今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

カテゴリ:日記について( 15 )

レンタル日記とブログ

先月、職場でブログやmixiの話題になった。
みなさんmixiもブログもやられているそう。
30代後半~50代の人たちだったけど、mixiはともかくブログもやってるんだと
人のことは棚に上げてへぇ~と思っていた。

その時に「ブログが出る前はレンタル日記が主流でしたよね」と言ったら
???という顔に。
え、知らない?

こっちの方がカルチャーショックだった。
てことは、ブログ登場がどれだけ市井の人の「日記or記事」参加の幅を
広げたかってことだよね。
そういう私もレンタル日記に参加する前は
ちまちまと記事をHP作成ソフトでアップロードしてたんだっけ。
(パパは今でもこっそりやってます 笑)

こういう時代ですが、現在もがんばってキープしてくれている
エンピツ日記は素敵です。
どうやって経費維持されているのかわからないが
管理人は油田でも持ってるのかもしれない。
わたしのなかではカッコイイ人。
ブクログもなかなか。
エンピツと違うのは、規模をどんどん拡大していること。
今のところ間違った方向に行ってなくて、やっぱりカッコイイ。
仕事楽しいんだろうな。

自分はカッコイイ人になれないし、なることにそれほど興味もないけど
カッコイイと感じる自分をキープしていきたいと思う。

ここもとうとう記事内に広告がつくようになってしまって
それは仕方がない(というより今まで広告表示なしで無料だったことに感謝)けど
メモライズを超えるブログにはなかなか出会えませぬ。
[PR]
by okaeri110 | 2010-07-12 09:26 | 日記について | Comments(2)

前日の日記

パパによると
「作った話と思われても仕方ない」
とのこと。

ちゃーーう!!!
ほんまにカラスが「かーさん!かーさん!かーさん!」と三連呼する
みっふぃの声に聞こえたの!!

夢の話だからさ、作り話と言えなくもないけど
目が覚めて、夢?ほんまにみっふぃが呼んでる?と
もうろうとしながら、ばたばたしてたら
「カーッカーッ」ってカラスが鳴いてたの!


作った話をうまく語る能力は私にはございません。
(それはかなり高度な技術)
ここでのボケ話は、固有名詞などは変えますが
ほんまに体験したことばっかりです。

うう、なんて人生なんだ
[PR]
by okaeri110 | 2009-06-30 08:14 | 日記について | Comments(0)

なまえ

Web上ではハンドルネーム(HN)といいますが
みなさんどうやって決めてらっしゃいますか?

いろいろ凝った名前や、このHNいい!というぴったりだと思う名前や
なんのひねりもないシンプルな名前などなど。

私はこの「なんのひねりもない」名前、みいです。
子どもの頃からフツーにリアルに呼ばれてきた名前です。
(ただ、ちょっとイントネーションが違うんですけどね、たぶん
Web上だから、大して問題にはなりません)

ちょうど10年前、“インターネット”というものに接続し
はじめて“掲示板”なるものに投稿しようと決意したとき
HNが必要だと知りました。
で、なんでもいいやーと決めたHNが「みい」でした。

当時も今も「みい」なんてHNはゴロゴロしていて
特に「あやしいおねえさん系」で多い名前だったと気づいときは
すでにこのHNが定着した後でした。←おそい

もちろん「あやしいおねえさん系」でなくても
フツーの人もよく使うHNの“みい”ですが
3年くらい経ってから、おや、と思う現象がおきました。

私のHNは“みい”です。
でも、時々私の名前を呼んでくれる人のなかに
“みぃ”と打ち込んでくれる人が現れました。
最初は、この人は私の名前を勘違いして覚えてるんだと思いました。
なので、そのままこのことには触れずにお話していました。

ある時、他の人が「みいさんって“みぃ”?“みい”?」と聞きました。
私は「“みい”ですけど、どっちでもいいです」と答えました。
で、例の人はその書き込みには入ってこなかったのですが
その後も“みぃ”だったり、たまに“みい”だったりで書き込んでこられました。
オフ会でもお会いしたり、フツーにずっとおつき合いされてた人なので
別に何も思わなかったんですけど、あれ?あれ?と思ったのでした。

で、、もしやこれってタイプ変換によるものでは?と思い当たりました。
“みい”のつもりでタイプしたのに変換したら“みぃ”になってる。。。
そういうことかも。

でも、私のタイプの仕方では、“みぃ”と打ち込む方がキー数が多いのです。

みい → mii
みぃ → mixi 

ね、“みい”の方が絶対ラクでしょ?
“みぃ”なんてフツーにミクシィだし(笑)

うーん。
別のタイプ方法があるのかもしれないと、その時は思ったのですが
その後も、一定の人数で“みぃ”と書き込まれる方がいらっしゃいます。
今もです。
それほど気になるわけではないのですが、疑問はちょこっと残ってます(笑)

つまり“みい”だと認識していて“みぃ”と変換してしまっているのか
あるいは“みぃ”だと思いこんでらっしゃるのか、
前者の場合だったら、どうしてそう変換することになるのか
どーでもいいことなので、今まで誰にも聞いたことはなかったのですが
どーでもいいこと故、7年くらい疑問を持っていると
それなりに気になってくるものです。

書いてて、ほんとどーでもいいことなのに、という気持ちが
どんどん湧いてきました015.gif


名前についてですが、“みい”と“みぃ”より気になることがあります。
それは「○○ちゃんママ」という呼び方…。
初めての時や、まだ何度かしか話していない人、
挨拶程度で、今後交流がないだろう人同士だと気にならないのですが
それなりに交流がある人だと、寂しく思ってしまいます。

あくまでママとして話している内容だったら、納得するのですが
(コドモが幼稚園の時に「○○ちゃんママ」と呼び合っていましたし)
そうではない時に「ママ」と付けられると違和感あります。

「みい」という名前は自分全体を表していると思うけれど
そこに「ママ」が付くことにより
自分のなかのママの部分だけが相手に必要とされている、と
思ってしまう自分がいます。
人間の小さい話ですみません。

それが「大阪のみい」なんかだと別に気にならないんですけど。
ママと呼ばれたり○○の奥さんと呼ばれることに(←言われないなあ、そーいや笑)
抵抗があるのは、自分がそういう立場で話している時は
自分本来のいろんなものを隠しているから、かなあ。
隠しているものはママである自分、奥さんである自分には不要だから。

でも、「みい」である場合はそういう隠していたものを出しているので
そこで「ママ」と言われるのは違和感があるのかもしれません。
要は、私が「ママ」である時も包み隠さず出していたら
ママと呼ばれようとなんだろうと気にならないのかもしれません。

そもそも、こんなどこにでもあるHNにしたからややこしーんだよ。
世界で一つだけのHNを作ればよかったんだよ、ったく。
でも最初に決めたものを守る意固地なところがあるので
変えることはできません  ←B型がこだわるとしつこい、の典型
[PR]
by okaeri110 | 2009-06-17 12:06 | 日記について | Comments(2)

コメント承認制

少し前からこのブログ、コメント承認制になりました。
コメントいただいてから、すぐには反映されません。
管理者の方で確認をしてから反映されることとなりました。
見たくないスパムコメントを人目に触れさせない処置ができるので
大変ありがたく思っております。
ご面倒ですが、ご理解のほどを。

この制度ができてから、管理場面に
コメント管理
という欄ができたのですが、私は毎回それを
コント管理
と読んでしまいます。
もう病気かもしれません。
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-03 18:32 | 日記について | Comments(0)

グリムス

下のほうにブログパーツを貼り付けました。
投稿数に応じてバーチャルの木がどんどん生長するそう。
そして、大人の木になると実際に木の苗が植えられるのだとか。
なんだか実感がわきませんが。

実際にはわたしは「みどりのゆび」ならぬ「ちゃいろのゆび」でして
植えた苗をことごとく枯らしてしまいます。
ほったらかしすぎ、あるいは水のやりすぎ、
寒さで枯らしすぎ、暑さと湿気で蒸れすぎ、、、
とにかく、草花の気持ちにたってちっとも考えられません。
あまっさえ、害虫を捕るのにうんざりの毎日で
「もう、どうしても草や花が必要なら造花でええねん!」と言う始末。
いやいや造花飾るくらいなら、なくていい。写真でいい。

ガーデニングに精を出すみなさんは別世界の人々です。
そんな人でなしな私だからこそ
“ささやかだけれど役に立つこと”をしなければならんのでしょう。

あとですね…正直、花によってはどうもアレルギーおこすので
立派な花束はダメみたいです。
小花でさりげないのは大丈夫だけれど
百合とか豪華な花が入ってるようなのは特に。
まさに華のない女ですわ。とほほ。
[PR]
by okaeri110 | 2009-01-06 21:16 | 日記について | Comments(0)
下の記事で自分の文章のことを書いた。
まるで作家がスランプに陥ったような深刻な内容だが
たかが素人の、他人にはお目汚しの日記(記事)だ。
私以外の人にはちゃんちゃらおかPこと。
(ほとんどわからんネタをここで書くな)

それでももう少し書いてみる。ええくどいです。

日記を書いているとき
ああ書きたい!と思う小ネタがあるとする。
(小ネタあるいはギャグあるいはユーモアセンテンス)
それをそのまま自分の中でおさめたい文章にしてみる。
私の中では完璧なんだけど
たぶんそれをそのまま読んで
「これネタなんだな」と理解してもらえる人はわずかだろう。
(そのネタを面白いと思うかどうかは別問題とします)

大いにそう感じる時は、文章を変えないといけない。
私の技量がないものだから、そういうときは
自己ツッコミで「これはネタなんですからね」と
暗に説明を入れてみる。

それでもわかんないだろうなあと思うときは
もっとはっきりと注釈を入れてしまう。

で、読み返すと…つまらん。
非常につまらん。
ギャグ(っつーかネタっつーかユーモアっつーか)を
説明してどーするよ。
バカみたいな文だよ。

別にネタの意味がわからなくってもいいんです。
私だって人の文章全部理解して読んでるはずもないし。
ただ、誤解されて怒りを感じる可能性がある時は
注釈を入れるしか方法がない。
どんなにつまらん文になったとしてもだ。

で、読み返してみて
……やめた。
つーことでボツにすることがよくある。
毎回ってくらいある。

しょうがないから骨抜きみたいな文章をぱたぱた打って
記事にUPするのだが、こんなつまらんものはない。

ひとえに自分の技量のなさなんだけれど。
本当は自己ツッコミなしで
いっぺんやれるところまで書きたいなと思うことがある。
でも、自分にはできないなと思い返す。

愛のある文章って難しいやね。
下手すると気遣いしすぎて
注釈だらけの文章になっちゃうよ。

すみませんね。
気持ちをストレートに書けない不自由な人間だわ。
ウディ・アレンほどではないけれど。

彼の表現方法は少しわかります。
ハートが温かい人なのにそれをストレートに描かず
ぐい~~んっとねじ曲げて表現するものだから
決して決して文部省推奨映画にならない。
でもね。
彼の映画を見ると人間が愛おしく感じられる。

それに近づけるといいな、と密かに思う。
あーあ、大きなこと書いちゃったよ。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-01 11:37 | 日記について | Comments(0)

つまんないねえ

私はブログだけでなく
いわゆるホームページを持っている。
ところがブログを利用するようになってから
あまりの手軽さにどんどんふぬけになってゆき
サイト更新を怠る日々である。
ブログのせいで廃人になった私。(言い訳はなはだしい)

こんなことでは申し訳がたたないと
せめて記述が古くなっている部分を修正しはじめた。
特にIDDM関連は情報ニュースが日進月歩だというのに
パパの日記以外は2002年あたりでピタっと止まっている。
いかんな、と廃人は立ち直る決心をした。

というわけで
ぼんやり日記の中で、IDDMに関する記述だけ抜き出し
webのIDDMコーナーに更新しかけているのだが
IDDMに関係ない日記も目に入ったりして
久しぶりに2年も3年も前の自分の文章を読むことになる。

ずいぶん正直にいって
この「一歩前進したかも日記」になってからの自分の文章は
つまらないと感じていた。
自分で読んでてつまらない文章が多い。
ほとんどの文章は振り返って読むほどの興味を抱かない。
(恥ずかしいから、という理由ではなくつまらないから)

それに較べるとぼんやり日記の最初の頃のは
気合はいってたというか
読んでて面白いと感じる。(自画自賛の廃人野郎)

気合が足りないのかな。
いや気合の問題じゃないだろう。
でもじゃあなんだろう。
[PR]
by okaeri110 | 2007-01-30 14:25 | 日記について | Comments(2)

HTTP500内部エラー

e0053528_9153275.jpgページを表示できません

検索中のページには問題があるため表示できません。




って、ここんとこ出てくるんだけど、
表示できる時もあればできない時もあって
そんな時、よそのエキサイトブログには行けるんで
妙に「はみご」な気分です
くすん。
[PR]
by okaeri110 | 2006-11-13 09:17 | 日記について | Comments(2)
野球はじめスポーツネタを書くと
アクセス数が面白いようにどんどん減ってゆく。

こんな私でも、どんな人が見に来てくれているのかと
時々アクセス数をチェックするのだが
大体、私の管理できる程度のかわいらしい数で推移してくれている。

今年、「純情きらり」シリーズを記事にするようにしたら
びっくりするくらいアクセスがあってびびった。
ケタが違うんですの。

このまま真面目に「純情きらり」応援ブログにしちゃったら
どんどんアクセス伸びるかなあってちょっと心の中の欲望がむくむくと。

でも、結局めんどうくさくてしなかった。
だって「純情きらり」途中から面白くなくなったんだもん←きっぱり言うたな

流行ものを記事にしたらアクセスUPする、というのは
WBCの時でも経験したっけ。
所詮、祭りはまつり。

というわけで、今はフツーに落ち着いているようだ。
正直、残念な気持ちもあるのは私にも名誉欲みたいなものが
あったんだな、という確認になった。

で、安定した中でもスポーツ記事を書くとアクセス数が落ちる、ということは
スポーツ記事じゃないものを読みに来る人の方が多いってことですね?

スポーツ記事以外の自分の記事っていうと、わたくしのボケ話?
…じゃなくて、IDDM関連なのかなあ。
そんなにIDDMのこと書いてないんだけど、
そういう人にはスポーツ記事は邪魔なんだろうなあ。

まあ、どっちにしろ、パパのIDDM日記のこともあるんで
IDDMのサイトだけは来年には独立させないかんと
思っております。
それまではこんなブログでご勘弁を。


で、本サイトの方のカウンタがほとんど動いていないのは
ぜぇ~んぜん更新しないからです、はい。
先週、ちょっと更新してやろう、と思っていじっていたら
javaのついてるスクリプトっつーんですか、それを
frontpage Expressでどうやって入れ込むんだったか
わかんなくなっちゃって、放りだしてます。
やっぱりHTMLで書かないといけないのかあ。
あれ面倒なんだよなあ~意味わかんないまま写経するようなもんだし。

と、たったそれっぽっちのことで挫折してるから
いつまで経っても小者のままのアタクシでした。
[PR]
by okaeri110 | 2006-10-18 11:24 | 日記について | Comments(0)
よく行くブログのリンク先で上記のサイトを発見。
私も便乗してリンクを貼ってみました。
大阪弁というか、昔の言葉に変換されましゅ。

→のリンク先に置いてますんで、よかったら試してください。
これです
自分の文章が翻訳されているっていうのが
不思議で面白い体験です。
[PR]
by okaeri110 | 2006-10-10 09:41 | 日記について | Comments(2)