人気ブログランキング |

持続血糖測定器

本日うちの患者会の総会があり、先生からのお話の中で
面白いお話をいくつか。

まずはミニメド社の持続血糖測定器。
1台購入し、試験的に使用しているそうだ。

見た目はインスリンポンプ?という感じで
針先を皮膚に差し込んで点滴みたいな形で使用するのも
インスリンポンプと同じである。
5分ごと(1日に288回)に自動測定してくれるのだが
そのデータはニュース等でご存じの通り
その場でチェックできるものではないから
瞬時に自分の血糖値がその場その場でわかるわけではない。

そういう訳なので、健常者(ええ1型糖尿病の)が
日常的に使用できる機器ではない。
それでも、モニター結果の説明を聞くと
隠れ低血糖、隠れ高血糖が見つかったりして
今後の研究にかなり活かされるようで楽しみである。

グルコウォッチの紹介もあったし
例の松下電工等の光で読み取るセンサー(無採血)のニュースも
ちらり、と紹介された。
ニュース先行でなかなか形にならないのだが
IDDMグッズも数年後はかなりの様変わりを遂げているだろう。

めいこが発症した5年前、ちょうど超速効インスリンが出たところだった。
今や超速効のないコントロールなんて考えられない。
インスリンポンプの普及も超速効あってのことだろう。
たった5年でこれだけ変わるんだから。


その超速効、本日ずっと外に出ていたのだが
夕食(外食)前にとんでもないことが発覚。
インスリンカートリッジにひびが入っていた。
ひゃらーん。
大汗っす。

どおりでおやつ時に250あって
クッキー2個と牛乳で12も超速効入れたのに
夕食時(2時間後)400超えてるはずだよ。

液が漏れてはなかったので
注射する時に空気が入って規定の量が打てていなかったのかな。
Rで追加打ちをしたりしたもので
夜中にめっちゃめちゃ下がりました。こわ。

実は夜中のケアは私が死んだように眠っていたので
パパがせっせとめいこのお口にヤクルト(もどき)やグルコースを
運んでくれていたのでした。
ごめんなさい。
ごめんなさい。

パパは最高のパパです。
(よいしょ、よいしょ。いやほんまごめんなさい)
by okaeri110 | 2006-12-03 23:31 | IDDM | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る