人気ブログランキング |

ヤング公開スクール大阪 ’08 その3

③教育講演:丸山先生

素晴らしい先生だなあと。内科の先生でこんなに強く
患者の立場にたった発言をされる方がいらっしゃって
心強く思いました。

先生のお話のなかで
「食事制限」と「食事療法」は違う、ということ。
そして医療者の多くが、強化インスリン療法の本来の意味を
正確に理解していないということを話してくださいました。
強化インスリン療法は、あくまで各々の患者に沿った
患者による患者の生活にインスリンを合わせていく方法だと。
テーラーメイド、という言葉も使われていました。
主治医はあくまで患者なんだと強調されていました。

これらは医療者側への厳しい言葉ですが
患者側にも「能動的に」「どうしてなのか考える」ということを
強調されてらっしゃいました。

せっかくSMBGをしたのだからそこから
「どうしてこういう数値が出たのか」を考えようと。
コントロールが悪いときは血糖の高い時に測ること。
そこから原因を考えてみると。
どれもこれも頷くことばかりでした。

あと、注射部位というのはやはり大事だということも。
どうしても同じ場所に注射してしまうけれど
長年経つとインスリンの効きが悪くなってしまうそうです。
そういう注意はよく受けているのですが
部位を変えるだけでコントロールもインスリン量も
ぐぐっと下がった例をいくつか紹介してくださり
やはり気をつけないと、と思いました。
どうしても痛くないから同じところについつい打っちゃうんですね。

その他、食事時間は不規則になったとしても
基礎インスリンを入れる時間だけは必ず守ること、も
頭で理解はしているけれど、今回お聞きして
やっぱりきっちり言っておこうと思いました。

その他、小児科にかかっている者としては
あ、まだちょっと聞かないでおこうという話もあったり(笑)

今回はドタバタなので(いっつもやん)パスしようかと思ったけれど
行けて本当によかったです。
丸山先生のお話を聞けただけでも勇気がでました。

体験談のお話もそうですが、希望のでるスクールでした。
Commented by ウィリー at 2008-11-10 20:54 x
今回はどの話も興味深く、
あっという間の数時間でしたね~
ホント参加出来てよかったと思います

お茶する事もままならなかったですが
次回お会いするときはまたいろんな事
お話したいです ((^ー^)) マル!
Commented by okaeri110 at 2008-11-11 11:26
>ウィリーさん
うんうん。1時半から5時前までびっしりだったのに
すごーく時間が早かったです。
学校の授業ではこうはいかないでしょう(笑)

ゆっくりお茶する…憧れです。
またよろしくね♪
Commented by honohono at 2008-11-11 17:39 x
内容アップお疲れさまでした
今回 聞くのに必死でメモがついて行けずウィリーさんやみいさんの記事で再度勉強してまっす♪

ほんまに丸山先生が各地方におられたらDM生活ももっと楽しいものになるかなぁ~なんて思っちゃいました

黒田先生のカーボも ほどよさで~
1800ルールのところを最初1700と言いかけてたのを聞き逃さなかった私です☆

今回は娘のお腹が駅付近までもつことができずランチをご一緒する事が叶いませんでしたが次回是非リベンジをば…

というよりやはり泊まり込みでみいさん宅へのご招待を~ 是非~^^
Commented by okaeri110 at 2008-11-12 09:59
>honohonoさん
こちらこそいつもありがとう♪
ほんとに家まで来てもらわなくっちゃ!
パパさんとパパさんも挨拶しかしたことないし(笑)

我が家でオフ会、、、いつがいいだろう。
いっそ年末、なんてむちゃぶりをしてみる(^-^)
Commented by my at 2008-11-13 16:14 x
大阪ヤングの会、ご盛会だったようですね。

丸山先生って存じ上げないのですが、すごく素敵な先生ですね。

>強化インスリン療法は、あくまで各々の患者に沿った
患者による患者の生活にインスリンを合わせていく方法だと

↑とっても、ありがたいデス。
インスリンにあわせた食事はイヤだと、主治医に伝えたら、「無理です」と即答、逆に「気持ちを切り替えたら楽ですよ」と言われました。

丸山先生のご講演、聞いてみたいデス。
Commented by okaeri110 at 2008-11-15 11:53
>myさん
丸山先生とだけしか書かずに失礼しました。
埼玉社会保険病院 内科の丸山太郎先生です。
埼玉ヤングの会(East Club)の指導医でもあります。

患者本位の観点から、その人にとって何が一番いいのかを
最優先してくださる先生なのだなあと講演会をお聞きして
伝わってきました。それでいて腰が低い(笑)

>インスリンにあわせた食事はイヤだと、主治医に伝えたら、「無理です」と即答、逆に「気持ちを切り替えたら楽ですよ」と言われました。

うーん。前後のやりとりもあるでしょうから
これだけで私がとやかく言えないですけれど
myさんは健康的な食生活を送ってらっしゃるのに
(時々の“お楽しみ”も健康的な食生活の一環ですよね♪)
それにインスリンを合わせることに不都合はないんですけどね。

丸山先生のお話、いつか聞けるといいですね。
是非とも聞いて欲しいと思います!
by okaeri110 | 2008-11-10 11:25 | IDDM | Comments(6)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る