今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
なんという快挙。
2回見ました。また見ると思う。
何度見ても驚く。

この4年でこうも変わるのか。
スポーツを見て、ただ単にエンターテインメントとして楽しむだけでなく
やる気と力を久しぶりにもらった。
ほんとにすごいよね。



西口が引退するそうだ。
もう何も言うことはない。
彼は唯一無二のプロ野球投手だ。
異論はないだろう。

にっしー。
オツ。
ぐっぴ。

引退試合があるのなら西武ドームまで行きたいのだけれど。
娘が関東にいるので、昔よりは馴染みができたとはいえ、遠いなあ、遠征。
[PR]
# by okaeri110 | 2015-09-21 00:40 | スポーツウォッチング | Comments(0)
おしゃれさんで、ちょっとおせっかいな洗濯機を買いました。

シャープのES-GX950


これまで約10年間、毎日2回の洗濯に耐えてきてくれた東芝の洗濯乾燥機は
ドラム式の初期にあたるものだったため、いろいろ苦労しました。
少しでも衣類が庫内で偏るとOUTなやつでした。

そういえば洗濯まだ終わってない!と時計を見たら、2時間過ぎ…
慌てて洗濯機を見たら脱水途中で、急にすすぎに切り替わり、やがて脱水→すすぎのエンドレス。


シーツ単体、あるいは複数であっても偏りの恐れがあるので
いろんな衣類を組み合わせて、これで脱水できますようにと祈りながらの10年間。
なんでこんなに苦労しないといけないのかと買ったことを後悔したこともありました。

でも、本音のところでは実は後悔していない自分を知っています。
何故ならば、購入の際、かなり考えこんで決定した洗濯機だったから。
当時は日本のドラム式黎明期で、メーカーも販売しながら様子見みたいな時期でした。
ドラム式が欲しかった私は、ドラム式といえばのミーレを考えていました。
ところが、当時育ち盛りの子どもがいる5人家族では、ミーレの容量と洗濯時間がネックになり
泣く泣く諦めた末、いろいろ見比べて東芝にしました。

そして、シーツばかりか、いろんな洗濯物を見て、果たしてこれは洗えるのか?
洗えなければ手絞りで風呂場に干すしかないぞ?
と自問自答し、脱水→すすぎになるなる瞬間を待って電源ボタンを押すために
洗濯機のそばにじっと立ち、思わず「がんばれ、がんばれ」と声をかけるような日々を
かれこれ10年間近く送ってきました。

振り返れば、東芝の洗濯機の前でぐるぐる回る衣類をじっと見ていたこと数知れず。
見た目はミーレに及ばずとも、なかなかのかっこよさでした。
当時もダントツでしたが、今の東芝の機種よりも断然よかったです。
そんな洗濯機もモーター音がすさまじく、そろそろお別れだな、と思いはじめた頃。

「壊れてからだと慌てるから、もう買えば?」とパパに言われ、電器店へ。
ドラム式は幅があるので、自宅の洗面台にギリギリでこすれててしまったため
今回はスリムなものを…あ、タテ型か。
あ、、、これいい。

そうです。ほぼ見た目で選びました。
少し性能のようなものも見ましたが穴なしだとか、シャワーのように上から水が降り注ぐとか
一長一短だし、ここまでくると趣味の問題だよなあと思ったので、これに決めちゃいました。
家に業者さんが来て、取附の時に電源ボタンを押して「初めまして♪」という声を聞いた時に
初めて、あ、しゃべるんだーと思いました。シャープだものね。

10年ぶりのタテ型。
まだよく馴染んでないので、脱水終わったらしわくちゃだなあ。
前のドラム式は今覚えばちょうどいい加減だったんだなあ。
なんて、ふと以前を懐かしむこともありますが、基本的に気持ちよく洗濯しています。

ガラストップはきれいで開けやすく閉めやすい。クセになるくらい(笑)。
ただ、謳っているほども中の様子は確認できないです。
ほんのり、ああ衣類が入って回っているね、とわかる程度。
以前がドラム式で堪能できたので余計そう思うのかも。

以前の洗濯機は、自分で細かい設定ができなかったのですが、これはできるので
脱水時間とか、いろいろいじってみてしわしわにならないよう挑戦します。
ちょっと洗いたいとかできなかったので、ほんとそれはありがたいです。
石けん溶かしてあわあわにして、というのもできますね。

これも10年持ってくれますように。
前の洗濯機もこの洗濯機も、見た目は店の中でダントツ。
家電に関してはことさら見た目で選ぶイヤなやつです。
[PR]
# by okaeri110 | 2015-08-18 14:18 | おかいもの | Comments(0)

それなりに

生きております報告。

あのですね、オリックスですよオリックス。
昨年の怒濤の活躍にあっけにとられたくらいのぬるい私ですが
さすがに今年はいろんな人がパの一位に挙げていましたね。

でもねー。
さすがはオリックスですわ。外しません。
いや、野球ファンの予想だけは外させます。
こけまくっております。相変わらずもやもやした思いを抱えるファンでございます。
大丈夫、ファンは慣れてる。


あと、末娘が高校入学いたしました。
小学校の頃に文作りに励んだ娘でございます。
クラスの自己紹介で「お笑い番組が好きです」と言ったにもかかわらず
「誰も好きな子おれへんねん。びっくりやわ」と口をとがらしておりました。
どこをどう踏み誤ったのか、あるいは順当に歩んだのか。
今年は親子で東京03のライブに行く予定でございます。


この年になると、タイトルの言葉が身に染みるようになりました。
進んでいるかさえわからないもんなー。
自転車をやめて、できるだけ歩こうと思っております。ま、自転車乗るけどね。
[PR]
# by okaeri110 | 2015-04-11 10:14 | 日々の暮らし | Comments(0)

遠近両用眼鏡

すっかり老眼ブログになっちまったな。

先週、意を決して遠近両用眼鏡を作った。
ずっと前から「矯正には眼鏡がいちばん」という結果を導き出していたのだが
近所の眼鏡店が閉店になったこともあり、なんとなく行きそびれ、その間に消費税も上がってしまった。

この間、編み出した近眼眼鏡の上に老眼鏡を重ねる技が、ことのほかよく見えるので
家の中ではそれで過ごしていたら、娘に「かーさん頭おかしい」と言われていた。
母もおかしいと思う。
でも、ググったら結構こんなことやってる人いるんだよね、ははは。

ははは、じゃない。

眼鏡店で丁寧に説明を受け、中近と遠近、どちらにするか迷ったあげく
汎用性の高い遠近を作ってもらった。
だってすごーく高かったんだもーん。

遠くの視力は問題ない。
近くもわりと快適。もう眼鏡ずらさなくていいのでありがたい。
パソコンを見る時は…ちょっとだけ見にくい。
見やすい場所を探すと、思ったよりパソコンを見下げる位置になるんだけど、
ものすごく姿勢をよくしないといけない。
姿勢がよくなるからいいのか。

そんなこんなで、ダブル眼鏡よりもちょい落ちるけど、まあまあ満足。
でも眼鏡よりコンタクトがいいなあ、生活してるなら。
これからどうしようかな。


あ、オリックス好調すぎて怖いのですが。
[PR]
# by okaeri110 | 2014-06-16 18:57 | 日々の暮らし | Comments(0)

やる気の出ない理由

ひとつに視力の低下があると、最近つくづく思う。

老眼対策についてずっとここで書いているけれど、結論として
もう何もかもよく見えることは決して無い、ということをすでに書いた。

そんなここ一年の私、確実に何かを集中して行うことに疲れている。
気力が落ちていることもあるが、視力低下は人のやる気をそぐことに気づいた。

新しい道具を買う→取扱説明書を読もうと開く→読めない→眼鏡をかける(または外す)→
この時点で気力半減→諦めて娘に聞くことにする

コンタクトも眼鏡も、老眼対策で近視矯正をかなり落としている。
慣れているとはいえ視界はソフトフォーカスの世界だ。
昨年夏の健診で「眼鏡かけて視力0.4ですよ?」と言われてから余計に気力ダウンだ。

0.4で生活できないことはないが、やっぱり疲れる。
いろいろ見えていないものを脳が一生懸命補正しているからだろう。
意識のうえでも、なんという文字が書かれているかしょっちゅう推理しているし。

疲れるよーったく。


若い頃は身内の年寄りが「わからへん、やって」と内容をよく聞きもしないうちから
すべてを投げてくることに多少のいらだちを覚えていたことを反省する。
誰しも人に頼るより、自分のことは自分でやりたいだろう。
しかし、集中力が続かないうえ視力が衰えてくると、そのやる気を奪われるということに
自分もその入り口にたってようやく気づいた。

歳を取るとおだやかに暮らせるものだと思っていたけれど
実際は目が見えにくいというだけで、一日中もやもや感が消えない。
短気な人はより短気になるのもわかる気がする。
おとなしい人はより諦めて何も言わなくなるのだろう。

老眼は老化現象だから仕方ないと思っていたけれど
仕方ない、で済ましているとどんどん落ち込んでいきそうだ。
今でさえ、やる気スイッチ押すことさえ面倒くさいと感じるのに。

なんとか気力を充実させるために何をすればいいかな。
やる気はやり始めてからでないと起こらない、と池谷裕二さんが書いていた。

部屋の片付けから始めるか。
[PR]
# by okaeri110 | 2014-03-26 11:54 | 日々の暮らし | Comments(0)