今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

タグ:元らいよんたち ( 12 ) タグの人気記事

13度目の日本一って

創立30周年でしょ。最強じゃん。
王者レオという言葉はまだ廃れていませんでした。

とはいえ堤オーナーが去った今
フロントも一新されて、別の球団になった感がありますが
戦っている現場の方々は試合をするだけです。

6戦目の中継ぎで岸の姿をみた瞬間
7戦目は西口だ!と。
そう思ったとたん、そわそわして、落ち着かなくて
この監督やるなあと思った。

実は昨日の試合見られなかったわけで。
録画する余裕もなくて。残念。
西口はそんなによくなかったみたいだけれど
それは立ち上がりの悪い彼にとっては
(しかもずいぶん投げていないのだし)
予想通りのことかもしれない。
1回裏、ラジオを聞いていためいこが
「2アウト満塁やで」と言うのを聞いて覚悟していた私は
「抑えた」と報告するのを聞いて腰の力が抜けた。
エースの力。

彼がいまでもエースだと思うのは岸のことば。
「絶対西口さんに投げさせたい、という気持ちだったんです」

ちくしょー。
このチーム浪花節だ。
彼に託した久信の気持ちにも熱いものを感じたのだった。

もちろん後は総力戦で。
星野もがんばった。
トヨも好投だったんだねえ。
シリーズでのトヨはよかったねえ。
思わず、横浜とのトヨ先発の試合を思い出して
当時はこんな風に生き残っていくとは思いもよらず
彼のこれまでの道程の重さに感じ入ってしまった。

見る目のない私だから、あの時の豊田を見ても
線が細くて、きれいだけれどそんなに人々から
大注目を浴びるような選手になるとは思わなかった。
3番手くらいの先発で活躍し、一般の人には
「豊田はいい投手なんですよ」と説明が必要な
そういう投手になるのだろうと思っていた。

リリーフに回ってからの豊田の変化には
ちょっとびっくりし、またその変化していく様子に
惹かれもしたのだった。

あ。。。
トヨの話ばっかりになっちゃった(汗)

ライオンズは銀二朗がよくがんばったね。
平尾が大塚の再来になっちゃったね。
ボカチカやっちまったなあ。
片岡、7番の選手にはいつも「まだまだ」と
辛口採点になってしまうわたしだけれど
シリーズみてやっとOKサイン。
いいよ、その思いっきりの良さとガッツ。
守備はこれから上手くなってください(笑)

これでWBC監督が原監督になっちゃったら
なんか面白いねえ(笑)
久信(わたしは現役時代からナベQと言わずこう呼んでいた)監督は
監督1年目だから辞退したけれども
「野村監督とかいいんじゃないんですか」とさり気なく
野村さんを名指してあげる反骨精神があったりしてニヤリでした。

思わずほろりときた岸くんの記事です。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-10 09:23 | 野球 | Comments(0)

日本シリーズ

今年は日本シリーズの記事をいっさい書いていないことに気づいた。

書いていないのは、試合を見ていないからでもある。
今年は実際的に見る機会がなかったからで、興味がないわけではない。

ただ、ジャイアンツとライオンズが対戦と決まったときは
「シリーズなのに打ち合い試合はいやだな」と思った。
今のところ、そんな極端なスコアはなくて、
どちらも投手ががんばっているようで安心した。

ちょろちょろと断片的にTVを見たのだが
2戦目の帆足の投球はきっちり見てあげたかったなあと。
明日投げるのかな?

それと豊田が西武ドームできっちり投げていたのが印象的だった。
ジャイアンツの越智がいい投手だなあと思った。
(シリーズで初めて知る選手多すぎ)
ライオンズの首脳陣、そろって貫禄ありすぎ(ボディ)だと思った。
ジャイアンツの尾花さんも東京来てお腹出てきたようだ。うう。

と、このように試合にまったく関係ないことしか思いつかないくらい
見ていない日本シリーズ。

でも、今年はライオンズに勝ってほしいので
明日はなんとか都合をつけて見たいと思う。

そうそう、昨日は久しぶりにみっちゃんを見ました。
久しぶりすぎて、昔の面影が少ししかなくて
ああ、きちんとした投手になったんだなあと。
それが寂しかったりするのはイケナイファンですね。

あと西口なんだけど。
全然だめなんだろうか。しくしく。


<後記>
今スコア見たら、三井は9回も投げたのね。
でもってごちゃごちゃにピンチになって
なんとそのまま谷チュンに交代したのね。
しかもTHE 谷チュンということで死球の後タイムリーで。
あぁぁ、、、私の見所を見逃してしまってショック。

みっちゃん、やっぱりみっちゃんだったのだろうか。
谷チュン、、、来年もがんばってよ。
ユウキも戦力外で凹んでるの。
[PR]
by okaeri110 | 2008-11-07 09:46 | 野球 | Comments(0)

王監督、秋山監督

王監督。
130試合(当時)すべてに全力を尽くさないといけないと
そう思っていた頃の王さんは、ホークスを強くすることはできなかった。
たとえ負け試合だとわかっていても、力をセーブするような采配は
観に来たファンに失礼だと、常にベストメンバーに
ベストなプレイを要求した。

でも、優勝することこそがファンの願いだと気付いた王さんは
1試合に全てをかけるのではなく、130試合を見据える戦いかたを
するようになった。

そうしてバツグンに強くなったホークス。
しかし、どんなにやっても勝てない弱小ブルーウェーブに対して
気を緩める試合を決してしなかった。
目の前でサンドバック状態になっているBW投手陣に
手を緩めることなく(もちろん余裕があったのは事実だが)
最後のイニングまできちんと試合をした。

正直、ワンサイドゲームになると
相手ベンチがだれてくるのが丸わかりだ。
テレビで見ていても感じるのだから、やっている選手にとって
プロの選手にとっていたたまれない状況だろう。

王さんはプロだったと思う。
当たり前にプロだったと思う。
あの、日本記録の大敗試合を、私はビデオに録画した。
本当はさっさと消してしまおうと思った。
こんなの思い出にしたくなかったから。
でも、むちゃくちゃな試合だったけれど
(試合にもならなかったけれど)
王監督がBWとの試合にプライドを見せてくれたから
そして、そんな王監督のもとで試合をしたホークスが
試合を投げずに9回までやってくれたから
(やってくれた、という言い方がまずいのだけれど
試合を見ているものとしてはそう言うしかない展開だった)
私は王監督とホークスに敬意を表した。
ずっと。

その王監督が勇退される。
そして秋山さんが監督になる。
秋山さん。
ジェットミサイルの歌、いまだに無意識に口に出てしまう。
秋山さんの宙返りパフォーマンス。
秋山さんの不言実行。
秋山さんのレーザービーム。(当時はそんな言葉なかったね)
こんなすごい人がドラフトにかからなかったなんて。

ホークスの歴史は複雑で重い。
ライオンズが強くなって、これを倒すチームを作らねばと
根本さんたちが福岡に渡ってチームを作った。
かつての西鉄、太平洋クラブ、クラウンライター・ライオンズの地だ。
そこへライオンズより強いチームを、と作られたホークス。
根本さんが真っ先に呼んだ選手が秋山だった。
(そういう風にわたし達ファンは捉えた)

そして、少し時間はかかったけれどホークスは強くなった。
ライオンズファンであった時、ホークスとの試合は気合が入った。
実際、試合としても面白かった。
今年は、故障者もたくさんいて戦力ダウンだったけれど。

パ・リーグくささを一番持っているのがホークスだと思う。
好きか嫌いかと言われれば、正直、答えに困る。
強くて腹が立つ、むかつくチームだと答える。
嫌いといえば嫌いだがヒールとしていつまでも強くいて欲しいと
心から願っている。
弱いホークスなんて、敵ファンにとって面白くない。
相手チームファンを地団駄ふませて悔しがらせる。
ホークスはいつもそんなチームであってほしい。
強いからこそ、勝ったときの喜びは大きいのです。

王監督、お疲れ様でした。
素晴らしいと思う監督はたくさんいますが
心からリスペクトする監督は、王監督です。

そして秋山監督。
来年からよろしくお願いします。お手柔らかに。
[PR]
by okaeri110 | 2008-10-09 16:36 | 野球 | Comments(3)
ジャイアンツに行ってから、なにげに伊原記事が増えている。

ライオンズコーチ時代から、やばい発言てんこもりだった伊原コーチだが
阪神コーチ時代のノムさんとの確執、ライオンズ復帰、監督就任、
そしてオリックス監督就任という中で、
彼のネタ披露に夢中になる人が倍増している。

そして今回のジャイアンツコーチ就任ということで一気に注目度もアップし、
今まで気づかなかったジャイアン番記者たちの度肝を抜いているようだ。

この間の手本走塁での負傷事件といい
この記事・G・伊原コーチ屈辱デビュー…“伝説の走塁”広島にやられたといい
伊原がジャイアンツの監督かと、思い間違うほどの取り上げられ方だ。

ナンバービデオ化した伝説の「走塁伝説」だが
これとてクロマティが、どてどてのんびりしていたからであって
伊原が回さなくても発彦はそのままいっちゃったんじゃないかという
微妙な具合だったと思うのだけれど
なんか「伊原の業績」って感じに言われていて、まさに伝説化されている。
コーチの仕事をこんな風に評価され伝説化されること自体レアなので
そういう意味では、“伝説のテレンコ・コーチ”と呼ばれるにふさわしい人である。

開幕したら日テレで「今日のイハラ」コーナーが始まるに違いない。
[PR]
by okaeri110 | 2006-11-09 12:39 | 野球 | Comments(0)
さっき、mixiのコミュに阪神・岩田くんがあるかなあと見ていて
あ、ついでに阪神で二番目に好きな筒井壮も(偏りすぎだぞ)検索かけたら
ありましたよ、びっくり。

で、そちらをのぞいて「引退」の文字にぎょっとした。
筒井壮が戦力外…若手から人望厚く来季育成コーチで入閣も

驚くことではないのである。
今季やらせてもらっただけで御の字の選手である。

成績は、一軍にたどりつけなかったけれど
「プロというのは客を呼べる選手のことである」と定義するならば
私は何度も「筒井壮に会いに阪神二軍戦に行きたい」と思った。
そして、彼のとびっきりなかけ声と、張り切りプレーで
ああ来て良かったと必ず思ったものだった。

チームにとって彼が特別な存在だったことは
球団側は、ひたむきな野球への姿勢と明るい性格を評価し、若手選手を指導する育成コーチかフロント入りを提示する。〈中略〉
9月12日に二軍がウエスタン・リーグ優勝を決めた際には、立石二軍監督代行の前に胴上げされるなど、練習熱心で若手からの人望も厚く、球団側も高く評価。形を変えてチーム残留を要請する。

なんてな記事内容で何となく想像がつく。
そうか、みんな慕ってくれていたんだ。
うるさいって思われてなくてよかった。

ファーム選手権で胴上げされてたんだ。
大事なものを見られなくて残念だったよ。
監督じゃない選手の胴上げというのは、感動的なものだ。

そうかー筒井壮って星野さんの甥だったんだー。
そりゃ切れないってこともあったんだろうなあ。

そういうことがあったとしても、なかったとしても
阪神は彼をフロント入りorコーチに招くだろう。



と、書いて気になったのでタイガース公式サイトでチェック。
阪神タイガース来季監督コーチメンバー
壮がいないぞとハラハラしていたら、
最後の最後に「育成コーチ」として名前があった。
ほっ。

またファームで壮の元気な声が聞ける。



もう一つの公式ニュース。
筒井壮現役引退について
阪神タイガースは、6日筒井壮選手(32)が自らの申し出により現役を引退することになりましたことを、お知らせいたします。

■筒井壮選手コメント
「期待されて阪神に入団したのですが、思い通りの結果が出せずじまいで本当に残念です。今後は何らかの形で、野球界のために役立てるよう頑張りたいと思います。」


年齢を考えれば、まだやろうと思えばやれるという気持ちもあったと思う。
結果が出ないまま引退を決断するのは苦渋だったろうけれど
男らしい筒井壮は、これからもそのままのカラーで
鳴尾浜にアホほどの元気をふりまいてくれることでしょう。

うわーしかし。
楽しみが減った。確実に減った。さみし。

あららぁ~萱島も引退だったのか。


で、気がつかなかった事実にまた気づいてしまいました。
垣内戦力外…

カッキーがとうとう。
あーーーー。
カッキーが。

でも、トライアウト受けそうな予感。
カッキーが。
いざという時に必要な人なので伊東さん、いかがですか?
余裕ないですか?(と、古巣に頼ってみる)
[PR]
by okaeri110 | 2006-10-23 15:46 | 野球 | Comments(0)
そろそろ、どこかから声がかかってるとは思ってました。
伊原氏が巨人来季の新コーチ就任へ

そうきたか…
ジャイアンツは腹をくくったんだろうか。

やっぱりおっさんがコーチャースボックスに立っているのを見るのは
私には楽しみだ。

黒田も戦力外通知とか。
トレード先で活躍するライオンズ選手って少ないなあ。
土肥が一番目立ってるかなあ。

青木はどうしてるんでしょう。
あ、ケン・スズーキはまだがんばれるでしょうか。
[PR]
by okaeri110 | 2006-10-03 17:44 | 野球 | Comments(0)

オールスター

広島12ーオリックス4

広島球場は大喜びだったことでしょう。
しかし、ズルズル来てますな。
3年前には戻りたくないです。

kamaさんに教えていただいた通り、オールスターのノミネート選手が出てますね。
オリックスは、二大、いや三大中継ぎ職人がいるけど、出番が多い菊地原がノミネート。
(イニング数でいうと萩原にーちゃんなのだが)
さて私は誰を選ぼうか。
武田久を選んでいたり(これこれ)

三井、たまにはオールスターも出してやりたいですが
ボビーが彼を起用するところが想像つきにくいです。
そうだな、ボビーが監督推薦で誰を選ぶか興味がある。

楽天、やっぱり谷チュンがいつも投げてます。
今季はまだ一度もお目にかかってないわね。
(あの危険球退場のニュースシーン以外は)



それから。
甲子園での第三戦めで、とうとう相木が投げてるの見ました。
共食いみたいだから、オリックス戦には登板して欲しくなったんだけど
この点差じゃねえ、という最終回でした。

相木に関しては岡田監督が
「あれだけの良い球を投げるのに、どうして結果がでないんだ」というような事を
言ってくれていたそうだけれど、そうなんです。
岡田監督の言葉にすがりたい気持ちです。
きっと昨年はマエカーに対して同様の事を言ってくれていたんでしょう。

そのマエカー。
まったく、ほんとに、びっくりするくらい、相変わらずの自滅でした。
笑いとしては腹が痛いくらいなんですが
本人も私もはらわた煮えくりかえってます。
どこまで気ぃ弱いんや。
だからこそ見捨てられへんのやけど。

本人もはらわた煮えくりかえってると書いたけど、
ベンチでの様子を見てると間違いないので、次回こそお願いします。
つーか、わざわざマエカーに投げさせないでね>中村勝っちゃん。

それにしても阪神打者は、打球をよく見てるし
きっちり決める時は決めるし、ソツがないなあと感心しました。
あと真弓さんが言ってましたが
「阪神は金本が加入したことが大きいですね」という言葉。
北川が怪我で休んでいたことが話題になった時に言ったのだが
「少々の故障でも金本のように試合に出続けている者がいると
なかなか休めないですからね」
ああ。
真弓もその時代の人間だったか。

西武の黄金時代もそういう選手の集まりだったよなあ。
石毛さんが解説時代、何度か「今日びの選手は簡単に休みすぎる」と
年寄りっぽく熱く語っておりましたが、そうなのねえ。
ノリは無理しなくていいと思うけど(笑)
[PR]
by okaeri110 | 2006-05-24 10:25 | 野球 | Comments(0)

私的週末野球のツボ

谷中のことを書こうとしたんだけど、チェックしたリンク先がどこだったか見つからず。
見つかったら後で入れておきます。

喝!で見た映像だけれど
肩に当てた死球で、いつものように淡々と帽子をとってごめんよ、とした谷中。
審判は退場宣告。
その後の、へ?という顔を残したまま画面はノムさんを映す。
結局、谷中は危険球退場。
ベンチに帰る際、怒りが爆発してグラブをベンチに投げちゃいましたとさ。
谷中って気が大きいんだか小さいんだかわかんねーよ。

しかし、ま。
しょうがないのよ。
谷チュンから内角攻めという武器をとってしまったら
いったい何で戦うというの。
そうはいっても、私が見る試合でも毎回ってくらい当ててるのも事実。
すまん、打者。
清原も、腹が立つならピッチャー返しの練習をしてくれたまえ。



日曜日。
ライオンズがジャイアンツと戦っていた。
ライオンズの33番が出てきて、フツーに「玉野や」と思った私は時計が止まっている。
ほんでよく見ると江藤だったので、「あれ巨人の攻撃か」と思った私なら許されるわよね。
前日は、三井がピンチを招いてニュースでも出まくりだったので
今夜は出番ないだろなあ、と思っていたら2イニング投げました。

昨日の三井は野手エラーの後、頭がからんからんになって
自分も悪送球エラーでピンチになるという、彼の定石パターンだったが
本日は危なげなく投げていた。
今日のスライダーは前川に勝っていたかもしれない。
(勝負相手が前川かよ)
その後、ライオンズ打線が爆発しちゃって
とよりんの出番はなくなった。
ほっとした気分。

久しぶりに野球三昧の(ってほどでもない)休日だった。
しかしくすぶる炭に火をつけてしまっただけかもしれない。
行きたい行きたい。球場に行きたい。
次回行けそうなのは26日の大阪ドーム。
午前中からサーパスと阪神戦がある。
これくらい見せてよ。
もういい加減、前田くんに会いたいのよ。
[PR]
by okaeri110 | 2006-05-15 09:22 | 野球 | Comments(2)
森慎二、右肩脱臼全治1年
うわ~…
先週の情報では「3試合あればいける」とか言ってたのに。
全治1年ってそれはもう致命的なんじゃないのか。
投手で31歳だよ。
いやいやいや、まだ投げられないと決まったわけじゃない。
キューバの決勝で投げてた人も37歳とか言ってたし。
うーむ、しかし。これからって時に。l

L青木とC福地がトレード
これは盲点。
これじゃますますカープから目が離せない。
ローズにぶん殴られてからいい事なかったもんなあ。

そのローズ、引退だそうで。
阿倍野に住んでいた頃が、彼にとっても一番楽しかったんでは。
お疲れさまでした。
[PR]
by okaeri110 | 2006-03-24 09:50 | 野球 | Comments(0)
中日・デニー“幻惑投法”56球!一昨年までとの違いをアピール
この思わせぶり幻魔大戦ぶりの記事、
いったいどんなんやねんって
どんな投球かめっちゃ気になりますよねえ。

そうかー落合さんは、この変貌ぶりを知っていたんだね。
うぉりゃ~系から惑わせ魔法使い系に変化をとげるのは
長く選手としてやっていくための必要な技術である。

デニーさんは、無駄にアメリカ生活を送らなかったんだ。
えらい。
昨秋、家から歩いて短パンで契約したんだよ。
落合さん、入れてくれてありがとう。
でも落合記念館は入場料が高くて入れません。

開幕から一軍だったら鳴尾浜で会えないね。
それだけが寂しい。
(いいから一軍の試合を見に行きなさい)

ええと、中日とのオープン戦はいつだっけ。
生の昌も一度は見ておきたいなあ。
やっぱり中日戦、はずせません。
[PR]
by okaeri110 | 2006-02-06 14:33 | 野球 | Comments(0)