今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

タグ:かいもの ( 53 ) タグの人気記事

極北

マーセル・セロー / 中央公論新社



久しぶりにずっしりとくる本を読んだ。
5年くらい前に読んだカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」以来かも。
ポール・オースターの「ブルックリン・フォリーズ」を完全に買うつもりだった私は
上の棚に置いていた“村上春樹訳”というポップが目にとまり、
しかもセローという名前が気になったので、参考までに、という気持ちで手に取った。

最終的にどういう理由で「極北」を購入することになったのかあまり覚えていないが
(オースターは図書館待ちor家に残っている図書カードをあさることになるんだろう)
正直、こんなにぐいぐい読ませてくれるとは思わなかった。
面白い本には2種類あって、面白いけれどなかなかページが進まない本。
やたらめったらページが走るように一気に読めてしまう本。
どちらにも、ずしりとくる好きな本がある。
今回は後者だった。
重いけれど、展開が思わぬ方向に進むのでページをどんどんめくってしまう。

人が生きるとは。
理念とか宗教とか本能とか感情とか、何が生きる動機になるのだろうか。
生きる支えとはなんだろう。
夢なのか、やっぱり本能なのか、死に対する恐怖なのか。

今日は広島原爆投下祈念日。
14万人の命が消された日。

簡単に生きてる自分を恥じ、その恵みに感謝する。
さて私は何を根拠に生き、何を目標にして生きようか。
[PR]
by okaeri110 | 2012-08-06 10:27 | 読みもの | Comments(0)

こんなことって

これを書いている現在も、The Birthdayの最高傑作「I'M JUST A DOG」を聞いているRockなわたし。

Rockなわたしも、NHKニュースの「まちかど情報局」で紹介される際には
「大阪の主婦・Mさん」と言われる立場であるので
生協(いわゆる共同購入)を利用している。
最近はネットで購入したい番号を入力すると注文済みとなり便利である。
こんなことしてるのは別にRockではない。
しかしRockであろうとなかろうと「大阪の主婦・Mさん」は利用しなくちゃならない。
購入した商品は一週間後(また数週間後)に届けられる。

先週、そんな風にして手元に届けられた商品を見て唖然とした。
唖然という言葉がぴったり、いやここでこそガクガクブルブルを使っていいのではないかという戦慄が走った。

封筒にしっかり封印されて渡された表に書かれていた文字には
“川中美幸 新歌舞伎座公演チケット 1枚在中” と書かれていた。

川中美幸?
新歌舞伎座?

川中美幸?
公演チケット?

ちょっと、ちょっと待て。

川中美幸?
とまさにエンドレスに疑問符がどんどんあふれてくる。

伝票にも、ネットの履歴にもちゃんと載っている。
待て。待て。
落ち着け。
そして待ってくれ。

私は確かこの日、麦茶を冷蔵庫に入れて冷やすためのポット(サーバー)を買ったはずだ。
麦茶をポットに入れて、冷蔵庫に冷やして飲むために(どうして2回言う)必要な商品をだ。
「大阪の主婦・Mさん」には育ち盛りの娘がいる。
やたらめったら麦茶を飲む娘たちが3人もいるのだ。
だから注文した。

それが、どうして川中美幸公演チケット1枚が届くのだ?
いったいお茶サーバーはどこに行ってしまったのだ?

しかも8000円だ。
新歌舞伎座だ。

ちょっと待ってくれ。
いやお願いだから待ってくれ。
封書には「発券後の返品はいっさい受け付けません」という冷酷な文字が。

とりあえず生協には電話した。
そして「あんたの入力間違いだし返品なんてできるかコラ」というRockな返事をもらっただけだった。

もう誰も待ってくれてない。


途方にくれたわたしは今後どうするかを考えなければならなかった。
いっそ義母にプレゼントということで、二人で観に行けばよい。
そうも思ったが、一緒に行こうにもチケットは1枚である。
そりゃそうだ。
お茶サーバーは1個希望したんだから、チケットだって1枚しか発券されてない。

知り合いに川中美幸公演を1人ででも行きたいという人が果たしているだろうか?
さっぱり思いつかない。

というか、知り合いじゃなくてもこの確率やばいんじゃないかという気がしてきた。
公演のチケットはド平日の1部公演(11時~)である。
そして1枚。
平日に演歌の公演を1人で見に行きたい(もちろん有料で)という人を
思い浮かべることができない。

Rockなわたしなら、1人でライブにいくのはむしろ当たり前だけれど
(なんなら野球だって1人だよ)
演歌な人々は、1人で公演を楽しむためにチケットを購入したりするんだろうか?
お友だちと仲よく食事に行くみたいに一緒に観に行く人しか想像できないのだが。
わからない。
川中美幸の大ファンの方だったら、あるいはそういう人もいるだろう。
そうは思うのだが、そもそもそんなファンの人なら
すでにチケットを購入済みなのではないだろうか。

はい、チーン。


いや!いやいや待ってくれ。

ヤフオクに出そうかとも考えた。
でもヤフオクって出品するにはプレミアム会員にならないといけないみたいだ。
くそ。
yahoo!に数百円でもお金を払うことになるなんて耐えられない。
(しこたま無料で利用しまくってるヤツの言うセリフか)

待ってくれ、待ってくれと願うも四面楚歌のなか、せっかく1人だけ待ってくれてるyahoo!なのに
(いや別に待ってるわけじゃないと思う)
すげなく振ったら、手元に8000円の演歌チケット、あとは荒涼としたサバクのみ。
そして冷蔵庫にはお茶サーバーが足りないので
ぺこぺこに薄い2リットルのペットボトルに突っ込まれた麦茶があるばかり。

なんだよ。
うちの冷蔵庫ポケットに合うサーバー少ないんだっての。
アレが欲しかったんだっての。
それがなんで演歌のチケットなの。
川中美幸さんにはなんの落ち度もないし、別に嫌いというわけでもなく
むしろ、TVに出られる以前、まだまだ地方巡業中でがんばってらっしゃった頃
実家の近所にできたディスコ(笑っちゃうよね、すぐつぶれたよ)に来て
当時そこの民宿で(民宿がディスコ併設しちゃったのよ)働いていた姉に
「○○チャンへ」と丸っこい字で書いてくれたサインが実家に今もあるので
そんなに悪い印象はない。
むしろTVで見かけたら「がんばれ!」って思っちゃう。

だけど、音楽として演歌は耳が拒否しちゃうのでどうしてもダメなんです。
川中さんごめんなさい。

くそ。

で、わたしはどうしたらいいと思いますか?
Rockじゃなくていいからアドバイス請い願います。

え、yahoo!知恵袋に投稿しろですって!?
[PR]
by okaeri110 | 2012-05-29 21:07 | 日々の暮らし | Comments(4)

やっぱハードに

コンタクトレンズ遍歴の話。

今年に入り、ハード生活28年(教師生活28年みたい)から
初めてのソフトコンタクトレンズにチャレンジしたものの
私には、どうも合わなかったようで諦めました。
しょぼん。

老眼が進んだゆえのコンタクト調整だったのだが
せっかくなら娘が勧めるソフトに挑戦してみたかった。
しかし、ソフトのソフト~っな視界に慣れていないのと
乱視であること、老眼矯正、ドライアイのせいなどで
結局よく見えないことが多く、疲れてきた。

折しも、仕事の話が舞い込み、ありがたいのだけれど
パソコン入力が主な業務と聞いて、不安でたまらなくなった。

結局、選択したのは元のハードコンタクトレンズに戻す、だった。
度数をゆるめてもらい、パソコンのモニターの距離、手元の書類の距離、
両方OKな度数で作ってもらうと、ばっちり。

やっぱりハードの視界はクリアです。
裸眼でそのまま視力が良くなった感じ。

ただ、ハードの場合、私はしょっちゅうレンズが曇って見えなくなったり
装着中に汚れてきて何度も洗い直したりすることがあるので
やっぱり全然見えないことも多かった。
今はレンズが綺麗なせいか、クリアだけど。。

最近は老眼用のレーシック手術もあると聞いている。
やしきたかじんが、60万円で遠近両用の手術をしたと言っていた。
いいな、と思ったけど私の年でレーシックすると後で度が進むしな。
60歳過ぎてから考えましょ。

ああ、軟派野郎は私にはダメでした。
ちょっと残念。
[PR]
by okaeri110 | 2011-12-27 22:00 | 日々の暮らし | Comments(0)
今、前の日記へのコメント返しを書いていたときに
修学旅行の写真を見直していて、
手作りジャムのラベルの「アップルベリー工房」という言葉を見て
Berryz工房を思い出した自分がチョトいやだった、みいです。


ソフトコンタクト、苦戦してます。
ちょうど目を使う仕事を始めたことも関係あるのか
この2月からぐんっと老眼が進んでしまい、またタイミングよく
使用中のハードコンタクトの片眼を落っことしてしまい…
ええい!と眼科の戸をくぐった私。

1回目のソフトコンタクトは、お話にならないくらい目の焦点が合わない。
かろうじて遠くは見える。
けど、それもだんだんかすんできたりする。

2回目は近眼の度数を一段落としてもらった。
若干、ましになった気はするものの、やっぱり中間あたりが見えない。

3回目、これでだめだったらハードに戻そう、
いやむしろ眼鏡だけの人生を送ろうと決意し乱視用のソフトをいただいた。
ただいま装着中であります。

結果としては、これまでの2枚のソフトよりは見える。
1枚目、2枚目はパソコンの画面を見ることなど絶対にできなかった。
近づけても遠ざけても一切見えなかった画面が、やっと見える。
しかし、仕事に装着して行ったのは1日だけだった。
調子がいいとよく見えるのだけれど、ソフトの特性なのか
目に張り付いた感じになって、
まばたきをすると視界がしばらく消えてしまう。
乾いてしまうからだろうか?

それと、やっぱりソフトはクリアな視界にはなりません。
眼鏡からハードを付けたときの、
あの「完全に視力がよみがえった感」がありません。

サングラスをかけたように、
綺麗だけれど何か一枚フィルムが間にあるような視界です。

と、急にですます調で報告をしてしまったが
ソフトに憧れていた自分にとっては「うーむ」という感じに。

でも、やはりゴミが入った時の違和感の少なさや
レンズが曇ってじぇんじぇん見えません、というのが
ずいぶんと少ないので、そのあたりはソフトの方が心地よい。

ハードを付けていた時は、すぐに目が曇ってしまい
寝る前にコンタクトを外して「まあよく見える」と思って
これじゃ裸眼のほうがマシやんと毎日思っていたのだった。
てか、そこまで思うんだったらさっさとコンタクトやめろよな。

いやぁ、それでも曇ってない時はよく見えてたんだから。
老眼がひどくなるまでは。

わたしはハード→ソフトの道を進んだけれど
ググるとソフト→ハードという人もいるようで
その人達はハードにしたら視界が悪いという感想を述べている。

うーん。
つまりは慣れの問題ということ??

ただ、眼科医によるところのクリアな視界はハードに軍配があるようだ。


ソフトの場合、レンズが眼球のどこかに行っちゃうことはない。
しかし、目が乾く感がハンパないので意識的にまばたきを多めにしている。

ハードの場合、レンズずれの他、外すときにむっちゃ吸着してて
外せなくて泣きそうになる時がたまにある。
そうかと思えば、思いっきりはじけ飛んで「どこ?どこだ?」と
往年の広島カープ達っちゃん状態になってしまう。

どちらにしろ、一長一短ですわ。
まだソフトに慣れていない私は、外すのがやっぱりまだ怖いし。
自分の眼球を指でつまんで外すなんて、スプラッタムービーなり。
[PR]
by okaeri110 | 2011-07-05 18:08 | 日々の暮らし | Comments(4)

ピアノさん

ピアノの調律師さんが来て、1時間半くらい調律をしてくれた。
その後、お手入れの仕方などを聞いたのだが
ピアノってつくづくアコースティック!と感じた。

複雑そうに見える構造も、ポコポコと上物を外して弦をむき出しにすると
思ったより単純な仕組みに見える。
「ピアノは木製ですから、湿気を含んだり乾燥すると音も鍵盤の軽さも変わります」
「弦は近くの物に反響するので、何か気になるなら周囲にあるものを動かしてみてください」
「ピアノは最初に家に来たときが、いちばんコンディションが悪い状態です。その後、その家、その環境にピアノ自身が合わせるようになってきます。」

なるほど、なるほど。
木造の我が家と同じやん。
家を作るときに、設計士さんと奈良の製材所の親父さんが何度も言っていた言葉。
「家は建ててから、住んでいる人と一緒にどんどん変化する」
「木がよくなるのは年数が経ってから。乾燥して割れたり湿気のある時は目がつまったり。それを繰り返してしっくりしてきます」

なんだ~。
我が家にしっくりくる楽器は、エレクトーンではなくてピアノだったんだ。
ピアノは子どものために買ったのであって、自分は何一つときめかない買い物だったんだけど
調律師さんのお話を聞いて、ああピアノが来てよかったなぁと思えるようになった。


数日後。
みっふぃのピアノ発表会があった。
エレクトーンでするアンサンブルではなく、今回はピアノの個人の発表会。
みっふぃは今までずっとエレクトーンでピアノの練習をしていた。
「もう限界やねん」という言葉を聞きながらも
「エレクトーンでええやん」
「エレクトーンやったら鍵盤足りへんやん」
「エア鍵盤でええやん」←むちゃくちゃ
「鍵盤の硬さが全然違うから、どうしてもピアノ曲は指が弱いって言われんねん」
「強く叩けばいいやん」
ほんとにもーむちゃくちゃでした015.gif
でもまあ、発表会もそこそこ弾けてたし、いいやんと思っていたのだけれど
会が終わって先生にご挨拶に伺った時、
「ほんまにやっとピアノ買ってもらって遅すぎ!」と言われてしまった。
「他の先生達に、エレクトーンだけで練習してここまできてるって言ったら信じられへんってみなさん言ってますよ」


うーん。
「かーさん、ムチャぶりやったかなあ」と言ったら
「今さら気づいたか!」とあきれ顔のみっふぃ。

みっふぃが弾けてしまうので、そんなに必要性感じてなかったんやよね。
このピアノの発表会に参加している何十人ものお子さん達は
全員、家にピアノがあるってことやんね。
そんなん考えたことなかったわ(笑)

ごめん、ごめん。
今さらやけど、そこそこがんばって弾いてください。

ちなみに今回弾いた曲はグリーグの「小人の行進」でした。
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-13 21:15 | 家をたててから | Comments(0)

きたきた

e0053528_1848857.jpg


どうせ買うならもっと早く買ってやればよかった、と思いつつ
それでも本当に必要性を感じてから買えたのだから
“今が買い時”だったのかとも思う。

なんかTV買った時もあーだこーだご託を並べてたな、自分(笑)

しかしさすがはピアノ。
音のフォルテがハンパないぞよ。
ピアノ(弱)の部分よりもフォルテ(強)の部分の方がすごいぞよ。
だったらピアノフォルテは、略してピアノと言うべきじゃなくて
フォルテという楽器になっていればよかったのに。
心底そう思うくらい、この音の大きさにはびっくりした。

消音機能は備えていませぬ。
(つけるくらいなら電子ピアノを買う、という結論)
夏場だったらみなさん夜でも窓を開けてらっしゃるだろうから
8時が限度かなぁ。。
冬だったら結構遅くまで行けそう。。
(高気密高断熱の家のちょっぴりな強み)
[PR]
by okaeri110 | 2011-06-09 18:55 | おかいもの | Comments(0)

ざ・てれぶぃじょん

e0053528_623377.jpg

やっと買いました

アナログTVのまま、7月が過ぎてゆくの待って自然にTV視聴をクローズしようかとも思ったけれど
やっぱりTV視聴できないっていうのは困るなあと思って買った。
パパとみっふぃは「TVいらん」と言ってたんだけど。

でも、“TVを見ない”ことを選択するのと
“TVを見ることができない”状況であるのとは、同じ“TVを見ない”でも違いがある。

あれこれ書いたけど、結局はもともと家電大好きニンゲンの血が騒いでしまったのよ。
やっぱり結局アクオスなのよ。
ちゃんと亀山工場で作ったヤツなのよ。
(同じアクオスでも別工場のものもあるらしい)
絶対いらんと思ったハイビジョンなのよ(笑)
セールの値段と機能でこれ、と思ったのがハイビジョン仕様だったというオチだとしても。
物欲。

32インチ(今までが21インチ)になってデカイなぁと思ったけれど
これで4.5畳向き、となっていて笑った。
みんなどんだけデカイTV買ってるんだ。

意味もなくTV付けてみたり、ほとんどコドモw
こんなに肌のきめの具合までわかるんだったら
絶対にTVになんて出たくないと思った。 ←出ることないから大丈夫
[PR]
by okaeri110 | 2011-04-25 19:44 | Comments(0)

このフニャフニャ野郎

フニャフニャ野郎を買いました。
ソフトコンタクトレンズというものを。

今年に入りガクッと目が悪くなってきた。
いわゆる老眼。
少しお姉さんな人に話を聞くと「45歳過ぎたあたりで、急に目に来る」
とのことなので、年相応なのだろう。

長年、近眼のハードコンタクトを着用しているのだが
視力1.2程度に合わせてもらったレンズだと
近くのものが見えづらくてしようがない。
困ったのは、人と話す時である。
普通に隣りにいる人と目と目を合わせて会話ができないのである。
相手がそばによってきて、親しく話をしてくれているのに
私は、その距離がしんどいので離れたくて仕方がなくなる。
相手と目の焦点を合わすためには、ぐいっと顔を遠ざけないといけない。
でも、そんな失礼なことはできないので、目の焦点が合わないまま
むりむりに話をしている状態である。

加えて花粉症の季節に入り目もかゆいので、
当分はコンタクトレンズを入れずに眼鏡の日々を過ごしている。
眼鏡は視力0.8程度に合わせているので、そんなにつらくない。
人と話す時の距離を考えなくても大丈夫である。
近くのものを見る時は、さっと眼鏡はずせばいいので楽。
しかし、花粉症ゆえマスクをするとおもいっきり眼鏡が曇る。
でも、このシーズンだけは仕方ない。

花粉症シーズンもそろそろ終わるので、コンタクトを何とかしないと、と
思っていたら、みっふぃが「ソフトにしたら」と言ってきた。
「うちももうすぐ買いに行くから、一緒に眼科行こうやー」と強く押し勧める。
なんでも「ソフトは痛くない」というのだ。
「かーさん、いっつもコンタクトにゴミが入ったとか痛がってるやん。
ソフトでは目が痛くなったことなんてないで」

うーん。
ハードの場合、目に違和感があるのは普通なんだけどな。
でも痛くないコンタクトっていいよなあ。
最近は乱視用のソフトも発売されてるそうだからな。

思い切ってソフトにするか。
そう決断した私は、それなりにぐずぐずしながらも昨日、眼科へ行った。
なんて大きなビラビラだろうか。
それがソフトコンタクトの第一印象だった。

看護師さんが、目玉親父みたいな眼球モデルで挿入方法を説明してくれたが
最初は何度か失敗を重ねた。
私の目って小さいから大きく広げるのに一苦労。
でも、なんとか付け外しはクリアしたのだが
なんとゆーか、外したらすぐクタッと二つ折りになりやがって情けないのだ。
仮にも医療器具なんだから、もちっとシリアスにしゃきっとなりなさい。
そう文句の一つも言いたくなるような無様な姿のうえ、
ひっくり返るとどっちが表か裏かわかりにくいという芯のなさ。
こんな性根のないものを目にいれるなんて。

と、ぶつぶつ心でつぶやきながら医師の診断。
手元の文字を見ると、今までのコンタクトよりは若干見やすい。
「レンズの度数は変わってないんですよ」とのこと。
でも、遠くというか、部屋全体を見ると、なんとなく透明の膜がかかっているように
全般にぼんやり見える気がする。
「実はハードの方がきっちりシャープに見えるんです。
ソフトでは、くっきり焦点が合うようには見えないんです」とのことだった。
初めて聞いたが、そういうことか。
じゃ、視力の悪い人がコンタクトレンズを入れた瞬間、超感動するのは
やっぱりハードコンタクトの方なんだな。

「しかも、そのソフトコンタクトは乱視矯正が入っていないので
よけいにぼんやり見えるでしょ?そのぶん手元が少し見えやすいんです」
医師の話に納得。
私は乱視があるので、乱視矯正がないと日によってぶれて見えるのだ。
「乱視用のソフトは薄いので、とりあえずそのレンズで14日間、お試ししてください」
2週間、これを試してみて、その後どういうレンズにするか検討するということだ。

家に帰り、TVを見ていると…むむっ
うちのTVは未だにアナログの21インチ、よい子のテレビデオなのだが
なぜか3Dに見える。飛び出して見えるすごい3Dではなく
ほら、昔からよくある絵の変わるシールってあるでしょう?
なんとなく立体に見えるような感じの。
あーゆーエセ3Dのtv画面なのである。
ついでに言うと隣りにかけてあるカレンダーも飛び出す絵本だ。
むむっ

いろんなものが二重に3Dシールに見えるので快適とはいえない。
やっぱり視力を弱めに設定してもらった方がよさそうだ。
乱視はどうしたものか。
薄いソフトコンタクトなんて、一瞬で破いてしまいそうだ。
何せ相手はフニャフニャ野郎だ。

今朝もフニャフニャとまとわりつくだらしないレンズを入れながら
ハードは性根があるぶん、ピンッとどっかにはじき跳んで
家出してしまうんだよなぁと思った。
こんなフニャフニャ野郎だったら、フニャッとすぐ近くで張り付いて
すぐ見つかるに違いない。
そのぶん、さっさと破けてしまうのであろう。
やっぱ情けない野郎だ。

で、こんな駄文を長々と修正もせず書き連ねている私も
だらしない女なので、文句は言えないことだよなあ。
[PR]
by okaeri110 | 2011-04-16 14:00 | おかいもの | Comments(2)

まっく えあ

昨年は、牛さんパソコン2台がお亡くなりになるという事態にせまられ
中古のPC(VAIO)を購入した。
あんまり気に入ってない(笑)

もともとのVAIOのクセなのか、中古だからなのか、なーんか相性が合わない。
使えてるから別にいいんだけど。

牛さんの前はシャープのメビウスを使っていたけれど、これは使いやすかった。
でもシャープはもうPCを生産しないって決めたんだよね。
残念です。

小さいラップトップがあると便利だなーとは思っている。
パパはプロジェクタを映すのにラップトップを持ち出すことがあるのだけれど
プロジェクタと一緒だと重い。
本人は「別に」って言ってるけど、そろそろ体にこたえますよ ←妻の愛だぜ

私も、ちょっとした時に、PCがあったら今すぐここで話を進められるのにって
思うことがちょいちょいある。

今のところは「贅沢品」の分野だけれど、あったらなって思いながらソフマップを歩いていると
やっぱりAirの軽さは衝撃的ですね。

こんなんでホントに大丈夫なんやろか?
すぐボッコボコになるだろうなあ ←うちが荒いだけ
でもこれだったら手軽に持ち歩くだろうなぁって思う。
相手にUSBメモリ持参してもらえば、携帯の赤外線よりずっと簡単にデータ渡せる。

モバイルは要らないや。
月額料金がローンみたいでイヤだ(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2011-01-24 10:22 | おかいもの | Comments(0)

DSi LL

昨年のわたしの誕プレが、ジョークみたいなものだったので
子ども達がずっとほしがっていたDSを今年の誕生日に買ってもらおうかな、と言ってみたら
ほんとにパパが買ってくれました。
わたし失業中だし、みっふぃが入院と先立つものが先細りだとゆーのに。
しかも、それは昨年の誕生日とクリスマスプレゼントの代わりとのこと。

ってーことは、今年の誕プレ(来週だ)は別にあるってこと??

とにかく、買ってきたゲーム機器は、なんとまあゲームボーイアドバンス以来のもの。
そのアドバンスもソフトはポケモン・エメラルドグリーン一本のみ。

そーゆーことなので、子ども達がチョー色めき立ってます。
内臓している「脳を鍛える大人のドリル」で家族団らん。
久しぶりに楽しんでいます。
それがいちばんウレシーです。
みっふぃもテスト勉強中だと言いながら、とっても楽しそう。
みんなでわいわいやっているのを聞きながら、うるうるしてきちゃいました。

子ども達は「どうぶつの森」が結局いちばんいいソフトだと言ってます。
わたしは太鼓の達人がチョト欲しいなと思っています。
家族みんなで楽しめるソフトを探索中。
おすすめがあれば教えてください。

あ、ちなみに色はブルー、即決でした。
[PR]
by okaeri110 | 2010-09-07 00:12 | おかいもの | Comments(8)