<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クリスマス、忘年会

24日:おうちクリスマス
おばあちゃんも一緒の夕食。クロちゃんがいるのでイギリス風に
クリスマスクラッカーを鳴らし、お祝いしました。

25日:カフェでクリスマス
ぴよのライブ付きディナー。お友達のまなさんも来てくれて楽しいひととき。
なぜか私もコーラスしたり、ボンゴしたり(初ボンゴ 笑)トライアングルしたり。
荷物の搬入、搬出はローディ気分を満喫しました。

27日:In Him Live
これは参加するだけだったんだけど北野田でクリスチャン・ユース向けのライブへ。
ユース向けだというのにわたし達は家族で参加したのでした。
みっふぃもがんばってました。
思えば、彼女がお腹のなかにいるときから、賛美(奏楽)の賜物が与えられますようにと
祈っていたことを思い出していました。
それは確信に近いものがあって。
それを確認しつつ、勉強しろよと願いつつ(笑)

28日:ママゴスペル忘年会
我が家でママゴスペルのメンバーが来てくれて忘年会。
7家族の親子が集まってくれて楽しく美味しいひとときでした。
みんな家を覚えてくれたから、また自主練しようね。


ということで、イベント終了。
しんどかったけど、やっと、やっと終わりました。
さて。
今日はおばあちゃんとお墓へ行き、大掃除モード突入。
おせちは、毎回おばあちゃんと被るのでパス。
(お雑煮と、クローイの食べられそうなものを作ります)
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-29 08:55 | Jesus | Comments(2)

クリスマス・セレブレーション

終わりました~!
でも、ぴよの曲のとおり
「クリスマスが終わったら ここからはじまる~♪」なのです(^^)

私はいくつかコーラスを担当することになったのですが
日曜日から段々声がおかしくなってきて
それでも、練習しないとやばいので、家で練習していたら
どんどんやばくなってきて。

で、昨日は声がでなくなり、歌どころか話すこともできず。
美容院に予約の電話を入れようとしたら、全然声が出なくて
めちゃくちゃ不審者みたいになってしまいました。
「すいません、声が出なくてすいません」って、ほぼ吐息みたいな声で
電話口で言われたら、そりゃ相手もびびるでしょう(汗)

とりあえず風邪かどうかわからないけれど風邪薬を飲んで
生姜湯をがぶ飲みして、ヴィックスを舐めまくり、祈って寝ました。

で、もちよりの食事もあるので4時半起床。
声は、低い音だったらなんとか歌えそうなかんじです。
でも、1曲と聖歌隊の曲は歌えそうもない…うーん。

とりあえず最後の賛美練習をしてみると、やっぱりだめ。
演奏の人たちはものすごくがんばって仕上げてくれているのに
申し訳なくて、ほんま、体調管理が悪いってやつです。

でも、無理にでも声を出していたら少しずつ声になってきてて
どういう風に喉を使ったら出やすいかずーっと1人で
「うーっ」「うーっ」と唸っていたら、やっぱり不審者に思われて
近くの席に座っていた若者が遠くに行ってしまった(笑)

本番。
やっぱり歌えない曲は歌えないままだったけれど
思いっきり心をこめて歌うことができたので、、、あとはゆだねます。

賛美奉仕は、私みたいな下手くそなおばさんがやっていいのかどうかと
ずーっとずーっと悩みながら2年近くになってしまいました。

歌い終わってから、いろんな人に「よかったよ」と言ってもらえるのを聞いて
上手い下手じゃない部分なのかなあと思ってみたり。

ゴスペルも人数が多かったので、キレイでしたね。
でも、アルト~~頑張っていたのに思ったほど声が出ていなくて残念。
ま、声のでない自分のせいでもあるんですけれど。

いろんな方がお友達をさそって来てくださっていて、席がいっぱいでした。
キャンドル・サービスをしながら、みんなの心に灯がともったかな、と
思いつつ、自分も、いろんなことを考えすぎて、眠れなかったりして
(先週からちょっと考えてしまうことがあったのでした)
バテバテになっていました。
それが“声が出ない”になっちゃったのかもしれません。

でも、神さまからの暖かい炎を、心に燃やし続けていきたいと思いました。
みなさん、よいクリスマスをお過ごしください。
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-24 10:56 | Jesus | Comments(0)

声がでない

明日は教会のセレブレーション。

なんたることか、私の声が出なくなってしまった。
今日はかすれるような声を絞り出して、やっと話せる状態だった。

それでも、くるりるの小学校にクローイと一緒に行って
授業時間をいただいて、イギリスのお話をさせてもらった。
それはそれでとても楽しかったのだけれど
なんせ声が出ないものだから、どうしたものかと思っていたら
短縮期間中のみっふぃがお昼に帰ってきたので
わたしの通訳に来てもらうことになった。

そう、クローイの通訳ではなく、わたしの通訳(笑)

それでなんとかやり抜くことができた。
みっふぃ、ほんまありがとね。

前日は、みっふぃのクリスマスプレゼントを買いに難波まで行ってきた。
時間がなかったので、ゆっくりできなかったけれど
最近は学校見学などで、二人でお出かけする機会があり
みっふぃはその時間を意外にも喜んでくれている。
(最初は「かーさんと行ってもべつに」なんて言ってたのにね)
そうかぁ、そうだったんだ。

で、明日。どうすべ。
歌えないって今さら言えないし。
どうしよ~~~~。
祈るしかない。
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-22 23:44 | 日々の暮らし | Comments(0)

めいこ近況

めいこのこと、最近書いてないなあ(笑)

もうすっかり本人にまかせている血糖管理。
カーボカウントも、ほぼわかっていない状況で、相変わらずカンで打っている。
やっぱりA1cは、私やパパがチェックしていた時より上がっている。
このまま、まかせていてどこまで上がるかな~と
今は様子見をしているのだけれど、そこそこのところで止まっている。
低血糖も、ないことはないし(でも倒れてはいない)
高血糖は何時間も続いているんだけれど、A1cを見る限りではOKなのだろう。

生活の方は、部活動は文化部なのでそれほど遅くないだろうと思ったが
帰宅時間は6時半くらいが普通。
でも、みっふぃの時は7時を過ぎていたし、土日も大晦日もずーっと
やっていたから、まあいいか。
どうやら部活動だけでなく、生徒会活動の方がやっかいだ。

先日は8時過ぎに帰宅した。
私は7時を過ぎたところで、もしやどこかで倒れているのでは、と思って
“低血糖&救急車グッズ”を持ち、暗くなった通学路を自転車から凝視しながら走った。
結局、学校に到着してしまったので、職員室に走ると
「文化祭のリハーサルが押してまして…電話するように言ったのですが」
って…そうなん?

帰宅しためいこに聞くと「電話したら間違い電話やったからそのまま」
そのまま、ってなんやねん。
くるりるによると「めいこみたいな声の人が『間違えました』って切った」って。
えええ!くるちゃん、それを先に言ってよ。
い、いや、言ってくれてもやっぱりわからへんもんな。

ったくもー。

でも何もなくて本当によかったです。
だけど学校行事の(クラブではなく)リハーサルで8時帰宅っていうんだから
先生、そこは連絡しといてよー。中一だよー。
てか、家に間違いなくかけて、実の妹の声がわからず「間違えました」って切るって
どんな姉やねん!
私、サイアクのこといっぱい頭に浮かんだんだから。
(サイアクのバリエーション、いっぱいありました 笑)
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-22 11:27 | IDDM | Comments(4)

専業主婦の空いている時間?

お友達のブログを読んでいて、連想から思ったことをひとつ。

家のなかの修理や、配送を頼むとき、相手が
「日中は家にいらっしゃいますか?」と聞かれることが多いのだが
毎回、どう答えていいか一瞬言葉につまる。
家にいらっしゃる時もあれば、いらっしゃらない時もあるに決まっとろーが。
しかし、そんな答えを相手が求めているわけではない。
なので「外出していることもあるので、携帯の電話番号もお伝えしておきます」
そう答えるようにしている。

私は現在、専業主婦である。
今年10ヶ月ほどパート仕事をしていたが、それを除くとずっと専業主婦。
専業主婦ってずっと家にいるというのが通説だろうか?

そんな方もいらっしゃるのかもしれない。
でも、専業主婦の方は「あの人は手が空いてるから」ということで
いろんなことに声をかけられ、いろんなことをしている人が大半だ。
家でぼーっとしている主婦って、私はあまり知らない。

私も、“なかなかつかまらない”専業主婦だ。
確かに家にいる時もあるのだが、「今日は2時から学校へ」「夕方に会合」
「19時から教会へ」などと中途半端な時間から出かけることが多い。
それが日によってまちまちなので
「大体いつ頃家にいらっしゃいますか」と聞かれるのがいちばん困る。
だからアバウトに聞いてくるんじゃなくて何日の何時に、という風に
きちんと指定をしないとダメなのである。

それなのに、ルーズな営業さんなどは
「10時に出かけるので9時半には来てくださいね」と言っても
平気で9時50分に来たりするので、すごーく困るのである。
宅配便しかり。

仕事をしていた頃は、ある意味楽だった。
“○時~○時までは仕事で絶対家にいない”
というのがはっきりしているので、人から頼まれ事をしても断りやすい(笑)
仕事だから仕方ないですね、ということで相手も納得してくれる。
でも、仕事じゃない用事(でも重要な用事だと私は思っていること)があると
それを理由に断ることは難しい。
相手が自分と同様に「それは大切な用事だから仕方ないですね」とはならない。
しかもプライベートな用事だと用事の理由を相手に言うこともできないから
ことさら断れなくなってしまう。

そういうわけで、専業主婦って居心地が悪い。
開き直っている人はそれでいいんでしょうけれど…。
できるだけ専業主婦ってことを隠したいなぁと思っている人は多いような気が。
PTAだけでしょうかねえ。
「あのお母さん、仕事してないんやって」と聞くとすぐに役を頼みに言ったりして。
そういう風潮もすごくつらい。
それで自分も煙たがられるし。

仕事している人も専業主婦も、心のゆとりがなくなってしまうような社会に
なっているのがしんどい。
時間がなくてこんなことを考えるゆとりもない、という状況のほうが
いいとは思いませんが。
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-19 10:43 | 日々の暮らし | Comments(4)

エライ人と謙虚な人

クローイはママさんたちと一緒に日曜日の午後、バレーボールをしています。
イギリスではマイナーなバレーボール。
ネットボールが大好きなクローイも、バレーボールは初めての体験。
でも、とっても面白くて毎週楽しみにしています。

バレーボールのコーチという方に、今日初めてお会いしました。
年齢ははっきりとは知りませんが
会社勤めをされていたとしたら定年されているであろう年代です。
でも、何に対してもアクティブで、とてもステキな女性でした。

今日は教会でゴスペルのライブがあったのですが
バイオリンを弾くクローイが、彼女をお誘いしたのです。
いつもお世話になっているし、ご挨拶しなくちゃと思っていたのですが
英語もばりばり話されるし、地域にも貢献されている人です。

私はPTAをやっていたので、こういう地域の要(かなめ)的な人に会います。
そういう人はおおよそ2種類あって
一つは、ものすごーく“えらそう”(笑)
もう一つは、“謙遜”な人です。
前者の人の場合は、粗相のないように、いそいでお出迎えして
「誰よりもエライ人」のように扱わないとへそを曲げられるタイプです。
もちろん、一緒にいても楽しくも何ともありません。

後者の人の場合は、「みんなで一緒に楽しみましょう!」という感じで
その人が会合などに来られると、場がぱあっと明るくなります。
もちろん、子どもも大人も、その人と一緒にいたくて仕方ありません。

バレーボールのコーチの方は、当然ながら後者の方でした。
少しの間だけお話させていただいたのですが
大変興味深く、素敵なひとときを過ごさせていただきました。

彼女のような方が、こんな形で教会に来てくれたのは恵みだなぁと思います。
そして、クローイは本当に素敵な方達に恵まれているなぁと思います。
ホストファミリーとして嬉しい限りです。
Oさんにも感謝!

で、私は謙虚な人になりたいけれど、なれてないなあと思います。
でも目指したいです。
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-18 21:50 | 日々の暮らし | Comments(0)

素直に文句を言う(笑)

☆めっちゃクリスチャンな内容です☆

やっぱり神さまってすごいと思う。

なにかあって、心がつまづいたり、悩んだり、考え込んだり…
そういう時、自分1人でぐるぐるしててもあんまりいいことない。
誰かに相談するのもいい方法だけど、すっきり気持ちがおさまるまで
ちょっと時間ががかかる。

で、わかっちゃいるけど、すぐにそうしない方法。
だけどいちばんテキメンに解決の道が与えられる方法。
それが神さまに祈ること。

先週の祈り会で、マリヤとマルタのお話が出た。
マルタはイエス様が家に来られて大喜びで迎えて接待の準備で大忙し。
なのに妹のマリヤは、何もしないでイエス様のそばにいて
じっとお話を伺っているだけ。

ああ、この時のマルタの気持ち、多くのマダムの共感を得ることでしょう(笑)
そんな時、マルタは1人でぶつぶつ文句を言ったり
誰か他の人に「ほんまにもー、マリヤはいっつもいっつも」と言ったんじゃなくて
イエス様に「マリヤに手伝うよう言ってくださいまし」と願っている。

「先生」と呼ばれる方に、しかもその日のゲストに対して
こんなことを直談判だなんて、気持ちはわかるけどマルタさん、それはないっしょ。

そんな風にしか読んでいなかった箇所だったけれど
祈り会のなかで
「マルタは自分のなかに不満を抱えず、他人に話すことよりも先に
イエス様に真っ先に気持ちをぶつけた」
と話してくれているのを聞いて、ああそうかぁと思った。

そうなんだよねぇ。
すぐに祈ればいいものを、あれこれ自分で考えすぎたり
ついつい人にこぼしてしまったり…。
祈っていたら、なにがどう悪かったのか、そして自分は結局どうすべきなのか
見えてくるのに、なぜか祈りを後回しにしてしまう私。。。

神さまは別に叱ったり、詰問したり、、、そんなことはなさらない。
心に深く、静かに優しく語りかけてくださるだけ。
「あなたの心に問題はないですか?」
「あの時の相手の心の状態を理解していましたか?」
「なにを最優先すべきでしたか?」

誰になにを言われても強情だったわたしの心は
その深い問いかけに、一つ一つ素直に答えを出してゆく…
そうすると、たいがいの不平不満の問題は解決されていくから不思議だ。

神さまに「こんなのいやだ~っっ!」と言うことって
そんなに悪いことじゃないと思う。
イスラエルの民は神さまに文句言ってばっかりだったようだけど
本当はそこに問題があるんじゃない。
神さまに直接文句を言ってるんじゃなくて
リーダーのモーセにあーだこーだ文句を言っているから
どんどん問題がこじれていったんだと思う。

なので、今日も神さまに
ベタベタに甘えたり文句を言ったりします(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-09 09:51 | Jesus | Comments(4)

ありがとね

今年の目標、早くも断念したのが一つ。

やっぱ通読は無理やねん(爆)


だいたい、4月も大幅に過ぎてから
「今年通読やってみよっかな」と考えた自分も自分やし。
つーわけで、今年までに、ではなく
今年度までに通読っちゅうことにします。


日曜日、教会のランチ後どたばたしながら
あちこちに引っかかりながら
(いや、こけてるんじゃなくて、誰かとあって、あっこのこと話しとかな!とか
あの件、どないやったかなぁと聞かれたり答えたり、いややっぱり実際にこけたり)
ダッシュで娘の学校相談へまさに飛び出して行こうとしていたら
ユースのおにいちゃんに腕を引っ捕まえられました(笑)

「この一年いろいろありがとう&パパの誕生日おめでとう!」
というわけで、なんだかお祝いのことばとプレゼントをいただきました。

うちの娘たち含め、かわいいかわいい教会のユース達です。
おじさん、おばさんは、できるだけフォローさしてもらいたいと思ってます。
いただいたプレゼントを撮ってUPしたかったのですが
パパがどこかに大事にしまってしまいました(爆)

色紙も一緒にいただきました。気持ちがうれしいです。
なに考えてるんかよーわからん時もいっぱいあるけど
この子たちが世界を動かしていくんだって信じてます。


というわけで、ユースの成長をお祈りしてます。
ありがとね。
ところで、あのチョコフォンデュ
次のリクエスト(挑戦状)ってことっすか??

果物と、アイスクリームと…たこ焼きのチョコがけもいけるかな?
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-08 13:05 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧