今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110

タグ:楽天イーグルス ( 15 ) タグの人気記事

三振 四球 三振 本塁打 …The Yamasaki !!

ちくしょー楽しそうだなぁ、おまいら。

この時期まで野球をやれる(応援できる)楽しさよ。
[PR]
by okaeri110 | 2009-10-16 23:04 | 野球 | Comments(0)
じぃぃっと見てないんで、軽く感想だけ。

ダルビッシュと憲伸の投げ合い。
勝ち負けはついたけど、どちらも負けてなかった。
どっちかっつーと憲伸の方がよかった気がする。
先発がこんな好投の試合ってもったいないなーってつい思う。
第一戦はエース対決になるってわかってるんだけど。

ダルが8回から急にボールが入らなくなる。
前もそうだった。
突然にはじまる。

でも彼は結局完投した。
試合はハムが勝ったんだけど、9回に出てきたダルビッシュを見て
落合監督しめしめ、と思ったんじゃないだろうか。

中継ぎ、抑えがびしっとしていたら
マイケルに代えるはずのところだった。
それほどまでにヒルマン監督のマイケルに対する信頼は落ちている。
これから戦う上で中日に弱みを握られてしまった日本ハムである。

と、私の感想はこのくらいなんだけど
なんといってもさークライマックスシリーズから続く
テレ朝のゲスト解説の面白いこと。
そう、野村監督です。

野村スコープは、うむむ、そうなん?と思いながら
鶴岡の汗だく配球の意味がよくわかった。
グッジョブ鶴岡!

でもって相変わらず何言ってるかわからない東尾さん。
お二人で楽しそうにやってるのが面白かった。

第二戦はテレ東で、まだマシな実況をするTV局。
本日の第三戦はフジらしい。
ゲストを見ると…また野村さん!
もうみんな結局、野村さん頼り。
星野さんは忙しいからか?
でもって山崎武司も一緒だよ。
武司くん、何をしゃべるつもりだろー。。。。

というわけで今夜も非常に(アブナイ香りがして)楽しみなシリーズです。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-30 12:04 | 野球 | Comments(0)
中田がオリックスに来なくてホッとしているみいです。
落ち込んでてもドラフト会議だけは見る自分の根性にびっくり。

楽天公式サイトより
2007/10/02 来季の選手契約について

本日、以下の7選手へ、2008年シーズンの選手契約を行わない旨を伝えましたので、お知らせいたします。
河本 育之 投手 14
谷中 真二 投手 20
徳元 敏 投手 43
辻 竜太郎 外野手 48
長坂 健冶 捕手 58
富岡 久貴 投手 59
金森 久朋

これだけで済まないと思うけど、とりあえず早く切ってくれた分だけ
他球団へのピーアールができる。
でも。
谷チュン、徳元と両投手がとうとう切られてしまった。とうとう。
彼らが現役続行したいと思っていたとして、日本でそれは望めないだろう。
井場のように台湾に行くか?
それともすっぱり引退するのだろうか。
なんて書いていいかわからない。
でも、このまま彼らを埋もれさせたくないから
なんとしてでも二人のことを書いてみたい。
私の野球観戦の歴史の中に彼らは燦然と輝いている。

て、えーっ竜太郎もぉ!!??
確かにずーっと顔を見てないくらい一軍にやってこないけど
そんなにできない子だったっけ?
分割ドラフトでオリックスに残っていても同じだったろうか?
まだやる気があるなら頑張ってほしい。
後藤もハヤカーも平野もやってるんだから。

楽天に関しては、ずいぶん粋のいい子が育っているので
来季は2005年の寄せ集め年寄り球団からどーんと脱皮するだろう。
(その兆しのおかげで今季こんなに引き離されちゃったよ)

やっぱり秋はとことん落ち込むシーズンだわ。
貴や健のように引退試合をプロデュースしてもらえる選手は
ほんの一握りの選手だけ。

その数少ない選手である水口のセレモニーは良かったっぽくて。
コリンズ監督はスタメンを用意していた。だが「守備固めで始まった野球人生。途中出場で終わるのがボクらしい」と辞退した。
彼らしいわ。ほんとにお疲れ様でした。
これからも一軍打撃コーチとしてベンチの野次将軍を継続してくれるだろう。
ベンチでいつも声を出してくれて、いいところで打ってくれてありがとう。
(ちなみにこの最後の試合、北川の挨拶見てたら泣けてきた)

豊彦の引退も、とうとう来てしまったかという感じ。
最後の最後までいい仕事をしてくれた豊彦。
阪神の時もホークスの時も楽天に行ってからも
ずーっと敵だったのにずーっと味方感覚だった投手。

関川は、今でも阪神のユニ姿を思い出す。←どんだけ古いんだよ
若い子達が成長するまでのつらい楽天2年間をがんばって引っ張ってくれた。

あと、まだ気づいていない選手がいるだろうか。
黒田もそうだったかな…


さて、ジョニーは現役続行希望だ。
[PR]
by okaeri110 | 2007-10-04 09:55 | 野球 | Comments(0)

交流戦

広島に1勝1引き分け。
ほとんど勝ててたのにって思うけど、ラロッカありがとー。
加藤くん、これじゃあ阪神戦で出ないね。
大久保くん、まずは中継ぎでナイスピッチ。

昨日は後藤も塩崎も打ててよかった。
(塩崎はチャンスつぶした打席もあったけど…)

忍耐もって起用してくれる監督なんだから
早く結果を出してね。
でないと一度落ちたら二度と一軍はないかも。
(そのくらい冷徹な気がします、コリンズさん)

ぼーっと広島のオーダー見てたら、喜田って。
え、喜田って喜田って喜田って。(意味なしリフレイン)
阪神のゴー君?(って、それはオリックスのお猿さん)

喜田くんは広島にトレードしたんだ。
びっくりするやん、もう。
あああ鳴尾浜に行きたい~今年は行けそうにないぞぉぉ。

それから、阪神のユニフォーム、誰も似合ってません。
特に監督、あまりにもひどいです。
笑いを通り越して凍り付きました。

明日はあれを見にたこやきドームへ行ってきます。
やな予感。


クドちゃん。
横浜移籍後初勝利は西武ドームで。(じゃなくてグッドウィル・ドームか)
ここでの久しぶりの笑顔。
ライオンズ元気ないなあ。

楽天は楽しそうに野球やってますなあ。
憲史おめでと。
[PR]
by okaeri110 | 2007-05-24 10:51 | 野球 | Comments(0)

日米野球

もはや野村さんの、ぼやきしか聞こえてこない日米野球。
あまりにも選手の参加意識が薄いこのシリーズ、どうしましょうか。
うちの小学校のPTA総会みたいじゃん。
(PTA委員数570のうち委任状400、出席者50みたいなどーでもよさ)

監督推薦ですら断られてしまう。
(まあ怪我とか理由はあるんでしょーよ)

野村さんだから断りやすいと思ったんでしょうか。
Nさんが監督だったら気軽に断ったでしょうか。
0さんが監督だったらどうでしょうか。
Hさんが監督だったら。

社会人野球も経験された野村さんが、どんな戦いを繰り広げるのか
実は私はとても楽しみなのです。
メジャーの人が来て戦う、といってもシリーズが終わってみんな
力抜けてる時期だし、まあ言うたら落ち鮎状態なわけでして
見てもつまんな~い
余興やし~
営業やし~
ってそんな感覚でしか見ていなかったメジャーとの戦い。

でも、今回はすごく興味がある。
メジャーを知らないので、あっちがどんなレベルのメンツで来たのか
ちっともわからないんだけれど
こっちはわかる。笑えるくらいわかる。

てか、文字通り笑ったのよ。
イオン日米野球公式サイト NPB選手紹介

ひええええ。
小倉が出るの!? 福盛と!?
日高も出るの?出ていいの??
てか、また三井出てんじゃん!
しかもかなり重要っぽいじゃん。
ヘタしたら先発かよ。←ヘタしねえよ

高須て、なあ。
きゃー梵、そよぎよ。めちゃ嬉し。
しかも鉄平すよ。なぜか大村やし。
うーん、監督推薦で何故にこのメンバー。
稲葉とか和田とかあかんの?嫌いなん?

しかもこの首脳陣ときたもんだ。
今までのオリンピックとかWBCとかよりずっとずっと
うきうきわくわくしてくるでしょー。
ぜったい、面白いって。

野村さん、大村にずっと走れって言うんだろうなあ。

「野手は大砲はいないが、機動力を活かした攻めをしたい。」(野村はん)
大砲ほしくなったら山崎呼んできたらいいもんな。←呼ばないって

「投手はフォークボールを上手く使えれば、そこそこ抑えられるのではないかと思う。」(野村はん)
調子よくなってきたみたいなんでとよりん、いかがでしょうか?←けっこうマジ
ええい吉井も使っちゃえ! ←まったくフマジメ

そーいや首脳陣に古田を呼ばなかったんだな。
[PR]
by okaeri110 | 2006-11-02 11:49 | 野球 | Comments(0)

新マグマ監督に祝福を

コリンズ新監督、全員「清原化」計画

いきなり何言うねんこのおっさん、とビビッたのだがよく読むと
 「情熱」、「ハードワーク」、「勝つために来た」と熱いメッセージを連発するコリンズ監督ならではのチーム作りだ。「1人1人が相手のチームにプレッシャー、威圧感を与えられるようになってほしい」。全員が清原ばりの闘争心、オーラで相手に立ち向かえ! とまだ見ぬナインに呼びかけた。
というわけで、まあみんなスカしてないで気合い入れろよってことらしい。
ああ、なんだかもう言ってることはマグマ監督(注・石毛さん)と一緒やん。
大丈夫なのでございましょうか。あひー。

ついでに背番号聞いてびっくり。監督が1番てか。
まあ後藤が1番っていうところからして、はなっからダウトなオリックスなわけだが。

その後藤、昨年のユウキと同様、有無を言わさず強奪されてしまった模様。
そりゃ文句言われへんわな。

明日、新マグマコリンズ監督を見に行きたいと思ってますが
ベース投げる以上にフェンス抜いたりしないか心配したりして。
それはそれで来季楽しみができていいかも。←これこれ


冗談はともかく(いやかなり本気でしたよ)
新・マグマ・コリンズ監督は(あ、勝手に命名しちゃってるよ)
やたら清原を「ずっと使いたい」と言ってるんだけど
正直、あの人ずっと使えないんですよ。
故障だらけで1年持たないって。
球団だってわかってるはずなのにねえ。
あ、わかってるけど言わせてるのか。
(大人って腹黒いや)

ちなみに、コリンズ監督は忍耐強いところもあると見受けられる。
他の記事に「今年のオリックスの試合をほとんど見た」と言っているのがあったのだ。
オリックスの全試合録画を全部見るだなんて
どれだけつまらん時間だったことか。
もちろん135×3時間=405時間=寝ずに17日弱だなんて考えられないから
絶対早送りしまくりなんだろうけど、私でも「勘弁してください」って
泣いて釈放を願いそうだ。

まあ、でもどんなチームかよくわかってくれたと思うので
出てきた答えが「ハードワーク」というのは大納得。
もっと練習せえ。

たぶん、その、元祖マグマ監督も同じこと言ってたんだけど
言い方に難があったし
性格悪いし
有言不実行だったんで受け入れられなかった。
(ひどい評価だ)

今回はそんなこともないかと思いますが。
思いたい。
あ、頭いい人を参謀においてくださいね。



さ、気を取り直して日米野球では四面楚歌のノムさんの話
ノムさん秋季練習初の直接指導…長坂に身ぶり手ぶり15分間
きゃはは。長坂よ長坂。
そうだよなあ、いい加減結果を残さないと。
捕手だって打てないと起用してもらえないんだ。
イーグルスが出来た時は、長坂が正捕手になるんだと思ってた。
一年目は養成シーズンで、二年目からは彼が伸びると思ってた。
私が思うことはことごとく実現しないので(あうあう)
悪かった、そんなこと思わなきゃよかった長坂よ。
来年はもっとノムさんのそばにいられるようにがんばれよ。
[PR]
by okaeri110 | 2006-10-20 14:16 | 野球 | Comments(0)
楽天の戦力外
ああ、きてしまった…
文句は言えまい。
言えまい。言えまい言えまい。(言いたいんやろっ)

金田、好きでした。左投手好きとしては
往年のブルーウェーブ憎たらしい左投手陣の横綱として
(当時はライオンズファンだったからねえ)
ク・デソンと共に煮え湯を飲まされておりましたから。
ブルーウェーブを応援するようになって、思う存分彼を応援できて幸せでした。
チームはぼろぼろでしたが。

彼は現役続行を希望。うーむ。

他の戦力外選手。
酒井忠晴内野手(36)玉木重雄投手(35)益田大介外野手(32)戸叶尚投手(31)矢野英司投手(30)佐藤和宏投手(29)

と、とかぴょん。。。を初めとして
みんなみんな私の許容範囲の人々だよ。

谷中はまだ言われてないか。そうか。
そう考えると山崎はめちゃ頑張ったんだなあ。

あかん頭が回りません。
これからこういうのがばんばん続くので、私の心は冷え冷えなり。
[PR]
by okaeri110 | 2006-09-28 17:00 | 野球 | Comments(0)
昨日は青い人々のお話で日本中が悲しんでいたようだったので
私も無関心であることを悟られないように
何となく沈んだ顔をしてすごそうと思っていたのだが
やはり無理は禁物というか
ついつい「正攻法や自由にやらせるなんて上手い人しか使えない作戦なのにねー」などと
いきなり禁句を発してしまい
世間の人々から嫌われることとなってしまった。

さて、そんな私であるが本日新聞のテレビ欄を見ると、
なんとオリックスはジャイアンツと相まみえるというので
TV中継のおこぼれに与ることができた。

塩崎と水口の燃え具合に、ふむふむ頷いていたのだが
本日も菊地原のガッツポーズに私の「菊~」という声も
再び吹き抜けの居間に気持ちよくこだましていったのであった。
慎之助との対戦は見事でした。

それから9回。
後藤が代打で敬遠策満塁。
とうとう後藤もそんな貫禄が出たか。
で、次の打者で勝負…って谷じゃないの。
いくら右対右とはいえ。
谷の顔がちょっとむっとしているように見えた。

本日の谷はポップフライの人ではなく
(ポップといえば大成なのだなあ)
ゴロ~な人であったので
何となくイヤな予感がしたものの
きっちり美しくレフトにライナーを運びました。
よかった。

最終回は加藤。
相変わらずいい表情してます。
球速はそんなに出てないんだけどね。
でも自信があったみたい。
代打仁志への2ストライクからの3球目。
首を横に振ったので、おいおい直球だよと思ったら
その通りで、しかもゲームセット。

今日の試合は、地方球場(福島だって)ということで
守備の変なエラーが目立ったし、そういう意味では締まらなかった試合だけど
平べったくて綺麗な球場だと思いましたよ。
勝てたし。
菊コールもできたし。
加藤見られたし。

楽天が阪神にさよなら勝ちしてます。
どうして阪神は楽天には弱いんだろ。
徳元、2四球でピンチの後タイムリーで失点。
あまりにも変わらないあなたに私はどうすれば。
負け投手にならなくて何より。

結局、徳元と谷チュンが入れ変わっただけなのか、私の中では。
[PR]
by okaeri110 | 2006-06-14 00:50 | 野球 | Comments(0)

好きな野球選手 山本昌

私が山本昌ファンだというのはご存じですね?(知らんがな)

昌は左投手である。
先発投手である。
とてもコントロールがいい。
追い込まれてからは勝負師だ。
淡々と投げる。
でも冷たくはない。とても暖かい。
大人である。
先を見越してトレーニングを積む。
自分の仕事をきちんと考えている。
でも見た目がスマートでない。

私が彼を好きにならないわけがない。

彼はずいぶん以前からウェブサイトを開設していて
管理者はきちんと立てつつ、自身の言葉をきっちりとそこにつづっている。
98年3月31日からというから、その先見性、持続性に驚かされる。

プロ野球選手が8年間も近況や思いをつづるのだから
山あり谷あり、谷の部分にも触れなければならない。
うまくいかない時、怪我をした時、スランプの時。
そりゃー何も書きたくないでしょう。言いたくないでしょう。
オフは何も考えずに休みたいでしょう。

でも、彼は誠実にその時、その時の思いや考えをつづる。
そのためには自身が謙虚でなければならないし
もちろんクレバーでなければつとまらない。
毎回「いえ~い、だめだったけど次回がんばるぜ」では
8年も続かないだろう。
ファンを大切にする一つの方法として、
そして自分の考えを公表する方法として、
サイトを開設してくれている人間性にとても惹かれる。

昨日の楽天戦で先発したものの5回2失点で途中降板。
試合は最終回で山崎武司がさよならタイムリーで楽天の勝利。
負けはつかなかったけれど、チームは負けてしまった。
今季は、調子は悪くないけど勝ちがつかない試合が多いようだ。

サイトでの一言コメント、すぐ消えちゃうので引用させていただきます。

今日の出来では5回途中で代えられても仕方ないですね。ああいう展開ではしっかりした調子で投げていないとダメでしょう。今夜は久々に福留君と楽天の山崎君と一緒に食事してきました。また出直しです。

こういう風にきっちり反省して、毎回つぎの試合にのぞんでくれるので
ファンの方も、うん、しっかりマウンドをみて応援しようって気になる。
山崎と食事っていうのもツボですね、ツボ(笑)

山崎、おめでとう!
ニュースで聞いて小躍りしてやったよ。
(その直後にオリックスさよなら負けを聞いて、地を這いましたが)
[PR]
by okaeri110 | 2006-06-03 11:17 | 野球 | Comments(0)

谷中くんを見ました

TVでではありますが。

楽天が甲子園へ。
もう火だるまファイヤーボンバーマンになっていないか
連日心配の嵐だったけれど
けっこうまともな試合展開で、安堵しました。

おとといは久保田が誰かとすり替えられたかのように
打たれてしまいましたが
あれはノムさんへのお中元だったのでしょうか。

ノムさんが甲子園に帰ってきたからと
阪神選手がノムさんにお礼参り、いやご挨拶している風景をニュースで見ました。
今岡が笑顔で話していたのですが、絶対腹の中は
ちゃうこと考えてるよなーと、いけない事を想像しておりました。

あ、そうそう谷中の話だった。
解説の小山さんだと思うが
「(楽天の)ピッチャーは追い込んだカウントからアウトをとる、というのが
できてない」と言っておりましたが
投げているのは谷チュンです。フルカウント当たり前です。
そんなこと言うてはいけません。

どんな形でも、どんな格好でも、どんな支離滅裂でも
アウトを取ってくれさえすれば、そしてできれば無失点で抑えてくれさえすれば
どんだけありがたいことかと毎試合、固唾をのんで見守るのが
元BW投手を見守る基本形なのであります。

四球死球四球でフルベース。
どちーんとタイムリーツーベース。
本日はこんな感じでいかがでしょうか。

なんて、TVの前で自虐してみる私は本当にマゾかもしれません。
だって現実を突きつけられる前に、自分でバリア張らないとね。
強いチームばっかり応援してる奴らにゃわからんて。(あ、すねてる)

アナウンサーが「内角を攻める度胸のある投手なんですけど」
何がいいたいのでありましょう。
「鳥谷よ、気をつけろ」という熱いメッセージ警告なのでありましょうか。
大丈夫、ピヨ谷はきれいにヒット打ちましたから。

そんな切れ味素晴らしい谷中ですが
先発と後ろにいい投手の品数が揃っている、どこかよその球団なら
1イニング限定ならきっともっといけるはずなんです。
いける、はず、なんです。

ぶつぶつ言ってる間に、谷中ちゃんと抑えて終了。
試合も久保田を打てずに終了。
福原が勝利投手。

アナウンサー「『昨年9月にお子さんが生まれたので
ウイニングボールは、お子さんに渡したい、わからないかもしれないけど』と
言っていました」と福原の言葉を紹介していましたが
生後9ヶ月の赤ちゃんです。何もわかりません。
わかるわけありません。
ハイパーな会話だと思いました。

そうそう。
おとといの大阪ドームでは、デニーが登場したそうです。
ユニを着ている間にデニーに会うことが、娘の夢なので
次回を激しく狙いたいと思います。
[PR]
by okaeri110 | 2006-06-02 11:37 | 野球 | Comments(0)