人気ブログランキング |

カテゴリ:こども( 66 )

くそがき

えーえー言葉が悪いですよ。
よその子どもには絶対言いません。
自分の子どもにも言うなんて考えもしませんでしたよ、数年前までは。

それでもやっぱり言ってやる、大きな声で言ってやる、うちのみっふぃに言ってやる、
   くそがきーーー!(人にやさしくbyブルーハーツ)

反抗期っつーか、もともとそうなんだろうけど
とにかく用事を頼むにしても何か注意をするにしても
帰ってくる言葉が多すぎる。
なんでシンプルに「はい」って言えないかな。
拒否するにしても「それはできない」という旨を簡単に言えないかな。
わしゃもう疲れたわ。

で、親子の仲が悪いかというと、それもよくわかんなくて。

寝る前にくるりるにはよく読み聞かせをしてやる。
めいこも時々本を持ってくるので読んであげる。
さすがにみっふぃはもう無いだろうと思っていたが
今日、冗談でベッドに入ろうとするみっふぃに
「読み聞かせしたろか~?」と言うと
「してして!」と猛烈にリクエストされた。

ちっ。

しょうがないので手近にあった「中学社会 歴史」っつー本を持ってきて
(教科書だろそれは)
パッと開いた「享保の改革」を読み聞かせてやった。

相変わらずとんまな事を質問してきたが、スパルタで読み聞かせた。
享保の改革から田沼意次の政治、寛政の改革まで進むと
「習ってないからイヤや」と言いだしたので
国語の教科書を読んでやろうと開いたら
落語のテキストがあったので
「じゃ、かーさんが今から落語をしてあげます」とベッドに正座すると
一緒の寝室にいためいこが「うるさくて寝られへん!」と泣き出した。

ちっ。   ←いや、舌打ちする場面ちゃうやろ、かーさんとしては

みっふぃはほんとに私が落語をすると思って楽しみにしてたようだ。
できるかい。
でもちょっとやりたかったな。

いろいろ腹の立つくそがきだけれど
まだまだ読み聞かせも落語も必要な、うちの娘でございます。

落語、ちょっと練習しとこ。  ←するな!
by okaeri110 | 2007-11-09 23:40 | こども | Comments(3)

意外性

言葉を覚えて間もない幼少時は
大人が考えもしないようなことをしゃべるのでかわいい。
とーさん、かーさんは誰しも小さい我が子のひと言で
ぷっと笑い出した経験があるだろう。

くるりる。
もうそういう事から卒業しなくちゃいけない小学二年生。
まだまだ油断していると、おっおっそう来たかいとずっこけることがある。

今日もメモ帳になにやら書いていたくるりる。

「くるちゃん何書いてるん?」
「ぬ」

「…ぬ?」

わからん。しかし黙っていよう。関わりたくない雰囲気だ。
ほうっていると
「かーさん質問やけどな、『ぬ』ってだいじ?」
「え。。。(空白)だ、大事やなあ」
「なんで?」
「で、、、大事やろう『ぬ』は」

言いながら習い事へ連れて行く時間が迫っていて
ものすごくあせっていた。
あせりながら「ぬ」が大事などと答えている自分が、つくづくばかだと思った。

小さい子はいいよなあ。
「ぬ」が大事って言ってもバカじゃなくてかわいい。
それに答えてる親の方は間抜けもいいところだ。
by okaeri110 | 2007-11-06 19:07 | こども | Comments(0)

かーさんをネタにすな

みっふぃの中学校の文化祭みたいなものに行ってきた。
そこで顔を真っ赤っかにして逃げるように帰ってきた。

そして学校から帰ったみっふぃに言った。
「あんたなあ、書くことないからってかーさんのこと書かんといて!」

こういうことだ。
みっふぃの学年はそれぞれ自分新聞というのを作成し、展示してあった。
自分のこと、自分の好きなこと、おすすめ、自分ニュースなど
その子が自己アピールできるような内容の新聞だ。

みんな、部活のことや小学校での思い出、
旅行の記事や4コマ漫画、いろんなことを工夫して上手にまとめていた。

みっふぃもプロフィールや趣味みたいなことをいろいろ書いていたのだが
一番下の記事は自分のかーさんのことを書いていた。
自分のかーさん…わたしや。

「私のお母さんはいつも、寝る・パソコン・本のどれかです」
この文章の簡略化も問題にしたいところだが
それよりも内容だ。

「お母さんはオリックスファンです(オリックスはパ・リーグでもめっちゃ弱いです)」
ええい人の勝手じゃ

「いつも怒ってて、いつも笑かしてて、いつも寝てる」
ってほんとにあんた、全部ほんまのことやんか!
ほんまのことなんか書いたらあかんやんか!

そら、いちいち他人の子の新聞なんかじーっと見る人おれへんけど
おばあちゃん(つまり私の姑さま)は目を皿のようにして見とったんや。
「みいさん、いつも寝てんの?」ってさっき聞かれたわ!!!!!

この話をパパに聞かせたら真剣にうらやましがられた
「おとーさんのことは書いてた?おとーさんは?」
日頃から思春期の娘を持つパパの危機を感じるようになったパパは
後ろ指をさされてもいいから、ネタにされたいと思っているようである。
どいつもこいつも。
ふて寝じゃ。
by okaeri110 | 2007-10-29 14:52 | こども | Comments(2)

また雨か

日曜日の予報はずっと「くもり」だったのに
前日になってから「雨かもねー」という予報に変わり…
でも、まさか2年連続雨ってことはなかろうと
希望的観測があまりにも強いので、雨の段取りを一切せず
時計を4時半にセットして眠った土曜。

雨ずっと降ってたらしいけどシャッターを閉めていて気づかず。
4時半に目覚ましがなり、起きたのは4時50分。←低血圧だからね

なーんも考えず怒濤の弁当作り開始。
めいこが5時過ぎに起きてきて(早いよ!)
おにぎりを作ってくれた。

今回はかなーりがんばった。
例年、料理ドンクサーの私は冷凍食品を駆使してしまうのだけど
今年は揚げ物もちゃんと朝から揚げたし、
なますや煮物もばっちり。
なんか美味しそうじゃね?

あまりの忙しさにシャッターを上げる暇もなく
PTA会長からメールがあったのも取り上げる暇もなく
気がつけば7時20分。
あわててシャッターをあげると、雨音が。むむ。

メールを見ると7時1分に「中止の連絡あり」とのこと。
パパったらさっき場所取りに行っちゃったよ。
知り合い20人ばかしにメール送信したら
ほとんどの人は知ってた模様。

うちの小学校は場所取りに6時くらいからパパさんが並ぶ。
一族郎党そろって学校でシート広げて弁当を食べるので
いい場所をとろうと必死なのだ。
だもんで皆さん状況をよく知っているのだ。
役員なのに、一番情報が遅い私って。
しかもみんな、今日の雨を見越して弁当のおかずをセーブしていた模様。
むきー。

おばあちゃんの口に合うように作ったおかず。
「せっかくだからお昼一緒に食べよう」と言うと
義妹さんたちのところも運動会が中止になったので
そちらで用意して食べるとのこと。あーそうかい。

学校に行って延期になった場合の変更事項を先生と確認する。
連絡をしにあちこちの家に雨の中、尋ねて回る。

やっぱり雨天延期はいやですね。
私が子どもの時は「やったーなくなった!」って大喜びだったはずだけど
(運動会や遠足や修学旅行が大嫌いな子だった)
はりきって作った弁当のおかず、まだ余ってます。
(これ書いてるの月曜の朝ね)

さ、火曜日に仕切り直し。
がんばるぞ。
by okaeri110 | 2007-09-30 11:18 | こども | Comments(3)

エクセレント!

トムに我が家の近況メールを書いて送った。
みっふぃは一学期の成績優秀でした。
めいこは林間学校から無事戻ってきて、血糖値管理が優秀でした。
くるりるはスイミングスクールの平泳ぎテストを一週間に二つパスして優秀でした。


こう書いて親ばかモードを炸裂させてやった。
でも、欧米の親は自分の子どもを人前でよく褒める。
そのせいか、子どもは自分が優秀だったら正直に「ぼくは優秀」と言う。
自慢しているわけではなくて、自分のことをまっとうに評価してそう言う。

私もそうしたい、と思いつつやっぱりそれはできないととどまる。
親が自分の子を「うちの子はかしこいんです」と言えば
日本じゃやっぱり自慢にしか聞こえないと思うから。

そうはいっても、こうしてあらためて娘達のことを考えると
なんてがんばりやのいい子達だろうと思う。
それは全うに受け止めていきたいね。


と、とりあえず今日はいいところだけチョイス!
by okaeri110 | 2007-08-01 17:07 | こども | Comments(0)

誕生日プレゼント

うちの娘達の誕生日は春先に集中している。

くるりるの誕生日プレゼントはたまごっちだった。
今さらであるが買い与えた。
何故というなら彼女は3年越し、あるいはもっと以前から
たまごっちを所望していたからである。

くるりるの友達が、幼稚園の頃から2つ以上を所持し
たまごっちの世話をしている姿を見るに及んで
これは1年後にはみんな飽きているぞと思った母は
彼女がいくらたまごっちを欲しいと言っても聞かぬふりをした。

しかし今年の誕生日にまで(もうすぐ2年生だ)
たまごっちを希望する粘着性には、かぶとを脱いだ。
折りしも、ジョーシンには
「たまごっちスクール2」という新しい機種が出ており、
くるりるは喜んで毎日それの世話をしている。
世話をするたび生徒の数が増えるのだそうだ。
最高60人まで生徒を増やすことができるという。
60人のうんちの世話をするのはさぞ大変だろうと言ったら
「スクールはうんちの世話はしなくていい」とのこと。
そうなのか。まあどっちでもいいんだけど。

めいこの誕生日プレゼントは色鉛筆だった。
彼女は「50色の色鉛筆が欲しい」という。
その理由は「12色の色鉛筆を混ぜて使うと色が濁って汚い」という。
あんたいつから、いっぱしの芸術家になったんや。

画材屋に行くとどれもこれも万単位で鼻血が出た。(うそ)
めいこを説得して30色の水彩色鉛筆を購入した。
これでも5千円を超えている。なんて高価なんだ。
あんた一生の宝物にしなさい。折ったりしたらママは許さないざます。

そしてみっふぃ。
何も希望の品はないという。
それならば、と視力検査でかねてから目が悪いと言われていたので
メガネを買ってあげようといったら
「それって必需品では?医療費では?」と驚かれた。
みっふぃが自分の友達にこの話をするとみんな目が点になったという。
だって希望の品がないんでしょ、と説き伏せ眼鏡店へ行く。

みっふぃの目はおもったより悪かった。
0.2くらいまで落ちているという。
店員さんは「もっと早く作るべきでした」ときっぱりと叱られた母だった。
誕生日プレゼントとか言ってる場合じゃなかったんだ。
反省した母は、うかつにも財布のひもをゆるめてしまった。

中学生が生まれて初めての眼鏡をかけるんだから
一番安いのでいいんだよと高をくくっていたのだが
店員さんに非球面レンズを勧められると気持ちがぐらぐらした。
実は自分の眼鏡も非球面レンズなのだ。
(しかも両面非球面という高級品)

結局、レンズは2枚で22000円。まあハードは金かけてもいいか。
でもフレームはチープ、チープね。
そう思って見ていたが、○ジョンメガネ、やっぱ高いわ。

それでも8000円くらいで手を打とうと算段していると
店員さんが持ってきたのはスポーツマン愛用というずれない眼鏡。
たしかに耳のところがジャストフィットする。
片手で眼鏡を外すことができないくらいだ。

ちょっと悩んだけれど、このフレームで中・高校生の間は使ってもらおう。
(いや一生使ってもらおう)
そう考えると親がみっふぃに買い与える最初で最後の眼鏡になる。
じゃあ、まあいいかと購入に踏み切った。

みっふぃも、値段のことを考えていたのだと思う。
私が「誕生日プレゼントやしなあ」と言うと
「誕生日プレゼントやもんなあ」と同意した。

大事に使ってちょうだいね。

次の誕生日は、順番でいうとトムなんだけど
トムは自分の誕生日までに帰っちゃうらしいので買わなくていい。
しかも彼は日本にいる間にibookを買うというので鼻につく外人だ。
なんであたしが買えないのにあんたが買うの!←これぞ八つ当たり
おまけにipodまで買っちゃうかもしれないんですって。
おまえは日本人の香港買い物ツーリストか!
キャノンのデジカメも買いやがって。
いつの間にかLAB1のメンバーズカードまで作りやがって。
私なんて一度も行ったことないぞ!←かなりむかつく
by okaeri110 | 2007-05-02 10:07 | こども | Comments(0)

卒業式

みっふぃの卒業式。
PTAをやってるので3年連続卒業式には列席している。
どんなことをするのかすでに頭にインプットされている。
保護者が泣くポイントがどこにあるかも大体わかっている。

だからだろうか、我が子の卒業式だというのに妙にしらけている自分。
つつましやかに言って、つまらなかった。
形式もここまでくると疲れ果ててしまう。
無駄をそいだ卒業式だとは思う。
来賓スピーチは最低限であるPTA会長挨拶のみだ。
最後に保護者代表挨拶が少しあるだけだ。
それでも2時間近くかかってしまう。

難行苦行のような時間が終わって、運動場で花道をつくって
卒業生を送り出す時、親も子どもも本当に嬉しそうな顔をしていて
なんだみんな式がつまんなかったんだよと思った。
式の間に笑っちゃいけないって変だよ。
おめでたい席なのにみんな黒い服きておかしいよ。

そういえばトムがタキシードを着ている校長先生を見て
「なんでやねん」とつっこんでいた。
イギリスでタキシードを着るのはお葬式だ、と言った。
(結婚式も着るそうだが)
たまに形式ばっかりの時間を過ごすのも人生修養として悪くないと思うけれど
それが卒業式でなくてもいいと心の底から思う。
by okaeri110 | 2007-03-19 20:35 | こども | Comments(0)

最後の参観日

今日の参観にはトムも一緒に行った。
玄関に教頭先生がおられたので、紹介する。

まずくるりる1年生。
まだ休憩時間だったので廊下で待機。
トムを知っている友達があちこち寄ってきて
気がつくとトムはジャングルジムになっていた。
さて今日の授業は工作。
色画用紙で王冠を作りましょう、というのだが
どう考えても年中さんくらいの工作なので
トムもあきれていた。
1年生の最後の授業は、いつも「わたしが生まれたときのこと」
という作文を発表してくれるのだけれど、これで終わり?

15分経過したのでめいこ4年生の教室へ。
こちらはそれぞれが調べたことをグループ発表。
めいこ達は「ヒートアイランド現象」
うつわ広げすぎじゃないかい?
その割にはうまくまとめていたので驚いたが
帰宅しためいこに聞くと
「先生が以前受け持ちだった子の発表文を
そのまま発表しなさいと言われたので書き写した」とのこと。
なんだいそりゃ。
あきれかえるとはこの話だ。

15分後、みっふぃ6年生は音楽室で音楽の授業。
ちょうど最後の合奏が始まるところだった。
みっふぃは電子ピアノでバス担当。
担任の先生がお手紙を渡してくれたのでなんだろうと思ってみると
みっふぃからかーさんへのお手紙だ。
先生が「どうぞ読んでください」と言うので開けて読む。
「かーさん6年間ずっとありがとう」というノリの手紙だ。
はいはいはいどーもねえ、とさらっと読んでさっさとしまう。

ん?

どうも周囲の様子がおかしい。
あれあれみんな目が真っ赤になってきたよ。
あちゃー。涙流してるよ、Aちゃんのおかあさん。
ん、でもCさんもKさんも、あれ?Uさんもぉ!?

子ども達がお別れの言葉を発表した。
その後、kiroroの「未来へ」を歌い出した。
おお~泣かせる選曲だねえ~…って泣くかあほ。

と思ってへらへら聞いていたら、、、
あちこちからすすり泣きしてるやんかぁ~~~
マジなん?>かーさん達

私とトムは当惑しきっていた。
一応私はしんみりしたふりをしようとがんばってみた。

しかし、帰宅後みっふぃから聞いたのだが
彼女が友達と一緒の帰り道
「みっふぃのおかあさんだけ全然感動してなかったよなあ。
最後にはあくびもしてたでえ」
「そやそや」
「あそこだけ浮いとったなあ」
と数名からの指摘を受けたという。
名誉のために言っておくが、さすがにあくびはしてませんがな。
うーむしかし浮いていたとは。

いやしかし私はおかしくない。
なんであそこで泣くねん。意味わからん。

そんなことを言う私にドライなイギリス人を笑えないか。
でも私って感動しぃやねんけどなあ。
いっつも旧ブルーウェーブ投手を見ては(情けなくて)すすり泣くし。
涙腺のツボが違うんやろな。

みっふぃはわかった子なので
「かーさんが泣くわけないやんと言っといた」と返したらしい。
しかし友達も口々に
「そうやなあ、みっふぃのお母さんが泣くわけないなあ」
と言われたというではないか。
なんかだんだん体温低くなってきてきた気がするわ。
あたしは冷血とかげか。
by okaeri110 | 2007-02-20 23:29 | こども | Comments(0)

小学生のメール交換

タイトル:
ごめん(・_・;)

本文:
返事おそく+σゝってすみませω(T_T)あ∪+=わむりやねω…。
ごめω+σゝァ(;_;) ま+=あそびま∪ょッ
fromみっふぃ☆


みっふぃの友達がマイ携帯を持っている。
みっふぃは持っていないので、私の携帯へみっふぃ宛のメールが送られてくる。
「明日あそぼ♪」というお誘いメールだったのだが
それに対するみっふぃの返信です。

読めますか?
by okaeri110 | 2006-11-16 09:45 | こども | Comments(0)

くるりるダウン

運動会で雨に濡れた日曜日の夜。
くるりるは「今日はとーさん、かーさんと寝る」
と言って一緒の布団に入った。

夜中になると、くるりるは暴れ出した。
「あつい、あつい」
お手々を触ると確かに熱い。

久しぶりに発熱か。
いつ以来なんだろう。
くるりるは本当に風邪引かないから。

お茶を飲む、というので飲ませ、トイレに行く、と言ってトイレに行く。
それからも何度も「あつい、あつい」ところころ。

めいこは具合が悪くても、じっと耐えるタイプなのだが
くるりるとみっふぃは、具合悪いのに暴れるタイプだ。

なんだかほとんど寝ていないまま朝を迎えたのだが
朝になって熱を測ると37.8度(少しして38度)
昨日、雨に濡れたせいだね、と思いつつ元気なので
いつものように食事をしていたら急に吐いた。
なんでも突然なんだ、こどもは。

お医者さんに行くと「顔色悪いですよ」と言われ
そう言われて見れば土色で目の回りが赤くなっていた。
結構元気だったので気にしていなかったが
確かによくない状態だった。

「あれ、耳の下腫れてますけど、、、おたふく風邪みたいですね。
検査しましょう」

え、え?

おたふくだったのか。
血液検査をして、精算待ちの間にくるりるはまた吐いた。
くるりるも急にしんどくなって驚いているようだ。

家に帰って寝るくるりる。
それでもお姉ちゃんとはしゃいだり、元気なのだけれど
(まったく子どもってやつは)
耳の下は腫れてくるし、喉も少し赤かったし
とにかく明日の運動会part2は無理だね。

夜、お医者さんから検査結果の電話が入った。
「ちょっとおたふく風邪特有の数値が出なかったんで
おたふく風邪ではないかも知れないのですが
熱もありますし、耳下腺炎なのは間違いないので
明日の運動会はお休みした方がいいです」とのこと。

おたふく風邪じゃないかもしれないのかあ。
かーさんと二人で明日は遊ぼうか。
みっふぃとめいこの活躍を見られなくて残念だけど。
by okaeri110 | 2006-10-02 23:39 | こども | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る