雨とカボチャと熟年夫婦

先日、こんな旬ドンピシャのところに出かけた。

e0053528_16483920.jpg
週末だというのに人はまばら。
台風前の結構な雨だったからね。(そんな時に行くなよな)
夕刻、風情が増しておしゃまなお化けカボチャさんの表情も、ちょっと不気味。
でもカボチャさん、都会にあるファームを模したディスプレイではなく、ファーム直送の野菜販売所で無骨に目と口を切り抜かれて、なかなかサマになっているよ。

私も田舎の出なもので、農産業をおしゃれな体(てい)で再現している場所に出くわすと、あらーかわいいとひとはしゃぎした後、こんなこじゃれた感じだったらみんな田舎にもっと来てくれるかなと、過疎の故郷に思いをはせる。
田舎の公的な野菜販売所なんておしゃれにしようがないと思っていたけれど、センスのあるデザイナーやスタイリストを呼んでしっかりお金をかけると、こんなに素敵になるんだなと感心感心。

もちろん、ここは田舎とはいっても都市近郊の神戸や大阪のベッドタウン。もともとおしゃれなところではある。
うちの故郷はインフラ未整備だし、人が来たくても何時間もかけて行こうという気になってもらうのは難しい。
言い換えると、ここは交通の便がよいので、ちょっとした人を呼ぶ環境を作ると都会の人がわざわざ遊びに来てくれる場所となっている。
インフラ整備を!と声をあげると「公共投資無駄遣い」「環境破壊反対」という声がどこかから聞こえる。
災害時に陸の孤島とならないために道路の確保を!と言い換えると「何もなければ鹿しか通らない無駄な道路に」と反対される。
イギリスでもドイツでも道路が整備されているところ(ドイツのアウトバーンは今は整備費削って補修できず危ないらしいけど)は、自然もちゃんと守られているんだけど、そういうこと日本ではできないのだろうかと田舎者はびくびくしながら小声で言ってみるも、多勢に無勢。

なーんて日本の問題点を話しながらの休日ドライブでした。
シニア夫婦のデートなんてこんなもんさ。

さて、近所にはアウトレットモールがあり、そちらは雨ザーザーなのに結構な人だった。
でも、壮大な駐車場エリアを見るに、普段の週末はこんなものではないのだろう。
一番遠くの駐車場だと、幼稚園の遠足並の距離。

せっかくなのでレインポンチョを買った。これで自転車でもぬかりなし!
早速翌日の雨の日に出かけたら、レインブーツとレインパンツがないので、膝から下はずぶ濡れになった。
ぬかりありだよ!

[PR]
by okaeri110 | 2017-10-26 19:07 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧