<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

初出勤

でした。

久しぶりの仕事です。
どれくらい久しぶりかというと、15年ぶりの仕事でした。

どんだけ久しぶりやねん。


というわけで、ものすごく緊張した。
覚えることがあまりに膨大で頭ショート。
すべて一人でこなす仕事で、一緒に同じ仕事をする人は
その時間帯には誰もいない。

初日の今日は引き継ぎということで、私と入れ替わりで辞められる方が
残ってくださって仕事を教えて下さったのだけれど
この引き継ぎも、あと1日しかないのだ。

…。
今日教えていただいた仕事だけでも
なかなか覚えきれずミス連発だったというのに
まだまだ全体の流れも把握できていない。
教えてもらってない仕事も、私が見る限りでもたくさんあるのに
ほんとはきっともっと引き継ぎ事項があるのだろう。
けれど、引き継ぎできるのはあと1日だけ。

無理です~~~~。

「単純作業だから覚えれば大丈夫」と言ってくれるけど
無理です~~~~。

少し前の礼拝メッセージで
「無理って簡単に言うな」と言われたけれど
うううう、それでもやっぱり無理かも007.gif

残業は週に合わせて1時間くらいと聞いていたのに
引き継ぎの方のタイムカードを見ると
日に30分から1時間は残業してるみたい。
はぁ。。
でも、考えたらその方がお金もらえるんだわ。
(これぞゲンキンな考え)

今日は午後から学校で講習会があって
私もそれに出席しなければいけなかった。
しかし気がつくと午後2時になっていた。
あちゃー。
帰途につきながら責任者に「行けません。ごめんなさい」と
携帯メールを送ったけれど、返事なし。
怒ったか。

こちらの学校ボランティアの仕事が
毎日のように学校に行かなくちゃいけなくて
しんどいだけじゃなく、身動きとれなくなっていた。
何のために役員を辞めたのかわからない状態に。

それを断ち切るためにも、半ば強引に?仕事を始めた。
もちろん、やりたかったからでもあるし、
経済的にもやらないと厳しかったからでもある。
そして、自分の好きな仕事が見つかったので
チャレンジしたら採用されてしまった、というわけだ。

ただ…前途多難である。
どう考えてもあと1日で半分も覚えられるかどうか。
あぁぁ008.gif
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-26 18:54 | 日々の暮らし | Comments(5)

平安

むっちゃクリスチャンな内容です。

クリスチャン用語で“平安”という言葉がある。
意味は平和、穏やかで安心する、というところか?
教会では「平安がある」「平安がない」なんていう風に使っている。

あることのために祈っていて
その「平安がない」状態が続いている。
私たちは神の御心にしたがって生きていると
平安があるのだけれど、
その祈りは大きな事柄、たくさんの人々についてなので
簡単に「平安がある、ない」を言えないとはいえ
祈っていると不安な思いがどうしてもつきまとう。

もっと祈れということだし
このことについて、よく吟味しなければいけないと
そういうことなのだと思う。

でも、こうしてより頼むところがあるのは
大きな意味で平安だなと思う。
もうすぐクリスマス。
クリスマスの主人公、Jususのことば。
わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。 ヨハネによる福音書14章27節
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-25 18:32 | Jesus | Comments(2)

BRAVO!を見て

感想文っす。
2ヶ月も放映が延びてやきもきしたけれど
1型糖尿病についての解説もわかりやすかったし
全体を通して丁寧に制作してくれたなあと思う。

放映のなかで触れていた3つの試合の記事。
7月28日、甲子園で先発
岡田監督はこの後、何度かチャンスを与えてくれたんだけど
ここぞというところで連打や四球で結果を出せず
昨シーズンは終了した。

そして3月29日(土)の京セラドーム
開幕2戦目という大事なマウンドの先発をまかされた岩田。
ここ、ここだよ!というところでしっかり投げきった彼を見て
ずいぶんとほっとし、励まされたものだった。
そして、今シーズンの手応えを感じることができた。

4月26日は初完投の日。
阪神にとって完投できる先発投手というのは
大変に貴重な存在だ。

中盤、攻略されたのか打たれる試合が増えていったけれど
それをまた乗り切る力も付けていってくれることと思う。
実際、タイガース今季最後の試合の先発投手は
誰でもなく岩田だった。
そして、勝利を飾ったのだった。

岩田の活躍で1型糖尿病の存在を知る人もいるだろうし
逆に、野球に興味のなかった人が
ああ、勝ち負けだけじゃなくて、野球の試合って
こんな読み方、ストーリーもあるんだということに
興味を持ってくれる人も増えるといいな。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-25 11:38 | 阪神の岩田くん | Comments(2)

BRAVO! やっと岩田特集

以前お知らせしましたBRAVO!(よみうりテレビ 関西限定かも)での
岩田投手特集が、やっと今週放送されます。
21日(金曜)の深夜1:40~のスポーツ番組です。
深夜ということは正確には土曜日になっちゃってる時間帯ですね。
録画必須なり。

ちなみにこの番組終了後の「笑いの超新星」もおもしろそう。
ついでに録っとくか(笑)

ココリコ遠藤司会の番組なのですが
以前から彼と岩田の顔が似ているという話があり
その辺のからみもみどころかと(笑)

ただいまキャンプやら体調管理やらでオフも忙しい野球選手ですが
契約更改の時期でもあるし、今年はいい評価をもらえるでしょうね。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-20 09:05 | 阪神の岩田くん | Comments(6)

さよなら

以前“I miss You”というタイトルで記事を書いたんですけど
今回も同じような気持ちになりそうです。

今日の午後、6週間ステイしていたLiviが帰ってしまいます。
うちにいたといっても、彼女は毎日忙しくて
夜も英語を教えたり、勉強会に出たりして
一緒にいる時間は少なかった。

それでも朝は元気に6時に起きてデボーション。
そしてジョギングに出かける。
いつも輝くような笑顔で、寝ぼけ眼の私も
朝からすっかりいい気分にさせてくれた。

与えてくれたものばかり。
わたしは何もできなかった。
ほんとに素敵な人だったね。

なんでもできて親切で誠実な彼女だけれど
実は繊細な心の持ち主ゆえ、よく緊張する~と言っていた。
(ナーバス、とか胃が痛いという表現をしていた)
それでも、人から誘われたら断らずに
行ってきます、と出かけていった。
帰ってくると「とてもいい時間でした」とやはり笑顔。
ほんとに素敵な人だと思った。

彼女から不機嫌な話を聞いたことがない。
心配事はあるけれど、イライラしたりしない。

ありがとう。
うまく言えなくてすごく悔しいけれど
たくさんの人が(みんな!)あなたを好きなように
わたしもあなたが大好きです。

パパが昨日祈っていて「国々の旗印とする」という
預言の言葉を語っていた。
どこへ行くかはわからないけれど、神さまはあなたを用いて
大きな働きをされると。
きっと自分はなにもしていない、とあなたは思うだろうけれど
とても大きな実を結んでいくのだと思います。

ありがとう。
また必ず会えるし、わたしはあなたと出会えて本当によかったです。
この家を気に入ってくれてありがとう。

もうすぐ飛行機に乗るために出かけなくちゃ。
あぁ。帰りは一人なんだな。


なんてことを日本語で書いても仕方ないだろうと。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-17 10:07 | Jesus | Comments(3)

ギターその後

毎日とはいかず、ぽつぽつと練習しています。
ただでさえ人より時間がかかるのに
こんなんでは一曲もまともに仕上がらない、とため息。

今できるのはGの曲くらいかな。
Aの曲も少しがんばってます。

指使いがやっぱりおかしい気がする。
でもどうおかしいのかわからず、ためいき。

あと、Cがどうしてもうまく押さえられません。
力も足りないのだろうけれど困ったことです。
だからCとFのコンビネーション(という言い方でいいのかな)は
大変なことになります。
きっとこれをずっと毎日1時間くらい
反復練習しないといけないんだろうな。

昨日、押尾コータローのライブをyoutubeで見たけれど
あらためてギターに注目して見たのは初めて
すげーっっっっと言ったまま固まってしまった。

もともとアコギに憧れて始めたギターじゃないけれど
アコギってすごいな。“HARD RAIN”


こっちの方が一般受けするかな。“TREASURE”


彼のコピーをUPしている人もたくさんいて、それ見てても面白いです。
あぁ、Cが出ないと言ってる場合じゃないや。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-13 09:51 | ギターの練習 | Comments(2)

わかれ

今回ホームステイしていた子は6週間我が家にいました。
そう聞くと長いけど、あっという間でした。

なんだかまた涙が出そうです。
トムの時も悲しかったけれど
今回もすごくつらそう。

出会いは嬉しいけれど別れはつらい。
でも、また帰ってくるからと言い聞かせ。

母国で彼女を待っているご両親、ご家族の気持ちはいかばかりかと。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-12 17:28 | 日々の暮らし | Comments(3)

クリスマスに向けて

その昔、パパが
「どうしてキリスト教会ってクリスマスに忙しいの?」と聞いて
クリスチャンのわたしは固まった記憶があるのですが
クリスマスはサンタさんの誕生日だと思っている人は
今でも多いようですね。

で、クリスマスです。
ゴスペル・レッスンでもクリスマスソングを練習するようになりました。
先週習ってパニクっておりました002.gif

今年の教会のクリスマス・セレブレーションは
12月23日にするのですが
それに向けて賛美チームは何の曲を演奏するか相談していました。
昨年はオリジナル2曲を披露してくれました。
それがとってもよくてCDにしようという話で
レコーディングもしていたんだけれど
まだ…お蔵入りになっております   008.gif

きっと素敵な演奏をしてくださることでしょう♪
また告知しますので、お時間ありましたら来てね。
今年も音楽あり、ドラマあり(たぶん)、ゴスペルあり
そして美味しいものありの素敵なひとときになることでしょう。

ママ・ゴスペルの方でも
またゆかり☆ゴスペルのミニミニライブをしてくれます。
こちらは12月18日の午前中。
デイタイムなので、ご主人とお子さんを送り出して
ほっとひとときの時間にライブをどうぞ、という感じです。
前回もとてもよかったので、癒やされに是非きてくださいませ。

場所はここです。

一昨日の日曜日はユースメンバーが我が家に来てくれて
鍋&たこ焼きパーティをしました。
我が家の5人を入れて総勢15名。
若い子といっても、なかには鍋奉行のコもいて(中一なのに)
なかなか面白かったです。
今回来れなかった子たちもいるので、またやろうね!
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-11 11:45 | Jesus | Comments(2)

ヤング公開スクール大阪 ’08 その3

③教育講演:丸山先生

素晴らしい先生だなあと。内科の先生でこんなに強く
患者の立場にたった発言をされる方がいらっしゃって
心強く思いました。

先生のお話のなかで
「食事制限」と「食事療法」は違う、ということ。
そして医療者の多くが、強化インスリン療法の本来の意味を
正確に理解していないということを話してくださいました。
強化インスリン療法は、あくまで各々の患者に沿った
患者による患者の生活にインスリンを合わせていく方法だと。
テーラーメイド、という言葉も使われていました。
主治医はあくまで患者なんだと強調されていました。

これらは医療者側への厳しい言葉ですが
患者側にも「能動的に」「どうしてなのか考える」ということを
強調されてらっしゃいました。

せっかくSMBGをしたのだからそこから
「どうしてこういう数値が出たのか」を考えようと。
コントロールが悪いときは血糖の高い時に測ること。
そこから原因を考えてみると。
どれもこれも頷くことばかりでした。

あと、注射部位というのはやはり大事だということも。
どうしても同じ場所に注射してしまうけれど
長年経つとインスリンの効きが悪くなってしまうそうです。
そういう注意はよく受けているのですが
部位を変えるだけでコントロールもインスリン量も
ぐぐっと下がった例をいくつか紹介してくださり
やはり気をつけないと、と思いました。
どうしても痛くないから同じところについつい打っちゃうんですね。

その他、食事時間は不規則になったとしても
基礎インスリンを入れる時間だけは必ず守ること、も
頭で理解はしているけれど、今回お聞きして
やっぱりきっちり言っておこうと思いました。

その他、小児科にかかっている者としては
あ、まだちょっと聞かないでおこうという話もあったり(笑)

今回はドタバタなので(いっつもやん)パスしようかと思ったけれど
行けて本当によかったです。
丸山先生のお話を聞けただけでも勇気がでました。

体験談のお話もそうですが、希望のでるスクールでした。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-10 11:25 | IDDM | Comments(6)

ヤング公開スクール大阪 ’08 その2

②体験談:黒田式カーボカウント法を実践して 聞き手-黒田先生

黒田式カーボカウントはなんぞや?
今回のお話では、主食以外のカーボを2カーボ(20g)とする、
それが目玉でした。

実はその話は川村先生、広瀬先生からも聞いていることでして
私にとっては「そうそう」という事だったのだけれども
カーボカウントの概念だけを勉強した人にとっては
そこで頭が拒否反応を示してしまって
こういう裏技のお話が頭に残っていない可能性があるかも。

黒田先生はご自身1型で、アメリカ滞在経験もあり
カーボカウントをまずご自分のものとされてから
簡便にできる工夫を紹介してくださいました。

その実践者である男性の方のお話です。
これまで2型の食事制限指導に近い生活を行ってきて
彼にとってはそれほどそれが苦痛ではなかったそうですが
飲み会なども断ってこられたそうです。

その彼が「なんでも食べていいからそれに見合ったインスリンを
入れなさい」と言われて驚愕したそうです(笑)

ポンプも導入され、もともとのカーボ摂取量も固定されていたため
それまでカロリー計算された食生活から
カーボカウントへの移行はスムーズにいかれたようです。

もちろんタンパク質、脂質については
インスリン投与がゼロではなく微調整が必要です。

その方いわく
カーボとカロリーはダブルで考えるといいとのこと。
これには大賛成です。
私はカーボカウントの話を聞く度に
これは食物交換表の見事にバランスのとれた栄養のお話を
理解している人が聞いたら使えるツールだと思っていました。

全体の栄養バランスを知り、なおかつ自分の体には
どんな食物がどれだけ必要なのかを知っている人には
大変便利なカーボカウントなのです。

その方曰く
体のためには栄養管理&体重管理が必要
血糖のためにはカーボカウントが有効
金言です038.gif

その方の裏技紹介です。
ビッグ・マックの場合、食前の超速効の他にRやNで調整する。
フランス料理の場合、メインはカーボがないので食前に少し超速効、
デザートにまた超速効を入れる。
イタリア料理はGI値が低いので食後投入。
会席料理は何が出てくるかわからないから皿を見て投入。

投入、と書いたのはインスリンポンプだからです。
ポンプならではの1食につきの頻回打ち。
こういうのを聞くとポンプは便利ですね。


そうそう。
おかずが2カーボ(20gの炭水化物)というのは
病院食のおかずベースだそうです。
つまり、あれを思い浮かべて、あれよりおかず量が
多いな、と思ったらそれは調整すること。
たとえば旅館の食事や法事に出される料理なんかだと
おかず量が倍くらいになっちゃいますよね。
病院食のおかず、というのはよい目安になりました。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-10 11:23 | IDDM | Comments(2)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧