<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よっしゃ!

岩田完封!!!
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-29 21:25 | 阪神の岩田くん | Comments(4)

数独

一時、ルービックキューブにはまって
とうとう6面制覇してしまった、くるりる。
今となっては、どうやって6面制覇できたのか知らない始末。

で、その代わりにマイブームになっているのが数独。
イギリス人のトムも知っていた数字のパズルなり。
なんか別の名前で雑誌にもなっているんだよね?←あんまり知らない

毎日新聞の夕刊に載っているパズルは結構むずかしくて
たぶん私は解けないと思うんだけど(理数系壊滅女)
何時間もかかって
「できたぁ~~~~!」

すごーい。パチパチ!

キミのその集中力。こういう時しか今は生かせないけど
いつか世界を救ってくれるよね。
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-23 22:38 | こども | Comments(0)

アベフトシ

なんで?
急性硬膜外血腫で死去だなんて
交通事故にでも遭ったのだろうか?

年末に復帰した姿を見せたと聞いていたのに。
なんでこんなことに。

十代からずっとロックファンだったけれど
一度だってギターを好きだと思ったことがなかったわたしが
かっこいいじゃん!と突如目覚めたのが
アベフトシのギターだった。
ギターの音を聴いて、こんなにかっこいいと思ったことは今までなかった。
この年になって、恥ずかし気もなく
“ギター弾けたらいいな”なんて言い出したのは
他でもないアベフトシのギターを聴いたからだったのに。

なんで?
なんで死ぬの?
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-22 20:01 | ギターの練習 | Comments(0)

日本IDDMネットワークからのタンブラー

e0053528_18481177.jpg

少し前ですが、日本IDDMネットワークの集まりに出席したときに
いただいたタンブラーです。
いただいた、と書きましたが、寄付金を募っておられますので
一緒にいたパパと相談して、寄付をしてまいりました(笑)

e0053528_18531040.jpg

携帯カメラからなので上手く撮れてなくて申し訳ないのですが
IDDMネットワークの文字とアキュチェックさんの名前、
そして下の四つ葉マークには
『広げよう情報ネットワーク インスリンとともに生きる』という日Iネットの理念が書かれています。
e0053528_19184596.jpg

こちらのほうの全文は
『-1型糖尿病の根治に向けて-
このタンブラーへのご寄付は、1型糖尿病の根治に向けて
取り組まれている研究者の方々への研究費 助成に活用します。』
と書かれてあります。

何種類かデザインがあり、中身を取り外して別のデザイン紙を入れることも
可能です。

正直「1型糖尿病の根治」という言葉に、とほうもないものを感じてしまうのですが
少なくとも、1型糖尿病の人がコントロールを良好に保ちやすくするための
様々な医療方針や医療器具が早い流れで登場していることは確かです。

先立つものは‥の世の中ですが、研究者の方々への感謝とエールをおくります。
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-21 19:29 | IDDM | Comments(2)

なんだお前らいい試合してるじゃねえか

連敗同士のチーム。

そんななかでびっくりするくらい好投の二人。
(金子と直行)

せっかく金子くんが好投してるのに、もったいなーい。
9回まで1失点。それなのに勝てないとは。

これが最下位チームかっていうめっちゃいい試合でした!
くそー京セラ行きたかったぞ!

めったやたらと空気読んで、ライオンズに負けたりと
(そういえば、今年ライオンズってずっといなかったけど
どうしちゃったんでしょうか?やっとこの間からライオンズだけど)
  ↑
注釈するのイヤですが、これはユニが変わったことのイヤミ
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-14 21:11 | 野球 | Comments(2)

レコードを聴く

最近こんなものを買いました。
レコードやカセットテープを簡単にCDに落とせるプレーヤーです。

レコードプレーヤーはずっとずっと欲しかったのですが
必需品でないもの故、なかなか買い物リストの上位には入りませんでした。

今回はパパが「買う」と言いだしたのでラッキー。
さっそくパパが昔買ったレコードを少しずつ持ち出してきては
CDに落としています。

私も無性にビートルズが聴きたくなって、昨夜はレコードで
“Meet the Beatles”を聴いてました。
ジャケットに書いあるライナーノーツ(というかビートルズの紹介文)に
時代を感じつつ、当時のめちゃくちゃな人気がどれほどのものなのかを
あらためて思い知りながら、こりゃビートルズの4人もうんざりだったろうと同情しつつ
聞き惚れていました。

ビートルズは、それなりに基本を抑える程度には聴いていて
もちろん嫌いではないし、定期的に聴きたくなるんですが
私のなかでは手塚治虫と同じで「すごい人だけどめちゃくちゃ好きな人ではない」
という感じだったのですが、やっぱりこうして時々聴きたくなるんですよね。
大した人たちだと思います。

私のレコード達はもう実家で捨てられたと思われ。
唯一残っていたThe Clash のシングルス(再販の方でなく最初に出たほう)だけ
持って帰って来ましたが、昔なつかしい12インチシングルとか聴きたいなあ。
東通商店街のLPコーナーとか今でもあるんでしょうか?
アメ村のキングコングとか。
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-13 09:47 | おかいもの | Comments(4)

道でばったん

したそうです>めいこ

こちらに書こうか迷ったのだけど、やはり書く。
めいこが登校中に低血糖で意識を失って倒れました。
それを助けてくれた人たち、総勢…12人くらいになるのでしょうか。

まず一緒に登校していためいこの友だち。
この春まで通っていた小学校のそばだったので、
彼女たちが急いで小学校に駆けつけ、先生に連絡してくれたそうだ。

その後、小学校の先生が来てくれて
めいこが携帯しているグルコースサプライを口に入れてくれたとのこと。
その先生は、めいこの担任になられたことはなく
学年としても受け持ったことはない先生だった。
それなのに、めいこが低血糖になったらグルコースを食べることを
認識して下さっていたのだ。

もちろん、意識がないのに固形であるグルコースサプライを
口に入れるのは誤嚥の危険があった、ということはあるのだけれど
私はまず、小学校がたった一人の児童のために
教職員がどう対処すべきか(50人近くいます)周知徹底してくれていた
ということに感謝があふれてならない。

その後、砂糖水を作ってくれて、少しずつ口に入れてくれていたようだ。
時間的に児童の通学時間。職員会議の時間になりつつあつ時刻で
管理職全員がめいこのために対処して走り回ってくださり
担架で小学校の保健室に運んで下さった。

私が到着して30分ほどで意識を回復したのだけれど
中学校の養護の先生、担任の先生も小学校まで出向いて下さった。

救急車ということも考えたけれど、少し時間がたてば大丈夫だと思う、
という私の言葉を尊重して下さったおかげで
めいこは2時限目よりテストを保健室で受けることができた。
(テスト中だったのですよ~)

今回のことを通して
めいこが病気を周囲にオープンしていたことによって
処置が素早く、最小で抑えることができた、という事実。

そして、周囲の人が手をさしのべて下さったことで
やはり処置がこのようにスムーズに進んだ、という事実。

人は一人では生きて行かれない。
めいこも、いつ何どき、こういう事態に陥らないとも限らない。
そういう時に、とっさに助けを求められる人の数が多ければ多いほど
めいこだけでなく、すべての人たちが生きていきやすい世界に
なっていくのではないだろうか。

周囲の人たちの助けで、めいこはやるべきテストを受けることができ
元気に家に帰ってくることができた。
一人だったら道路で倒れて交通事故に遭っていたかもしれない。
炎天下でどんな状況になっていたかわからない。
(大阪、暑かったんですよ)

ありがとうございました。
[PR]
by okaeri110 | 2009-07-01 19:59 | IDDM | Comments(10)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧