今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

タグ:ウエスタン・リーグ ( 4 ) タグの人気記事

さっき、mixiのコミュに阪神・岩田くんがあるかなあと見ていて
あ、ついでに阪神で二番目に好きな筒井壮も(偏りすぎだぞ)検索かけたら
ありましたよ、びっくり。

で、そちらをのぞいて「引退」の文字にぎょっとした。
筒井壮が戦力外…若手から人望厚く来季育成コーチで入閣も

驚くことではないのである。
今季やらせてもらっただけで御の字の選手である。

成績は、一軍にたどりつけなかったけれど
「プロというのは客を呼べる選手のことである」と定義するならば
私は何度も「筒井壮に会いに阪神二軍戦に行きたい」と思った。
そして、彼のとびっきりなかけ声と、張り切りプレーで
ああ来て良かったと必ず思ったものだった。

チームにとって彼が特別な存在だったことは
球団側は、ひたむきな野球への姿勢と明るい性格を評価し、若手選手を指導する育成コーチかフロント入りを提示する。〈中略〉
9月12日に二軍がウエスタン・リーグ優勝を決めた際には、立石二軍監督代行の前に胴上げされるなど、練習熱心で若手からの人望も厚く、球団側も高く評価。形を変えてチーム残留を要請する。

なんてな記事内容で何となく想像がつく。
そうか、みんな慕ってくれていたんだ。
うるさいって思われてなくてよかった。

ファーム選手権で胴上げされてたんだ。
大事なものを見られなくて残念だったよ。
監督じゃない選手の胴上げというのは、感動的なものだ。

そうかー筒井壮って星野さんの甥だったんだー。
そりゃ切れないってこともあったんだろうなあ。

そういうことがあったとしても、なかったとしても
阪神は彼をフロント入りorコーチに招くだろう。



と、書いて気になったのでタイガース公式サイトでチェック。
阪神タイガース来季監督コーチメンバー
壮がいないぞとハラハラしていたら、
最後の最後に「育成コーチ」として名前があった。
ほっ。

またファームで壮の元気な声が聞ける。



もう一つの公式ニュース。
筒井壮現役引退について
阪神タイガースは、6日筒井壮選手(32)が自らの申し出により現役を引退することになりましたことを、お知らせいたします。

■筒井壮選手コメント
「期待されて阪神に入団したのですが、思い通りの結果が出せずじまいで本当に残念です。今後は何らかの形で、野球界のために役立てるよう頑張りたいと思います。」


年齢を考えれば、まだやろうと思えばやれるという気持ちもあったと思う。
結果が出ないまま引退を決断するのは苦渋だったろうけれど
男らしい筒井壮は、これからもそのままのカラーで
鳴尾浜にアホほどの元気をふりまいてくれることでしょう。

うわーしかし。
楽しみが減った。確実に減った。さみし。

あららぁ~萱島も引退だったのか。


で、気がつかなかった事実にまた気づいてしまいました。
垣内戦力外…

カッキーがとうとう。
あーーーー。
カッキーが。

でも、トライアウト受けそうな予感。
カッキーが。
いざという時に必要な人なので伊東さん、いかがですか?
余裕ないですか?(と、古巣に頼ってみる)
[PR]
by okaeri110 | 2006-10-23 15:46 | 野球 | Comments(0)

トレードは突然に

昨日、サンテレビで阪神とサーパスの試合中継があった。

坂くんが出ていたので、違和感なくみようとしたんだけど、
え、え、え、えええええ!!!??

坂って近鉄で子牛の頃いたんだよな。
だから違和感なく見ようとしていたんだけど、
まてまて。
彼、阪神のユニ着てるよ?

まてまて、よーく考えろ。
坂くんは、確か、分割ドラフトで楽天へ行っちゃったんだよな。

TVの人の話を聞く。
「坂は先日、楽天から阪神にトレードされました」
ほおおおお。
そやったんかい。
おかえりぃ~。

と、目を細めていたら、アナはとんでもないことを言った。
「牧野と交換トレードで」

へ?

牧野とトレード?
牧野いないの?

ノムさんから投手くれくれコールがきてたんだろうなあ。
そうかあっちに行ってしまったのか…


牧野。
オリックス→阪神→楽天

坂。
近鉄→楽天→阪神

ぬぬう。三すくみ(笑)

そういえば
まえか~
近鉄→阪神→オリックス

デススパイラルになってなきゃいいが(汗)

坂だが、解説のひでじぃ(加藤英司・サーパス前監督)によると
「分割ドラフトで是非とも獲って欲しいと言っていた」選手だったらしい。
その彼、オリックスじゃなくて阪神に行ったのは惜しいな。

でも、ひでじぃは、選手のよいところを
いーっぱいほめて紹介してくれるんで嬉しかったよ。

吉良くんのことも、ああ、そうやったんやあ、とうるうる。

この中継のレポも書かねば。
え、いいって?
書きたいのよ!

ひとまず「吾輩」を見る。


ちなみに、きょうは「きらり」ダメだったよ。
同じ積極的でも三島由紀夫の「潮騒」のように、さわやかにやってくれんと。
今日は引いたよ。ほんま。
[PR]
by okaeri110 | 2006-06-30 12:29 | 野球 | Comments(0)
今日の阪神戦、注目の選手は、なんといっても筒井壮。 
(なんでやねん)

いつも通りの筒井壮がそこにいて
なんとなく安心した私だったのであった。
筒井壮が、やけに物静かだったり
無駄な動きをせず、どっしりと構えていたりすると
私の方がそわそわして、
いてもたってもいられない不安にかき立てられるに違いない。

大阪ドームは妙に声が反響するので
誰が発する声なのかわかりづらかったので
最初は、壮くんなんだか落ち込んでる?と
気になっていたのだが
耳が慣れてくると、「なんだよあいつだよやっぱり」と
筒井壮の「さいっこう、さいっこう」(さあ行こう)が
わんわん響いてきた。

しかも、サードでせわしなく動く姿は三歳児。
いつまでたっても三歳児。
かっこいいわ、筒井壮。
しかも二塁打かっ飛ばして気持ちよさげに祝福されてたし
(点には結びつかなかったけどね)
中本のバントの時には
「おりゃおりゃおりゃ~~~っ!」と気合い満々で
前へ出てくるし、腹痛いったらなかった。

やばい、筒井壮だけで記事がおわりそうだ。
先発は中村泰広。
1失点で抑えるものの、コントロール難の選手なのかな。
打てそうなのになーと思っていたら
阪神ベンチ、安藤に代えてしまった。

ところで私は阪神の事情をまったく知らない。
なんで安藤がここにいるのだ。
故障していたのか?
不調で落ちて調整登板しているのか?
どっちだかわからんけど、上にいられないとしても
下にもいられない選手だ。
誰も打てないよ。
ウエスタン優勝決定戦で野口が出てきたみたいだよ。
若い衆のええ勉強させてくれて、ありがとうございました。
だから早く上に行ってください。


しかしその安藤。
1人をまず抑えてから、なんだか下をむいて落ち込んでいるみたいだった。
「また今日も無駄な球を投げてしまった」と
思索にふけっているプロレタリア作家のごとく、妙にしょげかえっていた。
どしたんだ?
やっぱり具合が悪いのか、安藤。

格が違うとはいえ、三振の山を築く安藤だったが
彼本来の力はまだまだこんなものではないのだろう。
恐るべし一軍の一流どころのレベル。

誰も敵がいない安藤に見えたが、強敵がいた。
そう、審判。
私でさえも「へ?同じとこじゃん?」という球をストライクだったりボールだったり。
安藤自身も「そりゃないですよ」という顔を何度かしていた。
そんな彼から会心のヒットを飛ばしたのは柴田。
筒井壮が飛んだんだけど三塁線をぬいてきれいに打ち抜いた。
その一塁走者・柴田が、実は牽制球でアウトになった…と思った。
しかし塁審はセーフ。
うそだーい、とサーパスファンからも正直に声がもれる。
(ウエスタンファンは実際、正直者が多い。どっちが勝ってもいいんだと思う)
安藤も「ええーそりゃないよー」というジェスチャーがあったが
阪神ベンチは抗議する様子もなかったので続行。
ま、その後しっかり抑えたんだけどね。パチパチ。

英司監督だったら絶対抗議してたよなあ。

あと前田大和くんもフィールデングが上手い。
今みたら、高卒ルーキーだったんだね。
まだ打席は本日は湿っていたようだけど、きっといい選手になるんだろう。
赤松も後ろで出てきたが、今日は特別なにもなく。
秀太も出てきたが特別なにもなく。(いつもそんな気がする)

岡崎がずっとマスクを被っていた。
まだまだリードも必死、という感じ。
こちらも雲の上の安藤さんに勉強させてもらっただろう。

狩野はいないのか、と思ったらDHでした。
捕手も打てないとチャンスがないからね。
岡崎もがんばれよ。

ナイスプレイといえば庄田もあったぞよ。
前に落ちそうな球を追いかけてキャッチ。

最終回は牧野登場。しくしく。
打ってほしいけど打っちゃだめよ。
やはり追い込まれる牧野さん。
でもね、なんか今日の牧野は気合いがだんだんすごくなってきたよ。
後がないってわかってる投球だった。
特にルーキー岡田との対戦はなかなかのもの。
岡田くんも雰囲気は負けてないんだけどね。

ああ楽しかったなあ。
あっという間の2時間半だったよ。

ウエスタン名物、うんちくおじいさんもあちこちに出没してたし。
あれ聞いていて「すっげえ野球好きやねんなあ」と感心しつつ
野球好きなあの人この人も年取ったら、
あんな感じになるんかなあと想像してみた。ぷっ。

やっぱりファームは面白いです。
なんとかやりくりして行ってこよう。
まずは鳴尾浜。
そして甲子園。(おまえはトラになるんだ)
いつか憧れの北神戸へ。

なぜか、三田駅と次郎駅の時刻表が手元にある。
別々の方からなのに、同時にそれぞれいただいた。
しかも申し合わせたように、1人は三田駅。もう1人は次郎駅。
これぞ、あうんの呼吸。
[PR]
by okaeri110 | 2006-05-26 22:22 | 野球 | Comments(2)
忘れないうちに書いておこう。
先ほど帰ってまいりました。
1-1で9回規定により引き分け。
好試合というか、あえて言うなら「微笑ましい」試合ですね。

先発の高木康成は、回を追うごとにいいピッチングになってきて
だんだん阪神打線がしょぼくなってきてたんだけど
6回からはあべけん登場。
マスクは鈴木から前田へとバッテリーごと代わった。

筧くんも出てきたけど二塁守備へ。
未だに二塁も守るっていうことは、捕手転向は決定的じゃないってこと?
後半からはめまぐるしく選手交代をしてくれて
今季初観戦の私は、ウハウハ状態でした。

あべけん、一イニングのみだったんだけど
いい感じで投げていた。(←どういい感じなんや?)
本当は先発でガンガン投げてほしい選手の1人なんだけど
今、上がっても中継ぎで一、二イニングという起用になるし
中継ぎといえば、KKOとフル稼働の男・萩原がいる。
(つーか萩原便利屋すぎ。戸叶だったらぶち切れてる)

7回は軒作登場。ほーほーこれが一光の、と目を細めて見ていると
2アウトから四球を出してしまい、バッター喜田のところで
投手交代。左かあ、左って…1人しか思い浮かばないよ、と
思っていたら、やはり歌藤登場。
へらへら不気味に盛り上がる私、40女一人きりであった。

歌さんと前田くんのバッテリーは久しぶりだ。
今日は前田くんに会いに来たようなもんだし
おまけに新しい子をいっぱい見られて、歌ちゃんまで見られて。
貴重な中継ぎ左腕の彼が、上にいないなんてもったいない。
菊地原だって壊れるよ。(それが壊れないんだなー)

試合をみていると、勝さんへのイライラが募るばかり。
いかんのう。
で、8回から筧くんがマスクをかぶります。
前田くんさようなら。しくしく。

さてさて町くん登場。
いいんですよ、またこの人が。
うるさい筒井壮や岡崎、前忠を三者凡退。
9回のマウンドは岸田くん。
これまた、さすが社会人エースということで
いい球投げますって。

野手の方では、岡田くんを初めて見た。
ええ体してます。ええ振りしてます。
中村剛也もルーキーイヤーはこんな感じだったのかな。
今季のドラフトはオリックス(にしては)当たりだったんじゃ。

あと柴田がいいんです。ほんとに。
私に気に入られる選手は大成しないんだけど彼は別格でしょう。
ショートの守備に関しては、もはや後藤を超えたかと

なんかさ、久しぶりに
輝く未来をいっぱい見つけたようですよ。
ドームを出るとドンヨリした雲で、とうとう雨が降ってきたけれど
私の足取りは軽く、明るい将来に胸一杯でした。

(タイガース視点のレポに続く)
[PR]
by okaeri110 | 2006-05-26 15:57 | 野球 | Comments(0)