今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
明日の仕事がいやでジタバタしております。
進歩ねえなあ。
一歩も前進してねえや。


タイトルの通りでございます。
一度、ソフトコンタクトレンズに挑戦したものの、淡くしか見えな~いのでハードに戻した経緯は
こちらで書いたと思います(たしか)
今回は再びのソフト。
理由は、遠近両用コンタクトを作ったためです。

眼科の先生は「遠近両用は合わない人が多いので使い捨てのソフトをおすすめする」と言うので
乱視矯正のできるハードではなく、2週間使い捨てのソフトを試すことになりました。

ここに至るまでの結論は「結局はクリアに見えることはもう二度と無い」ことがはっきりしたので
せめて仕事ができる視界を確保することが最優先、ということになりました。
遠くは見られなくていい。パソコンの画面さえ見られれば。
そして近くも眼鏡なしで見ることができれば。

ソフトの遠近両用は、乱視矯正はないそうです。
いや、もしかしたら高価なものはあるのかもしれない。
でも、私は視力については諦めた口なので、とにかく仕事できればいい、その一心で試してみました。
快適、というにはちょっと気持ちが悪いですが、それよりも手元がそこそこ見えるのがうれしいです。
携帯もなんだか見えてるような見えてないようなイライラした気分で長文を眺めることもなく、
3年くらい前のすいすいと苦も無く読んで返信していた頃がよみがえりました。
目が乾くし、時々何もかも見えなくなるけど、それさえもどうでもいいくらい。

ただ一つ問題は、パソコンの画面がちょっと見えづらいこと。
お試しなのでざっくりとした程度のものを渡してくれたからでしょう。
仕事中、前屈みになってパソコン画面を凝視しております。
それでも、眼鏡をつけ外すために手を離すことなく手元が見られて、すぐ入力できるのはほんにありがたや。

上記に書いたように、目が乾くせいなのか、乱視のせいなのか
本当に何もかも見えなくなって、うきーっとなることがあるのですが、もうあきらめました。
眼科の先生は「しょうがないです」と言って取り合わないのは知ってるし。
ここの眼科が近くてちゃんとした医師が診てくれて安価だから、ぶっきらぼうなのはがまんするさ。

ということで、あらためて購入の電話をしてみました。
だあれも出ません。

世間はお盆休暇だったのでした。

ぬーん。
てことで現在眼鏡おばさんの真っ最中でござい。
汗が流れる時、ほんっと眼鏡邪魔を実感しております。
暑いことよりも汗拭くのが仕事の邪魔なんだよねえ。
[PR]
# by okaeri110 | 2013-08-15 00:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

虫との戦い

ストーブを仕舞う日と、
初めて蚊にかまれる日との間隔が短すぎる


というような短文だけで日記を済ませたいなら
ツィッターだよなあ。

実は職場では未だにストーブが仕舞われていません。
パートの私が片付ける立場にないので、正社員がやってくれるのを待っているんだけど
たぶんまだ寒い日もあると見込んでおいていると思われ。
寒い日あるか?

そう思っているあいだに日々、蚊との地味な戦いに明け暮れています。
ドア開けっぱなしなんだもの。
まだクーラーかけるには早いんだもの。
自転車こいで通勤してる私は汗だくだけど。

自転車こいで、といえば通勤時間15分の間に
ちっちゃい虫が2匹も眼の中に入ってくるってどうなんでしょう。
あいつらはなんで人の顔あたりで、空中立ち泳ぎのごとく
うわうわとがんばって浮いているのでしょう。
眼のみならず、鼻や耳や、口開けてるとそのなかにも入る勢い。

うち、いちおう下町とはいえ都会なんだけどなあ。
名前も知らないあの虫たち。
井上靖が“しろばんば”と言っていた、あの虫。
人の顔が大好きな、あの虫のことを私は“立ち泳ぎ虫”と呼ぶことにしました。
空中で止まっているかのごとく、同じ場所にとどまり続けるのって
ものすごく難しいことだと聞いたんだけど
そうまでして人の顔の周りを飛びたい理由を知りたい。
いや、やっぱり知りたくもない。
ほんと、うざいわ。
[PR]
# by okaeri110 | 2013-06-01 00:47 | 日々の暮らし | Comments(0)

2度目の焙煎

e0053528_1051592.jpg


美味しそうでしょ!
湯気もがんばって写そうとしたんだけど、うちの携帯カメラの限界が。
そんなことよりバックのピアノカバーのゆがみ具合がチョー気になる。
投稿後ソッコー直しに行くばい!

で、お味。
今日は美味しいぞ。
手前味噌だけど。
いや手前コーヒー豆だけど。

でもまぐれみたいなもんだからな。
それにどこまで飽きずに焙煎できるかも、カーマはきまぐれ。
もし、私が賭けるとしたら、生豆が底をついた時点で
生豆の購入先を考え始めて頓挫する、と賭けるな。
友人が再びブラジル旅行に行かない限りは。

※自分で自分に賭けてはいけません
[PR]
# by okaeri110 | 2013-05-24 11:00 | 日々の暮らし | Comments(0)
実は友人の披露宴の引き出物は、カタログチョイス物である。
私はすぐに商品を選びかねて、ちょっとカタログを寝かしていた。
コーヒーミルには気を引かれたが、他にも気になるものがあったのだ。

そんな折、別の友人がブラジル旅行のお土産にと生豆のコーヒーをくれた。
出立前に「コーヒーは生豆だと安いし長持ちする」という話をしたゆえだった。
お土産をねだるつもりで言ったのはなかったが、
なんといっても行き先はブラジル。
いかにも生豆を買ってこいと言わんばかりの話をした私が浅ましい。
友人よ、ありがとう。

図らずも(ほんとに図ってないのだよ)生豆を手に入れた私は
くだんの引き出物パンフレットをおもむろにつかみ、コーヒーミルと記入して
ポストに放り込んだ。

そして。
1ヶ月ほどして本日、到着したのだコーヒーミルが。
本気で忘れていてびっくりしたのだ。

これは何があっても即、行動せねばならぬ。
ここに至るまで、多くの友人が私に生豆からコーヒーを飲むまでの道のりを
導いてくれたのだから、なんとしても実現し、コーヒーを飲まねばならぬ。

e0053528_2052582.jpg

わかりづらい原始的な写メールで申し訳ない。
(相変わらずのガラケー中のガラケー愛用者である)
この急須みたいな陶器はコーヒー豆を焙煎するためだけに作られた偏狭な器である。
お豆さんは豆らしく緑色。
コーヒー豆だからってコーヒー色をしているわけではない、とはわかるものの
ピスタチオみたいなものが本当にコーヒーになるのか不思議に思う。
これを火で煎る。
とはいえ、我が家のコンロはラジエントヒーター。
えーっと…大丈夫なんだろうか?
わっかんないけど、ここまできてOUTで振り出しに戻っちゃったら
涙出るどころか自分で自分に、なんとかして往復ビンタしたくなっちゃうので
ムリヤリにでも煎ろうと心に決めた。

器の色と同じくらいの色が浅煎りの目安の色らしい。
しかしすでにコーヒービート(というチョコレートが昔あった)くらいの
炭?いーえかろうじてコーヒー色、いやチョコレート色になってしまった。
慌ててコンロから降ろす。
やっぱり焙煎は難しい。
うまくできた豆もあるけど、黒くなったものや、ちょっぴり緑色が残っているものもあり
これはとてもじゃないが客人に出せるようになるまでは遠い日々だと思う。

e0053528_2182686.jpg

わっかりにくいにもほどがあるが、引き出物のミルに豆を入れたところ。
これでゴリゴリやるわけだ。
電動のやつはあっという間に挽けるが、あの音が嫌いなので手動でよかった。
思ったより時間もかからないし。

e0053528_21112297.jpg

ほらこんな感じ!
普通のコーヒー粉と変わらない。そりゃそうだ。

e0053528_21124624.jpg

できたできたコーヒー。
もう写真撮るのとか、完全に飽きていたが
何とか初めての生豆からのコーヒーの経過を撮り終えた。

さて何年越しかの、ブラジル経由、引き出物由来、
多くの友情に支えられたコーヒーの味は。


にが。
煎りすぎて苦いよ。
それなのに何となく生っぽい感じもするよ。
完全にまだらに煎った影響が出てる。

そりゃそーですわ。
コーヒー豆屋さんだっていちばんのこだわりは焙煎だって言うんだから
こんなずぼらで何年もかかってるヤツにいきなり特上のコーヒー作られたら
立つ瀬がないってもんです。

だけど、やっと飲めたよ!
誰も期待してなかったのに、こっそり達成したよ!
三浦雄一郎さんばりの達成ぶりだよ!
(三浦さんに失礼だから謝りなさい)

これを読まれてぜひ飲みたいと思われた奇特な方がいらっしゃいましたら
もう少し上手になったらご招待しますのでそれまでお待ちくださいませ。
[PR]
# by okaeri110 | 2013-05-23 21:20 | 日々の暮らし | Comments(2)
コーヒー豆は生ものだ
と、痛の、いや通の友人が言っていた。

コーヒー豆は焙煎してるのは高いけど生豆は安い
と、けちの、いやお買い物上手の友人が言っていた。
(こんなこと書いてたら友達無くすぞ)

その、決してけちではないが、必要なものに
しかお金を使わない
なかなかの偏った友人が(だから友達を無くすぞ)
家でコーヒー豆を煎る焙煎器を紹介してくれた。

彼女の家で焙煎しているところを見、直後に挽いてくれたのを飲みさえした。
美味しい。
確かに美味しい。
そして、生ものって言った友人の言葉の意味がようやくわかった。
コーヒーってそういや豆だったんだなあということが理解できた。
きな粉以上に理解できた。

で、その友人から勧められて焙煎器を買ったのは何年前だろう。
買ってしまってから気づいたこと。
我が家にはコーヒーミルがなかった。
(買う前に気づけよな)

一般家庭にまず無いであろう焙煎器を思い切って買う気があるのだから
コーヒーミルなどというハードルの低い台所用品を購入するなんて朝飯前。
はい、そう思ったあなた、私もそう思いました。
ほどなく私は電動コーヒーミルなり、ミルサーなり、手で挽くヤツなり買うだろうと
確信しておりました、はい、私も。
ところが。

当時小学校の低学年だったくるりるはすっかり中学生。
いったい何年の月日がながれたことだろう。
この間、なんとコーヒーメーカーまで購入し直しているというのに!
なんでミル付きのコーヒーメーカーを買わなかったんだ私は!
デザインがイヤだったからなんだよそんな理由なんだよ私は!
(計画性がないにもほどがある)

そして。
苦節○年。やっとこの日が来た。
我が家にコーヒーミルがやってきた。
友人の披露宴の引き出物としてやってきた。
友人よ、結婚してくれてありがとう。
君が結婚し、私を招待してくれなければ、私はいまだに焙煎器貧乏だったのだ。

あほが付くくらい長くなったので、さすがに二度に分けようと思います。さすがに。
ではその2へ続きます。
[PR]
# by okaeri110 | 2013-05-23 20:36 | 日々の暮らし | Comments(0)