今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

カテゴリ:ギターの練習( 7 )

おろおろ

ギターの弦を換えていたら
初心者がやりがちなこと:ギターの弦を切ってしまいまぴた。
チーン!って飛んでいった007.gif

1本切れたら全部買いに行かないといけないよなぁ~。
同じ種類の弦が売ってるとは限らないし…。

最近のコたちは、ベースやドラムの方が人気みたいですね。
昔はボーカルとギターの取り合いだったのに。
私は聞くだけでしたが、聞くにしてもギターなんてどうでもよかったっす。
リードギタリストと言われている人が、ことごとくバカみたいだったからかな。

でも、ギターがあればどこででも歌えるんだよね。
はぁ…。
暑いけど行ってくるか。弦買いに。いっちゃん柔らかいヤツ。
[PR]
by okaeri110 | 2010-08-17 13:04 | ギターの練習 | Comments(0)

アベフトシ

なんで?
急性硬膜外血腫で死去だなんて
交通事故にでも遭ったのだろうか?

年末に復帰した姿を見せたと聞いていたのに。
なんでこんなことに。

十代からずっとロックファンだったけれど
一度だってギターを好きだと思ったことがなかったわたしが
かっこいいじゃん!と突如目覚めたのが
アベフトシのギターだった。
ギターの音を聴いて、こんなにかっこいいと思ったことは今までなかった。
この年になって、恥ずかし気もなく
“ギター弾けたらいいな”なんて言い出したのは
他でもないアベフトシのギターを聴いたからだったのに。

なんで?
なんで死ぬの?
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-22 20:01 | ギターの練習 | Comments(0)

ギターその後

毎日とはいかず、ぽつぽつと練習しています。
ただでさえ人より時間がかかるのに
こんなんでは一曲もまともに仕上がらない、とため息。

今できるのはGの曲くらいかな。
Aの曲も少しがんばってます。

指使いがやっぱりおかしい気がする。
でもどうおかしいのかわからず、ためいき。

あと、Cがどうしてもうまく押さえられません。
力も足りないのだろうけれど困ったことです。
だからCとFのコンビネーション(という言い方でいいのかな)は
大変なことになります。
きっとこれをずっと毎日1時間くらい
反復練習しないといけないんだろうな。

昨日、押尾コータローのライブをyoutubeで見たけれど
あらためてギターに注目して見たのは初めて
すげーっっっっと言ったまま固まってしまった。

もともとアコギに憧れて始めたギターじゃないけれど
アコギってすごいな。“HARD RAIN”


こっちの方が一般受けするかな。“TREASURE”


彼のコピーをUPしている人もたくさんいて、それ見てても面白いです。
あぁ、Cが出ないと言ってる場合じゃないや。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-13 09:51 | ギターの練習 | Comments(2)

発展コード

というのかは知らないけれど
GとDのセブンスコードについて教えてもらった。

今、教会で賛美クリニックという立派な名前の
講習会が行われていて
そこでギターを教えてもらっている。
カメのような歩みでござるが。

セブンスは、そのコードの7度目の音も加えたコード…らしい。
今、みんなで習っている曲は
G、D、D、G
G、C、G、D
というコード進行である。
チョー簡単。
でもそれがわたしには厳しい。

これにセブンスコードを入れてみると
G、D、D7、G
G7、C、G、D

弾いてみるとまたちょっと立派になった気がする。
でもその前に一つ一つの音がちゃんと出ていないから
あんまり意味がない。

あと、DとD7を続けて弾くのは難しいです。
頭で指の配置を考えている時点でアウトなんだと思う。
指が勝手に動くようにならなくちゃ。
つまり、そのくらい反復練習をするということ。
たぶんそれが答えなのだろう。

キーボードの講師をしていたぴよがやってきて
見本にちょっと弾いてくれた。
いつもピアノの前でしっとりと弾くぴよの姿は
本当に美しくて上品でうっとりするのだけれど
ギターを弾き始めると豹変したのでびっくりした。

車を運転すると人格が変わる人がいるけれど
ギターを弾くと変わる人もいるのかも。
私は妙に舌打ちが多くなってイラチになる。
え、普段からですかそーですかくそーすみません。

ギターの後、ゴスペルレッスンもあったのだけれど
こちらも追試状態。
今までなら多少努力しても上達しなければ
自分には向いてないんだからとさっさとあきらめていた。
でも今回は簡単にあきらめちゃいけないという気がしている。
はた迷惑ですが。
しかもやり始めるの遅すぎですが。

ギターを弾いて何かをしたいという気は一切なく
ただただ趣味で、というか自分の家で
じゃかじゃか一人で賛美をしたいだけなんだけど
それって最高の時間だと思う。
そんな年寄りになりたい。
[PR]
by okaeri110 | 2008-05-26 15:24 | ギターの練習 | Comments(2)

今度は“C”が

えぇと、地味にギター続いてます。
最近、パパが急に参戦してきまして
いきなりコードをきれいな音で弾くものだからビビってます。
むきっ。

わたしゃ“G”出すのに2ヶ月かかったっちゅうねん。
かかりすぎやけど。
自分のなかでものすごいムダな試行錯誤があったから。

でもね、ムダなことって時間かけてもムダやったわ。

で、今は“C”コードが弾けません。
致命的なほど弾けません。

実は最近まで“D”も音が出てませんでした。
今も出てないか。
やっぱり全体に力が足りないのと、
指の位置がおかしいんだろうなあ。

そうそう、“D”は5,6弦を弾いちゃだめなんだって。
私は6弦だけ弾かないのかと思ってた。
そんでもって間違って弾いても音を消すために
親指でそっと6弦を押さえるんだと思ってた。

でも、先生(教会のギタリスト)が言うには
親指を使って弾くのはお勧めしないとのこと。
えー。。。ずっとやってたのに。

てことで、これも修正中。
なんかどんどんぐちゃぐちゃになってきてます。
ネックの後ろに回した親指が痛いです。

いくらやっても目に見える上達がないなあ。
うーむ。

おまけに、もともとギターをする目的であったはずの
ゴスペルの方がもう壊滅的にひどくなっていて
(つーか、もとからひどいんだよ)
こっちも家で練習していたら習い事いっぱいの有閑マダムに。
おまえはミュージシャンにでもなる気かっ
とツッコンでしまいたくなる午後のひととき。

あぁ、先は長いよう。
老衰で死ぬ前に弾けるようになるだろうか。
[PR]
by okaeri110 | 2008-05-22 14:51 | ギターの練習 | Comments(0)

できない

くるりるの水疱瘡も治り、1人の時間ができたので
数日ぶりにギターをさわった。

前より下手になっていた。

がーん。
弦を押さえる指に力が足りないのはわかる。
それは原因がわかっているからいいのだ。
問題は、指の押さえ方だ。
押さえ方じたいがおかしいのではないか?
そう思い始めている。
だって手首が痛くてしょうがないんだもの。
キーパンチャーやってた時に感じた
腱鞘炎っぽい痛みを感じて練習を止めた。

できないのはG。
G。
これできないと他に何ができるかっつー。
むしろFの方が可能性あるくらいにGができません。

おかしい。
Gが難しいなんて誰も言わない。
どう難しいかというと
5弦を薬指で押さえる際、ついつい指が縦に伸びて
下の4弦に当たってしまい、4弦の音が死んでしまう。
なので、くきっと薬指を立てるわけですな。
そーすっと1弦を押さえる小指がとてもじゃないけど
まともな体勢で押さえることができず
ほとんど小指の横っ腹で必死に押さえる。

で、どの指も力いっぱい押さえないとろくな音がでない。
がんばってじゃかじゃか弾いていて
さて次の、たとえばAマイナーに移ろうとするでしょ。
がんばって突っ張ってた薬指がですね
かきーんと金縛りみたいにこわばったまま動けないの。
いったん指をぱらぱら振ってこわばりを解いてやらないと
次のコードに移れない。
いちいちGを弾いて次のコードに移るたびに
ぶるぶる手なんか振ってたら曲なんか弾いてられないっしょ。

指が短いのは確かなんだけど
でもたぶんそれが理由じゃないと思う。
いっそ人差し指、中指、薬指でGを弾いた方がいいんだろうか。

Gのことを書いたけれど
じゃあDは弾けるようになったのかと言われると
こっちだって相変わらず音が「ばくん」としか鳴らないことも多く。
コードを変えるたびに準備がたっぷり3秒はかかり。
とっくに限界だなと思っているんだけど
たまにきれいな音が出ると嬉しくて、またやりたくなる。
ばかだなあ。
下手になってるのに。
[PR]
by okaeri110 | 2008-04-15 10:56 | ギターの練習 | Comments(0)

ギターその後

ちょっとさぼっていた。
一週間くらい。

指も元通りになっちゃったかなあと思ったけれど
それなりに固さは残っていて水ぶくれにならなかった。

さぞ後退しただろうと思ったが変化なしだった。
これ以上、下手にならんっちゅうことやな。
底値です、ええ。

ただ、今までの指の押さえ方が甘かったことに気づいた。
前回までは、とりあえず弾ければよろしいってんで
音が出ていなくても、曲を最後まで弾くことだけが目標だったが
(そしていまだに最後まで弾くことはできないのだが)
あまりの音の出てなさ、汚さをほっておくわけにいかず
コードの一つ一つをチェックしてみた。

なんて書くとすごくコード覚えてるみたいだけど
GとかDとかですから。ふう。

やってみた結果、どのコードもきれいな音が出ていない。
何故かというと、まず指押さえの力がまったくないということが判明。
もっと、もっと、も~~っと強く押さえないとだめなり。
それ以外にもいろいろあるんだけど
とりあえず無理矢理に力を入れてみると
やはりとりあえずの音がでるのである。
でもって、やっぱり指は痛いのである。
びっくりするねえ。

あと、Gの押さえかたについて、
教会のギタリストから「その押さえ方あかん」とご指摘をうけ
小指を使う押さえ方にチャレンジ。
む、むり。

涙でそうなくらい小指がつぶれそうなんだけど
時間をかけたら押さえられるようになってきた。
しかし、こんなんではスムーズにコードを変えることができない。

今の私には「山の音楽家」も弾けそうにありません。
今の私にはFとGがおなじくらい難しいです。
Dだって、どうしても第二弦を押さえる小指が
第一弦に触れてしまって音がきれいに出ません。

こんな難しいことを、どうしてみんなあんな簡単に弾けるんだろう。
こんな私でも少しずつやっていったら少しは形になるんだろうか。
一年後はどうなんだろう。

続けられるか心配なので
時々こうして、一人レッスンの報告をしていきます。
うざくてすみません。
[PR]
by okaeri110 | 2008-03-07 14:05 | ギターの練習 | Comments(4)