人気ブログランキング |

おたふく風邪

くるりるがおたふく風邪かもしれない、と聞いて
今まで考えたことのない不安が急に押し寄せてきた。

それは、おたふく風邪のウイルスが悪さをして
くるりるもIDDMになりはしないか、という恐怖。
そんなこと、昨日まで考えたこともなかったのだけれど。

今年に入って、IDDMになる要素は遺伝する、という発表を聞いた。
それに関連するかのように、きょうだいでIDDMになった人の例や
子どもがIDDMになった例を知った。

NIDDMの遺伝性のように強くはないのだろうけれど
めいこが出産した場合、その子どもがIDDMになる可能性は
非IDDMの人のそれよりも高くなる、ということになる。

めいこが結婚する時に、このことが重くのしかからなければよいが、と思っていた。

そして、くるりるがおたふく風邪と聞いた。
めいこがおたふく風邪ウイルスが原因で、IDDMを発症したのだとすれば
くるりるも同じようになる可能性はゼロでないかもしれない。
少なくとも周囲のあの子、この子よりも、めいこのきょうだいの方が
IDDMになる可能性がずいぶん高いはずである。


そう思うと不安で不安で胸がいっぱいになってしまった。
確率でいうと、わずかな確率であるけれど
そうならない、と断言できる論法を私は持っていない。

トムに、そんなことを言った。
(こんな難しい話を、どう言えば通じるのかと思ったが
たぶんわかってくれたと思う。さすが未来のドクター)

「私は不安。でもたぶん大丈夫」と言うと
「I pray」
と言ってくれた。その後で
「I pray,but Kururiru do'nt play」と言って笑わせてくれた。
(僕はくるりるのために祈り((pray))ます、
でもくるりるは今病気だから遊んじゃ((play))いけないね、という意)
さすがイギリス人。
深刻な時でもユーモアでなごませてくれる。

ほんとうにくるりるが守られますように。
めいこが守られますように。
by okaeri110 | 2006-10-02 23:52 | IDDM | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る