今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

タグ:こども ( 57 ) タグの人気記事

それなりに

生きております報告。

あのですね、オリックスですよオリックス。
昨年の怒濤の活躍にあっけにとられたくらいのぬるい私ですが
さすがに今年はいろんな人がパの一位に挙げていましたね。

でもねー。
さすがはオリックスですわ。外しません。
いや、野球ファンの予想だけは外させます。
こけまくっております。相変わらずもやもやした思いを抱えるファンでございます。
大丈夫、ファンは慣れてる。


あと、末娘が高校入学いたしました。
小学校の頃に文作りに励んだ娘でございます。
クラスの自己紹介で「お笑い番組が好きです」と言ったにもかかわらず
「誰も好きな子おれへんねん。びっくりやわ」と口をとがらしておりました。
どこをどう踏み誤ったのか、あるいは順当に歩んだのか。
今年は親子で東京03のライブに行く予定でございます。


この年になると、タイトルの言葉が身に染みるようになりました。
進んでいるかさえわからないもんなー。
自転車をやめて、できるだけ歩こうと思っております。ま、自転車乗るけどね。
[PR]
by okaeri110 | 2015-04-11 10:14 | 日々の暮らし | Comments(0)

テスト結果の賞罰

少し前だが、くるりるの中学入学後はじめての定期テストがあった。

上の子ども達のデータからみると、中学生活で一番いい点を取れるチャンスが
一番初めに行われる、つまり中一の一学期の中間テストである。

勉強は自己責任、勝手にやってろと思っているので
これまで「○点とったら~~あげる」「○点以下だったら罰を与える」みたいなことを
言ったことがなかった。

しかし、子どもが3人もいるのだから、こういうセリフも人生で一度くらいは言いたいなぁと
(子どもの教育的観点でもなんでもない)
テスト前のくるりるにこう言った。
「450点より下やったら毎日カレーにする」

我が家の子ども達は、みっふぃが「毎日カレーでもOK!」というインディアンな子だが
めいこは「家以外でもカレー率高いのに勘弁してよ」な子で
くるりるも「まあ食べるけどあんまり」という、カレーを頻繁に作れない家庭である。
(私は辛いカレーが好きなので、時々すんごく食べたくなる。パパも同じ)
なので、「毎日カレー曜日」と聞いてくるりるはがっかり。
くるりる「そんなのムリやぁ~!」
わたし「じゃ400点より下にしよう」
くるりる「(それがどんなレベルなのかわからないまま)えー、でも取れへんかったらめいこもイヤがるやん」
わたし「だからな、毎日カレーを食べさせられるうえ、めいこから恨み辛みを浴びせられるという罰ゲーム」
くるりる「ひどい!」
もちろん本気ではないのだが。 ←子どもの言うとおりひどい親だ

で、テストが終わり、3教科の答案用紙が帰ってきた。
それが思いの外、点がよかったので「かーさん400点余裕やで」とのこと。
(ちなみに100点満点の5教科です)
見せてもらうと、苦手な教科の割にはそこそこの点数。ほう。
確かにあとの2教科でダダ滑りしない限りは余裕だ。
しかも自信のある教科だというのでなおさらだ。
私は「あー晩ご飯のメニューを考えずにすむと思ったのに」とおもいっきりうなだれて見せた。

翌日。
帰ってきたくるりるが、そーっと近寄ってきて
「あのなあ、かーさん」
「お!何点やったん?」ちょっとした期待をもって尋ねると
「それがなあ…」
なんとも言いにくそうである。
「え、足りんかったん?」
「うーんと国語がイマイチで結局…」
「結局?」
「399点」

わはは。
それって満点のオチ!
さすが我が家の子どもです。
満点だから毎日カレーの刑は施行されていません。

さてさて来週から期末テストが始まります。
今度は何して遊ぼうかな。。
[PR]
by okaeri110 | 2012-06-18 19:22 | こども | Comments(2)

入学の春

エキサイトブログにアクセスログが詳しくつくようになっている。
ちょっと見てみたら、こんなにほったらかしにしているブログなのに
多少なりとも覗きにきてくれている方がいて申し訳ない。

先日は久しぶりにお会いした人に「HP閉鎖されたんですか?」と尋ねられ
びっくりした。
えええ、あなたはわざわざ見に来てくださっていたのですか?と
何も深く考えずプロバイダ変更の際、HP移転を考えなかったことが
浅はかであったことに気づかされた。

たとえそれが数人であったとしても、悪いことをしでかしました。
申し訳ありませんでした。


くるりる、無事に中学校に入学いたしました。
式後、校長先生、教頭先生、担任、学年主任、養護の先生に集まっていただき
簡単に説明をさせてもらった。
お姉ちゃんの時と違うのは、インスリンポンプをしていること。
みなさん初めて見るので、ざわついていた(笑)

これから部活を決めるので、そちらの顧問の先生とのお話も必要になるが
めいこを知ってくれている先生も多いので一安心。
なにより、めいこの1,2年担任だった先生が学年主任なので
本当に心強い。

めいこは入学式はまだだけれど、入学説明会の時に保健室の先生と体育主事の先生に
お話をさせていただいた。
特にややこしい話はなく、血糖測定や注射をする場所は保健室でも教室でもいいと言ってくれた。
とにかく、自分から言って欲しいとのこと。
めいこも入学時にはインスリンポンプを付けているので、
プールの時などの保管場所について少し話をした。

私が仕事をしている時は、携帯電話は持っているけれど電話をとることは難しいので
できるだけ「お呼び出し」はないとありがたい。
どちらにしろ、緊急の電話を受け取っても仕事を放りだして行けるかどうか。
もう一度、職場には話をしておこうと思う。

なんせ春先には低血糖で倒れちゃうことの多いめいこだし
くるりるも、そろそろ自己分泌が枯渇するだろうし。
不安はだら~りとありますが、行くしかないっつーことで。

ちょっとどこかでひと息つきたいのう。
花粉症もつらいし。しくしく。
(と言って時間さえあれば居間のソファで居眠りをするわたくし)
[PR]
by okaeri110 | 2012-04-03 21:13 | IDDM | Comments(4)

中学入学説明会

3人目なので、居眠りでもしてればいいやと思っていたのに
くるりるが1型発症ということで、ひとこと先生にお声をかけないと、と
ちょっとだけ緊張して行った。
ちょっとだけね。

教頭先生に、今度入学する娘は姉と同じ1型であること、
ついては新年度に入り、一度説明をさせていただきたいことを伝えた。

その後、知り合いとくっちゃべっていたら
めいこの学年主任と1,2年生の担任だった先生から呼ばれた。
あらら、くるりるが発症したことを知っておられる!

どうして?って思ったけど、おそらく小学校からの申し送りだと思われる。
小学校からの連携については以前、6年の担任から聞かれて承認している。
めいこのことで、お世話になった先生方残ってくださって
くるりるの学年になってくれたら嬉しいな、と密かに願っている。

そのくるりる。
最近は少しずつ自己分泌が減ってきているようで、
少しインスリン量が少ないと、血糖値が上がってしまうことも。
ということは、逆に低血糖の症状も、これからは気をつけないといけないね。
めいこはベテラン(笑)で中学生になったけど
くるりるはどうかな。
二人目とはいえ、やっぱり不安だなあ。
(でも結局、テキトーになるんだろうなあ、わたしが)
[PR]
by okaeri110 | 2012-01-27 18:32 | IDDM | Comments(4)

カーボカウント再実行

1型とともに歩んで満10年の、めいこお嬢さま。

もはや彼女の日々のインスリン量には一切タッチしておりません。
月に一回、血糖値表を見て「うぐ」と言ったりする程度です。

カーボカウントは、サマキャン帰りにちょこっとするくらいで
普段はカーボカウントならぬ勘(カン)カウントです。

たまにおいおい!ってことがあって、
そういう時は倒れちゃうのですが(ほんとにオイオイさ)
大体が主治医もOKなコントロールさばきです。

ところが、今回妹のくるりるも1型になったことで
まだ発症間もなくでインスリン量が安定していないこともあり
きっちりカーボカウントを行うこととなりました。

やってみると非常に楽ちんです。
インスリンカーボ比(炭水化物10gで何単位の超速効インスリンが必要か)と
インスリン効果値(1単位の超速効インスリンで血糖値がいくつ減るか)を
指示していただき、それに合わせてインスリン量を毎回決めていきます。

市販のもので炭水化物の量が書かれているものは
そのまま計算すればいいし
迷わなくていいから、カーボカウントがあってよかった!と思います。

ただ、パン屋さんのパンは悩みどころですね。
あと、カレーライスもなかなかムズカシイ。
目安はカーボフラッシュカード(市大で出版されています)にもあるけど
じゃがいもの量とかルーの濃さとか、結構まちまちだもの。

最終的には、めいこと同じく勘(カン)カウントを働かせて
「こんなもんか」と打っちゃうんですけどね。
ただいまカーボ比が1なので、わかりやすいため
くるりるも何単位打つか考えています。
まだインスリン生活、慣れてないけどがんばろうね。
いちいち注射するのが面倒なので
「ポンプにしたいなぁ」と言い始めています。
先生に「ピンクのCSII、ご用意お願いします」と電話しちゃおうか016.gif
[PR]
by okaeri110 | 2011-09-19 10:58 | IDDM | Comments(5)
何度も同じことをして、やっぱりおんなじ間違いをして
なかなか前へ進めない。
そういうことを見守り続けて、何度も言い含め、諭し、励ましながら
それでもやっぱり二歩下がったりしながらも
すこーし前進が見られると「やったー!やったー!」と万歳し
その直後に五歩下がられたりしても…めげないっ


っていうようなことを、聖書読んでたら、バシーッと書いてありました。

みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。 テモテⅡ2節

実は少し前に教会学校でキッズ達にこれをお話したんっすよね。
そのときは「時がよくても悪くても」の「悪いとき」って具体的にどうすんだよって話を
後ろの「寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい」を軸にして
根気よくがんばろーねって小学生相手に語った。

小学生とはいってもクリスチャンホームの強者なので、なかなかどうして
「時が悪いとき」、友達相手に苦労している話など打ち明けてくれて
まあそれでも神様に助けてもらって、じょじょに進もうではないかと
祈りあったのであった。

この御言葉を選んだのは私だけれど、今まさに自分が語ったメッセージが
自分自身を励ましているのであった。
うーむ。
教会学校のスタッフって、チョー恵まれる。
もっとみんな、やりたがればいいのに(笑)

今、水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」がめっちゃ身にしみてます。
こういうのって人生の醍醐味よね。
[PR]
by okaeri110 | 2010-09-06 00:24 | Jesus | Comments(2)

考えすぎの効用

くるりる。
日曜日に友達を呼んで遊ぶことになった。

ところが、友達と一緒に家に帰ってきた頃から、頭痛がしていたらしい。
しかし、母にも誰にも言わず、友達とふつうに遊んでいた。

私が買い物に出かけたあいだに、友達が帰ったようだ。
そして私が家に帰ると、めいこが「くるりる吐いた」と。
みんなが帰るまでガマンしていたらしい。

頭が痛いと言って、眠り込んでしまった。
吐き気で食事も食べられない。
少しお水を飲み、お茶を飲んだ。

夜の3時に「頭が痛い」とうなりだした。
祈ってさすって、あれこれしたけれど、しばらくうなっていた。

熱があれば、風邪かなと思えるのだけれど、熱もなく風邪の症状は一切ない。
こうなってくると、心配なことをあれこれ考えるのが親ってもんじゃないですか。

朝になると、ケロッとしたくるりるは食事をして学校へ行くと言う。
仕事を休む覚悟をしていた私は拍子抜けした。

「お医者さんに行って、明日も頭痛が続けば検査をしてもらって
もしかしたら脳腫瘍とかあれこれ考えたよ」と言うと
めいこが「かーさん悪い方に物事を考えすぎ!」と言われた。

だって親だもん。
そーゆーあんたも死にかけたんだから。

親って考えすぎるんだよ。
でも、考えすぎてて大当たりのこともあるんだよ。
先に考えすぎた方が、いざという時の心の準備になる。
はずれた時には、ほっとできるし。


くるちゃんの頭痛は、少し熱が出てきたので、たぶん風邪かなと思います。
やれやれ。
こういう時、仕事してると難しいね。
働くママさん、いつもこんな感じなんだな。
子どもが心配、それとともに自分が仕事を休めるか心配。
下手すりゃ、子どもより先に仕事の心配する始末。
[PR]
by okaeri110 | 2010-05-10 21:10 | こども | Comments(0)

ほったらかし!

てことで3月も半ばっす。

今日久しぶりにログインして、ふとアクセス数を見ると
全然書いてないのにろくに減ってないし、いやむしろ定期的に書いていた時より
多い日などもあったりして何が何だかわからない今日この頃。
これでこの日記をupしたら、減ってたりするんだろーなぁこのやろ。


2月にキャンプインしたので久しぶりに野球日記を書こうかと思ったら
小瀬くんのことがあって、書き込めず。
つか、スポーツニュース見れず。
田口くん戻ってきてくれてありがとう。


花粉が到来してきました。
今年はすんごく軽いので、もしや治ったのでは?と甘甘スイートな期待を抱いたら
20分後にお鼻が噴火。
やっぱり外出するときはマスクなり。
それか塗るやつ。昨年少し試したけど、効果は2時間くらいだったかなぁ。
あと、塗り方によってむらができるし、外で塗り直すのがちょっと恥ずかしかった。
トイレで手鏡、か。
でも、今年は評判がいいのでまた買ってみようかな。

それでも症状はほんまに緩和されてきた。
薬もサプリも今年はヤクルトも飲んでないのに。
私の花粉の症状は、直接花粉を吸うとくしゃみ鼻水は出るけど悪化しない。
むしろ、頭痛とかなんとなく寒いとかそっちの方がしんどい。
そして何よりつらくてたまらないのが喉の手前のところのかゆみ。
かゆいというか痛いというか、気になりだすと止まらない。
舌でついついごりごりやってしまうんだけど
それをすると、もっとしんどいことになる。
ほんまこれイヤです。
でも耳鼻科で言っても「あ、そう」で終わっちゃうんだよね。


みっふぃが昨日卒業式。
後期試験を受けるんだけど、クラスメートの4分の3は既に行く高校が決まっている。
ひゃ~後期試験の子、少ないんだぁ。
残りの4分の1に入っているみっふぃ。式後はしっかり遊んでた(爆)
卒業式の歌はNHK合唱コンクール課題曲「エール」。
昨年も合唱コンクールの課題曲で「十五の君へ」だったけど
うーん、昨年の方が盛り上がったかな?←来賓席で見ていたヤツ
卒業、入学式評論家になれそうな私。


あ、パソコン壊れてます。
これはもう一つの方から更新してます。
前の98はめちゃくちゃ長生きしてるのにな。
(今も使える)
遅くてもあのころが懐かしい。
[PR]
by okaeri110 | 2010-03-13 11:14 | 日々の暮らし | Comments(4)

声がでない

明日は教会のセレブレーション。

なんたることか、私の声が出なくなってしまった。
今日はかすれるような声を絞り出して、やっと話せる状態だった。

それでも、くるりるの小学校にクローイと一緒に行って
授業時間をいただいて、イギリスのお話をさせてもらった。
それはそれでとても楽しかったのだけれど
なんせ声が出ないものだから、どうしたものかと思っていたら
短縮期間中のみっふぃがお昼に帰ってきたので
わたしの通訳に来てもらうことになった。

そう、クローイの通訳ではなく、わたしの通訳(笑)

それでなんとかやり抜くことができた。
みっふぃ、ほんまありがとね。

前日は、みっふぃのクリスマスプレゼントを買いに難波まで行ってきた。
時間がなかったので、ゆっくりできなかったけれど
最近は学校見学などで、二人でお出かけする機会があり
みっふぃはその時間を意外にも喜んでくれている。
(最初は「かーさんと行ってもべつに」なんて言ってたのにね)
そうかぁ、そうだったんだ。

で、明日。どうすべ。
歌えないって今さら言えないし。
どうしよ~~~~。
祈るしかない。
[PR]
by okaeri110 | 2009-12-22 23:44 | 日々の暮らし | Comments(0)

LOもHIも見たことない

以前、「低血糖で倒れたことがない」とおっしゃる方に出会って
びっくらこいたことがあるが
あれから意識して、出会う人にその話題をふると
「意識がなくなったことはない」という人、意外にいらっしゃるのだった。
それを聞いただけで、ぼう然としたものだったけれど
今度はタイトルの方である。

発症歴1年未満あたりだと、残存インスリンやハネムーンがあったりで
簡易血糖測定器でLO(血糖値20以下)やHI(600以上)を見ることはないのは
わかるのだけれど、それなりの年月を1型さんと過ごしてらっしゃる方で
「見たことがない」というのは素晴らしいことですね。

思えばポンプをしていた頃、針がきちんと入っていなくて
HIの連発でめげためいこだったが
最近はずっと高くて400あたりでしれっとしているので
うーん今度はA1c高いんだろうなと思っていると
朝が低血糖なのでA1cは先月と変わらず。

やっぱりA1cだけを指標にするのはダメだなぁ。
ぶれの少なさを測る指標みたいなのが出ないかなぁ。

100と150を2で割ると125。
50と200でも125。
極端に言うとこの二つでも同じA1cとして出てくるのはねえ。
めいこは完全に下の方ばっかりだ。

そーゆーめいこは、ただいま新型インフル罹患中。
子ども達順繰りに罹ってます。
わーい、予防接種打たなくていいわ~

…診療代が高いので一緒だわ~(涙)

下世話なことはおいておいて、めいこがんばれ。
今のところ食欲もあるし3人の娘のなかでは軽症なり。
[PR]
by okaeri110 | 2009-10-14 16:12 | IDDM | Comments(2)