人気ブログランキング |

純情きらり 気が弱くなるとき

かねさんのお疲れぶり…
予告にあるとおり、倒れてしまうほど体調がすぐれないのだとすれば
妹タネに対する寛容な態度にも痛々しさを感じてしまう。

いくら自分の最後くらい優しく、という決心があって
家の中の骨董品をこっそり持ち出しているタネ夫婦を許したとしても
店までつぶされては、いや乗っ取られてはいけません。
達彦が帰ってきた時に、居場所がないなんて事になられては。

その達彦。
杏子が「戦死したかもしれない」なんて不確かな情報を
やけに大事にみんなにふれまわってしまうのは変だよね。
東京で、岡崎に帰る桜子と入れ違いになった杏子は
「桜ちゃんには知らせんほうがいいね」と自分で言っておきながら
磯おばさんにわざわざ電話でその話をするなんて訳がわからない。

予告によるとキヨシが一時帰省するんだよね。
そんな珍しいことが。
この話をもってくるんなら、別に杏子の話はなくてもいいのにな。

静かなかねさんが寂しい。
桜子が肩をもんでやるシーンで
「ずいぶんお疲れですね」と桜子が気遣うと
「誰かさんが東京行って戻ってこんから」と言うあたり、
二人の間に信頼関係が結ばれていて、とっても嬉しかったところだった。

まだ、いいシーンはあるんだから、もう一踏ん張り。
by okaeri110 | 2006-08-08 19:52 | 純情きらり | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る