昔の自分に罵詈雑言

長い間ほったらかしにしていたこのブログ、ほとんど訪問客もいない状態なのに、一応「記事ランキング」なんていうのが出ていて笑ってしまう。
すみません、ありがとうございます。

で、そのランキング1位(笑)になっているのが「小学生に村上春樹を読ませてよいか?」というやつでして。

11年も前の記事が急に読まれるということは、ノーベル賞の時期、必ず話題にのぼる村上春樹を検索してたどり着いた希有な方が幾人かいらっしゃったということだろう。
おっかなびっくり読み返してみると、まー赤面。
恥ずかしいところを改変してやろうと思ったものの、ごまかすみたいで心がとがめる。
歴史修正主義者になるのは止めようと思った。

たかが文庫本、子どもが貸してと言ってきたのを、汚れるのは嫌だから学校に持って行くなと言うなんて。あほかと思う。
学校の教室が埃だらけで汚いとか。マジでいやなヤツ。
本気でそんなことを考えていたとしたら気持ち悪いし、話を大げさに盛っていたなら、それもいやだ。
嘘は書かないようにと思いながら書いてきたので、たとえ話をデフォルメして書いたとしても、実際に「あんな教室に私の大事な本を」ときっと思ったのだろう。
あーやなヤツ!
村上朝日堂くらい学校に持って行っても支障なんかないのに。(あ、ラブホテル大賞じゃない方 笑)
やだやだやだ。
読めば読むほど昔の自分が嫌で消したくなる。
他も読めばいやなところいっぱいあるんだろうな。

ところで。
自分の書いた日記やらメモやらなにやらの文章をなかなか捨てることができずにいる。
こんまりさんによると「思い出の品」は手強いので一番最後に取りかかるようにとのこと。
自分の書いたものは、人から見たら駄文でも自分には思い出品であるから、なかなかふんぎりがつかない。

しかしなー。
たった10年そこら前に書いたものでさえ、こんなに恥ずかしいのに、もし自分が今、急死してその駄文が人目にさらされると考えると恥ずかしいなんてものじゃない。(死んでるけど)
生きてるうちにさっさと何とかしなくちゃという気になってきた。

手書きのみならず、パソコンのファイルに保管しているものや、このブログなどネットに書き散らしているものもそうだ。
管理者がいなくなって宇宙ゴミのように電波に漂っている駄文、ああ恐ろしや。
上記の記事を読んでそんなことを考えていた。

なので、その記事消してよいですか? 笑


[PR]
by okaeri110 | 2017-10-27 12:51 | 日記について | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧