秋のお出かけ~倉敷美観地区編

ぼんやりしてたらもう冬じゃん。てか、年末じゃん。

年を越す前に秋の旅行を猛ダッシュで記録。
1日目は尾道、その夜は倉敷のホテルで泊まる。

娘が「たまにはのんびり大きな湯船に浸かりたい!」と言うのだが、予約したホテルは普通のユニットバス。
温泉などあれこれ探していたようだが特にめぼしいところは無く、地元の銭湯を一軒見つけた。
これがまた。

昔、昭和のど真ん中当時、田舎の我が家には内風呂が無く、銭湯に通っていた。
そんな家庭も珍しくはなかったので、当時の銭湯は夕方から夜までたくさんの人で賑わっていた。
現在の銭湯はどこかアミューズメントパークのような雰囲気になってしまったが、この夜出かけた銭湯はその昭和ど真ん中当時の銭湯そのものだった。
賑わいはなかったけれど、番台があり、大きな体重計があり(残念ながら壊れていた)、水栓はお湯と水の二つがあり、自分で加減を調整して洗面器に入れる。
もちろんシャワーはない。

番台には人がいなかった。
お風呂上がりのおばあちゃんが「今ちょっと出てるから、言っておいてあげるよ。すぐ帰ってくるから。いいよ、いいよ、先に入ってきなさいね」と親切に言ってくださる。
少し迷ったけれど、お金を番台に置いて「じゃあ失礼します」と中に入らせてもらった。
こういうことも含めて何もかも昭和で時が止まっているかのようだ。

現代っ子の娘はビビっていないかと思ったが、たじろぎながらも貸し切り状態の湯船に浸かって気をよくしていた。
熱めの、深い湯船だった。これも懐かしい。

その後、ちょい遅くなって夕食をまた探しに行く。
美観地区は夜は閉まる店が多いので、ちょっと離れたところでうろうろ。
なんとか古民家の店に行くことができた。
ジビエ料理。
e0053528_21252648.jpg



お昼の尾道ラーメンでこってりだったので、うーん厳しいかも?と思ったけど美味しかった。


そんな夜が過ぎ、翌日は月曜日。
ここで自分の失態を知る。そう、月曜日。
月曜日は公共施設は休み。ご多分にもれず大原美術館も休館だったのだ。
うわーっ
閉門の隙間から中をのぞいて未練たらたら。
仕方ない、舟にでも乗ってのんびり川を…って、え?舟も休み?

e0053528_09050216.jpg




白鳥さんは邪魔者が来ないので元気に羽ばたいておりました。とほほ。

e0053528_21170100.jpg


ここをね、この周辺とその横丁あたりをぐるぐると何周もしたのよ。
ただおしゃべりしながら、「また同じ道やね」と言いながら。
でも女性ってそういうのあまり気にならずにできるよね。

あまり写真撮ってなくてすみません。
あ、ここは行きました。

e0053528_21172671.jpg


アイビースクエア。
オルゴールの記念館で結構楽しんだ。
オルゴールいいね。


e0053528_21251802.jpg


黒板にものすごく達筆なチョーク使い。
何を書いているかというと株式事情。
なんだなんだと思って写真に撮ってきたのだが、帰宅後わかったのはこの告示板のあったお屋敷(立派な和風建築)が証券会社か何かなのだそう。
現役の会社だとは。

ただ店を見て歩くのもマンネリで、せっかくだから阿智神社にも足を運ぶ。

e0053528_21254073.jpg





登るのもがんばれだが、この年になると降りられるのかも心配になる。。大丈夫でした。
途中、桜の木があって何やら曰く付きのものらしい。
なんと山梨県に樹齢二千年という門外不出のとんでもない桜の木があるそうで、そこの苗木をもらったものらしい。門外不出なのに。
それは大切にせねば。神代桜というらしい。

この神社には能舞台まである。
気軽に上ってきたけれど、なかなかの神社であるようでごめんなさい。
さらにはこの神社、算数の問題が奉納されている。

e0053528_21253279.jpg

ずらずらーっとこういう文字がたくさん頭上に奉納されているのだが、見上げすぎて首が痛くなって途中で断念した。
どうも江戸時代に、とても難解な算数の問題があり、それを9歳の男の子が解いたということらしい。
残念ながらこの少年は14歳で夭折とのこと。
なんということでしょう。
脳天気に階段を上ってきたら、こんな物語に出会うなんて。

同じ所ばかりとはいえ、階段昇降もして結構歩いた一日。
e0053528_21173348.jpg





以前に倉敷に旅行に来た次女のおすすめの喫茶店でひと休み。
横にヨーロッパ言語のグループがおしゃべりしていて、ここはどこの国だろうと錯覚するような空間。
疲れているとコーヒーはほんと美味しい。
ずっとここでいたいと思ったくらい。

今回の小旅行は計画もあまり立てず、ゆっくり過ごすのが目的だったので、まあ達成したかな。

次回はしまなみ街道をサイクリングというのに挑戦したい。
こんなにのんびりできるならまた来たいと思った尾道、倉敷二日間だった。

ふー!
これで冬の話できるな。
てか年越せるな。

[PR]
by okaeri110 | 2017-12-30 21:58 | 日々の暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧