<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

靴のサイズ、合ってますか?

いまだかつて、サイズぴったりという靴に出会ったことがない。

なにも私だけではなく、ほとんどの人がそうなんじゃないだろうか。
考えてみれば千差万別の足の形があるというのに
数種類の足形ってやつでたくさんの靴を製造しているんだから
ぴったりの人の方が希少価値であろう。

若い頃、パンプスを履いて通勤していた。
新しい靴を買うと足が慣れるまで(あるいは靴が足の形になじむまで)
出血を繰り返し一週間ほどすると落ち着いてきた。

そんな自分はずっとワイズ(足幅)が大きいのだと信じて疑わなかった。
だからつい“2E”などと書いてあると、ああこれだったらぴったりかも、と購入する。
しかし、相変わらず足指は締め付けられて痛い。
それなのにかかとはカパカパして、歩くと今にも脱げそうだったりする。

つい最近、これって変じゃないか?と気づいた。
私は指先が窮屈なので、ワイズの大きい靴を買っていたけれど
足の真ん中くらいの幅は逆にカパカパなのである。

ワイズって足幅のことでしょ?
ってことは、足幅が合ってない、しかも広いというよりも狭い方なんじゃ?

そう思った私はネットで「ワイズ」について検索してみた。
足のサイズも簡易ながら測ってみた。

なるほど。

わかったのは私のワイズは広い方ではないということ。
正確なサイズは靴屋さんで測ってもらわないとわからないけれど
ワイズはおそらくDが妥当なんじゃないだろうか。

カパカパ脱げてしまうのは幅が広すぎるからだし、
幅が広いから指先が靴全体の前へ突っ込んでしまい
ぎゅうぎゅうと押されて指先が痛いのではないか、という推理である。
それなのに私は「指先が痛いからワイズ広めを買わなきゃ」と
2Eなどをせっせと買っていたのである。
3Eを買ったこともあるが、考えられないくらいカパカパだった。

なんだかもう発想の転換が起こってびっくりした。
これもパラダイムシフトだね。
真逆のことをしていたなんて。

近頃の靴は、ワイズEのものが標準ぽい。
そして「ゆったり幅広」をセールスポイントにしていることが多い。
ワイズDの靴は、通販ではかなり少なかった。
デザインを選ぶ余裕もない。
しかも高い。(安い靴ではワイズDがない)

なので、真実に近づいても(まだ立証されてない)
なかなか実践に至れないのが悲しいところである。

でも、私みたいな人はきっとほかにもいるはず。
いっぺん足のサイズ、測ってみることをお勧めします。
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-24 11:35 | 日々の暮らし | Comments(0)

ピアノさん

ピアノの調律師さんが来て、1時間半くらい調律をしてくれた。
その後、お手入れの仕方などを聞いたのだが
ピアノってつくづくアコースティック!と感じた。

複雑そうに見える構造も、ポコポコと上物を外して弦をむき出しにすると
思ったより単純な仕組みに見える。
「ピアノは木製ですから、湿気を含んだり乾燥すると音も鍵盤の軽さも変わります」
「弦は近くの物に反響するので、何か気になるなら周囲にあるものを動かしてみてください」
「ピアノは最初に家に来たときが、いちばんコンディションが悪い状態です。その後、その家、その環境にピアノ自身が合わせるようになってきます。」

なるほど、なるほど。
木造の我が家と同じやん。
家を作るときに、設計士さんと奈良の製材所の親父さんが何度も言っていた言葉。
「家は建ててから、住んでいる人と一緒にどんどん変化する」
「木がよくなるのは年数が経ってから。乾燥して割れたり湿気のある時は目がつまったり。それを繰り返してしっくりしてきます」

なんだ~。
我が家にしっくりくる楽器は、エレクトーンではなくてピアノだったんだ。
ピアノは子どものために買ったのであって、自分は何一つときめかない買い物だったんだけど
調律師さんのお話を聞いて、ああピアノが来てよかったなぁと思えるようになった。


数日後。
みっふぃのピアノ発表会があった。
エレクトーンでするアンサンブルではなく、今回はピアノの個人の発表会。
みっふぃは今までずっとエレクトーンでピアノの練習をしていた。
「もう限界やねん」という言葉を聞きながらも
「エレクトーンでええやん」
「エレクトーンやったら鍵盤足りへんやん」
「エア鍵盤でええやん」←むちゃくちゃ
「鍵盤の硬さが全然違うから、どうしてもピアノ曲は指が弱いって言われんねん」
「強く叩けばいいやん」
ほんとにもーむちゃくちゃでした015.gif
でもまあ、発表会もそこそこ弾けてたし、いいやんと思っていたのだけれど
会が終わって先生にご挨拶に伺った時、
「ほんまにやっとピアノ買ってもらって遅すぎ!」と言われてしまった。
「他の先生達に、エレクトーンだけで練習してここまできてるって言ったら信じられへんってみなさん言ってますよ」


うーん。
「かーさん、ムチャぶりやったかなあ」と言ったら
「今さら気づいたか!」とあきれ顔のみっふぃ。

みっふぃが弾けてしまうので、そんなに必要性感じてなかったんやよね。
このピアノの発表会に参加している何十人ものお子さん達は
全員、家にピアノがあるってことやんね。
そんなん考えたことなかったわ(笑)

ごめん、ごめん。
今さらやけど、そこそこがんばって弾いてください。

ちなみに今回弾いた曲はグリーグの「小人の行進」でした。
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-13 21:15 | 家をたててから | Comments(0)

きたきた

e0053528_1848857.jpg


どうせ買うならもっと早く買ってやればよかった、と思いつつ
それでも本当に必要性を感じてから買えたのだから
“今が買い時”だったのかとも思う。

なんかTV買った時もあーだこーだご託を並べてたな、自分(笑)

しかしさすがはピアノ。
音のフォルテがハンパないぞよ。
ピアノ(弱)の部分よりもフォルテ(強)の部分の方がすごいぞよ。
だったらピアノフォルテは、略してピアノと言うべきじゃなくて
フォルテという楽器になっていればよかったのに。
心底そう思うくらい、この音の大きさにはびっくりした。

消音機能は備えていませぬ。
(つけるくらいなら電子ピアノを買う、という結論)
夏場だったらみなさん夜でも窓を開けてらっしゃるだろうから
8時が限度かなぁ。。
冬だったら結構遅くまで行けそう。。
(高気密高断熱の家のちょっぴりな強み)
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-09 18:55 | おかいもの | Comments(0)

おかえりさん

あらあら。下の動画、見られなくなっちゃってますね。
まあそのまま置いておきます。

e0053528_21493198.jpg


めいこが長野で作ったバームクーヘンとりんごジャムです。
田植えもしたそうです。
修学旅行っぽい修学旅行でしたね。
ジャムのラベルには手書きで、年・組・名前を書くのですが
「4-3」と書いて訂正して「3-4」に。
これこれ小学生なのかきみの脳内学年は。

低血糖で倒れることもなく、無事帰宅しました。
あれこれあったみたいですが、守られてます016.gif

ちなみにバームクーヘン入れてるお皿は、小学校のときに
めいこがサマキャンで作ったお皿なり。
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-02 21:51 | こども | Comments(2)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧