<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

スコーンつくってます

e0053528_15151544.jpg

ぐちゃぐちゃ~~

たのしそうだけど大人はハラハラ。
私は見てるだけーの人だったのだが
作ってくれてる人(トム)は
おーくるりる!
ちょっとstop!
ありがとくるりるstop!
結構大騒ぎしてました。
でも怒らないから親と料理するより楽しそう。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-27 15:15 | Comments(0)

パンケーキ

e0053528_14304054.jpg

トムがうちで最初に作ったパンケーキ。
写真よりもっと美味しそうでした。
スコーンはすごく上手!
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-26 14:30 | Comments(0)

こんちくしょう

だから今日はラグビー日本選手権決勝だったんだってば。
ビデオ録画する日だったんだってば。

夕方、教会から帰ってきて
「あ、しもた阪神-オリックス戦の録画忘れた」
なんて言っていた私はのんきなかーさん。

やっぱり野球以外は本気じゃないんだね、と確信。
(確信もったからってどうなるわけでもない)
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-26 01:04 | スポーツウォッチング | Comments(0)

芋たこなんきん

「芋たこなんきん」は華やかではないけれど絶対に外れない。
それは製作発表段階からわかっていた。
田辺聖子原作(原案)で、藤山直美・國村隼の黄金ペアとくれば。

しかし私は、前回の作品のことがあったので(純情きらり)
当分、連ドラを見るのは懲りたと思っていた。
8時15分になるとTVを消す。
そんな生活がしばらく続いていたのだが
冬休みや土曜日にTVを消し忘れていると
子ども達がじいいっと見るようになった。
いつの間にか私もくいいるようにTVの前に吸い寄せられた。

あかんわ、こんなうますぎるドラマ。
毎日、藤山直美にこてんぱんにやられている私。
少女時代(戦前戦中)のお話も(きらりと同時代やん)とてもよかった。
脚本に無駄がないことといったら。
できるやん。
やっぱりきちんと本を書くことができるやんか。

心の中でまた「純情きらり」を思い出して苦々しくなってしまう。
そんなネガティブな思いを超えてドラマの面白さが突出しているので
また今日も見てしまいましたとさ。

そないツチノコで大騒ぎせんでも。
「チー」でも「チュー」でもええがな。
どこまでマジなんかわからん。

このノリって関西以外の人が見ても面白いんやろか?
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-22 10:04 | 日々の暮らし | Comments(0)

最後の参観日

今日の参観にはトムも一緒に行った。
玄関に教頭先生がおられたので、紹介する。

まずくるりる1年生。
まだ休憩時間だったので廊下で待機。
トムを知っている友達があちこち寄ってきて
気がつくとトムはジャングルジムになっていた。
さて今日の授業は工作。
色画用紙で王冠を作りましょう、というのだが
どう考えても年中さんくらいの工作なので
トムもあきれていた。
1年生の最後の授業は、いつも「わたしが生まれたときのこと」
という作文を発表してくれるのだけれど、これで終わり?

15分経過したのでめいこ4年生の教室へ。
こちらはそれぞれが調べたことをグループ発表。
めいこ達は「ヒートアイランド現象」
うつわ広げすぎじゃないかい?
その割にはうまくまとめていたので驚いたが
帰宅しためいこに聞くと
「先生が以前受け持ちだった子の発表文を
そのまま発表しなさいと言われたので書き写した」とのこと。
なんだいそりゃ。
あきれかえるとはこの話だ。

15分後、みっふぃ6年生は音楽室で音楽の授業。
ちょうど最後の合奏が始まるところだった。
みっふぃは電子ピアノでバス担当。
担任の先生がお手紙を渡してくれたのでなんだろうと思ってみると
みっふぃからかーさんへのお手紙だ。
先生が「どうぞ読んでください」と言うので開けて読む。
「かーさん6年間ずっとありがとう」というノリの手紙だ。
はいはいはいどーもねえ、とさらっと読んでさっさとしまう。

ん?

どうも周囲の様子がおかしい。
あれあれみんな目が真っ赤になってきたよ。
あちゃー。涙流してるよ、Aちゃんのおかあさん。
ん、でもCさんもKさんも、あれ?Uさんもぉ!?

子ども達がお別れの言葉を発表した。
その後、kiroroの「未来へ」を歌い出した。
おお~泣かせる選曲だねえ~…って泣くかあほ。

と思ってへらへら聞いていたら、、、
あちこちからすすり泣きしてるやんかぁ~~~
マジなん?>かーさん達

私とトムは当惑しきっていた。
一応私はしんみりしたふりをしようとがんばってみた。

しかし、帰宅後みっふぃから聞いたのだが
彼女が友達と一緒の帰り道
「みっふぃのおかあさんだけ全然感動してなかったよなあ。
最後にはあくびもしてたでえ」
「そやそや」
「あそこだけ浮いとったなあ」
と数名からの指摘を受けたという。
名誉のために言っておくが、さすがにあくびはしてませんがな。
うーむしかし浮いていたとは。

いやしかし私はおかしくない。
なんであそこで泣くねん。意味わからん。

そんなことを言う私にドライなイギリス人を笑えないか。
でも私って感動しぃやねんけどなあ。
いっつも旧ブルーウェーブ投手を見ては(情けなくて)すすり泣くし。
涙腺のツボが違うんやろな。

みっふぃはわかった子なので
「かーさんが泣くわけないやんと言っといた」と返したらしい。
しかし友達も口々に
「そうやなあ、みっふぃのお母さんが泣くわけないなあ」
と言われたというではないか。
なんかだんだん体温低くなってきてきた気がするわ。
あたしは冷血とかげか。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-20 23:29 | こども | Comments(0)

清宮監督

今シーズンからラグビーを見始めた方が何人かいる。
「なんかわからんけど見てみたら面白いわ」というご意見。

一人は高校ラグビー経由なので別口だけれど
他の人たちは、たまたまTVで取り上げられていたラグビー関連の番組で
何となく興味を持って試合をみたら面白かった、とのこと。

マスコミが清宮監督を取り上げることが多いので
その影響かなあ、と思っている。
サントリーは人気がUPしているんだろうか?
よくわからない。

アクの強い清宮さんについては好き嫌いがはっきりしている。
大嫌いという人と、応援するよって人にガチッと分けることができる。
アルミとスチールを瞬時に見分ける空き缶分別マシンのような人だ。

さて私は。
私はこういう唯我独尊タイプには、もちろんケッと思う性分だが
実は清宮監督にはかなり期待もしているのである。
ラグビー界でここまで偉そうにできる人がいるか。
ここまでやりたいことをやりぬく人がいるか。
口は悪いけれど、そういうところは現四国リーグのおっさんそっくりで
どうもその、しょうがないなあと思ってしまう。

サントリーが清宮を選んだのだから仕方がない。
彼のやり方でサントリーが強くなったのかもちょっとまだわからない。
(そもそも私にはそんな高度な理解ができるラグビー観戦能力がない)
しばらく様子をみていたいものだ。

彼が早稲田で行ったという徹底的な採点方式。
サントリーでも同じように行っているのかどうか知らないが
そのアレルギーさえ感じる経営コンサルタントチックなやり方で
チームが機能麻痺を起こさず、人間的に情緒的に一致団結して
強いチームになることができるのか。
違和感がありつつも興味がある。

ただ、選手達がどう受け止めているのかが気になる。
それだけは気にしていたい。


と、まあ私のようなラグビー初心者(何年経っても)が
ついつい語りたくなってしまうような人、それが清宮である、ということか。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-19 14:32 | スポーツウォッチング | Comments(0)

トヨタやったね

e0053528_1151597.jpg

ラグビー日本選手権、準決勝。
教会で昼食を摂りながらふと時計を見上げると1時半くらい。
今から花園に行っても前半は見られないなあ。

ということで家に帰って録画チェック。
今日はちゃんと留守録できてましたよ。

てっきりサントリーが勝つと思っていたのだけれど
トヨタの団結力の前に身動き取れず。
ちょっと何かあると、どどどっとおっさん達が集まってきて
あっちゅう間にボールを奪っていくんだもん。
早い早い。

トヨタといえば、昨シーズン私のなかでは重量でおらおら言わせて
ダーティぎりぎりのゲーム展開でやってきたイメージがあるのだけれど
今年は機動力のよさが目を引いた。
さっさか仕事やりまっせという働くおじさんイメージに。
佐川急便のおっさん大集合って感じだ。

朽木監督の勝利インタビューを聞くと
「(勝った要因は)ハートじゃないですか。昨年は早稲田に負けて
(現サントリーには当時早稲田大学の監督だった清宮がおり
当時の早稲田キャプテンだった佐々木がいる)
つらい思いもした。執念です」
というような強めの言葉でもぎとった勝利をコメントした。
そりゃ悔しかったよね。早稲田に負けたとき辞意を表明したが
慰留され今シーズンにかけてきた朽木監督。
Number webより
中日新聞より

一方のサントリー。
こっちはもう仕事にならず終わっちゃいました。
なんか、その、やる気がないわけじゃないんでしょうが、みんなバラバラ。
相変わらず清宮監督は大口をたたいてますが。

ここは小野澤主将の言葉を紹介しましょう。
「ゲームキャプテンとして未熟なこの1年が終わってしまって、すごく残念です。大悟(山下キャプテン)の無念さをわかりながらやってきて、チームに結果が出てる時はいいと思うんですが、今日みたいに皆の意思を統一しなければいけないところで、それがなかなかできませんでした。大悟に申し訳ない」

うっうっう。青春だなあ。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-19 11:57 | スポーツウォッチング | Comments(0)

インスリンポンプへの道

めいこの気まぐれ発言かもしれないが
インスリンポンプに興味を持ち始めたようだ。

14日、パパが検診に行ってくれたのだが
(A1cは5.8%、でも絶対来月は上がる自信あり)
ポンプを肌にくっつけるシールを分けてもらってきた。
スリーエム社 テガターム

試しにめいこの肌に1日貼ってみて
かぶれがないかチェックしてみることに。
そうしたらめいこが
「これでよかったらポンプしていいの?」と言うではないか。

えー、あんたポンプイヤやって言うてたやんか。
ほんまはしたかったん?
よーわからん女心や。
嫌い嫌いも好きのうち。

外食するときは楽ちんやもんなあ、ポンプ。
ただし血糖値測定は今までと変わらずしないといけない。
ペンは出してこなくていいけどパッチンはする。
やっぱり面倒くさいわねえ。
大人になって生活が安定して自分の体の声を聞けるようになれば
パッチンもあまりしなくても自分の血糖値を把握できるようになるんだろうけど
まだそこまでの道のりは遠い。

ポンプになったから楽になるわけじゃないんだよ、めいこ。
あんたは記録表もろくに付けへんし。
パパはそれで毎晩怒っております。
そこがクリアできたらポンプ考えまひょ。
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-16 11:05 | IDDM | Comments(0)

あーあ

e0053528_10132158.jpg

野球と本屋から遠ざかった生活していたら
うっかり週ベの球団名鑑号を買い逃した。
よっぽどの記事がない限り週べはこれしか買わないのに。
オリックスは平野佳くんが表紙なのに。
宗りんのインタビューも載っていたのに。

しょうがないからポケット版を買おう。←買うんやないか
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-16 10:17 | 野球 | Comments(0)

おてつだいトム

7日に真夏の国から帰ってきてから
(鼻の頭赤くなって帰ってきた)
あれこれ家のお仕事を手伝ってくれてるトムです。

ここまでがんばってくれていると
バイト代を出してあげないといけません。
コンピューター借り放題のステイ先なんてそうそう無いから
彼も追い出されたくないと見た(笑)

週に一度は夕食を作ってくれるそうです。
先週は私も一緒にハンバーグを作ったけれど
本日は一人で全部やってくれるとか。

私は気胸のため昨日から出来うる限り布団にいるので
(といいながら何故ブログをupしている?)
トムはくるりるをヤマハに連れて行ってくれた。
ヤマハの先生はちょっとびっくりしていたらしい。

昨夜はパンケーキ(クレープ)を焼いてくれた。
とても美味しかった。
クレープの焼き方のコツを教えてもらったので
後々クレープパーティを開催できるかも。

今夜はグラタンを作ってくれるらしい。
そのためにどうしてもチェダーチーズがいるらしい。
そんなしゃれたもん、下町の我が家周辺にはないので
どうやら百貨店まで買い出しに行ってくれるらしい。
そこまできばらんでも。

トムは料理をしても、後片付けまでやってくれるので
本当に本当に助かる。
料理好きだという男の人はわりといるけれど
後片付けをしない人が多いと聞く。
私はどっちもイヤだけど。←問題外

さあ寝てきます。
なんとしてでも気胸をなおして、
日曜日はラグビーを見に行くのだ。←それは違う
[PR]
by okaeri110 | 2007-02-15 13:40 | 日々の暮らし | Comments(2)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧