カテゴリ:日々の暮らし( 320 )

梅の季節

e0053528_19105084.jpg
梅仕事っていうほどの仕事量ではないんですが。

右側のは先々週。梅シロップ。
左側のは先週。梅酒(ブランデー)。

もともと梅酒用の梅を生協に頼んでいたところ、知り合いから急に頂いたのが右の梅。
近くの学校の校庭ボランティアをされている方で、校内の梅の木から取れたものだそう。
ご自分も梅シロップを作るけれど、お裾分けということでうちに声をかけてくださった。
瓶の余分がないのでどうしようかと思案していたら、親切にも瓶まで貸して下さった。

この梅は試しに漬ける前日に冷凍してみた。
なので、写真ではまだ一週間くらいなのに結構熟成が進んでいるように見える。

左の梅は生協のを普通に洗って乾かしたもの。
まだ氷砂糖が溶けてない。

昨年はもういいか、と何もしなかったけれど、梅はお腹が痛いときに効くし(私だけのプラシーボ効果かも)
梅シロップ余ったら誰かにあげよう。
(梅酒はまず余りません 笑)


[PR]
by okaeri110 | 2017-06-21 19:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

よくある主婦のよくある片づけ





家を建てる時、収納がたくさんある家を念頭に置いて設計していただいた。
当時はそれが正しいことだと思っていた。
「収納があるだけ物も増える」という声も頭に響いていたのだが、ある程度の収納はないとね、と軽くいなしていた自分。
今思うと、わが家はそんなに物をたくさん持っていないと固く信じていた節がある。
5人家族に加え、布団などおばあちゃんの荷物を預かっているのでちょっと多いかな、という程度。

あれから10年、はい、物は確実に増えました。
詰め込むスペースを十分に作ってもらったので、上記の「収納があるだけ物も増え」る法則が見事に証明されている。

いけない。
このまま何の手立てもせず生活していると確実に飽和状態になる。
おまけにインテリアセンスがないものだから、なんともしっくりこない。
自分以外の家族の物が気になるということも大きい。

何年間もどうしたらすっきりするのだろうと首をかしげつつ、小手先の片づけ(のふり)をしていたのだが
昨年夏、石阪京子さんの「奇跡の3日片づけ」を読んで、いても立ってもいられなくなった。
主人にも読んでもらい、今年の夏期休暇は片づけ!と夫婦で目標を共有することができた。

石阪さんの片づけの順番は、最初に押入。
大きなものをやっつける。これはもう主人が一緒に片づけてくれて本当にありがたかった。
私一人では途中で挫折して、結局中途半端になっていただろう。
あと、使えるからと置いていたものも本を読んでくれたおかげで「もういらないね」と処分することができたのも
これまでの片づけから一歩前進できたと思う。

とはいえ、完璧に本の通りできたわけではなく、ストック物などもう捨ててしまおうと私が思っていても
「置いておけるから」と主人はバンバン三階に持っていってしまうものだから
あまりすっきりした感はない。
まあ置いておける場所があるなら今はこれでいいか。。
うちにはうちなりの住まい方ってものがある。
なんてね。

あれから9ヶ月。
まだ完了していません。とほほ。
でも少しずつすっきりしてはいるんだけどね。
ダレてくるとネットでいろんな綺麗なお宅を見て回って士気を高めてみる。

きっと他にも私のような人、おられるのでは。
でなければ片づけやシンプルライフなどのブログがこんなに沢山あるはずがない。
でも、片付くと掃除が楽で、それが何より嬉しい。

[PR]
by okaeri110 | 2017-05-19 21:34 | 日々の暮らし | Comments(0)

デカフェ流行ってる?

子どもの頃からインスタントコーヒーを飲んでいた。

高校生くらいになると、寝る前に熱いコーヒーを必ず飲んでいた。
真夏でも汗かきながらふーふー。これが至福。
そんな私はカフェインのせいで眠れない、という状況はいまだかつて無い。

結婚してから家にいる時は一日に何度も、それこそ3杯、4杯…
それに加えて日本茶も紅茶もココアも、もちろんチョコレートも摂取していたので
カフェイン量は相当なものになる。

今年の始め、ふとそのことに気づいて(遅いんだよな相変わらず)さすがにまずいと思ったので、意識して減らそうと決意した。
普通のコーヒー飲むなら1杯だけ。
紅茶、緑茶、ココア等もコーヒー一杯に相当する程度に抑えるようにしている。

そうは言っても長年の習慣、どうしても飲みたい時もあるだろうとデカフェを探すことにした。
店で見つけたこれ




マウントハーゲンのノンカフェインコーヒー。
アマゾンの評価を読むと人によって賛否が真っ二つ。
私はインスタントでは、昔のネスカフェ・エクセラが美味しいと思っているクチ。
(安い女です)
最初飲んだ時は「あ、これ合わない」と思った。
しかし2杯、3杯と飲むうち、段々いい感じに舌が調整されてきた。
ちょっと値段が高いのがつらいけど、カフェインの抜き方が最も安全な製法だということだ。
フェアトレードだし。

調子よく飲んで、無くなったので再び店に買いに行くと残念ながら在庫切れ。
店員さんが代わりにとお勧めしてくれたのがこれ。




穀物コーヒー インカ。
インカ帝国のコーヒーかすげー、と思ったがポーランド原産で名前の由来は不明とのこと。
なにやら怪しげでちょっと不安だったが、店員さんの熱い推しメン語りにほだされて購入してみた。
穀物コーヒー(大麦とライ麦)というので、いわゆる代替コーヒー。
代替コーヒーというのはくせ者だ。
たとえばコーヒーを想像しながらタンポポコーヒー飲むと
「…ええと」ということになりがち。
タンポポの根っこを焙煎した飲み物、と思って飲むのが吉。
コーヒーじゃなくてタンポポの根っこだよって言い聞かせるのが、タンポポコーヒーにも本物のコーヒーにも失礼にならない態度ってもんだ。
なので初めて飲むインカにも、コーヒーじゃなくて、何かコーヒーと言えなくも無いかもしれない味のする未知なもの、と思いながらちびちび。

飲んだ感想は「強い子のミロ♪」
そうだった、ミロは麦芽がどうのこうのっていう飲み物だった。
小学校時代の淡い思い出が、喉ごしによみがえるよ。
ミロだと思って牛乳(店員さんは更にヘルシーな豆乳を勧めてくれた)を入れて飲むと、これはこれで味わい深い。
コーヒーの口で飲むと全然違うやん、とちゃぶ台返しになる人も、まずはミロだと思ってくださいな。
私はインカ、美味しく飲んでおります。
コーヒーは体を冷やす飲み物だが、これは冷やさないのでそこも安心なところ。

他にも探すとデカフェ関係はあちこちで目に付く。
今まで気にしてなかったのもあるだろうが、ここ数年増えてもいるのだろう。
タリーズコーヒーで「デカフェありますか?」と聞いてみると
「別に抽出しますのでお時間少々かかります」と言われたけれど、ちゃんと出してくれて安心した。
スタバでも頼むと出してくれるそうだから、マタニティの方やカフェイン気にされる方にもありがたいトレンドだ。

そうそう、カフェインを摂り過ぎる弊害は幸い私にはなかったのだけれど、
今回あまりに過剰摂取だと気づいて意識的に減らしてみた結果、片頭痛が和らいだ気がする。
さすがに完治にはならないが、これは朗報。
この年になると、口に入れるものも意識して摂らないと、とやっと感じ始めた52歳。
もっと早くに気づけばよかったな。


[PR]
by okaeri110 | 2017-05-01 02:36 | 日々の暮らし | Comments(0)

新入りのスマホ

スマホの更新。
(あ、そうです。時代の流れに逆らえず4年ほど前よりスマホになってます)

初めてのスマホはHTCバタフライシリーズで、とても気に入っていた。
携帯会社が変わったのでなくなく別のスマホへ。
そして機種変更でNexusシリーズに。
Google様の完全な支配下に落ちたのであった。

でもとっても使いやすいよ、6P。
Nexusは急に電源がoffになって再起動の無限ループというむずかり癖があると聞くが
どうかこの子はだだをこねませんように。
大事にあやして育てよう。
おーよちよち。



[PR]
by okaeri110 | 2017-03-06 21:07 | 日々の暮らし | Comments(0)

晩秋なのか初冬なのか

今年は金木犀の香りがなかなか漂わないなーと思っていたら、10月20日頃にほんのりと香りはじめた。
あれ?そういえば銀杏ってまだだったっけ?

季節感に疎い自分は植物の成る順番がいまひとつわからない。
金木犀と銀杏はわりと近かった気がするのだが、最近は銀杏のある公園には行かないので気がついていないのかもと思っていた。

したらば。
昨日、自転車でさみーさみーと整骨院へと向かっていたところ、何かを踏みつぶして「くさっ」
あ、、、銀杏だ。
やばいものを踏んづけたと冷や汗をかき、正体を知ってほっとするのも毎年おなじみ。

今年は夏の終わり~秋~冬へのリレーが急速で、私にとって黄金な涼しい秋を堪能する暇がなかった。
もうすっかり寒いのです。
ついこの間、衣替えっぽいことをしたばかりなのに。
さすがに真冬に着ているセーターなどに手を出しにくく、(じゃあ真冬に何を着るんだ?)困惑の日々。

くるりるはさっさと小さいハロゲンストーブを出して、自分の部屋からリビングに移動する際も、持ち歩いて暖を取っている。
私も昨日から家事室のところにミニハロゲンを使い始めた。
そして今朝、パパが寝室に出してくれたもの。
e0053528_10372855.jpg


まだ11月半ばなのに。
びっくり我が家新記録ではないだろーか。
てことで、記録。
[PR]
by okaeri110 | 2016-11-11 10:40 | 日々の暮らし | Comments(0)

友人へ

どうぞ報われますように。
祈っています。
この言葉さえ重荷にならないことを願いつつ。
[PR]
by okaeri110 | 2016-04-11 10:19 | 日々の暮らし | Comments(0)

それなりに

生きております報告。

あのですね、オリックスですよオリックス。
昨年の怒濤の活躍にあっけにとられたくらいのぬるい私ですが
さすがに今年はいろんな人がパの一位に挙げていましたね。

でもねー。
さすがはオリックスですわ。外しません。
いや、野球ファンの予想だけは外させます。
こけまくっております。相変わらずもやもやした思いを抱えるファンでございます。
大丈夫、ファンは慣れてる。


あと、末娘が高校入学いたしました。
小学校の頃に文作りに励んだ娘でございます。
クラスの自己紹介で「お笑い番組が好きです」と言ったにもかかわらず
「誰も好きな子おれへんねん。びっくりやわ」と口をとがらしておりました。
どこをどう踏み誤ったのか、あるいは順当に歩んだのか。
今年は親子で東京03のライブに行く予定でございます。


この年になると、タイトルの言葉が身に染みるようになりました。
進んでいるかさえわからないもんなー。
自転車をやめて、できるだけ歩こうと思っております。ま、自転車乗るけどね。
[PR]
by okaeri110 | 2015-04-11 10:14 | 日々の暮らし | Comments(0)

遠近両用眼鏡

すっかり老眼ブログになっちまったな。

先週、意を決して遠近両用眼鏡を作った。
ずっと前から「矯正には眼鏡がいちばん」という結果を導き出していたのだが
近所の眼鏡店が閉店になったこともあり、なんとなく行きそびれ、その間に消費税も上がってしまった。

この間、編み出した近眼眼鏡の上に老眼鏡を重ねる技が、ことのほかよく見えるので
家の中ではそれで過ごしていたら、娘に「かーさん頭おかしい」と言われていた。
母もおかしいと思う。
でも、ググったら結構こんなことやってる人いるんだよね、ははは。

ははは、じゃない。

眼鏡店で丁寧に説明を受け、中近と遠近、どちらにするか迷ったあげく
汎用性の高い遠近を作ってもらった。
だってすごーく高かったんだもーん。

遠くの視力は問題ない。
近くもわりと快適。もう眼鏡ずらさなくていいのでありがたい。
パソコンを見る時は…ちょっとだけ見にくい。
見やすい場所を探すと、思ったよりパソコンを見下げる位置になるんだけど、
ものすごく姿勢をよくしないといけない。
姿勢がよくなるからいいのか。

そんなこんなで、ダブル眼鏡よりもちょい落ちるけど、まあまあ満足。
でも眼鏡よりコンタクトがいいなあ、生活してるなら。
これからどうしようかな。


あ、オリックス好調すぎて怖いのですが。
[PR]
by okaeri110 | 2014-06-16 18:57 | 日々の暮らし | Comments(0)

やる気の出ない理由

ひとつに視力の低下があると、最近つくづく思う。

老眼対策についてずっとここで書いているけれど、結論として
もう何もかもよく見えることは決して無い、ということをすでに書いた。

そんなここ一年の私、確実に何かを集中して行うことに疲れている。
気力が落ちていることもあるが、視力低下は人のやる気をそぐことに気づいた。

新しい道具を買う→取扱説明書を読もうと開く→読めない→眼鏡をかける(または外す)→
この時点で気力半減→諦めて娘に聞くことにする

コンタクトも眼鏡も、老眼対策で近視矯正をかなり落としている。
慣れているとはいえ視界はソフトフォーカスの世界だ。
昨年夏の健診で「眼鏡かけて視力0.4ですよ?」と言われてから余計に気力ダウンだ。

0.4で生活できないことはないが、やっぱり疲れる。
いろいろ見えていないものを脳が一生懸命補正しているからだろう。
意識のうえでも、なんという文字が書かれているかしょっちゅう推理しているし。

疲れるよーったく。


若い頃は身内の年寄りが「わからへん、やって」と内容をよく聞きもしないうちから
すべてを投げてくることに多少のいらだちを覚えていたことを反省する。
誰しも人に頼るより、自分のことは自分でやりたいだろう。
しかし、集中力が続かないうえ視力が衰えてくると、そのやる気を奪われるということに
自分もその入り口にたってようやく気づいた。

歳を取るとおだやかに暮らせるものだと思っていたけれど
実際は目が見えにくいというだけで、一日中もやもや感が消えない。
短気な人はより短気になるのもわかる気がする。
おとなしい人はより諦めて何も言わなくなるのだろう。

老眼は老化現象だから仕方ないと思っていたけれど
仕方ない、で済ましているとどんどん落ち込んでいきそうだ。
今でさえ、やる気スイッチ押すことさえ面倒くさいと感じるのに。

なんとか気力を充実させるために何をすればいいかな。
やる気はやり始めてからでないと起こらない、と池谷裕二さんが書いていた。

部屋の片付けから始めるか。
[PR]
by okaeri110 | 2014-03-26 11:54 | 日々の暮らし | Comments(0)

ハード→ソフト→ハード(時々眼鏡)→ソフト

明日の仕事がいやでジタバタしております。
進歩ねえなあ。
一歩も前進してねえや。


タイトルの通りでございます。
一度、ソフトコンタクトレンズに挑戦したものの、淡くしか見えな~いのでハードに戻した経緯は
こちらで書いたと思います(たしか)
今回は再びのソフト。
理由は、遠近両用コンタクトを作ったためです。

眼科の先生は「遠近両用は合わない人が多いので使い捨てのソフトをおすすめする」と言うので
乱視矯正のできるハードではなく、2週間使い捨てのソフトを試すことになりました。

ここに至るまでの結論は「結局はクリアに見えることはもう二度と無い」ことがはっきりしたので
せめて仕事ができる視界を確保することが最優先、ということになりました。
遠くは見られなくていい。パソコンの画面さえ見られれば。
そして近くも眼鏡なしで見ることができれば。

ソフトの遠近両用は、乱視矯正はないそうです。
いや、もしかしたら高価なものはあるのかもしれない。
でも、私は視力については諦めた口なので、とにかく仕事できればいい、その一心で試してみました。
快適、というにはちょっと気持ちが悪いですが、それよりも手元がそこそこ見えるのがうれしいです。
携帯もなんだか見えてるような見えてないようなイライラした気分で長文を眺めることもなく、
3年くらい前のすいすいと苦も無く読んで返信していた頃がよみがえりました。
目が乾くし、時々何もかも見えなくなるけど、それさえもどうでもいいくらい。

ただ一つ問題は、パソコンの画面がちょっと見えづらいこと。
お試しなのでざっくりとした程度のものを渡してくれたからでしょう。
仕事中、前屈みになってパソコン画面を凝視しております。
それでも、眼鏡をつけ外すために手を離すことなく手元が見られて、すぐ入力できるのはほんにありがたや。

上記に書いたように、目が乾くせいなのか、乱視のせいなのか
本当に何もかも見えなくなって、うきーっとなることがあるのですが、もうあきらめました。
眼科の先生は「しょうがないです」と言って取り合わないのは知ってるし。
ここの眼科が近くてちゃんとした医師が診てくれて安価だから、ぶっきらぼうなのはがまんするさ。

ということで、あらためて購入の電話をしてみました。
だあれも出ません。

世間はお盆休暇だったのでした。

ぬーん。
てことで現在眼鏡おばさんの真っ最中でござい。
汗が流れる時、ほんっと眼鏡邪魔を実感しております。
暑いことよりも汗拭くのが仕事の邪魔なんだよねえ。
[PR]
by okaeri110 | 2013-08-15 00:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧