<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

極北 / マーセル・セロー

極北

マーセル・セロー / 中央公論新社



久しぶりにずっしりとくる本を読んだ。
5年くらい前に読んだカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」以来かも。
ポール・オースターの「ブルックリン・フォリーズ」を完全に買うつもりだった私は
上の棚に置いていた“村上春樹訳”というポップが目にとまり、
しかもセローという名前が気になったので、参考までに、という気持ちで手に取った。

最終的にどういう理由で「極北」を購入することになったのかあまり覚えていないが
(オースターは図書館待ちor家に残っている図書カードをあさることになるんだろう)
正直、こんなにぐいぐい読ませてくれるとは思わなかった。
面白い本には2種類あって、面白いけれどなかなかページが進まない本。
やたらめったらページが走るように一気に読めてしまう本。
どちらにも、ずしりとくる好きな本がある。
今回は後者だった。
重いけれど、展開が思わぬ方向に進むのでページをどんどんめくってしまう。

人が生きるとは。
理念とか宗教とか本能とか感情とか、何が生きる動機になるのだろうか。
生きる支えとはなんだろう。
夢なのか、やっぱり本能なのか、死に対する恐怖なのか。

今日は広島原爆投下祈念日。
14万人の命が消された日。

簡単に生きてる自分を恥じ、その恵みに感謝する。
さて私は何を根拠に生き、何を目標にして生きようか。
[PR]
by okaeri110 | 2012-08-06 10:27 | 読みもの | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧