今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

タグ:三井浩二 ( 12 ) タグの人気記事

日本シリーズ

今年は日本シリーズの記事をいっさい書いていないことに気づいた。

書いていないのは、試合を見ていないからでもある。
今年は実際的に見る機会がなかったからで、興味がないわけではない。

ただ、ジャイアンツとライオンズが対戦と決まったときは
「シリーズなのに打ち合い試合はいやだな」と思った。
今のところ、そんな極端なスコアはなくて、
どちらも投手ががんばっているようで安心した。

ちょろちょろと断片的にTVを見たのだが
2戦目の帆足の投球はきっちり見てあげたかったなあと。
明日投げるのかな?

それと豊田が西武ドームできっちり投げていたのが印象的だった。
ジャイアンツの越智がいい投手だなあと思った。
(シリーズで初めて知る選手多すぎ)
ライオンズの首脳陣、そろって貫禄ありすぎ(ボディ)だと思った。
ジャイアンツの尾花さんも東京来てお腹出てきたようだ。うう。

と、このように試合にまったく関係ないことしか思いつかないくらい
見ていない日本シリーズ。

でも、今年はライオンズに勝ってほしいので
明日はなんとか都合をつけて見たいと思う。

そうそう、昨日は久しぶりにみっちゃんを見ました。
久しぶりすぎて、昔の面影が少ししかなくて
ああ、きちんとした投手になったんだなあと。
それが寂しかったりするのはイケナイファンですね。

あと西口なんだけど。
全然だめなんだろうか。しくしく。


<後記>
今スコア見たら、三井は9回も投げたのね。
でもってごちゃごちゃにピンチになって
なんとそのまま谷チュンに交代したのね。
しかもTHE 谷チュンということで死球の後タイムリーで。
あぁぁ、、、私の見所を見逃してしまってショック。

みっちゃん、やっぱりみっちゃんだったのだろうか。
谷チュン、、、来年もがんばってよ。
ユウキも戦力外で凹んでるの。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-07 09:46 | 野球 | Comments(0)

完投!

教会にいるとパパから勝利のメールが。
昨年の阪神に必要だったもの、それは先発投手の完投。
やってくれました岩田くん。

四死球も1つだけ。
データを見る限りではノーコンではありません。
すごいな。大進歩。

ジャイアンツとは相性がいいんでしょうか。
甲子園でこの活躍、今晩は喜びをかみしめてね。

ビデオ録画しとくんだったな。
葛城スタメン5番やし。
うそみたい。
葛城3打点、平野1打点、二人の元BWで計4打点。
うそみたい。

一方で泥沼のオリックスがいます。どろどろ。
なんちゅーかすごい試合で。
ライオンズ、楽勝ペースがみっちゃん登場で
ローズにスリーラン打たれたりして5失点。(オリックスが5得点)
オリックス逆転勝利!みっちゃんあーあー負け投手!
かと思ったらその裏にオリックス・ヤングちゃん登場で
ライオンズ3得点。(オリックスが3失点)
ありゃりゃ。
一気にみっちゃんが勝ち投手になっちまいました。
さーすが三井。
相変わらずな、そんなあなたが大好きよ。

てか、よーく見ると自責点はともかく実際に打たれたのは
ヤングでも吉野でもなく加藤じゃないのさぁ(涙)
なんだよーこの試合。
私にツボすぎる試合でございました。
[PR]
by okaeri110 | 2008-04-27 01:06 | 阪神の岩田くん | Comments(0)

日米野球

もはや野村さんの、ぼやきしか聞こえてこない日米野球。
あまりにも選手の参加意識が薄いこのシリーズ、どうしましょうか。
うちの小学校のPTA総会みたいじゃん。
(PTA委員数570のうち委任状400、出席者50みたいなどーでもよさ)

監督推薦ですら断られてしまう。
(まあ怪我とか理由はあるんでしょーよ)

野村さんだから断りやすいと思ったんでしょうか。
Nさんが監督だったら気軽に断ったでしょうか。
0さんが監督だったらどうでしょうか。
Hさんが監督だったら。

社会人野球も経験された野村さんが、どんな戦いを繰り広げるのか
実は私はとても楽しみなのです。
メジャーの人が来て戦う、といってもシリーズが終わってみんな
力抜けてる時期だし、まあ言うたら落ち鮎状態なわけでして
見てもつまんな~い
余興やし~
営業やし~
ってそんな感覚でしか見ていなかったメジャーとの戦い。

でも、今回はすごく興味がある。
メジャーを知らないので、あっちがどんなレベルのメンツで来たのか
ちっともわからないんだけれど
こっちはわかる。笑えるくらいわかる。

てか、文字通り笑ったのよ。
イオン日米野球公式サイト NPB選手紹介

ひええええ。
小倉が出るの!? 福盛と!?
日高も出るの?出ていいの??
てか、また三井出てんじゃん!
しかもかなり重要っぽいじゃん。
ヘタしたら先発かよ。←ヘタしねえよ

高須て、なあ。
きゃー梵、そよぎよ。めちゃ嬉し。
しかも鉄平すよ。なぜか大村やし。
うーん、監督推薦で何故にこのメンバー。
稲葉とか和田とかあかんの?嫌いなん?

しかもこの首脳陣ときたもんだ。
今までのオリンピックとかWBCとかよりずっとずっと
うきうきわくわくしてくるでしょー。
ぜったい、面白いって。

野村さん、大村にずっと走れって言うんだろうなあ。

「野手は大砲はいないが、機動力を活かした攻めをしたい。」(野村はん)
大砲ほしくなったら山崎呼んできたらいいもんな。←呼ばないって

「投手はフォークボールを上手く使えれば、そこそこ抑えられるのではないかと思う。」(野村はん)
調子よくなってきたみたいなんでとよりん、いかがでしょうか?←けっこうマジ
ええい吉井も使っちゃえ! ←まったくフマジメ

そーいや首脳陣に古田を呼ばなかったんだな。
[PR]
by okaeri110 | 2006-11-02 11:49 | 野球 | Comments(0)

ダブルかとう

というタイトルですが、本日のイチバンはやっぱり本柳さまでした。

ライオンズ-バファローズ(5-3)
勝ち投手 松坂(完投)
負け投手 平野佳

平野くんは、今日はいいかも、と期待を持たせたものの
やっぱり打ち込まれてしまう。
やはり疲れが出ているのでしょうか?
それとも攻略されてしまったということでしょうか?

すでに4失点、ノーアウト1,2塁で投手交代する模様。
神部コーチが出る少し前にブルペンを見ると、え?

きゅっきゅっと投げるあの左投手は、もしかして。
ちら、と見えた12番に私は大騒ぎ。
歌藤くん登場。
あわてて12番ユニを取り出す。
でも、恥ずかしくて大きく前に出せないのよ。

本日、まえか~と入れ替わりで戻ってきたそうで
いろいろブッチしてお山の球場に来た私には嬉しいサプライズ。
リーファーをサラッとアウトにして、さてじっくり歌藤を見ようと思ったら
なんですか交代ですか。
ワンポイントしてる場合か。
ここで中村キャントクへの怒号あちこちから。

あべけんかー?とプチ期待したら本柳登場。
彼も先発やったり中継ぎやったりご苦労なことです。
本人も中継ぎが好き発言を数年前にしていたし
どんな形でも使われるなら全力を尽くす人なので
今日もしっかりと投げてくれた。

ピンチでも緊張を切らさず、引っ張りすぎの感がある7回も
ぐっとこらえて頑張っていた。
何度か球審がストライクをとってくれなくて悔しそうだったけど
ほんとよく堪えたなあ。
交代する直前の和田に対するストレート四球も、決してダメダメじゃなかった。

にしても、1アウト走者3塁って形にさせて交代っていうのもなあ。
昨日も8回は頭からユウキ(or加藤)でよかったし
今日も頭から誰かに行かせればよかったのに。

最近、野球のいろんなブログや掲示板まわってないんで
ちゃんと野球見てる人はどういってるかわかんないですけど
相変わらず妙だなあと思う次第でございます。

で、高木康成。
こんな場面だもん、彼にはきついよ。
リーファーへのワンポイントだったと思うけどダメでした。
そして今日もユウキ。
今年はずいぶん気持ちよく投げてるなって思った。
石毛監督に「孝行息子」と呼ばれて4年。
この間ずーっと怪我ばっかりで。
よく耐えたなって思う。

今日はこの数年、耐えて努力を続けた投手達を思って
やけに涼しい神戸の夜風を受けつつ、試合も負けてるし哀愁のトラジディ。

(なんで私は昨日からこのネタばっか書いてんだろ)

あ、でもまだ話は続いてて。
加藤も出てきてくれました。
歌ちゃんが早くに出ちゃったので、ブルペンでお二人並んでいるところを
見られなかったのが残念。

加藤は、そこそこよかった。
ストレートはたぶん球威が落ちてるんだろうけれど
使える変化球を投げられるようになっていた。やれやれ。

今日の松坂はガンガン直球で三振の山だったけれど
それと比べると加藤の調子は下り坂なんだと実感する。
昨年までは、ストレートがイマイチになると全部の球がダメで
不調に陥ってしまうばかりだったのだが
今日の投球を見ていると、悪いなりの投げ方ができるようになっていて
よかった成長している、と胸をなでおろした。

松坂14K14勝目!清原を4三振
マツが調子よかっただけにキヨの不調が際だったね。
記事を読むと「脱帽」ってなってるけど…打てないかなあ。←無茶?
キヨが打席に立つ度“お二人の世界”に入っていっちゃう。
直球が来る、とわかってて打てないキヨ。
そんなのが4回も続くと(4回!)アホかぁと思う。
脱帽して打てないんならバントでもしろよってさ。←あんたが無茶だ
マツも何が「こういう勝負のやり方をファンに見せたかった」って
それは2回くらいで十分。それより試合に勝って欲しい。
投手が可哀相だ。

みっちゃん、ブルペンで黄色いバナナがちらちら見えました。
一応アップしてたけど今日は出番なし。
残念。
今年はこれで見納めだね。あとはTVで見るからね。
プレーオフ頑張ってください。
[PR]
by okaeri110 | 2006-08-31 01:45 | 野球 | Comments(0)

三井と前川の投げ合い

のたうち回りそうな展開です。
生でもTVでも見られないので相変わらずYahoo!速報です。
明日だったら良かったのに。

このまま三井が負け投手になるのか。
と思ったらば好投デイビーに代えてまえか~。
いきなり福地にストレート四球。
とほほ。
どこまでいってもあんたはそれかい。
三井でも前川でも、どっちが負け投手になっても
私は明日の朝刊を見ながら“哀愁のトラジディ”を歌うことだろう。

なんてな諸行無常を感じつつ
目の前のハッカ飴でも口にふくんで気を落ち着かせている間に
投手交代でユウキになっとりました。

さすがに中村キャントクもアレだわな。
グラボースキーに思い出作りさせてるだけじゃないっつーことで。


最近、マック鈴木がメキシコリーグからアメリカマイナーリーグとの
契約を結んだってことを自身のブログに書いているのを読んでいたら
徳元から激励コメントがついているのを発見し
なんといいますか
“お前もがんばれよ”状態な訳でして。

そんなことを考えながら再びYahoo!速報に目を転じれば
ユウキがカブレラと対戦中でして
再び現実逃避をはかるため、2個目のハッカ飴に手を伸ばそうとしたら
下の娘が風呂から上がったので髪にドライヤーをかけてやり
PCの前に戻ってきたらばカブレラにスリーラン。

ま、三井の負けも前川の負けもなくなった、ということで納得しましょう。




できまへんがな。



やっぱり“哀愁のトラジディ”歌っとこ。



翌日追記:
朝のニュース見てたらガルシラン(ガルシアのホームラン)で同点延長。
え、うそうそ勝負弱いオリックスが、と思っていたら
最後はキヨのツーランでサヨナラゲーム。

雨で中断してるから試合終了11時半だって。
最後まで残った客は大事にしろよ。

TV画面で長田の悔しそうな顔。
やっぱり勝っても負けても胸が痛いんだ。

確認してみたら、ユウキの後セラフィニが投げて
同点延長後は加藤が投げてるじゃないの。
なんだ投げられるんじゃないの。
しかも3,4,5番かっこよく抑えてるわよ。
152km/hとか。
ナックルカーブも決まってるみたいよ。

最近調子が悪かったので信用なかっただけなんだ。
8回で1点差で勝ってるのにデイビーから代わるのは
方程式なら加藤だったんだけどな。
でももう一つの方程式、菊地原というのもあって
彼は今いないからユウキがその穴をしっかり埋めてくれている。

でもまえか~。
ふふふ。
空気をしっかり読んでくれたまえか~は四球で即交代。
こりゃまた叩かれてますよ>中村キャントク

という話はおいといて、
加藤はきっちりかっこよく抑えて(プチ雄叫びもあげたんじゃなかろうか)
信用を回復したことでしょう。
本日が勝ちゲームなら見られることでしょう。ふふふ。←行く人

てことで、“哀愁のトラジディ”を歌うのはやめて
ファットボーイスリムを口ずさみましょう…って歌えねーっつーの。
[PR]
by okaeri110 | 2006-08-29 20:54 | 野球 | Comments(2)
Bs-L戦
見事に最終回残して帰宅しました。

だってもう9時近かったもん。
我が家の子どもには十分夜遊びが過ぎてます。
(くるりるが電車で寝られると限界)

今日は本柳先発。
これは押さえておかねば。
何故か子ども達は「ファンクラブに入る」とかシーズン終盤近くなってから言うもので
気がつくと手には3枚のユニ。
しめしめ、かーさんが好きなように背番号をつけて…と思いきや
「めいこは3番~」
ちっ。

まあ3番はいいんだけどね。
5番とか8番とかじゃないから。

そうそう。
かーさんのピンバッチは大当たり!の萩原でした。
誰がなんちゅっても当たりやねんて。

さて試合。
本日は久しぶりに上段席で観戦。
4人で出かけたのに上下で8人分の席をとってのんびり。
ああこれぞパ・リーグ♪

とか言ってるから合併されちゃうんだよな


試合にもどろう。
先発・本柳は初回から危なくてすでに2失点。
あらー。
でも松坂も決して良くなくて。
最初の清原対決の時、4球続けてストレートきたんで
ムキになる病はまだ癒えてないのかと思いきや
ちゃんと5球目から変化球をまぜてきました。
調子も悪かったしねえ。

今のうちに点をとってほしいと思いつつ
真二のソロ含む2得点のみ。
いや打つんですよ。ヒット数ライオンズとほとんど変わらんし。
2塁までランナー進めてるし。
清原も一度感心するくらい素敵なヒットを打ったんだけど
肝心の時は打てない。ノリもだ。
北川とか村松とか本当に頑張ってるんだけど。

対するあちらはカブレラーンを久しぶりに見て
(でもなあ昔の飛球の速さといったら目で追えなかったくらいだから)
こわっこわっと泣いていたら和田にもホームラン。

しかし本柳は目が覚めたように立ち直ります。
レオ打線、急に打てなくなっちゃって。
素晴らしい投球に1人拍手。

左投手が出てきたので誰だろと思ったら高木康成。
個人的に久々だったので、じっと観察。
そーゆー投げ方になってるんだ。
そういえば岩隈は元気かな、とちょっと回顧してみる。

康成は元近鉄ファンの兄ちゃん達にプチ罵倒を浴び、
続いて登板の金子千尋くんは更に年季の入った罵倒を浴び、
なんでやね~ん、ちょっとボール入らへんだけやん、
こんなんマックに比べたらちょろいもんやで、胃も痛ならへんし。
と、心の中で若手芸人…じゃなくて投手をかばっていたのであった。

さて8回裏。
ここは3点差だし、貴が出てくると思ったら、きゃー。
バナナよ、バナナを持って登場する左投手といえば三井しかいません。
今季ほんまに初観戦。

今年の三井は安定しているという噂ばかり聞くのだが
さてどうだ。
決してしびれる投球ではないけれど、地味にノリを押さえる。
地味だー。
彼なりに緊張していたみたいだけれど
(大阪ドームはあんまり相性よくない。つか打たれてるとこしか見てない私)
水口が代打で登場しても大丈夫だった。
やれやれ。

谷には粘られて(粘られると投げる球なくなってしまう)打たれるも
代打・相川には空振り三振。
相川が打ったらそれはそれで盛り上がったんで
ちょっと相川を応援してみたりしたんだけど。

ここで時間切れ。
席を立つと、あちこちで人が帰る様子。
え、え、なんで?みんなあと1回やん?最後まで見てやってよ。
と、自分たちの事は棚に上げて引き留めたくなる私。

まあ、確かにここから3点差を逆転する力がBsにあるかと言われると。あはは。

あはは。
っちって笑って自宅近くの駅から自転車に乗って帰ろうとするとメール。

え。
勝ったって。

なんだよあんたら繋げる野球できんじゃん。
ずるいっつの。
早くやってっつの。

その夜はスポーツニュースをハシゴしながら
にへらにへら笑う私がいた。


__________________
菊地原が登録抹消とか。
鉄の人もさすがに。
彼がいないとプレーオフは厳しいなあ。(まだそんな事考えるか)
[PR]
by okaeri110 | 2006-08-10 09:20 | 野球 | Comments(0)

三井は元気で何よりです

松坂 初退場も11勝“投手3冠”


前日、後半戦先発が本柳だと聞いたので
火曜サスペンスになったらどうしようと、TVを付けるのも怖かったのだが
相川がスリーラン、ソロと打ちまくってくれたおかげで3勝目。
ひでじぃも喜んでいることでしょう。

投手リレーも、結果だけをみるときれいに決まったようで。
大久保が被安打、四死球ともにゼロっていうのが一番の安堵かも。


さて、上記リンク先は昨日の試合の記事っす。
結果はライオンズ4-1バファローズ

大西への頭部死球は、たいしたことなかったようで安心した。
この、裏から相手ベンチに行って謝罪、というのはよくあること?
この間のベニーちゃん暴れてごめんね事件で定着してしまった?
まあ、相手が“仲間”の大西だったのもあるんだろう。

危険球退場になった後、緊急登板したのが三井浩二。
球場にいたら大騒ぎしていたことであろう。
ちゃんと後続を断ち切り、マツにお中元の催促までしたご機嫌ぶり。

ああよかった。
中継ぎとして安定した活躍を続ける三井だが
関西ではどうかなー。あんまり出てきてない気がするのだが。
8月末には行けると思うので、お待ち申し上げております。

みっちゃんの記事(つーかマツの記事だよ)を見つけて
嬉しかった暑い夏の朝でした。
[PR]
by okaeri110 | 2006-07-27 10:17 | 野球 | Comments(0)

私的週末野球のツボ

谷中のことを書こうとしたんだけど、チェックしたリンク先がどこだったか見つからず。
見つかったら後で入れておきます。

喝!で見た映像だけれど
肩に当てた死球で、いつものように淡々と帽子をとってごめんよ、とした谷中。
審判は退場宣告。
その後の、へ?という顔を残したまま画面はノムさんを映す。
結局、谷中は危険球退場。
ベンチに帰る際、怒りが爆発してグラブをベンチに投げちゃいましたとさ。
谷中って気が大きいんだか小さいんだかわかんねーよ。

しかし、ま。
しょうがないのよ。
谷チュンから内角攻めという武器をとってしまったら
いったい何で戦うというの。
そうはいっても、私が見る試合でも毎回ってくらい当ててるのも事実。
すまん、打者。
清原も、腹が立つならピッチャー返しの練習をしてくれたまえ。



日曜日。
ライオンズがジャイアンツと戦っていた。
ライオンズの33番が出てきて、フツーに「玉野や」と思った私は時計が止まっている。
ほんでよく見ると江藤だったので、「あれ巨人の攻撃か」と思った私なら許されるわよね。
前日は、三井がピンチを招いてニュースでも出まくりだったので
今夜は出番ないだろなあ、と思っていたら2イニング投げました。

昨日の三井は野手エラーの後、頭がからんからんになって
自分も悪送球エラーでピンチになるという、彼の定石パターンだったが
本日は危なげなく投げていた。
今日のスライダーは前川に勝っていたかもしれない。
(勝負相手が前川かよ)
その後、ライオンズ打線が爆発しちゃって
とよりんの出番はなくなった。
ほっとした気分。

久しぶりに野球三昧の(ってほどでもない)休日だった。
しかしくすぶる炭に火をつけてしまっただけかもしれない。
行きたい行きたい。球場に行きたい。
次回行けそうなのは26日の大阪ドーム。
午前中からサーパスと阪神戦がある。
これくらい見せてよ。
もういい加減、前田くんに会いたいのよ。
[PR]
by okaeri110 | 2006-05-15 09:22 | 野球 | Comments(2)

気になるのは投手ばかり

ライオンズと首位攻防戦をしてるなんて。

その前はホークスに「負けなかった3連戦」という
にわかには信じられない戦績だったし。
(数日経っても信じられない)

さて加藤。
開幕してからずっと気になっているのだが
変化球が使えなさそうです。
ナックルカーブはまだまだ。

ホークス戦では大事な場面で一発打たれたようだし
今日はとうとう使ってもらえませんでした。
理由があったのかもしれないけれど。←それもこわい

その分、萩原が大車輪の活躍の模様。
今季、万が一プレーオフにいっちゃったら
彼が影のMVPとか言われちゃうんでしょうか。

また危ない妄想が始まりました…

さて、明日のスカイマーク。
まえか~と帆足が先発。
私のための試合です。
もちろん行けません。

試合の真っ最中、わたくしは今年度のいけにえ(PTA実行委員たち)を
選出する会議をファミレスで開いておるのです。
私も戦うわ。
まえか~もがんばれ。
帆足もがんばれ。

今季は、マジで野球見られそうにないです。
TV観戦でさえ無理。
それなのに、どうして私は加藤大輔の記録だけは
チェックしているのでしょうか。
あほとしか。

ちなみに、今日の試合の三井はデータで見る限り
と~っても良かったようで一安心。

あれ。
楽天勝ってるな。
山崎1号おめ。
[PR]
by okaeri110 | 2006-04-13 01:16 | 野球 | Comments(0)

佐野ぴーとは誰か

今回のフィギュア報道過熱で、俄然TV界に現れた、
やけに選手になれなれしいおっさんは誰だ?という声が
日本中のお茶の間から聞こえてきそうでありまする。

佐野さん…

昔はダンディなお兄さんだと思ってたんだよ。
さぞやすてきなおじさまになっておられるだろうと
私は数十年、そう思いこんでおりましたのよ。よよよ。

今の男子フィギュアはお水っぽいんだけど
昔は紳士が氷上で滑っているって感じが強かった。
その中で、黒っぽいパンタロンみたいなパンツで決めていた佐野稔さん。

引退された後も、解説をやってらっしゃって
ユーモアあふれる気さくなお兄さん(おじさん)だったんだ、と
そう思っていたんだけれど
まさかここまで体操OBの森末化するとは。(汗)

いや、別に悪いといっているわけでは。
ただ、ちょいとショックなだけです、はい。

五十嵐さん(文男さん)の方がクールだったですけどね。はは。
これじゃもうすぐ中西太さん化するのも時間の問題か?
(いや太さんも好きです)


NHKに昨夜、ゲストとして恩田選手が出ていた。
今夜も出るみたいね。
以前から、女子フィギュア選手でお友達になりたい人は
恩田さんだなあと思っていた。
イチバン楽しそうで性格がよさそうでしょう?
昨日もその予感どんぴしゃりのオモロイコメント出しまくりでした。

村主選手に「この人はどうやって調整してくるのか聞いてみたい、ほんと聞いてみたい」と
何度も繰り返していたけれど、そういう率直な恩田さんが好きです(笑)
本当は、あなたにトリノへ行ってもらいたかったな。
まだがんばれるよね。


とか、トリノネタを書いている私ですが、
頭の89%は、野球の試合にいってます。
ここここ、こんな時期にやきうのしあいがみられるんすか!
いいいいい、いま、やってるんすか!!!
ヤフードームぅぅぅぅ。
三井ぃぃぃぃぃ。

TVの前に行きます(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2006-02-24 19:41 | スポーツウォッチング | Comments(0)