<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

何を買っていいかわからない

ただいま、猫を迎える準備で大わらわ。

3年前、家の軒下に子猫が滞在したことがあって一週間くらいみゃあみゃあ啼いていた。
とうとうたまらず子猫飼育グッズを買いに走って(ペットショップ閉店ぎりぎりだった)さあ子猫を家に入れようとしたら
その時から家の周囲に子猫の姿が見えなくなった。
娘が言うには少し離れた所で子猫の鳴き声が(わりと特徴ある声だった)聞こえてきたとのこと。
「誰か連れて帰ってるんちゃう」と上の娘もなぐさめてくれたが、ほんとにそうだったらいいなと思いつつ、家の中に鎮座する猫グッズを見て拍子抜けした。
子猫のトイレとシートやら猫砂やら。
陶器の食器と水入れ。
子猫用のごはん。
キャリーバッグ。ケージ。←自転車で持ち帰るの大変だった

これらは処分せずに置いていた。
なんどか猫を保護したからという友人からの連絡をもらったが、いざとなると決心が付かずに数年。
というのも、某猫カフェのサイトで紹介されている一匹の保護猫が気になっていて、この猫に会わずに他の猫を飼ってしまうのがどうも引っかかっていたからだ。

たかが猫一匹。
田舎だったらそう言えるかもしれない。
野山で駆け回って餌を食べに帰ってくる、そんな半野良でも飼い猫といえるし、トイレも野原で済ませてくる。
うちの故郷はそういう山のなかのド田舎だった。
母の作る菜園には収穫直前のカボチャやすいかを抱きかかえながら野猿が夜明けに盗みに来ていた。
猿も狸も鹿も困ったやつらで、そういう生き物のいる野山で猫も暮らしていた。

でも都会で猫を飼うのは、まず外に出すことが危険なので完全家飼いとなる。
もちろん猫も家族となるわけで、20年という寿命を全うさせてあげる覚悟が必要である。

そう思うと簡単に猫を飼うと言えなくて。
家の人は誰も反対してないから私の決断次第なのに、何度かのお誘いにこたえることができなかった。

くだんの保護猫は可愛いから、私がうじうじしているうちにお声がかかるだろうと思っていたのだが、昨年末になってもまだカフェで暮らしているようだ。
こんな可愛いのに。もう大きい猫だからかな。
じゃあ私のおうちにくる?
こんなに誰も手を挙げないってことは私が飼うからってこと?

なんてな事も頭をかすめた。
うーん。よし、会いに行ってみるか。

その猫はもう一匹の猫と仲良しだった。
二匹を見ていると、いろいろあった人生(猫生?)を乗り越えて、もうこの二匹を引き離すことはできないというのがよくわかった。

「猫を飼うのはいいと言ったけど二匹だとは聞いてない」と主人に言われた。
その通りですがそこをなんとか。

二匹だと単純に費用も二倍になるわけで、これまでの生活費にプラスするお金も考えないといけない。
やっぱり無理なのかな。
この保護猫はうちではなく、誰か他の人が名乗りを挙げてくれるのを待つべきなのではないか。

そんなことをもやもや考えていたのだが、もう決めた。
飼います。
この二匹の猫の飼い主になります。

猫のために揃えるもので右往左往しています ←今ココ

[PR]
by okaeri110 | 2018-05-31 16:51 | | Comments(0)

2週間グルテンフリーしてみた

必死に書いたヤツ消してしまった。。。初歩的なミスで。。
気を取り直すのに時間かかりました。

グルテンフリーについての記事をググってみたらたくさん出てくるね。
ほとんどは判で押したような同じ説明文がついていて、例のキーワードをお題にした記事を書くバイトの人達の星屑文章なのだとわかる。
しかし、健康のために決意されてグルテンフリーされている方、お子さんの小麦アレルギーのため奮闘されておられる方などなど真摯に取り組まれている方のブログも多数発見することができて、読んでいて身につまされる。
食べ物を調整するというのは休憩がなく一生のことだから時々しんどくなるだろう。24時間血糖値のことを意識する1型’sしかり。時々自分を褒めまくってあげてほしいと思う。

GW明けからグルテンフリーに挑戦すると決めた。GW中は意識的にグルテンを食べまくった。だってもしかしたらもう食べられないかもしれないでしょ?っつって。
美味しいパン、パスタ、天ぷら、カレーライス、、、美味しかった。うどんとトンカツが食べられなくて無念だった。

グルテンフリーをするための準備。
オイシックスで米粉玄米パン、米粉抹茶ロールケーキを購入。生協で米粉を購入。
醤油は前日の記事の通り諦めたので、小麦除去の醤油は購入していない。
ただ、以前にオイシックスで買っていた「あんちょびーの」

いわゆる魚醤で、エスニック料理に使うのだがあらためて原材料を見ると小麦を使用してないのだ。


(Amazonの方が安い!でも実は楽天の方がもっと安かった)
くせがあるのであまり使っていなかったのだが、今回目玉焼きにかけてみたりとおいしさ新発見。

2週間の食生活
家で食べている分には難なく生活できた。もともと和食が多いし、小麦を使う機会は限られていた。
ただ、購入している市販のカレールー、シチュールーなどは家人のために使ったとして、私は別にカレー等を作ることになると思うと面倒くさい。
ハンバーグも今回作ってないけれど、パン粉のないハンバーグって美味しいかな。それって肉やんけ!ってならないかな。
などなどずっと続けるには不安もある。

おやつ
おやつなんてこの歳のニンゲンは食べる必要がないのだ。
しかし食べるなと言われると食べたくなってストレスがたまるのだ。という理由で食べられるものを考える。
ナッツ類。合格。これを機に高めのカシューナッツなども購入してみる。ふふっ
ポテチ。合格。なんと合格。がっつりスナック系の王者が食べられるなんてテンション上がる。上がっても中高年が食べるもんじゃないけどな。
焼き芋。合格。生協で買っていた冷凍安納芋。もう母だけの独り占めじゃよ。
いちご大福。原材料確認して合格。和菓子は食べられるものも多いが落とし穴も多いので必ず原材料要確認。麦芽水飴とかNGね。

てな感じで結構ストレスなく楽しんだ。楽しみすぎてそれは体調によくないのでは。という話はうやむやに。
あ、あと、買い物する際「ついでに買うものある?」と子どもに聞いたら「ドーナツ!」と言われた時はむっとした。←子どもが不憫。

外食
これが一番のネックだった。旅行もはさんでいたのでちょっと困った。
世界に冠たるお米の国、日本だから大丈夫だろうと考えがちだが、逆に「ここは日本、なんでも美味しいグルメの国」なのである。
ファストフード、イタリアン、麺、カレーライス、、、いざ食べようとお店をめぐるとほとんど食べられない。
結局、体にやさしい系のカフェや食堂に入り、そのなかで食べられるものをチョイスすることになる。
同行人にも合わせてもらって申し訳ないし、似たようなものを毎食口にするので正直飽きてきた。
小麦アレルギーやセリアック病の人は大変だなとあらためて経験してわかったことだ。

あと、人と話していてどうぞ、とお菓子をわけてくださる機会がおばちゃんにはわりとあるが(地域性?)小麦ものが多いので個包装の時はありがとうと封を切らずにいただいて帰る。

そんな2週間の体調は
実は、それほど変化がない。ちょっとがっかりさ。
グルテンに影響されてないのなら今後も美味しくグルテン食べられるからいいじゃんってなるのだけれど、幼少よりずーっと抱えているお腹の不調を、もしかしたらグルテン抜きで解放されるのでは、と少なからず期待していたもので。

ただ、この2週間天候不順だったけれど一度も頭痛がなかったことは関係あるのかな?
あと、実はグルテン抜きをする前からずっと喉風邪を引いていて、薬も飲んでいた。元々体調不良スタートだったのだ。
結果、大きく変化もせず、比較検討が難しいということでエビデンスにならない結果に。

あと1週間続けようかと思ったけれど、ひとまずグルテンを喰らうことにした。サッポロ一番みそラーメンの麺を半分。
2時間後、結構お腹が痛くなった。
関係あるかどうかわからない。でも家でゆっくりしていてここまでお腹が痛くなることはそんなにないことを付け加えておく。

でも、体験記事によくあるような劇的な変化は私にはなかった。
このままでは中途半端なので、しばらくこのままグルテンフリーを続けようかなと思う。
醤油を除去していないから?という疑問もあるし、米粉パンもまだ残っている。
完全除去は無理だとしても、もしかしたら少しずつ体調がよくなるかもしれない。

あんまり面白い結果にならなくて申し訳ありません。
でも、お米美味しいんでみなさん沢山食べましょうね。

[PR]
by okaeri110 | 2018-05-22 12:19 | 日々の暮らし | Comments(0)

グルテンフリーというもの

要はやってみたのですよ。グルテンフリーチャレンジ。

3年ほど前、家人が例のジョコビッチの本https://amzn.to/2IRRW2Xを買ってきて読むように薦められた。

これまでもセリアック病の知り合いがいて、日本ではあまり認知されていない病気だから、もしかしたら調べてみたらセリアック病だったという人が案外いるかもしれないという話を聞いてたので、興味深く読んだ。
ジョコビッチはセリアック病ではなくグルテン不耐症だったということだが、記憶のある限り小学生の頃からずっとお腹の痛みを抱えてきた自分としては、なんとなく気になる話だなと思っていた。

グルテンによる不調があるかを調べるには(その理由がアレルギー、非アレルギー、自己免疫のどれであったとしても)2週間から3週間、グルテン抜きの食事の後、グルテン食を摂ってみて、体調に変化があるかでわかるとのこと。
とても簡単だ。そしてとても抵抗がある検査だ。

幼少の頃より朝は常にパン。好きなものはパスタで、サッポロ一番みそラーメンも大好き。ケーキも時々食べたい。そしてビールだって。
日頃どれだけ小麦や大麦(ビールに限るが)を摂取していることか、それを2週間も止めるなんて意志の弱い私には無理すぎる。

3年前、そう思ってこの本を閉じた。
それがどうして今頃、この無理ゲーをチャレンジしてみたのか。
春先からどうにもこうにも不調が終わらないのである。
何か行動しないとまずい。でも不調なので運動を始めることもままならない。
じゃあ、これか。グルテンフリーやってみるか。

ってことで2週間抜いてみた。
ただし100%抜くことはできなかった。
というのは、醤油のなかの小麦を抜くことができなかったのである。
醸造する際にグルテンが必要らしく、ほとんどの醤油に原材料として使用されている小麦。
醸造過程でグルテンが分解されるので問題なし、という意見がある一方でアレルギーの人には反応するという話もあるので、本来なら小麦を使用していない醤油で生活すべきだったのだが、わざわざ入手して私だけ家族と醤油を別にして料理をするというのはどう考えても難しかった。
だって家のポン酢やだし醤油、かき醤油等々の調味料には小麦原料の醤油がブレンドされているのだもの。

醤油の類は大目に見るというダサい条件でグルテンフリーのスタート。
さて。




[PR]
by okaeri110 | 2018-05-21 18:01 | 体調管理 | Comments(0)

今はとにかく、猪突猛進、決して後ろを振り向きませんのだ


by okaeri110
プロフィールを見る
画像一覧