人気ブログランキング |

2006日本シリーズ第二戦 atナゴヤドーム1 昌編

ごめん先に第二戦。(第一戦はまだ録画見てない)

これを録画しとくべきだった。いい試合だった。
しかしいい試合というのは、どうしてこうも切ないのでしょう。
祈るしかない、という展開が続くと私みたいなチキンハートは
TVの前から何度も逃げ出したい衝動にかられる。
一視聴者でさえそんな状態なのに
グランドにいて、まさに戦っている選手達のプレッシャーたるや
想像することすらできない。

本日の先発は予想通り中日・山本昌、日本ハム・八木
何度もシリーズで投げている昌に、地の利もあって有利だと思ったが
八木も気持ちの上ではちっとも負けてない。
固い守備に支えられて、幾たびのピンチも穴を広げさせず
後続を断ち切り投げ続ける。

一方の昌の気合いの入り方といったら。
マウンド上で激しいアクションをする選手ではないので
いつも淡々と投げている印象が強いのだが
(でもかなり熱い人ですよ)
今日は、表情からしていつもと違うなあと思った。

清原がゲスト解説だったのだが、彼によると昌との対戦は
カウントでどんどん打者有利になっていったとしても
そして、あわやというファールを打って
一見、投手の方にプレッシャーをかけている展開になったとしても
「こうやってどんどん打者は追い込まれていくんです」とのこと。
「あれでファールになるんか」
「次に何の球が来るのかとパニックになってしまうんです」

以前も書いたことがあるが、私は清原というのは
次にくる球を読みに読んで打席に立つ選手だという印象があるので
狸と狐の化かし合いになってくると、そりゃ大変な勝負が
マウンドとバッターボックス間で繰り広げられることになる。
大変にクールな展開だというのに
我々ファンは「かっとばせー」とかバカみたいな事を声張り上げて
太鼓どんどんペットひゃらひゃら応援しているわけで
考えてみればアホみたいな構図だわ。
でも、その声援を選手達はクールに戦いつつ求めているわけで。

閑話休題。

両投手が何度か、ボール判定にえーという顔をした。
パ・リーグとセ・リーグでストライクゾーンが違うっていうのを
こんなにはっきりと全国に野球ファンに毎年お見せしているのだから
即刻同じゾーンになるようにと、どうして指導できないのだろうか。
他国同士ならともかく、同じ国で行われているというのに。
そんな指導もできないコミッショナーってなんでしょう。

またまた閑話休題(汗)

7回、金子に逆転タイムリーをゆるした昌。
シリーズでは熱くなりすぎて、最後は力勝負でいって負けてしまった。
だから今回こそ。
シリーズ前、そういう談話を残していた昌だったというのに。
あの時の昌は熱くなっていた。
谷繁にも止められなかったのだと想像する。

降板して、ベンチに下がる昌は彼らしくなくグラブをベンチに強く投げた。
ブルガリヤだったら利き腕をたたきつけ、
板長だったらジュースボックスのフタをたたき割り、
多くの投手がそうやって自らへの怒りを何かにぶつけずにいられない状況で
昌はじっとベンチで座っていた。

私は、そんな風に何もせず座っているのは
もしかして体によくはないだろうか、
何かに当たり散らすべきなのではないだろうかと
自分のポリシーに反することを奨励したくなるくらい
昌のこの苦しみに耐える姿が心配でならなかった。

でも、これは性格だから。
どこで彼はこの感情をプラマイゼロにしているのかはわからない。
わからないけれど、彼はいつもファンへの冷静で謙虚な反省を
公式サイトでコメントしてくれている。
1日経ってからそおっとのぞいてみた。

投手が、自分のこと、試合のことを即日振り返るのが
失敗した日はどんなにつらく残酷なことだろう。
しかし彼は翌日には必ずコメントを流してくれている。
もういいのに、もう本当にいいから、と思う時でも。

どうぞ彼が幸せをつかめますように。
そう祈るしかない。
Commented by kama at 2006-10-24 22:41 x
PO1st後しばらく観戦していませんでしたが
(なぜ3戦目なのかとぐれていたわけでは多分ないです)
やはり良い試合はどこのチームでも見応えありますね。

昌、すごく良かったですが、最初から気合を消費していて
さらに7回はツキがハムに傾いていってるプレーが続いて
おまけに前の打席で結構昌に合ってた金子に回ったので
限界かなあと思ったんですが…難しいですね。
降板後のあんな表情は本当に初めて見ました。驚きました。
次のチャンスが回ってきて掴めると良いですね。
Commented by okaeri110 at 2006-10-25 09:57
うむむ、やはり2戦目は西口が○だったのでしょうか。
プレーオフ1stはまったく全然見られない環境だったので
状況がよくわからなかったのですが、その2戦目はみっちゃんも打たれたらしいので
申し訳ない限りです。うるうる。
今年の西口はよかっただけに…(昌とかぶるんですよね~特に前半戦)

>昌、すごく良かったですが、最初から気合を消費していて
そうですよね、すごく飛ばしてたしどこまで投げるんだろうって心配でした。
100球が目処の選手なので、あの7回がちょうど100球…
金子の場面も伊原なら何の迷いもなく敬遠策をとったでしょうが(苦笑)

セの試合を私よりずっとご覧になってらっしゃるkamaさんでも
この試合の昌がいつもと違うとお感じになられたんですね。
私、ベンチで息絶えるんじゃないかと本気で心配しました。
by okaeri110 | 2006-10-24 10:42 | 野球 | Comments(2)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る