最近の動物園ときたら

神戸ポートアイランドの神戸どうぶつ王国へ出かけました。

スナドリネコさん小さかったよ。


開園まもなく入園し、閉園近くまで堪能。
大人ばかりで出かけたので、まさか一日持つとは思わず、ここを出た後はどこに行こうかと考えていたのだけれど、いやいや十分。

全天候型動物園と謳っていて、遠くから見ると「温室?」というような風情なのだけれど、中に入ると空調などもしっかりしていて匂いも思ったほど気にならなかった。
フードコートも充実しているし、バイキングレストランなんてあるのには驚き。
動物園のレストランでバイキングなんて画期的だ。もちろん動物エリアからは少し離れているので匂いも気にならない。

いろんな動物がまるでペットのようにのんびりと過ごしていて、ふれあうこともできるし、柵が不要な動物に関しては柵がないし、ふれあえる動物の数も多い。

e0053528_00584272.jpg

ナマケモノさんが起きていました。

ナマケモノというのは、じっと動かず24時間のほとんどを寝て暮らすと聞いたことがあるが、ゆっくりだけれど動いているところに遭遇。
ぱっちりのおめめかわいいでしょ。
動画も撮ったのだけど、ブログには画像しかUPできないようで非常に残念。

この、一緒に写っているインコがナマケモノさんをいじめるのだ。
ゆっくりゆっくり移動するナマケモノに対して威嚇するように鳴き続け、しまいにはナマケモノの足を大きなくちばしで突く始末。
とうとうナマケモノの爪が剥がれてしまった。
そうまでされてもナマケモノは突かれた足をイタタっと揺らすだけでなーんにも怒らない。
飼育員さんがインコを捕まえてご自分の肩に乗せながら「ナマケモノは非常に回復力が早くて、怪我をしても一日で治ります」とざわめく客を安心させようと解説してくださったが、インコの評判は落ちたものさ。
でも、動物同士のふれあい(いじめ?)も見ることができるって新しい展示の仕方だよね。

他にも70kgのリクガメさんやカピバラさんが自由に歩いているゾーンがあって、結構無造作な感じでふれあえる。
ナマケモノのゾーンも触ってはいけないけれど、仕切りが何もないので、触ろうと思えば触れる近さである。

ここの動物ショーは珍しいバードショー(猛禽類やオウムさんが羽ばたき回るかんじ)だし、私達は飛ばしてしまったけれど足をきれいにしてくれるお魚さん体験もできたりと想像以上に楽しめるところだった。
もともと花鳥園だったので、鳥が結構幅を利かせていたのが印象的。
なんたってあのいじめインコだもんね。
でも、ここのメインキャラクターは入り口ちかくにあるオオビロコウのようだ。
おっきい鳥さん。ここだけで30分近く遊んでいたので時間がなくて当たり前か。

行った日が結構な雨の日で、人手は少なかったのかな。雨の日でも全天候型だから十分に楽しめる。
外エリアのカンガルーさんは雨に打たれて気の毒だったよ。

[PR]
by okaeri110 | 2017-11-07 01:14 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧