<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はじめてのシックディ

発症後、何日かは給食前に教室に行き、インスリン量を確認していた。
けれど、メニューでカーボ量を把握し、パッチンノート(いわゆるSMBG表)に
血糖値がいくつだったら何単位打つ、というのを書いておくと
本人だけで大丈夫なので、顔を出さない日もある。

ちょうどPTA広報の夏休み特集号を発行するため
学校へ行く日も増えたので、そんな時は顔を出すようにしていた。

保健の先生が来てくれて様子をみてくださるし
副担任の先生も、他の子のお世話をしながら見守っていてくださるので
心強い。

くるりるに「おかあさん、学校に行った方がいい?」と聞くと
「そりゃ来てくれたら嬉しいけど、でもわかるし、先生おるし」とのこと。
来て欲しいと言われたら行きたくなるが、ここは少しずつ親離れかな?
何か困っていることがあるわけでもなさそうなので
学校に行く用事があれば行く、という風に話し合って決めた。

そのくるりる。
いよいよ今度の日曜日が運動会という昨日のこと。
小学校から電話があり、熱があるので迎えに来てくれとのこと。
数日前から「のどが痛い」と言っていたので風邪ひいちゃったのかな。

くるりるは「もう少しがんばれるかな」と思っちゃうタイプのようで
午後、組みたいそうの練習が終わってから「しんどい」と言ったらしい。
その時は38度、血糖値は160だったのだが
家に帰ってからどんどん熱が上がり、39.5度になった。
本格的に風邪だなぁ。

1型糖尿病だと診断されて、まだ半月なのにシックディか。
めいこの経験がなかったら、どうしていいかおろおろしていたと思う。
昨日は夜に区PTAの打ち合わせがあり、私が説明する立場だったので
誰にも代わってもらうわけにいかない状況だった。
なので、めちゃくちゃあせったけれど
みっふぃとめいこに任せて家を出た。

くるりるは、めいこが作ってくれたうどんを「3カーボくらい食べた」と申告し
2.5単位(ただいまカーボ比0.8にしています)注射して寝たそう。
血糖値の推移は、それほど上がりもせず、むしろ低血糖気味。
シックディで高血糖になっているかどうかわからないうえ
どうやらカーボ比の調整がまたもや必要な時期になった気がする。

くるりるは現在、発症期のいちばんインスリンが必要な時期から徐々に
インスリン量が減ってきているところ。
どんどん減ってハネムーン期に入る手前なので、量の見極めに気を遣う。

風邪のときでも中休みというか、夜に熱が上がり、午前中、昼間は比較的
熱が下がり、また夕方から熱が上がるというパターンがよくある。
熱が上がっている時はインスリンの効きも悪いのだろうか。
今朝から昼にかけて熱がだいぶ落ち着いて38度から37度まで下がってきている。
インスリンもよく効いており、0.8で計算すると少し低血糖になってしまった。

本人も、今はだいぶ楽になっている様子。
このまま元気になるといいな。
明後日の運動会、元気いっぱいに参加したいよね。
小学校最後の運動会だもんね。


さて、めいこの運動会、本日でした。
予報どおり、昼頃から雨ざーざー。
ほんとにあの子達は雨にたたられるなあ。
[PR]
by okaeri110 | 2011-09-30 13:40 | IDDM | Comments(2)

カーボカウントとバランスのとれた適正量の食事

カーボカウントってこんなに楽やったっけ!?
というくらい、インスリンカーボ比が“1”の今はとっても楽チン。

カーボカウントというのは、食事前のインスリン量を
炭水化物(糖質)のgを調べて、それに合わせて決める方法です。

例えば、昨日の我が家の(質素な)食事。
*ごはん 150g
*野菜炒めチックなもの (牛肉、キャベツ、しめじ、市販の焼き肉のタレ)
*冷や奴 (ポン酢、かつおぶし)
*みそ汁 (味噌、大根、青梗菜)

この場合、炭水化物はごはんの150gのみです。
正確には焼き肉のタレに多少のお砂糖が入っているものと思われます。
でも、ほんの少しなので無視しました。
ごはんの150gのなかで、炭水化物量はおよそ55g。

55g分のインスリン量を注射することになります。
この場合のインスリンとは超速効インスリンです。
現在、ノボラピッドとヒューマログ、アピドラの3種類がそれにあたります。

さて、55gのインスリンっていったい何単位になるの?
その答えが「インスリンカーボ比」です。
インスリンカーボ比とは、炭水化物10gに対して必要なインスリン量のこと。
いまのくるりるは、インスリンカーボ比が“1”なので
55gの炭水化物だと5.5単位ということになります。

全体のカロリー計算、しておりません。
ただし、1日のなかでバランスのとれた食事や
過度に多すぎたり、少なすぎたりしない食事を心がけています。

それって普通のママがやっている普通の家庭の食事ということですね。
なので、私のすることは、くるりるがカーボ計算をするときに
手伝ってやり、注射の単位が間違っていないか確認すること。

めいこが発症した時は、それは大変でした。
食物交換表と首っぴき。
全体のカロリーと表1、表2などの単位を合わせ
尚かつ、本人の好きなもの、美味しいものを作る努力をしました。
よほどこういうのが好きな人でない限り、音を上げることでしょう。
もちろん、私も音を上げそうになりました。
音を上げる直前に、当時の主治医からの薦めで
「小児科に糖尿病スタッフがいるので」と現在の病院に転院しました。
当時はカーボカウントはまだ実施されてはいませんでしたが
「そんなにキツキツでカロリー計算せんでもええで」と新しい主治医に言われ
びっくりしたのを覚えております(笑)

基本は食物交換表でしっかり学び、実践できました。
それは、前の病院での栄養指導のおかげです。
ちょっとしんどかったけれど、あれがなかったら栄養の根本的な学びを
知らずにいたのですから今でもカロリー計算での食事作りは
やっておいてよかったなあと思います。
具体的な栄養バランスのとりかたは、食物交換表で学べました。

その学びがあったので、現在はカーボカウントだけで
こんなに楽にコントロールさせていただいている、といっても過言ではありません。

さてさて、「インスリンカーボ比はどうやって決めるの?」という点。
発症したばかりのくるりるは、主治医からの指示通りです。
小さい子だったら0.5単位(小学生低学年くらいまで)
それ以上の子、大人だったら1単位から始めてみたらトライしやすいだろうと
以前、医師より伺いました。

タンパク質や油分をアホほど食べても、余計に注射しなくていいの?
というご質問もあるかと思います。
はい、後々の高血糖につながっていきますね。
ですが、食事2時間後まではあまり影響しないので、ここで打ちすぎると
食後1~2時間後に低血糖になり補食の憂き目に遭いかねません。
夕食でタンパク質、油分をたくさん食べた場合、寝る前に調整します。

めいこはこんな時、夜の0時くらいにRを使います。
夜中の高血糖をこれで防ぎます。

くるりるは、まだ挑戦したことがありません。
つーか、いくらなんでもインスリン生活開始9日目で
ここまでの技を使う気にはなりません(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2011-09-22 17:25 | IDDM | Comments(0)

mixiページでの1型糖尿病サイト

mixiのなかで、友人のまなちゃんが管理されている
和。with T1D(1型糖尿病)というコミュニティがあります。
mixiに入られている方なら、誰でも閲覧、会に参加できます。

mixiページ(mixiに登録されていなくても部分的に閲覧できるページ)で
そのピーアールサイトができましのでお知らせします。

mixiページ版 和。with T1D(1型糖尿病)

詳細はmixiに登録しないと見られないのだそうです。
mixiに登録するには携帯電話をお持ちでないと登録できないみたいなので
mixiが日本国内だけでもfacebookにとってかわる事はできないだろうなあと思います。
主人もmixiに登録しようとして、携帯電話のシリアル番号だかを入力が必須だと知り
「気持ちが悪い」と登録していません。
なんなんでしょね、あれ。

ということで、mixiの運営方針には疑問を持っていますが
このコミュニティそのものは、とてもあたたかく
1型糖尿病の人にとっては、かなり具体的な情報も得られる場所です。
ただ単に、医学情報のみを求める人だけではなく、
病気のことで思い悩んでいる方、つらい思いを抱えている方、
誰にも話せなくて孤独を感じておられる方にも
上から目線ではなく、いっしょに歩んでいこうという参加者からの
コメントでいっぱいあふれているコミュニティです。


人によっては見られない方もいらっしゃるかもしれませんが
ご興味のある方、mixiページだけでもご覧になってくださいませ。
[PR]
by okaeri110 | 2011-09-21 10:35 | IDDM | Comments(3)

カーボカウント再実行

1型とともに歩んで満10年の、めいこお嬢さま。

もはや彼女の日々のインスリン量には一切タッチしておりません。
月に一回、血糖値表を見て「うぐ」と言ったりする程度です。

カーボカウントは、サマキャン帰りにちょこっとするくらいで
普段はカーボカウントならぬ勘(カン)カウントです。

たまにおいおい!ってことがあって、
そういう時は倒れちゃうのですが(ほんとにオイオイさ)
大体が主治医もOKなコントロールさばきです。

ところが、今回妹のくるりるも1型になったことで
まだ発症間もなくでインスリン量が安定していないこともあり
きっちりカーボカウントを行うこととなりました。

やってみると非常に楽ちんです。
インスリンカーボ比(炭水化物10gで何単位の超速効インスリンが必要か)と
インスリン効果値(1単位の超速効インスリンで血糖値がいくつ減るか)を
指示していただき、それに合わせてインスリン量を毎回決めていきます。

市販のもので炭水化物の量が書かれているものは
そのまま計算すればいいし
迷わなくていいから、カーボカウントがあってよかった!と思います。

ただ、パン屋さんのパンは悩みどころですね。
あと、カレーライスもなかなかムズカシイ。
目安はカーボフラッシュカード(市大で出版されています)にもあるけど
じゃがいもの量とかルーの濃さとか、結構まちまちだもの。

最終的には、めいこと同じく勘(カン)カウントを働かせて
「こんなもんか」と打っちゃうんですけどね。
ただいまカーボ比が1なので、わかりやすいため
くるりるも何単位打つか考えています。
まだインスリン生活、慣れてないけどがんばろうね。
いちいち注射するのが面倒なので
「ポンプにしたいなぁ」と言い始めています。
先生に「ピンクのCSII、ご用意お願いします」と電話しちゃおうか016.gif
[PR]
by okaeri110 | 2011-09-19 10:58 | IDDM | Comments(5)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧