人気ブログランキング |

どんな内容でも試合が見られるって嬉しいもんだ

昨日は青い人々のお話で日本中が悲しんでいたようだったので
私も無関心であることを悟られないように
何となく沈んだ顔をしてすごそうと思っていたのだが
やはり無理は禁物というか
ついつい「正攻法や自由にやらせるなんて上手い人しか使えない作戦なのにねー」などと
いきなり禁句を発してしまい
世間の人々から嫌われることとなってしまった。

さて、そんな私であるが本日新聞のテレビ欄を見ると、
なんとオリックスはジャイアンツと相まみえるというので
TV中継のおこぼれに与ることができた。

塩崎と水口の燃え具合に、ふむふむ頷いていたのだが
本日も菊地原のガッツポーズに私の「菊~」という声も
再び吹き抜けの居間に気持ちよくこだましていったのであった。
慎之助との対戦は見事でした。

それから9回。
後藤が代打で敬遠策満塁。
とうとう後藤もそんな貫禄が出たか。
で、次の打者で勝負…って谷じゃないの。
いくら右対右とはいえ。
谷の顔がちょっとむっとしているように見えた。

本日の谷はポップフライの人ではなく
(ポップといえば大成なのだなあ)
ゴロ~な人であったので
何となくイヤな予感がしたものの
きっちり美しくレフトにライナーを運びました。
よかった。

最終回は加藤。
相変わらずいい表情してます。
球速はそんなに出てないんだけどね。
でも自信があったみたい。
代打仁志への2ストライクからの3球目。
首を横に振ったので、おいおい直球だよと思ったら
その通りで、しかもゲームセット。

今日の試合は、地方球場(福島だって)ということで
守備の変なエラーが目立ったし、そういう意味では締まらなかった試合だけど
平べったくて綺麗な球場だと思いましたよ。
勝てたし。
菊コールもできたし。
加藤見られたし。

楽天が阪神にさよなら勝ちしてます。
どうして阪神は楽天には弱いんだろ。
徳元、2四球でピンチの後タイムリーで失点。
あまりにも変わらないあなたに私はどうすれば。
負け投手にならなくて何より。

結局、徳元と谷チュンが入れ変わっただけなのか、私の中では。
by okaeri110 | 2006-06-14 00:50 | 野球 | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る