeri110 | 2008-12-10 14:28 | 家をたててから | Comments(4)

PTA総会

PTA決算総会、無事終わりました。

これで19年度の任期が終わり(ほんとは4月末までだけど)
副会長という役から降りました。やれやれ。
ご心配くださったみなさま、ありがとうございます。

ただ、自分は会計監査で残るので
役員ではないけれど、役員の補佐をする立場。
終わったぁ~という気分にはなれません。
現にまだ役員の仕事をしております(笑

PTA会長が、最後のご挨拶で涙を流されました。
3年間、ほんとうにお疲れ様でした。
心からそう思うとともに
「早く引き継ぎやってください」という気持ちでいっぱい。
どうにもフラストレーションがたまります。

ここ数日、その気持ちが顔にも態度にも出ていたようで
会長に悪かったなあと思うのですが。
資料を早く新役員に渡してあげないと動けないのです。
みんなカツカツの時間で段取り作ってるのです。
感極まって泣いてる場合じゃないでしょう。

ああ、冷たいわたし。
でも義理人情とは別なのよ、これは。
個人的には会長がとても頑張ってらしたのを知っているし
素直でいい方だなあと思っています。

役員やってて、義理人情と本当にやるべきこととの板挟みで
寝られない日を何度も過ごしたけれど
自分には必要な訓練だったのだなあと思います。
まだ合格してないので、また同じような訓練が訪れるだろうと
思ってますけどね。ううう。
[PR]
by okaeri110 | 2008-04-25 09:35 | 家をたててから | Comments(0)

蓄熱暖房機

さてお引っ越しをして2年が経過した。
早い!この間引っ越したばかりだとゆーのに。

我が家は高気密高断熱を求めて外断熱にしてもらった。
設計段階で換気と排気も十分に考えてもらった。
トイレとバスをはじめ、いくつかのところは24時間排気だし
(場所によってはON/OFF切り替えられる)
吸気ももちろん24時間。(これもON/OFFあり)
部屋中の空気が回るようになっている。

なっていはいるが、大きな吹き抜けを作ったり
階段もシースルー状態で空気ぬけぬけの状態だもんで
冬場の暖房が少し弱いようなのだ。

まあ寒くていられないほどじゃないんだけど
18度になると、じんわりと寒くて足が冷えてくる。
それでも普通の家より暖かいよ!とは言われるんだけど
家にずっといる私にはもう少し暖かくならないかな、と思う。

ちなみに高気密高断熱にしたので灯油・ガスなどの暖房器具はだめ。
電気系で暖房をしないといけない。
そこで持ち上がったのが蓄熱暖房機。

設計士さんにいろいろ調べてもらって暖吉くんはどうかと言われた。

暖吉くん。名前はとこしえにダサイけれど堅実そうだ。
さっそく置いてあるショールームに行ってきた。
うーむ。デカイ。
しかし、表面があちちにならないので
15cmも話せばエレクトーンを横に並べても大丈夫そうだ。

ただ、吹き抜けを暖める力はあるんだろうか。
ほんのり暖かいというのが売りだからな。
値段も高いしな。

オール電化で吹き抜けリビングにされた方々、メインの暖房は何ですか?
やっぱり床暖房かなあ。

そこそこ暖かいのに寒いっちゅー私が贅沢なんだと思いつつ。
しかも大阪って結構暖かい地域なのにね。
[PR]
by okaeri110 | 2007-12-03 15:11 | 家をたててから | Comments(2)

柱が立って2年

e0053528_8551752.jpg

竣工し、引っ越しをしたのは12月だったけれど
この大黒柱が立ったのは7月だったかな。
なので、約2年経過後の柱と吹き抜けの梁。

よく陽に当たる場所なので、色も少しずつ変わってきた。
柱も割れまくっているけれど(背割りをしなかった)
最近は新しい割れがなくなった。
パン、パン、という音も聞かない。
また冬になると多少は聞こえると思う。

木割れのすき間に鼻をつっこむとヒノキの匂い。
もうあまりしなくなってきたけれど、まだかすかにする。

家に住んでいる者は、鼻が慣れてわからないけれど
初めてくるお客さんには木の匂いがわかるらしい。

柱や梁だが、自然変化を楽しむために、わざとオイルも何も塗らなかった。
年数が経つごとに色つやが出てアメ色に変化していくんだろうな。
床や戸の部分はさすがに汚れるのでオスモを塗ったけどね。
そういや1年に1回、オスモを塗り替えるのが目安と言われた。
「でも、みなさんしてない人が多いですよ。そのまんま」
と建築士さんに言われたが、まったくその通りです。 ←面倒だからという理由

うちの床なんて傷だらけだし、物はこぼすわひどいものだけど
ヒノキに含まれた天然のオイルは、水分をすぐには吸い込まないし
いつまでも綺麗なままである。すごい。
でも、もう少し綺麗に使ってあげたい気もする。ごめんね。
[PR]
by okaeri110 | 2007-09-05 09:06 | 家をたててから | Comments(0)

IKEAのこと

ご存じIKEAですが、やっと関西にもお目見えしそうですね。
神戸ポートアイランドに、なんと大阪市内(大正区)にも!
2008年にはUSJじゃなくてこっちで遊びましょう♪

ずっと以前からIKEAに憧れていた。
半分DIYで、そこそこの家具が安価で入手できるなんて
(電化品以外の)ブランドものに興味ない私には
すごーく魅力的な店に見えたから。

家を建てる話が出たのは2002年。
家やインテリアに特別心を注いでいないわたしは
無理やりにインテリア好きになろうと努力していた頃だった。
で、行き着く先がIKEAだった。
海外在住の方達のサイトを拝見していると
あちこちでIKEA、IKEAの文字。
これは、自分に向いてるかもと思いはじめたのだった。

ちょうどその頃から何となくIKEAが日本に進出するぞという話が聞こえてきた。
実はIKEAは以前、日本上陸したことがあったんだけど早々と撤退。

当時はバブリーだったので、高価でデザイナーズじゃないとダメってかんじで
多くの日本人はイタリアやフランスにしか目がいってなかったからだろうか。

で、IKEAはいつ進出するんだ、候補地はどこだとずっとチェックしていた。
最初は神戸に第一号店というニュースもあったのだが
いつの間にか立ち消え。関東に第一号店が。ちっ。
それも出店予定日がどんどんずれ込んでいく始末。

私は、新しい家になってどうしても買わなくちゃいけない家具は
できることならIKEAで見繕いたかった。
なので、自分の家ができるまでにIKEAが日本に出店して欲しかったのだ。

現実には、家がすっかりできあがってからの出店だし
しかも関東だしって時点で、もういいやと気持ちは冷め冷め状態。

今年の春、知り合いがIKEAに行ったとのことで
わざわざ私にもお土産で、プラスチック製のカラフルなコップ
(6種類全部いろんなキャンディ色のキュートなやつ)を買ってきてくれた。
「すごーく安いから気にしないで」というメッセージ付きで。

IKEAはホームセンターやDIYセンターよりも
東急ハンズに似ていると思う。

私はDIYする人ではないし、こういう風にできたら、という構成や
デザイン力も自分にはない。
こういう人間は一般的にインテリアショップに行って出来合いのものを
見繕って、適当に買ってくるものである。
しかし、それだと自分の好きなものがなかなか見つからない。

なので、ホームセンター系列へ行くのだが
こういうところは、「はい材料」と素っ気なく置いてくれているだけで
工作能力のない自分には太刀打ちできないことがよくある。

で、ハンズに行くとなんか嬉しいのだ。
ハンズにはいろんなグッズが置いてあって、しかも材料もあって
それらをじーっと見ているうちに「こんな風にできるかな」と
工作できない自分でも何となく頭に描ける気がするのだ。

しかし大阪のハンズはアイテムが豊富とはいえない。
品切れも多いし、発注かけても「もうありません」と言われることも。
その点IKEAは種類も量もたくさんあるような気がする。
てことは興奮度が何倍にもなるんじゃなかろうか。

かーさんが行方不明になったら
図書館とIKEAに捜索願を出してください。
[PR]
by okaeri110 | 2007-08-15 10:50 | 家をたててから | Comments(2)

IP電話不調

この家に移ったとき、ニフティとの契約を見直した。
その際、IP電話をすすめられた。
ADSLの契約をすると無料でIP電話も付けられるというのだ。
IP電話はつながりにくい時がある、と聞いていたので乗り気ではなかったが
無料だし操作一つでNTTに切り替えできるというので申し込みをした。

案の定、IP電話は不調だ。
通話中に突然ピピッ音がし、とぎれとぎれの会話になる。
仕方がないので大事な用件の電話のときはNTT回線にする。
ところが、NTTになるようダイヤル操作をしても
どうやらNTTに切り替わっていないようなのだ。

先月の請求では、とうとうNTT使用料はゼロ円になっていた。
基本料金のみの支払請求金額である。

おかしい。
ピピッ音が困るので、私がかけるほとんどの電話には
NTTに切り替わるダイヤル操作をしたにもかかわらず、である。

ニフティに電話をしてみた。
ニフティが悪いのかNTTが悪いのか
はたまた家を造った際の電気業者の配線が悪いのか。
ただいま家の中にある別のジャックにつないで実験中である。

IP電話についてはよその家も普及率が多くなっている。
相手からの電話でも同様のことが起こったりする。
友達ならともかく、上下関係があるとお互いに困る。
金額が安いのは魅力的だけれど、こうぷつぷつ切られては会話できない。
「調子が悪いんでいったんかけ直します」という言葉さえ
相手に伝えられないんだもの。

どこのIP電話がいちばん堅調なの、とパパに聞いたら
「NTTらしい」という答え。
うーむ。
NTTきらい。
[PR]
by okaeri110 | 2007-04-17 09:53 | 家をたててから | Comments(3)

ミーレ ラジエントクッカーの使い心地

ラジエントクッカー、ラジエントヒーター、電気クッカー…
いろいろ言い方があるけれど、要するに電気コンロで私は料理をしています。

そもそもどうしてこんな少数派の熱源にしたのかについては
エンピツ日記の方に進行形でいくつか記事を載せました。

e0053528_1239779.jpg今は、使い心地について書こうと思います。
うちのクッカーはミーレKM 540というやつです。
平べったい真っ黒いクッカーです。
どれだけ平べったいかというと、天板からの高さ1cmありません。
スイッチ等々は電子式のタッチセンサー。

見た目インパクトがあるのでデザインの好き嫌いがあると思います。
私は、見た目ならAEGのこんなのがよかったのですが
そのときたまたまAEGよりミーレの方が安かったことと
食洗機、オーブンもミーレにしたので
アフターケアを考えると一緒のメーカーの方が面倒くさくないかなと思い
ミーレに決めました。
深く悩んだ割には、結構いい加減に決着つけました。

で、ミーレの使い心地。
まず、お湯を沸かしますね。
時間かかる。
これまでガス火だったのですが、明らかに沸くのが遅いです。
これは覚悟しといてくださいね。

最近は涼しくなったので(寒くなったともいう)
フライパンでウインナーを炒めるにも時間がかかるようになりました。
いったん、鍋なりフライパンが熱くなったら、その後は大丈夫なんですが
熱くなるまでの時間がかかるのです。

さて熱くなったら。
これはもう揚げ物でも炒め物でも大丈夫。
特に揚げ物は、後処理が楽ですね。

ただ、火加減にコツがいるのです。
どういうコツかというと、電気クッカーは時間差があります。
慣れるまで時差ボケ8時間って感じでした。
熱くなるまで時間がかかる話ははじめにしました。
熱くなってから冷めるまでも時間がかかるのです。
人はそれを余熱調理といいますが
余熱を考えないと、電源を落としてから焦がしてしまったりします。

例を出します。
揚げ物をするためにサラダ油を温めますね。
だいたい目ぼし170度、いい感じ~とトンカツ投入。
じゅわわーと揚げているうち、うーんちょっと低くなった?
とスイッチを上げていきます。
でも、なかなか上がらない。
なんかしっくりこないなーとぼ~っとしているうち
一気に熱々になってきて、あわててトンカツを取り出すも
ちょっと茶色くなっちゃった~…

そんな感じの失敗がよくありました。
今でもですけどね。
スイッチを上げ下げしてから実際にそれが鍋に伝わるまでの時差を
よーく体感しないといけません。
でも、わかりさえすれば可愛いやつです。


鍋などの調理類。
一応、ガス時代とまったく同じものを使っています。
唯一あきらめたのが土鍋。
「土鍋はガラストップが傷つくからやめてくださいね」と言われました。
実は、それでも土鍋、ひと冬使いました。
使えるのは使えるんです。
ただ、土鍋って底がぼこぼこしてるでしょ。
なのでやっぱりガラストップを傷つける可能性大。
しかも、クッカーで調理した後、食卓テーブルに運ぶ時には
簡易ガスコンロを使用するものだから
土鍋の底を洗っても結構こまかな汚れが付着するのです。
それをほんの少しでも付着したままクッカーで次回調理するとですね、
ガラストップが汚れます。
なかなか汚れが落ちません。
これは、土鍋に限らず、どの鍋裏にでも言えることですが
焦げるものをクッカーに押しつけると、そりゃガラストップが汚れますよね。

ということで土鍋は自粛しています。
あと、IHと同じで、底が平べったくないと不安定でダメです。
これも使えないわけじゃないけど熱伝導も悪いし
少しでも底の形がいびつになっちゃってると、カタカタ音がなります。
フライパンの底のなみなみ、とかは大丈夫ですよ。

掃除メンテ。
これはガスコンロ時代とは雲泥の差の気楽さ。
ただし、まだ余熱が残っている時に掃除をしちゃいけません。
熱い時に台ふきで拭いて、ふきんを焦がして
焦げたふきんがガラストップに付着して、余計掃除が大変になりました。
でも、そんな失敗は一度すれば十分。
とにかく楽です。IHと同じ程度に楽です。

料理については、やっぱり煮込み料理の多い人には便利です。
私みたいに熱いお茶が好きな人にも便利です。
電気ポット使いませんし。
やかんでお湯を沸かしたクッカーの場所に
急須を置いて底を暖めさせるというティーコゼー要らずの活用もできます。
でも、炒め物が多い家庭では、ちょっと不利かな。

それから最弱にするとかなり微妙な暖かさをキープできます。
これはどの熱源にも真似できないことでしょうね。
そんな微妙に暖めることなんて一生で一度もない、という人もいるでしょうが
我が家では意外とあったりするのが面白いです。
みそ汁の微妙な暖かさをキープさせる、とかね。

暑さ対策。
これまでの夏の台所の暑さは何だったのか、というかんじです。
もちろん、IHだったらもっと熱を感じないのでしょうが
直火の熱さって強烈なんだって、あらためて感じた今年の夏でした。
そもそもオール電化にした理由が、高気密高断熱の家にするためにも
台所の熱をできるだけ下げようと設計士さんに勧められたからでしたので
そういう観点からは夏も涼しい家になりました。

結論。
ラジエントクッカーはいいのかどうか。
どうなんでしょう。
イラチの人には勧めません。
クッキングにこだわる人にも勧めないかもしれません。
でも、私は毎日キッチンに立つのが嬉しいです。
朝は時々「早く~ういんなー~~っ」とか文句を言う時もありますが
好きなものに囲まれる暮らしには快適さを覚えます。

IHとラジエント。
どっちが便利かと言われたら、うーんIHなのかも。おいおい。
私は一般の人にラジエントがいいよ~と勧めることはしません。
いろいろ温度調節に慣れるまで時間がかかりますから。
でも、私は「くらしの手帳」のオールメタルIHでの実験結果に
ちょっとした恐怖を感じたにんげんなので
ラジエントにしといてよかったと思います。
しかもやっぱりデザインやコンセプトが好きなのです。

自分の好きなものを使うのが一番なのかもしれませんよ。
ラジエントが気になって、検索をかけてこられる多くの方々は
きっと並々ならぬラジエントヒーター機器への愛情があるのではないでしょうか。
いろんなデメリットも頭に入れつつ、
それらを愛用するというのも一つの幸せだと私は思います。
ミーレやAEGの製品は20年持つと言われてますしね。
ああ、飽き性の人には絶対だめですね。日本製万歳ですね。



最近、スーパーラジエントヒーターという名前を耳にします。
いったいどういうものなのか、私は実物を見たことがないのですが
スーパーとつくくらいだから、いいものなんでしょうか。
見た目だけなら負けないぞ、と思ってるんですが。
[PR]
by okaeri110 | 2006-11-12 13:34 | 家をたててから | Comments(4)

我が家のニッチその1

e0053528_124398.jpg

たまごちゃんのお買い物
[PR]
by okaeri110 | 2006-06-03 12:43 | 家をたててから | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧