人気ブログランキング |

CSII(インスリンポンプ)

アメリカでのCSII(インスリンポンプ)はどんどん進化しているようで
先日のニコール・ジョンソンさんが見せてくれた可愛いポンプは
ずいぶん小さくてほんとに可愛かった。

アメリカでは医療保険制度が日本とまったく違う。
国保のような国がお世話をするのではなく、任意のみだったような。
金持ちは高い保険に加入して最新医療を利用できるが
安いものしか加入していない者は、それなりの治療しかできない、みたいな。

で、それを踏まえた上でのお話。
ドクターからお聞きしてへえ、と思ったのだが
アメリカではインスリンポンプは保険適用されているそうだ。
そして注射型ペンは保険適用されない。
なんと。

つまり、ポンプの方が今後の合併症も含め患者一人当たりの
医療支払額が少ないと読んでいるわけだ。
単純に言ってペンよりもポンプの方がコントロールしやすいということ。

シビアな民間の(医療)保険会社がそう判断しているのだから
日本においてもどんどん普及されることを願う。
今の日本では製薬会社からのレンタル制度で利用していることが多い。
この形だと病院と製薬会社の負担が大きい。
かといって保険適用もされないポンプを自己負担なんて
それこそ一般庶民には厳しいでしょ。
by okaeri110 | 2007-12-11 10:50 | IDDM | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る