今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

カテゴリ:日々の暮らし( 313 )

今、前の日記へのコメント返しを書いていたときに
修学旅行の写真を見直していて、
手作りジャムのラベルの「アップルベリー工房」という言葉を見て
Berryz工房を思い出した自分がチョトいやだった、みいです。


ソフトコンタクト、苦戦してます。
ちょうど目を使う仕事を始めたことも関係あるのか
この2月からぐんっと老眼が進んでしまい、またタイミングよく
使用中のハードコンタクトの片眼を落っことしてしまい…
ええい!と眼科の戸をくぐった私。

1回目のソフトコンタクトは、お話にならないくらい目の焦点が合わない。
かろうじて遠くは見える。
けど、それもだんだんかすんできたりする。

2回目は近眼の度数を一段落としてもらった。
若干、ましになった気はするものの、やっぱり中間あたりが見えない。

3回目、これでだめだったらハードに戻そう、
いやむしろ眼鏡だけの人生を送ろうと決意し乱視用のソフトをいただいた。
ただいま装着中であります。

結果としては、これまでの2枚のソフトよりは見える。
1枚目、2枚目はパソコンの画面を見ることなど絶対にできなかった。
近づけても遠ざけても一切見えなかった画面が、やっと見える。
しかし、仕事に装着して行ったのは1日だけだった。
調子がいいとよく見えるのだけれど、ソフトの特性なのか
目に張り付いた感じになって、
まばたきをすると視界がしばらく消えてしまう。
乾いてしまうからだろうか?

それと、やっぱりソフトはクリアな視界にはなりません。
眼鏡からハードを付けたときの、
あの「完全に視力がよみがえった感」がありません。

サングラスをかけたように、
綺麗だけれど何か一枚フィルムが間にあるような視界です。

と、急にですます調で報告をしてしまったが
ソフトに憧れていた自分にとっては「うーむ」という感じに。

でも、やはりゴミが入った時の違和感の少なさや
レンズが曇ってじぇんじぇん見えません、というのが
ずいぶんと少ないので、そのあたりはソフトの方が心地よい。

ハードを付けていた時は、すぐに目が曇ってしまい
寝る前にコンタクトを外して「まあよく見える」と思って
これじゃ裸眼のほうがマシやんと毎日思っていたのだった。
てか、そこまで思うんだったらさっさとコンタクトやめろよな。

いやぁ、それでも曇ってない時はよく見えてたんだから。
老眼がひどくなるまでは。

わたしはハード→ソフトの道を進んだけれど
ググるとソフト→ハードという人もいるようで
その人達はハードにしたら視界が悪いという感想を述べている。

うーん。
つまりは慣れの問題ということ??

ただ、眼科医によるところのクリアな視界はハードに軍配があるようだ。


ソフトの場合、レンズが眼球のどこかに行っちゃうことはない。
しかし、目が乾く感がハンパないので意識的にまばたきを多めにしている。

ハードの場合、レンズずれの他、外すときにむっちゃ吸着してて
外せなくて泣きそうになる時がたまにある。
そうかと思えば、思いっきりはじけ飛んで「どこ?どこだ?」と
往年の広島カープ達っちゃん状態になってしまう。

どちらにしろ、一長一短ですわ。
まだソフトに慣れていない私は、外すのがやっぱりまだ怖いし。
自分の眼球を指でつまんで外すなんて、スプラッタムービーなり。
[PR]
by okaeri110 | 2011-07-05 18:08 | 日々の暮らし | Comments(4)
いまだかつて、サイズぴったりという靴に出会ったことがない。

なにも私だけではなく、ほとんどの人がそうなんじゃないだろうか。
考えてみれば千差万別の足の形があるというのに
数種類の足形ってやつでたくさんの靴を製造しているんだから
ぴったりの人の方が希少価値であろう。

若い頃、パンプスを履いて通勤していた。
新しい靴を買うと足が慣れるまで(あるいは靴が足の形になじむまで)
出血を繰り返し一週間ほどすると落ち着いてきた。

そんな自分はずっとワイズ(足幅)が大きいのだと信じて疑わなかった。
だからつい“2E”などと書いてあると、ああこれだったらぴったりかも、と購入する。
しかし、相変わらず足指は締め付けられて痛い。
それなのにかかとはカパカパして、歩くと今にも脱げそうだったりする。

つい最近、これって変じゃないか?と気づいた。
私は指先が窮屈なので、ワイズの大きい靴を買っていたけれど
足の真ん中くらいの幅は逆にカパカパなのである。

ワイズって足幅のことでしょ?
ってことは、足幅が合ってない、しかも広いというよりも狭い方なんじゃ?

そう思った私はネットで「ワイズ」について検索してみた。
足のサイズも簡易ながら測ってみた。

なるほど。

わかったのは私のワイズは広い方ではないということ。
正確なサイズは靴屋さんで測ってもらわないとわからないけれど
ワイズはおそらくDが妥当なんじゃないだろうか。

カパカパ脱げてしまうのは幅が広すぎるからだし、
幅が広いから指先が靴全体の前へ突っ込んでしまい
ぎゅうぎゅうと押されて指先が痛いのではないか、という推理である。
それなのに私は「指先が痛いからワイズ広めを買わなきゃ」と
2Eなどをせっせと買っていたのである。
3Eを買ったこともあるが、考えられないくらいカパカパだった。

なんだかもう発想の転換が起こってびっくりした。
これもパラダイムシフトだね。
真逆のことをしていたなんて。

近頃の靴は、ワイズEのものが標準ぽい。
そして「ゆったり幅広」をセールスポイントにしていることが多い。
ワイズDの靴は、通販ではかなり少なかった。
デザインを選ぶ余裕もない。
しかも高い。(安い靴ではワイズDがない)

なので、真実に近づいても(まだ立証されてない)
なかなか実践に至れないのが悲しいところである。

でも、私みたいな人はきっとほかにもいるはず。
いっぺん足のサイズ、測ってみることをお勧めします。
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-24 11:35 | 日々の暮らし | Comments(0)

これがINFOBAR

e0053528_172639.jpg

iida INFOBAR A01

なんとandroid搭載だって。
あのアメちゃんみたいだったINFOBARが。

頭がぐちゃぐちゃになってよくわからんけど、android搭載して
アプリもじゃんじゃんダウンロードできて
もちろん電話もかけられてってなると
スマートフォンと呼んでも差し支えないのでは?
INFOBARがスマホ。

確かに魅力的だし、何よりもよみがえった初代のタイルキー。
たった3コだけど、2代目には消えてしまったタイルの可愛らしいテカリが再登場。
これだけでもう十分そそられてしまうけれども。
しかもタッチ画面でパズルっぽく楽しめそうだけれども。

やっぱり躊躇してしまうのがこのずんぐり。
あのね、スマートフォンの何がイヤって、体型がちっともスマートじゃないのよ。
もうそれだけでスマートフォン生理的にイヤ。

そんなアホな理由で携帯(あるいはモバイルコンピューター)を持つヤツが
いるかって話ですが
そんなアホなヤツですいやせん。

こーゆーのって結局は贅沢品だものね。
贅沢品はとことんこだわったってかまわない。贅沢してるんだから。
でもって贅沢できない自分は、こうして新製品のサイトを見て
これがいい、あれが気に入らない、きゃわいい、ダサイと言ってるのみ。
妄想で贅沢するだけである。

でも、このINFOBARがスマホだと言うんだったら
たった3コのタイルキーのために、小太りになったINFOBARを
認めてあげてもいいなぁと思う心ゆれゆれです。


どのみち妄想なんだけど(爆)  ←当分、携帯はiida PLYなり
[PR]
by okaeri110 | 2011-05-17 17:14 | 日々の暮らし | Comments(0)
あららジャイアンツの開幕戦、いいかんじのところでやるのね。
平日だというのにチケットも完売しているようで、よかったじゃないのさ。


春になりました。
桜が咲くと、綺麗だなあと思うのですが
ずーっと満開の桜をみていると、神経がピキピキになってきます。
なんかおどろおどろしい、というか。
桜の花って、人の情緒をかき乱すような作用がありませんか?
同じ花でも、チューリップみてるとかわいいわね、ばかみたいねって思うし
ひまわりみてると、お化けになって襲われる気がしてくるし
すずらんなんかだと、なに下ばっかり見てんのよ!と励ましたくなるし…
あれ?
あんまり心穏やかにさせてくれるお花ってないような。

おかしーな。  ←おまえがな
[PR]
by okaeri110 | 2011-04-09 16:59 | 日々の暮らし | Comments(6)

逆・氷柱

e0053528_2039638.jpg


この間の寒波のときの写真。

おばあちゃん家の玄関(北向き)の水道がこんなに。

豪雪で被害で苦しまれている方々には申し訳ないですが
大阪市内でこんなの珍しいです。

逆つらら。
[PR]
by okaeri110 | 2011-02-26 20:43 | 日々の暮らし | Comments(4)

ぐきっ

朝、出勤前にお風呂の窓をあけようとして
ぐっと力を入れたら腰が…

そのままお風呂場で阿鼻叫喚

駆けつけためいこに「仕事やすみなさい」と叱咤されました。。
休むなんて無理!と言いながらも
現実問題、歩ける状態ではなかったのであきらめました。

これが噂のぎっくり腰かぁ~

なんてひたる暇もありませんので、そのまましばらくうなっておりました。
でも、ホントのぎっくり腰だったら、こんなに早く回復しないよね。

仕事は2日休んで翌日に出勤いたしました。
すごいぞ!
神さまありがとう!
整骨院の先生ありがとう!

整骨院では「腰痛めたのは本当に初めてなんですか?」と聞かれ
「はい」と答えると
「前から悪い感じですけどねえ」と言われてしまいました。

どうも今まで、生理痛かなあ、とか
また肺が痛いような肋間神経痛なような、とか
これはお腹が気持ち悪いかんじだ、とかの半分くらいは
腰痛のせいだったのかもしれません。

腰が悪くて痛い、というのはもっと表面的に直接的に腰が痛いものだと思っていたけど
わりに内臓疾患チックな痛みも、実は腰痛だったりするんだと
今回初めて知りました。

ああ。
腰痛だけは、他人事のカテゴリーだったのにな。
しくしく。
[PR]
by okaeri110 | 2011-02-20 20:50 | 日々の暮らし | Comments(2)

同窓会

中学の同窓会に出席した。
高校卒業してから初めて会う人がほとんどだった。
田舎なので、幼稚園から高校まで一緒という子も多いせいか
みんなけっこう仲がよい。

なんといっても、わざわざ地元から泊まりがけでやってきて
大阪で同窓会するっていうんだから。

ちょっと考えたけれど、これに行かないと
ほとんどの子と二度と会わないんじゃないかと思い、行くことにした。

行ってみて、いろいろ気づいたことがある。
みんなが当然知っていたことを知らなかったこと、
あるいは、当時は知っていたかもしれないけれど覚えていないこと、
話していて、思い出がよみがえるというよりも
ええー!と驚いてばかりの自分に、驚いた。

二次会の途中で「家庭があるので帰ります♪」と言うと
独身の子たちに「上から目線め~~!」とツッコまれつつ帰宅。
でもあんたシアワセそうやん。
ちゃんとやってるやん。

行ってみて楽しかったし、みんな見た目だけじゃなく中身も大人になっていて
いい雰囲気の同窓会だった。
帰宅の途につきながら、中学時代の自分のことを考えていた。
今日話した子たちは、中学時代を楽しんでいた人が多かった。
私と彼らの決定的な違いはそこだったなあ、と。

中学、高校でも楽しい思い出はもちろんある。
少ないながらも友人もいたし、いろんなことをやっていた。
同好会を立ち上げたりと、ある人からみたら積極的だったかもしれない。
それでも、わざわざ思い出したくないのがこの頃のこと。
私ってそういえば、毎日学校へ行くのがイヤやったなあ
修学旅行も苦痛で仕方なかったなあ

そういう感じだったから、中学の頃のこともあまり覚えていないし
実際に知らなかった情報もあったのかな?と思った。
あのころ、こんな風に感じていた、思っていたという話を
当時の同級生とゆっくり話をする機会があったら面白いかな。
きっと、お互いに「へえええ」と驚くことがいっぱいあるだろうな。

幹事とか、段取り、仕切り、盛り上げ役、ちゃんとその役をする人がいて
やっぱりこの年の同級生たちは、なかなかのチームだなと思った。
そのなかに、自分の居場所が作れなかった私だけれど
4半世紀以上経つと、笑っておだやかに座っていられる自分がいることも
ちょっとほっとした。

そして、中学の時の自分、現在の自分を見比べてみて
それなりに積み上げてきたんだなあ、今の自分が好きだなあと思えてほっとした。


〈中学の時から変わっていないもの〉
「見た目は変わったけど話し方、まったく変わらんわ」
ひょえー。
このメタメタなしゃべくりは、老化現象ちゃうかったんや!
[PR]
by okaeri110 | 2011-01-24 11:18 | 日々の暮らし | Comments(0)

We Are The World 25 for Haiti

ふと目にとまった“We Are The World 25 for Haiti”
誰が歌っているのか、ほぼわかりません(笑)
バーブラ・ストライサンドのあまりの肌つやの良さにチョトびっくりしたくらい。

25年前、この曲ができた頃は全米40、全英20を毎週チェックしていたので
今の自分とは隔世の感がある。

もっとも、当時はイギリスに好きな音楽が多かったので
バンドエイドのアメリカ版のU.S.A for Africaはダサイ感じがしたもんだった。
ダサイところにスプリングスティーンやヒューイー、ダリルが混じってるので
それがおかしくって、友達ときゃーきゃー言いながらPVを見ていた。
若気の至りです。

で、見つけちゃいましたニック・ジョナス!
左腕がちょっぴりふくらんでいるから、Omnipodしてると思われ。
へぇぇ~、この曲にも参加してるんだぁ。

チョトうれしいです。
一瞬だけしか映らないけどわかりますか?
かなり後半で登場します。


[PR]
by okaeri110 | 2010-09-03 12:01 | 日々の暮らし | Comments(0)

違和感を感じる

って言い方に、違和感をおぼえるのは
わたしだけでしょうか(笑)

レジで、ぴったりのお金を渡したのに
「○○円からお預かりします」
って言われることには慣れましたが。。
ぴったり出したんだから、遠慮せずいただいちゃえよ!って思うけど。
[PR]
by okaeri110 | 2010-09-02 00:34 | 日々の暮らし | Comments(0)

なんでやねん

コンタクト、入れたと思ったのに右目が入ってないと
地下鉄の電車内で気づいた。

今さら家に戻ったところで、もう見つかりはしないから
とりあえず調子の悪い左目のコンタクトを洗い直そうと
目的地に到着してから洗面所へ向かった。

右目、、、やはり入ってない。
目のウラに入った感触もない。
今年の春に、レンズを落としてしまい、新しく作り直してもらったばかりなので
とんだ損失だと思ったが、ないもんは仕方ない。
そうあきらめて、左目のレンズをはずすと…
手の中で2枚になりました。
イリュージョン~~☆☆

って、ちがうっ!

ええ、またやってしまいました。
片眼にレンズ2枚。

これまでの人生で2度やりました。
そして、今年に入って、実は2度、人生合計がイッキに4度の経験値獲得!

なんなんやろ、このざま。
[PR]
by okaeri110 | 2010-08-18 01:02 | 日々の暮らし | Comments(0)