<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

WBC

代表選考28人についてノムさんぼやく
御意。

岩田くん、がんばれー。
今日は京セラです。
行きません(笑)
オーストレイリアンも見たかったんだけどな。

久しぶりにTVで野球だ。やっほい。

___________________

見ようとしたら子ども達にTVを占領されてしまった(しくしく)
なのでワンセグでこっそり見ていたんだけど
あまりにあまりな野球中継で、見るのやめました。

TBSだから…わかってはいたんだけど。。
小松くん見たかったぜ。カットされちゃったぜ(怒)
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-24 18:12 | 野球 | Comments(2)

まえかー

昇格の道見えた 前川下克上へ制球がカギ

鍵もなにも(笑)

go!go!
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-24 18:05 | 野球 | Comments(0)

うそーん

e0053528_20484780.jpg

何年も前からエンピツ削りを探していて
なかなかコレ!というのに巡り会えなくて
やっと見つけたのがコレです。
カール事務機さんの“ディケイド”シリーズにあるDE-100というもの。

やっと気に入ったエンピツ削りで、リビングに置きっぱなしでも
かっこいいので、いい買い物ができたと思っている。

しかし、少し前に空回りしてエンピツが削れなくなってしまった。
分解しても直らない。
これ以上はムリだと思い、メーカーに連絡して修理してもらうことになった。
さっそく昨日の午後イチ、郵便局(じゃないんだっけ今)へ持っていった。

で、今日の午後…「郵便です」
みっふぃが対応してくれ受け取ったブツを見ると…デジャブ…

ちょ。
そ、それ、わたしが昨日荷造りしたエンピツ削りだよ?

なんで?なんで?
ブツを眺めると理由が判明した。

郵便局の人、差し出し人と宛先を間違えてスタンプを押していたのだ。
わちゃ~


にしても、郵便局に徒歩5分の住所の人のところへ
わっざわざ郵便局に出向いて小包送る手配するだろーか?
しかも送り主は東京の人ともなると(笑)
そこまでするなら
わっざわざ郵便局へ行った分、その人のところまで手渡ししに行かない?
東京から来たんだし。←しつこい

スタンプ押してる瞬間、立ち会えばよかったっす。
月曜日、破り捨てたレシートをセロテープで再現して
こうこうこうで、あのー、東京へ送りたかったんですーと
説明に上がらねばのう。
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-21 20:59 | 日々の暮らし | Comments(4)

kiroro 未来へ

この歌になんの文句もございませぬ。
Kiroro嫌いじゃないし。むしろ好きだし。
この歌だってKiroroが歌ってるの聞くと
彼女たちの歌として、いい歌だと思って聞いてる。

卒業式、卒業生の母たちが子どもにこの歌を贈ることになった。
歌の練習をしながら
「泣かないようにがんばって声出して歌おうね」と
練習中からうるうるきているお母さんもいたりして
なかなか盛り上がっているのである。

ええことや。
とかくしらけ気味のPTAにあって、こんな一致団結、嬉しいことこの上ない。

しかし、なんかもやもやするのだ。
たしか作者は、自分が学生の頃に
風邪か何かの病気で床に伏せっていた時
母の愛を感じ、その感謝の思いから作ったと聞いたことがある。

つまり娘から母への歌である。
歌詞を見てもそれは明らかである。
娘が歌うんなら違和感はない。
でも母が歌ったら…かなり押しつけがましい歌詞じゃないっすか?

みんなが感動しながらやる気出してくれているので
そんなことはおくびも出さずに気づかぬふりして歌います。

これ聞いて、おかーさんありがとうって思う子どもには
めいこは育ってないだろうし。
(いいのか悪いのか)

逆に、娘っこからこれ聞かされたら泣くわ、絶対。
本気で心から思って歌ってくれてるんだったらば。


   ↑
と、書いて2年前を思い出したのだが
2年前、みっふぃ達はこの歌を最後の参観日に歌ってくれたのだった。
他の母達がすすり泣く中、泣くこともまさか笑うこともできず
下を向いて神妙な顔をしていた私であった。
あれぇ?おっかしいなあ。
わたしの感動中枢はどこにあるのー?

血も涙もない親でごめんね。
鼻水だけは出す自信あるわよ。 ←花粉症
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-20 13:16 | 保護者会、PTA | Comments(0)

つけたし。

前日の日記に付記いたします。

イスラエルのガザ攻撃については
個人的にずいぶんと考えさせられる出来事でした。
イスラエルの平和のために日々祈っているものとしては
日本の報道だけでは見えてこないいろんな部分を
外国の報道からもっと知りたいと思っています。

でも、日常英会話も理解できないくせに時事問題を翻訳するのは
とても不可能に近いっす。

イスラエルに行かれて
村上春樹氏が何を見、何に触れたかはわかりませんが
彼のスタンス(卵の側に常に立つということ)だけは
明確によくわかりました。
ガザで無くなった人々を死に追いやったのは
イスラエルであり、ハマスであり、エジプトであり、
もろもろの体制であり、もろもろの刹那的思想であり、
そのようないろんな壁が卵を潰しました。
その壁のなかに日本も入っているのかもしれません。
そういう風に広げて考えることが彼の仕事、小説のなせる力だと思います。

あきらめずに道を探っていきたいと思いました。
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-18 09:15 | 日々の暮らし | Comments(0)

ちょ。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上 春樹 / 新潮社


もーれつに読みたくなった。
でも手元にない。
何度も読み返してるのに。
これは新装版みたいだね。
地図が書き直されてるそうだから、ガン見したい。


同様に彼の言う「壁」につぶされそうになる「卵」という点で
“ねじまき鳥クロニクル”も思い出した。
それと同時くらいに
“海辺のカフカ”も思い出した。
無意味に死んでいった(というような表現が文中にある)佐伯さんの恋人のこと。

彼はずっと、くり返しこのことを語っている。
待たれている新作にもそれを感じることだろう。

村上春樹 エルサレム賞受賞スピーチ
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-17 16:01 | 日々の暮らし | Comments(0)

説明書

悠紀ちゃんから教えてもらった自分の説明書メーカー
みいさんは、こうなりました。
e0053528_9321422.jpg

果たして当たってるかどうかは
周囲の判断におまかせいたします(笑)

しかし、HNで「みい」なんて100万人くらいいそうだし
(10年以上前から使ってるけど、昔はAV女優さんとか
お水の人とか、そーゆー人いっぱい「みい」さんだった)
なんだかなあ、と本名でしたところ…
e0053528_11204295.jpg


ま、B型ってだけでねえ。とにかくツッコミだらけですから。
悠紀ちゃん、さんきゅ!
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-13 09:36 | 日々の暮らし | Comments(2)

卒業川柳

めいこは3月に小学校を卒業する。
それにむけてPTA新聞で毎年、卒業川柳を掲載する。
卒業生の家族が一句作るのだ。

みっふぃの時も苦心して作ったのだが
人から爆笑されたり冷笑されたり、という作品だった。
みんながしんみりと、感動的な句を載せているのに
そういう方向じゃなかったみたいで浮いてしまった。

今年はその反省を生かして、感動的なのを考えてみるのだが
なかなかこれ!というのが浮かばない。

昨日、みっふぃとめいこと一緒に
(めいこに贈る歌だから、めいこが考えたらあかんやん)
あれこれ頭をひねっていた。

・パッチンで 血を流しつづけた 6年間
(いやーんそれは)

・ともだちは コナンと都会(まち)トム 本の虫
(コナンは漫画であるのだが)

・6年間 読書離れと無関係
(みっふぃが作った)

・6年間 意味のないこと なかったね
(みっふぃが言った。一見、恰好いいけど実はGReeeeNのパクリ)

・めいこはね どこにいてても めいこです
(マイペースな子ということを言いたかった)

・めいこはね 歌声きれいよ ほんとだよ
(「ほんとだよ」が嘘くさいとみっふぃに言われた。
しかも後で考えたら「さっちゃん」の替え歌だ)

・本が好き ピアノが好きで まぐろ好き
(好物ならべただけやし)

・これやこれ あんたの人生 これでいけ
(「これ」ってどれやねん)

・6年間 育て上げたよ かーさんを
(私が育てられたんだ)

・ゆっくりと お話するのは 風呂のなか
(今までのなかでは、まともな部類に入るかも)

・6年間 打った注射は 一万回
(て、引くよなフツーの人)

・庭師にも なりたいと言ふ あなただが
(突然、今日「庭師になりたい」と言い出したもので)

・目立つけど おくゆかしいのも めいこだよ
(これも、めいこらしくはあるのだが)

・わからない ことが増えたね 思春期は
(母の苦悩を物語っています)

・祈りつつ 大きく育った わが娘
(やっぱりこーゆーのでないとダメなんだろか)

・たくさんの 愛につつまれ 育ったね
(別にめいこでなくちゃいけない句ではない)

・そういえば 補食たべたね 職員室
(だからどうっていうこともなく)

と、あれこれ考えたものの、これというのはなく
もはや本日が締め切り日なのであった。
苦し紛れにぼそっとつぶやいた
「もうあかん 白紙で出そう めいこ母」
にみっふぃとめいこが
「それや!それに決まりや!」と拍手。

しかし、それは卒業川柳ではなく
卒業川柳制作川柳だぞよ。

あ~…どうしよう…
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-10 09:29 | こども | Comments(3)

B型

くるりるはとても元気な小学校三年生の女の子。
うちの小学校は標準服なんだけど、冬のあいだは寒いので
みんな上着の中にセーターを着たりして調整してます。

くるりるは薄いニットのベストを着て、ポロシャツで登校します。
大阪市内はそんなに寒くないとはいえ
周囲の子達はみんな上着を着て寒そうに背中を丸めています。

そんな元気印のくるりる。
昨日、元気に帰ってきたと思ったら
急にしんどいと思って熱を測ってみたそうです。
そしたら8度2分。

お医者さんに行ったら、やっぱりインフルB型でした。
流行が下火になるつつある頃にかかってしまいました。

医者から戻ると、めいこが夕食を作ってくれていました。
みんなで食卓を囲みながら
「くるりる、何型やったん?」
「B型」
そんなことをみっふぃと話していると
「みんなB型やん」とめいこ。
それは血液型の話だろ。

くるりるは風邪をひいたら楽しみなことがひとつあります。
それは「ごびょうきうどん」が食べられることです。
特別なうどんではありません。
くたくたに煮たうどんにほうれん草を入れたもの。
でも、くるりるは大好きで
「明日はごびょうきうどんが食べられるね」と
ものすごく嬉しそうにお医者さんから帰ってきました。

ごびょうきうどん、この前食べたのは
昨年4月のおたふく風邪以来です。
健康な子で助かります。

なんか、かわいらしく書いてみました(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-10 09:13 | こども | Comments(2)

リズム

土曜日、学校でヒップホップの体験教室を開催した。

近くのキッズ向けダンススタジオから先生が来てくれて
講堂で2時間。

ヒップホップとは、という話から始まり
ヒップホップの歴史とダンスの種類などの簡単な講義と
実際のステップ練習を曲に合わせて子ども達に教えてくれた。
70名近くの参加者の多くは低学年の子ども達だったので
難しそうだなぁと感じたのだけれど
やっぱり小さい子ほど、リズムに乗れてるんだよねぇ。

ボックスのステップも練習していた。
私も小学校か中学校の授業で習った記憶があったので
こそっと受付の後ろでやってみたのだけれど
なんか全然ちがう。

何が違うって、私が習った時とノリが違う。
私がやると盆踊りみたいになってしまうけど
目の前の講師はイマ風で、全体の動きがまるっきり別物に見える。

あれぇ~?

そんなことがあった翌日のゴスペル教室。
「リズムのなかで前のめりにならないように」と教えられた。

言ってることはわかるんだけど実際に歌うとなると…。
ボックスのステップも、足だけできても
全然リズムがとれていないのでダンスしているように見えないのと同じ。

もともとリズム音痴なのだしそんな簡単に克服できないと思うけど
だからといってあきらめてしまうのももったいない。
これができなくて、ただ歌だけ習ってうまくなっても。
それならPTAのコーラス部に入っていればいいんだものな。

歌の練習をすることって、わたしにとって単なる鍛錬じゃないようだ。
もちろん今より上手に歌いたい、教会で奉仕したいということもあるけど
自分のコンプレックスに閉じこもろうとする思いを打破して
前に進もうという気持ちを行動で表していくことにもなっている。

この年になってそこに着手できるなんて幸せなことだわ。
つーか、この年になったからこそ自分のコンプレックスを
じぃっと凝視できるようになれたのかも。
十代の頃なんて生々しくて、そこをいじることなんてできないんだろう、きっと。

でも、若いうちから頑張っていれば、たいがいのことは
できる気がするんだけどな。
好きだけど自分ダメだからあきらめようって思ってる人がいたら
ほんとにダメなことって実はそんなにないから
頑張ってみたらって言いたいです。
[PR]
by okaeri110 | 2009-02-09 10:58 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧