今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

オリ・コリンズ監督に次々に辛口要望
コリンズ監督に直々に文句を言ったのは山下司高知市副市長。

で、雑賀社長も「この前、監督を怒ったったんや」とプンプン。
ものすごい臨場感のある記事やわ。
「コーチともう少しコミュニケーションを取れ、ファームも見に行ってくれと言ったんや」
そうそう。そうやねん。
一軍と二軍の入れ替えがこんなに少なかった年もない。
二軍のコーチと話したことあるんかな、って思うくらい。
なんで迎がいつまでもファームやねん。三冠取らすためかいな。
近藤かてたった一回試しただけで、もう下やったし。

雑賀社長やけど、思ったより野球見てんねんな。
知らんかったわ。
本社から異動でやってきた「僕はサラリーマンですから」やと思ってたわ。
ドームの土の色やら、むかつくトレードやら
しょーもないことしかせえへんやっちゃと思っててんけど、
小泉さんより岡添サラリーマンより、ちょっとは野球知ってはるわ。

私もコリンズさん見かけたら「怒ったった」と言いたいところやけど
そうそう見かけるもんやないし、ここは社長に言うてもろて
ちょっとは気持ちをおさめることできたわ。

コリンズさんにしたら今年は様子見やったと思うし
ヒルマンさんかて3年の間は「何やってんねん」て感じやったから
堪忍できへんほど腹も立ってへん。
そやけど来年こそはちょっと考えてもらいますで。

ほんでも今年は必死で戦ったいう感触があって面白かったわ。
選手が必死やったん伝わったわ。
ビッキーのおかげかなとも思うんやけど
やっぱりコリンズさんがチームを鼓舞してきたからやと思うで。
ありがとう。

秋季キャンプ、期待してます。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-31 16:13 | 野球 | Comments(0)

どんどん改造してね

オリ投球練習見せる!ブルペン改造へ

欠陥ドームと言われ続けている京セラドーム大阪。
どこが欠陥かというと
シートによって野球が見にくい、スコアボードが見えない、
レフト側からもライト側からも、野球を見るのに死角がある、というところ。
(最低や)

以前からドームの改修をするという話をしていたのに
変えたと思ったらお目々の痛い土の色に変えたとか
なんとも的はずれなことばかりをしていたお偉い方々。

ブルペンが見える。
これです。
せめてそのくらいの楽しみがなくっちゃ。
しかし、どこに作るんだろう?
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-31 15:49 | 野球 | Comments(0)

アイロン壊れちゃった

e0053528_11415765.jpg

18で実家を出るときに持って来たアイロン。
すでに自宅で使用していたので
使い始めてから、ゆうに30年は経っているでしょう。

今朝とうとうスイッチが入らなくなりました。

珍しく週の半ばにアイロンかけようなんて
殊勝なことを考えたからか。

非常に困ったので速攻アマゾンで注文しました。
明日到着だって。はや。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-31 11:41 | Comments(0)
この試合の見どころはなんといっても
ハギー!

点がどんどん入っていったので
くるかもくるかも、菊池と山本まで使っちゃってどんどん点差が開いていったので
お、お膳立ては整った!

日本シリーズに出るなら敗戦処理だと固唾をのんでTVを見守ると
い、い、いたーっっっ!

しかもファーストストライクだし。井端しとめるし。結構いいストレート投げるし。
ほっとして森野に四球だし。バツグンの劇場よ。
(つっても最終回で7点差だから、みんな生あたたかく見守ってるだけよ)
続いてウッズだし。うっず。うわ~っ

ここで花火打たれたらブルーウェーブに逆戻り。
逆戻りしたくてもブルーウェーブはもうないので、ふんばってくれよ。
くれよ、くれよ、あたしトイレ行きたいんだけど見守るわよ。

どっくんどっくんしながら見てたらウッズさん打ちそこねて併殺打。
あーーーー。トイレ行ってこよ。


というわけで、私には第一戦以上に手に汗握る試合でした。
あれだけの大舞台で(比較的注目されてない場面とはいえ)抑えた萩原は
もしかしたら今後のシリーズでも、もっといい場面で
使ってもらえるかもしれないので
しっかりと今後の試合を見守っていく所存であります。

ハギーのためのシリーズってか。

ちなみに、中日には昌もいます。
きっと何かの時に頼りになる、と踏んでくれたのでありましょう。
今季の昌は確かにふがいないシーズンでありました。
しかし、それを一番申し訳なく思っているのがご本人であることも
昌ファンにはわかっているのでございます。
役に立てる場面があればきっと、と準備怠りなくされてるでしょう。
我々ファンはそっと見守ってゆきましょう。

以上、ハギーと昌の日本シリーズ中継をいったん終わります。
つづく。。。。。といいな。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-30 12:21 | 野球 | Comments(0)
じぃぃっと見てないんで、軽く感想だけ。

ダルビッシュと憲伸の投げ合い。
勝ち負けはついたけど、どちらも負けてなかった。
どっちかっつーと憲伸の方がよかった気がする。
先発がこんな好投の試合ってもったいないなーってつい思う。
第一戦はエース対決になるってわかってるんだけど。

ダルが8回から急にボールが入らなくなる。
前もそうだった。
突然にはじまる。

でも彼は結局完投した。
試合はハムが勝ったんだけど、9回に出てきたダルビッシュを見て
落合監督しめしめ、と思ったんじゃないだろうか。

中継ぎ、抑えがびしっとしていたら
マイケルに代えるはずのところだった。
それほどまでにヒルマン監督のマイケルに対する信頼は落ちている。
これから戦う上で中日に弱みを握られてしまった日本ハムである。

と、私の感想はこのくらいなんだけど
なんといってもさークライマックスシリーズから続く
テレ朝のゲスト解説の面白いこと。
そう、野村監督です。

野村スコープは、うむむ、そうなん?と思いながら
鶴岡の汗だく配球の意味がよくわかった。
グッジョブ鶴岡!

でもって相変わらず何言ってるかわからない東尾さん。
お二人で楽しそうにやってるのが面白かった。

第二戦はテレ東で、まだマシな実況をするTV局。
本日の第三戦はフジらしい。
ゲストを見ると…また野村さん!
もうみんな結局、野村さん頼り。
星野さんは忙しいからか?
でもって山崎武司も一緒だよ。
武司くん、何をしゃべるつもりだろー。。。。

というわけで今夜も非常に(アブナイ香りがして)楽しみなシリーズです。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-30 12:04 | 野球 | Comments(0)

かーさんをネタにすな

みっふぃの中学校の文化祭みたいなものに行ってきた。
そこで顔を真っ赤っかにして逃げるように帰ってきた。

そして学校から帰ったみっふぃに言った。
「あんたなあ、書くことないからってかーさんのこと書かんといて!」

こういうことだ。
みっふぃの学年はそれぞれ自分新聞というのを作成し、展示してあった。
自分のこと、自分の好きなこと、おすすめ、自分ニュースなど
その子が自己アピールできるような内容の新聞だ。

みんな、部活のことや小学校での思い出、
旅行の記事や4コマ漫画、いろんなことを工夫して上手にまとめていた。

みっふぃもプロフィールや趣味みたいなことをいろいろ書いていたのだが
一番下の記事は自分のかーさんのことを書いていた。
自分のかーさん…わたしや。

「私のお母さんはいつも、寝る・パソコン・本のどれかです」
この文章の簡略化も問題にしたいところだが
それよりも内容だ。

「お母さんはオリックスファンです(オリックスはパ・リーグでもめっちゃ弱いです)」
ええい人の勝手じゃ

「いつも怒ってて、いつも笑かしてて、いつも寝てる」
ってほんとにあんた、全部ほんまのことやんか!
ほんまのことなんか書いたらあかんやんか!

そら、いちいち他人の子の新聞なんかじーっと見る人おれへんけど
おばあちゃん(つまり私の姑さま)は目を皿のようにして見とったんや。
「みいさん、いつも寝てんの?」ってさっき聞かれたわ!!!!!

この話をパパに聞かせたら真剣にうらやましがられた
「おとーさんのことは書いてた?おとーさんは?」
日頃から思春期の娘を持つパパの危機を感じるようになったパパは
後ろ指をさされてもいいから、ネタにされたいと思っているようである。
どいつもこいつも。
ふて寝じゃ。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-29 14:52 | こども | Comments(2)
この食物にカーボ(炭水化物)がどれだけ入っているか?
表(おもて)に食物の写真が載ってあり
見た人が何カーボか予想する。
(1カーボはその食品に占める炭水化物量が10g前後ということ)

たとえば牛丼の写真、むむむ。
(いわゆる並牛だと思われ)
ヒントは「ごはん250g」ということば。むむむ、よ、よし。
10カーボ!

おそるおそる裏をめくると
10.5カーボという数字と細かい解説。

カーボカウントをする目安になるようにと
先生方の手作りでキャンプで子ども達が勉強していたフラッシュカードが
本になって発売されてました。

「作ってますんで」
「そのうち出ますんで」
と聞いていたんだけど
もう出ていたとは。

e0053528_130927.jpg
糖尿病患者のためのカーボフラッシュカード
医薬ジャーナル社
2625円(税込)

ちょっと、いやこないだのIDDMネットワークの「お役立ちマニュアルパート3」も購入することを考えるとお財布に響く買い物ではあるが、本気でカーボカウントをする人にはずいぶん具体的にわかりやすいカードだと思う。カードっつっても売ってる状態は本なので自分で切取線でばらしてカードにしなくちゃなんないんだけどね。

カーボカウントに関しては、私の考えなんだけれど
まず基本的なお料理のバランスとカロリーの勉強が
頭に入っていないと大人はとりかかりにくいかな、と思う。

自分には1日にどれだけの栄養と摂取カロリーが必要か
大まかでいいから理解している人が望ましい。

でもって次のことは大前提の条件。
1.自分がインスリン1単位打ったらどれだけ血糖値が下がるかを
知っている

2.基礎インスリンがしっかり効いている状態を保っている

3.補正インスリンとこれから食べるものに対して
どれだけのインスリン量が必要かを理解して、
ちゃんと合わせて打つことを常にしている

4.上記のことを毎日やりながら
「カロリー通り打ったのにこの料理だと下がる(または上がる)のは
なんで~?」という疑問に思い、次回はそれを予想してインスリン量を加減している


IDDM数年やってれば、なんとなく上記のことを意識的か無意識かは別にして
結構の方がやっておられると思う。
そういう人がカーボカウントを試してみると
「おー。なるほど」
ってことになるのでは。うちはそうだった。

もちろん、カーボカウント通り打って「あかんかった」という日もある。
そんな時はなんか知らないけど血糖値の乱高下が激しかったり
日常の落ち着いた生活ではなかったりする。
そんな時はインスリンの効き方も変わってくるので調整する項目が増える。

結局、カーボカウントもコントロールをよくするための目安にすぎない。
自分の体のために、子どもの体のために
わかりやすくインスリンをどれだけ打つかという指標にするもの。

我が家は申し訳ないけれど、そんなにカーボカウントしてないです。
(しょぼん)
それでも、カーボと他の栄養素を分けて考えるクセはつきました。
「カーボは少ないから今は少なめに打つ。でもって後で上がりそうだから
寝る前に調整しよう」という風に。
めいこはめいこなりに考えて注射量を考えています。
どんぴしゃだといい気分みたいです。

このフラッシュカードは子どもにインスリンをどれだけ打てばよいのか
面白く勉強させるという意味で、使えると思います。
そう、子どもにはカーボの考え方、大人よりすんなり入ると思います。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-29 13:21 | IDDM | Comments(7)

イチオシ岩田

関西ではシリーズより(フェニックス・リーグのあった宮崎と)鳴尾浜が記事になります。
まずは24日の岩田 頼むで!来季こそ先発ローテ
フェニックスリーグで好成績を残した岩田くん。
今頃好投すなー!とか悔しい涙は出さないでね>阪神ファン

それも耳にしただろう岡田監督が岡田監督“大化け投手”の出現熱望!!として
岩田と若竹をあげている。

その中でちょっと気になった内容があるんだけど、これです。
 それに続く若トラを見渡したとき、最も寄せる期待が大きいのは岩田だ。「もともと練習や食事時間とかも制限される部分もあったのが、なくなったからな」。持病の糖尿病を気にせずどんどん投げられるようになって、この秋から来春に急成長が見込めるという読みに基づいている。


これは、今まで食餌制限があったということなのだろうか。
岩田くんはわりと昔のオーソドックスな方法でコントロールしているらしいと
回り回って聞いたことがあるんだけど
それが、「食べた分だけ打つ」というコントロール法に変更されたのだろうか。

岡田監督 仰天予言“岩田10勝できる”

と、ちょっと岡田監督が記者さんにリップサービス。
秋季キャンプで頑張っている選手達に
こうやってやる気を出させるコメントをいつも発する岡田監督。
ちょっとこだわりスタメンとか選手とかあって
時々ブーイングされちゃう岡田さんだけれど
いい監督さんですよ。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-25 18:41 | 阪神の岩田くん | Comments(2)

検診だった

おかげさまで風邪の方はだいぶ治まりました。
ご心配おかけしてすみません。
咳だけがしつこく残っているんですがヴィックスドロップで乗り切りまふ。

めいこの検診はパパが急遽行ってくれることに。
ポンプをやめるとみるみるA1cが下がっていく。
それでもめいこはポンプを再開するらしい。あーあ。

デテミルのお話。
12月からいよいよ登場するそうだ。次の次の検診時だな。
とりあえずトライすることになるかもしれない。

で、私は出てないんだけどこの日勉強会があり
その中で先生が言ったひと言に一同色めき立ったとか。
「デテミルを使用していると痩せるという報告が」
ほらー。色めき立ったでしょ(笑)

まあ、たぶん海外ではそういう例もあったというくらいに捉えてください。
どのみち私たち親がデテミル使うんじゃないんで(汗)
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-24 10:59 | IDDM | Comments(2)
IDDMネットワークの「お役立ちマニュアルパート3」が届きました。
沙織(父)さん、間接的にありがとうございます♪

災害時についてのあれこれがびっちり書かれています。
まだ読み込めてなくて、しっかりこれから勉強しなくちゃ。

災害時の心構え。
自助7 共助2 そして公的機関に助けてもらうのが1
この7:2:1というのがとっても共感できます。

やっぱり自分の身は自分で守らなくちゃ。
もちろん、困った時はお互い様、どんどん助けを求めればいいけれど
災害の起こる前から「誰かが助けてくれるだろー」としていてはダメ。
別に病気だからとか関係ない。

なので、インスリンや針などのストックは、もてるものなら持って欲しいし
そのインスリンを分散させて持っておくとか
助けてもらえる人や機関を複数キャッチしておくとか
何らかの準備はできると思うんです。

ストックに関しては病院によってはぎりぎり分しかくれないところもあるし
患者やその家族個人ではどうにもならない部分もあるかもしれません。
そういう方達は、なおさらインスリンをストックしている薬局の方とか
ご近所のお医者さん(町医者)に状況を説明する機会を持って欲しいのです。
いざ、という時にインスリンが手に入るように。
処方箋を書いてもらえるように。

なにもそこまで今やらなくても、と思うけれど
今できることは何かあるはず。

それで余裕ができたら共助を考えて欲しいです。
私も誰かのためにストックしている気持ちが強いです。

お役所に頼るのはその後。
それよりまず町会長さんとかに理解してもらう方が、具体的な助けになるかな。
PTAをやりだして町会の仕組みとか少しわかってきたけれど
校区の小学校に避難する場合も、うちの地区は
町会長さんや婦人部、社会福祉委員なんかが中心に動くみたい。
となると、お役所よりも融通のきくこの人たちに
「低血糖になると怖いんでお砂糖スティックいただけますか」とか
「ちょっと注射打つ場所が欲しいんだけど」
なんて話をする方が絶対手っ取り早い。

そんなことをつらつら考えながら
めいこの病気のことは、小学校の人しか知らないなあと思い当たりました。
町会長さんとは、あまり話をする機会もないから
なかなか個人的なことを話せないなあ。
そんなこと教えたくないという気持ちだってむくむく。
こういう方達に病気を教えるのは、かなり親しい間柄でないと難しいです。
それでも、災害時、避難場所の小学校に自分も寝泊まりしていると想像すると
やはり、こういう方達のお耳に入れておくことも想定しておきたいですね。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-24 10:38 | IDDM | Comments(0)