カテゴリ:猫との暮らし( 1 )

夢のような生活

e0053528_09523001.jpg























こんなかわいい子がいるのだ。
後ろの三ツ目じゃありません。
ちょっと小顔に写っているが顎まわりは本当はもっとふくふくで、手先もぼてっとしている。
なんといってもわがままだ。
わがままなくせにお腹が空いた時やなでてほしい時は平気ですりすりしてくる。
歩くと足の間を蛇行しながらすりすりを続けるので、踏んでしまわないか心配になる。

実はもう一匹いる。
前の記事で写っている猫だ。
預かるまで心配で不安で、きちんと世話をすることができるのか前夜は夜も眠れなかった。
預かったその夜は猫たちも同じ気持ちのようで、一匹は夜通し鳴き続けていた。
譲り受けた保護猫カフェの方から
「最初は不安なので夜泣きする場合もあります」
といわれていたので過度に心配はしなかったが、しかし文字通り一晩中鳴いていたものだから
もしかしてこの子は普段からこんなに鳴くのかも。
外にはどれだけ鳴き声が聞こえているのだろうか?と思って不安だった。

隣人に尋ねると猫の声は気づかなかったそうだ。近所迷惑にはなってないと安心した。
翌晩はそれほど鳴かなかった。それも安心した。

よく鳴く猫は相変わらずよく鳴く。いわゆるよく喋るタイプなのだろう。
どんな感じかというと、ぼのぼののしまりすくんみたいな感じ。
もう一匹の猫に「ぼのぼのちゃんっぼのぼのちゃんっっ!」と言ってるイメージを想像していただければ。
名前はテイラー。3歳の雄。

よく鳴かない猫(上の写真の子)は必要な時に鳴く。
お腹すいた時等ここぞの時に小さくぐるぐるっと鳴く。
効率のよい子だ。
しかししまりすテイラーがニャンニャン鳴くのにかき消されて鳴いているのに気づくまで数日かかった。
名前はまみ。6歳の雌。

血は繋がっていないがテイラーはいつも「まみちゃーん」とニャオニャオ付いて回っている。
まみは気が向けば一緒にいてなめてあげるし、気が向かないと無視をする。
一日何度かケンカをしている。そして一緒に寝ている。
ほんとに仲が悪くなったのか、家がストレスでいらだっているのか、単に遊んでいるのか。
いまだに見極めがつかない私はハラハラしながら見守っている。
鼻炎気味のまみ。
歯周病なのか気になるテイラー。
予防接種の証明書が届いたら病院に健診に行くので、いろいろ尋ねる予定だ。

くしゃみをしても気になってしまうのに、体調が悪くなってしまったらどうしようと今からそんなことではと思うのだが、猫は何も言わないからこちらから不調を見つけてあげなくてはいけない。
そしていつかはお別れをしないといけないと思うと今から悲しくなる。
その時は寂しさのあまり飼わなかったら良かったって思うのかもしれない。

嬉しいはずなのに嬉しすぎて悲しいことを想像してしまう。
この文章書くのにも「不安」と「心配」という単語ばかり選んでしまう。
いや、それでも夢のような生活なのである。猫との生活。

我が家に家族が増えました。

[PR]
by okaeri110 | 2018-08-28 10:35 | 猫との暮らし | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧