カテゴリ:日々の暮らし( 322 )

選ばれし人々

暗い記事を書いてしまった後は、
必ずネタものを書いて居心地悪い雰囲気を
なごませる(んだかごまかすんだか)のが私のブログだが
残念ながら大した話もありませぬ。こまった。

昔の自分の書いたものを読んでて思ったんだけど
あの頃、私は漫画家に一番なりたかったのね。
でも、決定的になれなかった。

それは、私は絵が絶望的に下手だった。

それなのに何故、漫画家なのか。
漫画という手法が何よりも一番しっくりきたから、である。
漫画も好きだったし、映画も好きだったし、
小説も好きだったのだけれど
(絵や詩は、芸術音痴の私にはわっかんなかった)
自分が空想する世界を形に表すには、
漫画というのが理想的な世界だったのである。

でも、絵、下手でしょ。描けない。
一応、挑戦はしてみたの。
コマ割りとか。ぷぷ。

やっぱり絵が描けない時点で、どうやってもアウトだった。

これは、もう文章onlyで勝負するしかないじゃないですか。
そういうわけで小説という手法をとったのであった。
決して私は小説家に最初からなりたかったわけではなかった。
(今も小説家になっちゃあいないって)

自分なりに書こうとするけれど
面倒デスヨネ・・・
セリフ以外のところなんてどーでもいいのに、
やれ木漏れ日がどうの、歩いている町並みがどうの。
そんなの本当にどうでもよくて、
自分だって小説読んでて、
こんなところ気にしないよなあとか思うディテールだって
しっかり書かないと、文章的におかしな流れになっちゃうし、
とにかくいやでいやで仕方がなかった。

結局、何をやってもいやでしょうがなかったので
私は何者にもならずに、ここにいるのであった。

やはり、漫画を描く人や、小説を書く人というのは
その人がプロであるなしにかかわらず、
選ばれし人々なんだと思う。

もちろん、その他のアートな人々すべてに当てはまることです。
そんな人々に、エールを送りつつ
へたれな、何者でもない読者であり、鑑賞者である私は
それらのアートを存分に楽しむ存在でありたいと思っております。
[PR]
by okaeri110 | 2005-11-17 22:27 | 日々の暮らし | Comments(0)

なんでも引き受けちゃう

間違いなく私の短所。

安請け合いもする。
いやだと思っているのに、他の人にやってもらおうと思ってるのに
その人がいやだって雰囲気をかもし出していたら
自分が引き受けてしまう。

できる時はそれでいいんだけど。
できない時もたくさんあって、
やっとこさ出来たとしても、その分、自分の本分
(家の中のこと)が出来てないまま放置されてゆく。

だめだよねえ。
随分、だめって言えるようになったと思う。
以前から比べれば、きちんと自分を主張できるように
なってきたのは間違いない。

でも、いまだに
「何かをやることで自分を認めてもらおう」とする自分がいる。
「人のいやな顔を見ていたくない」自分がいる。

自分を大切にできる人ほど、他人を尊重できる。
他人を尊重できるから、むやみに他人の
自分に対する評価にびくびくしない。
だからこそ、自分を守るために他人を攻撃することもないし
自分自身をおとしめる行為をすることもない。

あきらめないぞ。
膝をかかえて泣く夜だって
自分を大切にするためにあきらめない。
[PR]
by okaeri110 | 2005-11-17 22:11 | 日々の暮らし | Comments(4)

自分の書いた物語

引っ越し準備をしている。
といっても、ご想像通りチンタラやっている。

いろんな物を整理していると懐かしい物と再会する。
思い出と向き合う瞬間。
それは中学・高校時代に書きためた
ルーズリーフびっしりの文章。

あまりに稚拙であまりに恥ずかしいので
目に触れようとしなかったそれら。

昨夜、ちょっと恥ずかしいのを我慢して見ていたら
思わずふむふむと引き込まれてしまった。
なんちゅーか、その、変わってない。
今の趣味とあんまり変わってない自分を発見(笑)

好みの文章というか、好みのタイプというか
好みのクサさというか。
あの時、自分が読みたかったものを稚拙なりに
文章に起こそうとした、その情熱だけは今でもすごいと思う。

大体、小説を書くなんて面倒くさい。
今考えると、あんなに寸暇を惜しんで
ひたすら書き続けた数ヶ月間は奇跡のようだった。

小説家という人々は、あの衝動を
常に持ち続けていられる人種なのだろうか。

それにしても本当に恥ずかしい。
よく人に見せたよなあ(爆)

今、書き直したらもう少し読める物語になるのかも知れないけど
あの時の衝動がないので、きっとダメなんだろうな。
あまりにつまらない十代の頃の思い出で
わずかに誇れる私の宝物。
[PR]
by okaeri110 | 2005-11-15 12:40 | 日々の暮らし | Comments(9)

ただ家だけが小汚く

風邪っ引きです。
いやあ、こんもりティッシュの山です。
写真に撮ろうと思ったけれど、さすがに苦情殺到だろうと自粛します。

忙しいです。
かいつまんでいろいろ。

>おばーちゃん
入院して足の調子は良好。3日に退院予定。
ほっとしたものの、ものの、ものの(自粛)

>家づくり
棟梁は一旦あがり。
現在は外構工事の真っ最中。
電気工事が最後まで心配。
あと、おばーちゃんと相性がよろしくない業者さんがいるので
これからややこしくなりませんように(祈)

せっかくだから庭のコンクリ打設部分に
家族の手形や、実家近くで拾ってきた石などを
埋め込み作業しようと言っているんだけど
時間がとれなくてこまっている。
がるる。

>幼稚園のバザー
ああ。
もう5日開催。
今週末。
ああ。
うう。

こんだけやって利益がアホみたいだったら
なんて顔しよう・・・

>小学校PTA
社会見学の予約がとれた。
後は、今晩の委員会で教頭先生に打診。
そしてバスとレストランの予約。
あっ親子運動会もあったんだ。
バザーの次の日に。(動けるんだろうか)
ああ。
風邪が治りますように。

>引っ越し見積り
パパが1社目の見積りで決めてしまった。
あらら。
でも、もう面倒だから私もどこでもいいや。
最近、家の中が汚いので
(忙しくなると最終的に後回しにされるのが
汚くても死なないという家の中)
乱雑な家を見て回った引っ越し会社の営業さんが
「しかし物は多そうですねえ」と
遠慮がちに発していかれた。

>めいこの調子
下のランタス君に宛てた手紙にあるように
うまくいかないっす。

>みっふぃの友達
教会にイギリスチームが来日した。
今年は9日間と短いながら、最年少の女の子が。
11歳のナターシャ。みっふぃと同じ年。
もちろん初めての日本ということで
来日前に何度かe-mailでやりとりをした。
もちろん英語。
とーさん、かーさんオーバーフロー。

ナターシャは11歳には見えなかった。
20歳くらいの娘さんに見えた。
でも、中味は11歳のちょっぴりシャイな女の子。
土曜日は、彼女と街の中を歩いて楽しんだ。
もっと英語ができたら、もっとコミュニケイトできたのに。
かーさんは残念だと思ったのよ。
「また来年来るから!お兄さんも来るから!」
(お兄さんは2年前にも来てくれた)
そう言って別れたナターシャ。
みっふぃより、私のお友達って感じだったな。
元気でね。祈ってるよ。
単語並べただけの会話で理解してくれてありがとう。

さ。衣替えしなくちゃ。風邪も引いたことだし。←遅いよ


最近の悔やみ話
マザーテレサの映画を見逃したこと。しくしく。
[PR]
by okaeri110 | 2005-11-01 13:46 | 日々の暮らし | Comments(1)

ハルカの母さんの携帯電話

NHK朝ドラ「ファイト」が終了してしまい、さみしいので
新シリーズの「風のハルカ」も、時間があれば見てみたりする。

このドラマ、子役時代の主人公と、現在の21歳くらいの主人公が
瓜二つってくらい似ていてびっくりだ。
子役時代の主人公、ちょっと暗めなんだよね。
通常、朝ドラの主人公って子役時代も
「はちゃめちゃに明るい」か
「薄幸だったり、そこまでいかなくとも、けなげで可憐」か
「周囲のパワーに押されて何となく影がうすい」かなんだけど
彼女は、薄幸でけなげではあるんだけれど
子どもなのに甘えなくて強がりで。
もちろん、明るい部分もあるんだけれど
大人から見ると肝心のところで甘えてくれない。

そんな彼女、(私は友人とだぶって胸がいたいのだ)
顔もそのまんま大人になりました、という違和感のなさに
驚いてしまった。

中味については、面白ければおいおい書くこともあるだろう。
今日は、その主人公に輪をかけて「可愛い気のない」母(ごめん)が
持っている携帯電話について。
(ほんっとに前置き長いよすんません)

彼女の携帯、私の持っているのと同じなのだ。
下に書いたJ-PHONE時代のストレート携帯。
色も同じシルバー。
あららぁ、古い携帯をわざわざ。

でも、時代設定が今より2年くらい前なのかしら。
それでも当時でもストレートをわざわざチョイスする人は
かなり少数派だったはず。

そういう意味合いを込めて、
仕事を選び、離婚した彼女の強さを携帯に表したんだろうか。

その携帯、私のも夫のも調子が悪くなりつつある。
もともと、私の愛する機種はauの名品、
INFOBARのNISIKIGOIなんだけれど
今からauに切り替えて、これを入手することができるかは
難しいという話を聞いた。
なんで生産を打ち切るかなあ。
いい物は、きっちり残していけばいいのに。
ばかだなあ。

ボーダフォンからはこんな新作が出たらしい。
ストレートでツインカメラ「702sMO」

うーん。
これはこれで面白いと思うけど、
ちょっと私の好みとは違うかなあ。
今持ってるのも、キーの感触が痛いので
そんなに好きではないのだけれど。

やっぱりNISHIKIGOIのインパクトが大きすぎる。
なんで名品として残していかないんだろう。
ばっかだなあああああ。
日本企業の、こういうプライドを大切にしないところが残念。
で、ついついミーレに走るのだ。
(というのはまったくの言い訳)
[PR]
by okaeri110 | 2005-10-29 00:18 | 日々の暮らし | Comments(0)

携帯メールの打つ速度

もーう全然違うの。
速い人って、めちゃ速く返信が帰ってくるんだもん。

速いのは若い人だけとは限らなくて
ママ友達でも1分以内に長文返信してくる強者もいて
ひぇ~私のメールが届く前から用意してたんちゃうん?って
びびるくらいの両手使いさんもいらっしゃる。

私といえば、リアルタイムの野球観戦の時なんかだと
「今日球場行ってる?」と聞いてるうちに
試合が終わってしまったり、なんかもう、すっとこどっこいなのさ。

先日、TVで携帯メールを打つ影像が流れていて
あっと思ったことがあった。
「あ」と一文字打つだけで、変換リストが下欄に出てきたのだ。
えええ、スゴイスゴイ!!!

と、びっくりした私は時代錯誤でしょうか。(アナクロ~ン)

これだと、一文字打って、リストから単語を選んで
ぽんっとすれば何文字もカタカタ打って変換する手間が
省けるんじゃないのよ、もう~だからみんな速いのか!

私の携帯にもその機能があるか探してみた。
ちなみに機種はJ-PHONEの(ぷぷ)
Panasonic製で、現行で唯一となったと思われるストレート型。
ストレート、もうこれしかないので、大切に使おうと思っている。
(そのくせこの間も道路に落としてメッキもろ剥げ)

これで「あ」だけ打ってみると、TVで見た携帯みたいに
即座に下欄に候補リストが表示されるわけではない。
しかし変換する前だと左下に「候補」というものが表示される。
これを押すと、あらら出てくる出てくる。

「あ」
&、宛てに、集まれる、あ、愛想、間、会いましたから…

すげー。最近変換したやつが21種類も出てきたぞよ。
知ってた?みんな知ってた?
(知ってるっちゅーの)

他の文字も試してみよう
「か」
神様、帰って、紙、感じ、完成、観戦、感染…

「さ」
サイク、先の、触ったり、三振…

「た」
タクシー、楽しみに、タイミング、建てて、たんぽぽ…

「な」
なおります、ナイスピッチ、ナウ、なに気…

「は」
話し合い、ハイタッチ、配慮、ハンカチ…

「ま」
まだ、マイケル、マイブーム、マイライン、マエカー、マジック…

「や」
ヤク、休んで、ヤバヤバ、ヤフー、藪田…

「ら」
来週、ラーメン、ライオンズ、ランタス…

「わ」
渡せなくて、私も、(笑)、わからん、ワリカン…


なんか。その。
人生がかいま見えますなあ。
「ま」とかびっくりした、マジで。
“マイケル”はマイケル・ジャクソンぢゃないよ。
なんやねんもう。
「な」の“ナウ”っていうのも恥ずかしい。
何かナウかったんだろうか?(汗)

しかし、携帯メールの大きなコツをつかんだ私。
(遅いんだよ、きっと)
これで私だって1分速効型(ノボラピッド)返信ができますわよ。
さあ、どこからでもかかってらっしゃい。

今みたら、「ふ」には“ファーム”も“フェニックスリーグ”も入ってるわよ♪
「ち」には“調整”も“チェンジ”も“小さいの”も、
“チケットショップ”も“チャンスカード”も
なんと“チョビヒゲ”も“チョンボ”も入ってますことよ、おほほほ。

……なんでやろう。
“小さいの”って平野のこと?大島のこと?
いったいどんなメールを打ったんだろう、わたし。
[PR]
by okaeri110 | 2005-10-25 12:31 | 日々の暮らし | Comments(4)

ぼけ話

最近、沈んだ話題が多いのだが
私のぼけっぷりは、日々淡々と着実に続いている。
ノルマであるがごとく。
予定調和であるがごとく。

13日のバザー値段付け大会でも、
みんながコツコツと仕事をこなしている中で、
「ちょっと荷物取ってくるわー」と、園を出て家に向かった私は、
マンションの駐輪所に自転車を停めた瞬間、
家の鍵忘れた…
出戻り。(結構暑い日だった。これはよくある)

今度は家の中に入り、お手伝いのみんなにお茶の一つでも、と
家の麦茶を持って、荷物を持って、家を出たというのに、
園まで着いて、サインペンと蚊取り線香←かなり重要ブツを忘れたことに気づく。

もう家まで戻っている暇はない。
(つーか3往復もする根性なーし)
24時間営業を謳うスーパーに駆け寄る。
2階にある食品以外の日用品コーナーに行こうとしたら
「2階は10時からです」
という立て看板に阻まれる。

携帯の時計を見る。
9時50分。

あと10分くらいマケてぇや!
心の中でだけ叫ぶ小心者の私。

スーパーを出てすぐの薬局に駆け込む。
「蚊取り線香ください」
「…もうありませんねえ」

薬局だというのに、この秋の一番かゆい蚊が蔓延するシーズンに
蚊取り線香がないなんて!
心の中でだけ罵る小心者の私。

薬局を出てすぐのコンビニに駆け込む。
ここでサインペン(太)をゲット。はあはあ。
しかし、蚊取り線香はない。
「蚊取り線香ないですか」
「…もう置いてません」

コンビニだというのに蚊取り線香もないなんて!
心の中でだけコンビニのお姉さんに泣きすがってみる追い込まれた私。


つーか、銀杏も落ちてるこんな時期になって
やっと初めて蚊取り線香を買うヤツなんて
絶対いないっつーの。
薬局もコンビニも正しいマーケティングだっつーの。

この時間で、9時55分。あと5分でスーパーの2階が開店する。
しかし私は観念した。
これは、家に帰ってぐるぐる渦巻きの蚊取り線香を持ってこい、
そういうお告げなのだと。

とりあえず園に戻り、お茶と荷物を置いてから
結局、家まで走ったのであった。

みんなは着実に仕事をこなしているというのに、
私は誰よりも汗だくになりながら、
ほとんど仕事になっていないという半日だった。

どうして、こう、タイミングが悪いというか、
考え方が浅はかというか、
アクシデントに弱いというか、
計画性がないというか、
悪い方、悪い方へと選択してしまうというか、
自分でもわざとやってんのか?と
首を捻りたくなるくらい、思った事と違う方向へ走ってしまう
私の日常の、ほんの一コマでありました。


こういうことが日々続くので
長女はすっかり、しっかり者へと成長しましただ。
[PR]
by okaeri110 | 2005-10-18 16:44 | 日々の暮らし | Comments(2)

義母入院

自分で勝手に忙しくして、実家の手伝いもしない
アホでどうしようもないヨメですが
私以上に元気なのが、おばあちゃんでありました。

しかし、2ヶ月ほど前から足が痛いということで
なかなか腫れがひかないので、
思い切って入院することになりました。

アホで気の利かないヨメがいなくても、
おばあちゃんの実妹や、実娘がいるので
私は、実家に毎日顔を出して、
時々、病院に顔を出すくらいでいいそうです。

ほっとするやら、役立たずで情けないやら。
今年は、本当にいろんなことがあるなあ。
自分や周囲が年をとったから、ということも言えるけど
我が家の健康は守られていて、それは感謝。

パパもかなり疲れていると思うけど
家ができるまでは、倒れられないしねえ。
私も、バザーが終わるまでは。

(バザーの後は引っ越しなんですけど、奥さん)
[PR]
by okaeri110 | 2005-10-18 15:53 | 日々の暮らし | Comments(0)

郷里のプラットホームにて

e0053528_1419367.jpg

町名も変わり、駅舎も周囲も変わったけど
このベンチは昔からあったんだっけ?

まさかこうして一人で帰るなんて、考えもしなかったけど
慰めと平安をお祈りします。
[PR]
by okaeri110 | 2005-10-17 14:19 | 日々の暮らし | Comments(0)

突っ走ってます

運動会ふたつ。
みっつめは参加のみだけれど来週ある。
ただいま幼稚園バザーの準備真っ最中。
おろおろ。

結構、猛ダッシュしておりますが、まだまだ。
まだまだ35度くらいの坂道の上り途中か。

というわけで、PCにもゆっくり座れていません。
今までが時間ありまくり、だったのかも。
いやいや。

投稿しても、下のように携帯からが多くなりそう。
携帯からだと、投稿はできても閲覧はできないので
コメントやトラバをいただいても
気づかないままになってしまいます。

そんなことが続いたら、ごめんね。


つーか、そんな忙しいのに、携帯使ってまで
投稿すんなよ、と誰か突っ込んでください。

こんな時に限って、ネタがどっさり仕入れられるっつーのは
一つの法則でしょうか。

しかも
落ち着いた頃に、さあ書こうと思っても
見事にあっさり忘れてしまっている、というのも
マーフィーに入れていいでしょうか。
[PR]
by okaeri110 | 2005-10-13 19:34 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧